個人事業主 カードローン 審査

個人事業主のカードローンの選択はコレ

個人事業主がカードローンを持ちたいときには、個人用とビジネス用の2つのカードローンの選択肢があります。消費者金融系では、2種類のカード発行をしています。

個人用のカードでは自営業者でも申込ができますが、あえて事業用カードローンの推奨はしていないです。選択は自由です。

個人事業主ならどちらが良い?

個人事業主の事業用に関しては、事業資金にの借入にも使えるメリットがあります。
個人用カードローンは、プライベートな資金だけに対応していて、実際に事業にも借り入れしたいのなら、間違いなく事業用カードローンの選択しかないです。

自営業では、プライベートも事業用も混同している場合があります。その時には事業用カードローンが便利です。個人用カードローンでは、自身できちんとプライベートとして区分けしたい方には、わかりやすいでしょう。

審査上で何が違う?

事業用で提出書類が増えるだけです。
限度額も総量規制対象外となり、事業に対する審査も行うため、審査内容が違います。
大手消費者金融カードローンでは、個人用では身分証明書だけで申込ができることが多いです。
事業用では、具体的な所得や事業内容を確認しますが、その実態がなければならないですし、経営状態も審査します。

そこで、必要な書類は確定申告書と事業内容の実態の証明書が必要です。
それがあれば、正常な業績があれば審査は通ります。限度額は、収入に応じた金額です。
あとの審査では、申込内容、信用情報などを確認するだけなので、審査の根本は変わらないです。
事業をしている方で、事業資金にも使っても良いですとの判断ができれば良いでしょう。

事業用カードローンの最大のメリット

それは、プライベートにも使ってもよく、総量規制以上の借り入れができる2点です。
個人用カードローンの場合は、収入だけで判断をします。総量規制で年収3分の一以内の限度額であり、規模が小さな儲けがあまりない個人事業主で借り入れが少ないです。

カードローンで事業資金の借り入れもつもりがないにしても、プライベートでの利用ができるので、事業用カードローンの申込をしておいたほうが良いでしょう。せっかくの個人事業主なら持てるカードローンですから、少ない限度額の個人用カードローンに「甘んじている」ことはないです。

有利な事業用のカードローンの審査では、確定申告のときに青色申告をしていると信用が高いです。
又、個人事業主として税務署に届け出をしていることで、実態も明らかにすることが可能です。
消費者金融の多くが、この個人事業主用の事業カードローンは別枠での申込を受付けています。
しかし、ホームページの最初で大掛かりな宣伝していることはなく、ホームページの内容を確認した上で、しっかりと確認が必要です。

審査上でも事業用カードローンが良い理由

個人事業主なら、カードローンは各消費者金融が発行している事業用カードローンが良いです。
審査面でも有利になります。

所得が低くても

カードローンの審査では、収入がポイントになります。
パートやアルバイトでも借りれるのですが、年収100万円程度は必要だと言われています。
個人事業主では、実際の収入から確定申告をして年収が出ます。
それが低いとしても、事業そのものの所得が高いとか順調な場合も少なくないです。

事業用カードローンでは、その部分の審査があります。
個人用カードローンでは、単に低い所得だけの判断になります。
消費者金融系では年収3分の一の総量規制があります。その範囲内の限度額にしかならないです。

しかし、事業用カードローンでは原則総量規制以上であり、事業に対する審査を行うことで、個人事業主には断然有利な審査になることは必須です。

個人用カードローンでは不利

個人事業主の収入は、審査では不安定とされています。
いつ辞めるかわからないアルバイトの属性と同じです。
確定申告書の収入が高いとしても審査上では何かと不利になります。

自分で事業を起こしているというのに、カードローンやキャッシングでは属性が低いという運命にあります。それなら、事業を認められる事業用カードローンの方が良いということです。

審査では何をみる?

個人事業主の場合、確定申告書と事業実態の書類です。
収入によっての限度額の違いはありますが、事業用カードローンでは、事業資金として借り入れができます。銀行融資のように多額の設備投資ほど多くないですが、総量規制はなくなります。
審査では、事業をしていることがわかり、その実態の上で信用情報などの審査を行うことになります。

この部分の審査では、返済能力を確認するもので、借入ができる範囲内を決めることになります。
事業性資金だからこそ、事業用カードローンの申込要件になるのですから、個人用カードローンの申込はしないほうが良いでしょう。もちろんきちんと確定申告も行なっていて、書類が揃うことが必要ですが。

金融会社で重視すること

個人事業主の属性が低いのは、不安定な収入が挙げられます。
しかし、世の中の個人事業主と自認している方は、確定申告も行い、生計を立てている方もいます。

すべてが不安定な収入ではなく、各届け出を出し、収入証明書類が揃っているのなら、個人用カードローンも事業用カードローンの申込はできます、信用情報に関しては、共通の審査ですから、あとは自身の返済能力の問題です。

個人事業主用カードローンと青色申告

より確かな個人事業主のカードローン審査通過の条件は、提出書類を揃えることです。
消費者金融系カードローン、銀行カードローンでも最近では、WEB完結で身分証明書だけで総量規制範囲内の借入ができます。個人事業主の場合は、それだけではなく事業性資金にも使えるカードローンの申込ができます。

属性が低いなんて言わせない

WEB完結、即日融資での大手消費者金融カードローンでは、個人事業主というだけで、属性が低いと言われています。会社に勤めて、毎月決まった給与がある方の方が、属性が高いのは確かです。

これは毎月決まった給与があることがポイントです。
個人事業主では、会社ではないことを理由に、不安定の烙印を押す傾向にあります。
住宅ローンなどは、個人事業主は申込ができないのはそのせいです。

ところが、消費者金融系では個人事業主用のカードローンがあります。
属性が低いのではなく、では事業実態を確認して、事業のためにも使えるカードローンはどうですか?ということ。このカードローンは、会社員やパートの方は絶対に申込ができない、個人事業主だけのカードローンです。

青色申告のススメ

そこで提出書類ですが、個人事業主だけが契約ができるカードローンでは、身分証明書、確定申告書、事業実態の書類が必要です。その時に青色申告書があると、より審査は通りやすいです。

青色申告は、毎月帳簿が必要で、収支内訳書が必要です。
青色申告控除として10万円、専従者給与65万円の減税分が含まれています。
税制上での優遇があり、所得が多少減ることにはなるのですが、カードローンの審査ではこの書類の用意があることで、事業実態の把握が確かになります。

個人事業主カードローンでは、事業性資金にも使えるので、正直申告の方にはきちんと審査をしてくれます。赤字だらけで審査落ちもありますが、普通のカードローンより、信用が高く、青色申告書の存在は大きいです。

最初から事業性資金がほしい

カードローンの目的としては、これでもOKです。
個人事業主用のカードローンの目的としては、事業の貯めに使えることがメリットです。
プライベートでも使える程度の考え方もできますが、生活と事業が混同している場合でも、このカードローンだけで対応ができます。事業に使いたいので、カードローン申込でも良いですが、悲惨な赤字の確定申告で、収入が極端に少ない方は、各カードローンの審査は難しいでしょう。

銀行融資よりは甘い審査と言われてはいますが、限度のある確定申告にしてください。
所得を低くして、確定申告をしている場合は、カードローンの審査では個人事業主用でも審査に通らないことがあります。ここは要注意でしょう。

年収が高い個人事業主でも低い属性で審査される

個人事業主のカードローンの申込では、不安定な収入で簡単に借入ができないことがあります。
審査では属性に関係なく、申込内容と信用情報を照会します。
このとき、信用情報で問題がないとすると、安定収入である方が有利になります。

50万円以下の借入では身分証明書だけ

大手消費者金融カードローン、銀行カードローンも身分証明書だけで簡単に申込ができます。
50万円以下であれば、すぐに審査完了です。審査内容の公表はないですが、審査が早いのはコンピュータースコアリンシステムで行うからです。

そこで、職業が個人事業主なら、属性的にはアルバイトやパート以下です。
もちろんそれなりの収入がある個人事業主も多いですが、属性は下です。不安定な収入だからです。
そして、それでも借りれるのなら、総量規制で年収3分の一の限度額になります。
高い収入ならそれなりに高く借りれることは確かです。

正社員でも個人事業主でもこの審査は共通していて、信用情報でも大丈夫で、収入欄も自己申告になります。収入証明書類が必要になる場合もありますが、確定申告書で対応します。
現在は、個人事業主の場合は50万円以下でも提出を求められることがあります。
ですから、年収欄は正確な数字を入力してください。

審査の基本は同じ

カードローンでは、安定収入があればOKです。正社員なども申込時点で勤務先での在籍確認が取れれば良いわけですが、翌日退職したとしてもわからないことです。

正確には、きちんと退職したことを言わなければならないのですが、申告している方はほとんどいないでしょう。個人事業主にしても、申込のときに提出する確定申告書が審査では必要ですが、それは昨年のものです。現在はもっと少ない収入だとしても、それを審査をすることはないです。

申込時点の審査はこの程度のものであり、信用情報でも借りすぎていない、返済していない、債務整理したとしても遠い過去であれば、大手消費者金融カードローンも手にすることができます。属性が下だとしても、きちんと申込のときに書類があり、年収の確定ができ、信用情報でOKならカードローンを手にできます。

事業用のカードローンも作れる

個人事業主だけが、身分証明書と確定申告書以外に、事業実態の書類提出をすることで、個人事業主用カードローンの申込ができます。

これは、属性は無関係であり、事業性資金にも使えるカードローンです。
もし、自身の収入が低いのなら、こちらのカードローンが良い場合もあります。
審査基準は、上記のカードローンと同様ですが、総量規制対象外の限度額になることで言えば、個人事業主には有利なカードローンになります。

個人事業主がカードローン審査に通るポイント

個人事業主がカードローンに通るポイントがあります。
不安定な収入である点では、給与画をもらっている正社員などにはかなわないでしょう。
属性が低いなどの部分は変えようがないですが、いくつかポイントがあります。

所得は低くしない

確定申告をしていると思いますが、その収入が審査では重要視します。
青色申告控除などをしている場合は、税制上で所得を低くしている場合があります。

カードローン審査では、その部分で限度額が決まります。ただし、一度契約をした後に増額のチャンスがありますので、とりあえず自身が行った確定申告書の内容に沿うことは心得てください。

固定電話をつける

個人事業主で重要なのが固定電話の存在です。
これがないために審査落ちの場合もありますが、携帯電話しかない場合は、IP電話などでも良いですから、固定電話を付けましょう。純粋にカードローン審査のためだけなら、経費でも大丈夫です。
今回はカードローンですが、日本政策金融公庫や銀行からの融資でも固定電話の存在は大切な条件です。

個人事業主になってすぐの申込はしない

大手消費者金融で3年程度が審査に通りやすいと言います。
確定申告を2回行っている計算ですが、個人用のカードローンでも勤続年数の部分での確認があります。
事業性資金が借りれるカードローンでも3年程度の業歴がある方が審査は通りやすいでしょう。

青色申告をする

確定申告だけではなく、青色申告に申告にしたり、税務署に開業届を出すことでは、個人事業主としての地位は向上します。確かな実態を作ることでは、青色申告書、収支内訳書の存在は審査で重要な鍵を握ることになります。収入証明書類などをきちんと揃えることは、自営業がカードローン審査を受ける上でとても大切であり、審査通過率が上ります。

事業性資金を借りたいときの注意

カードローンの限度額が低いこともありますが、金利は高いです。
カードローンの使い方としては、つなぎ資金だったり、プライベートで使用して返済可能な金額の利用にしましょう。

事業用のカードローンでは総量規制以上の借入ができる可能性が高いです。
所得が低いとしても事業性資金の借入として認められることがありますが、使い方は注意しましょう。
青色申告、固定電話などの審査通過に必要とされるツールを用意して申込をしてください。

開業すぐの場合は、借入ができないことが多いので、この間は我慢した方が良いです。
何度も審査落ちをしたのなら、信用情報的にはマイナスです。信用情報では過去の記録も確認しますから、まずは準備が必要して満を持して、カードローンの申込をしましょう。