個人事業主 クレジットカード 審査甘い


オリコEX Gold for Bizはおすすめ度1位

個人事業主は法人クレジットカードの申込ができる場合があります。
申込要項に法人だけではなく、個人事業主可能とあればOKです。
そのなかでも、高い人気なのがオリコEX Gold for Bizです。

審査甘いと口コミでも評判

高い人気の秘密は、審査が甘い点です。
ホームページでは、その明記はありませんが、個人事業主や法人が最初に持つクレジットカードとしては、設立すぐでも契約ができることで人気になっています。
普通法人のクレジットカードでは、設立直後の審査は通らないとされています。

また、黒字経営であることを重視するクレジットカードもあることから、設立すぐに作れる時点で、甘い審査であるといえるでしょう。個人事業主として、クレジットカードを最初に持ちたい方にはオススメの1枚です。


申込対象が代表者であること

法人カードとしての甘い審査の理由が、契約者が法人ではなく法人代表者です。
会社としてのカードですが、審査の焦点が法人代表者、経営者にあります。

個人事業主でも同様ですが、この点においても会社の内容ではなく、申込者の信用情報などが審査基準になります。ですから、経営状態よりも信用情報の内容で審査をしますので、個人事業主でもすぐにカード発行が叶います。

申込資格の審査の甘さ

個人事業主が法人格になるには手続きが必要です。
しかし、届け出が必要ない個人事業主では、自己申告でも個人事業主になることができます。

オリコEX Gold for Bizは、収入が安定していて、自己申告での個人事業主であり、信用情報で金融事故などがなければ契約ができる可能性があります。

収入はなくてはならないのですが、決算書等が必要ない点においても、自分が個人事業主であり、信用情報の内容で問題がない、甘い審査でクレジットカード契約ができます。


必要書類

身分証明書だけです。カードローン契約同様であり、自分を審査されることで、個人事業主としてのクレジットカードの利用ができます。

年会費が2,000円でゴールドカード

審査基準が甘く、年会費も安いです。
年会費は経費になりますが、ゴールドカードの品格があります。
海外でも使用ができるだけではなく、空港ラウンジ、ポイント還元も高いという魅力的な1枚です。

簡単な申込であり、カードローン、個人のクレジットカード感覚で法人カードを持つことが可能です。
個人事業主としての最初の法人クレジットカードとしては、最もオススメ度が高く、自由業、フリーランスも持てる、とっておきのクレジットカードです。


年会費無料のライフカードビジネス

年会費完全無料のライフカードビジネス。
年会費が安いのではなく、永久無料であり、審査の比較的甘いとされているクレジットカードです。

法人カードとしては珍しい

年会費がない法人クレジットカードはあまりありません。
単にクレジットカードとして使用したいだけで、とことんコストをかけたくない方にオススメです。
追加カード、ETCカードも何枚でも無料発行ができます。
個人事業主として、クレジットカード決済を帳簿トしたい方にもオススメです。


最長15ヶ月分の会計管理

過去15ヶ月分の請求書と領収書管理ができます。WEB上での明細データ管理ができます。
法人・加盟店Web Deskの無料サービスです。明細の確認と管理がしっかりとできます。
個人事業主として経理がいまいち苦手な方は、ライフカードビジネスの決済をすることで、かかった経費がわかります。

クレジットカードなのに支払い方法が多彩

必要経費の払い方として、売掛債権の回収タイミングと支払いが合わないことがあります。
そんな時には、回数指定分割払い、リボ払い等の方法が選択できます。
一括払いだけではないことで、苦しい資金の時でも、余裕の返済が可能です。


問題は審査

審査では限度額100万円以下であれば、決算書、確定申告書等も不要です。
身分証明書だけで申込ができます。
ようするに、個人事業主として黒字でなければならないこともありません。

個人事業主の信用情報だけを審査要件とすることで、クレジットカードを作る事ができます。
これが、法人であれば、登記事項証明書が必要になります。
個人事業主では、本人である証明ができればOKです。

ゴールドカードになると

ライフカードビジネスでは、年会費無料です。
しかし、ライフカードゴールドビジネスでは10~500万円の限度額があります。
年会費は無料ではありませんが、2,000円です。
2,000円でのゴールドカードを持つことができるのもライフカードの魅力です。

無料のライフカードビジネスでは、ポイント還元や付帯サービスはありません。
必要最低限のクレジットカードとしての使い勝手が良いでしょう。
審査基準も比較的甘いことで、年会費無料で付帯サービスがないことで証明されるということでしょう。
個人事業主の信用情報で金融事故がなければ、簡単に持つことができます。

年会費無料で、付帯サービスが充実している。
さすがに、このような法人クレジットカードはありません。
付帯サービスがほしければ、2,000円でゴールドカードに格上げです。
他のクレジットカードのゴールドカードよりは審査は甘めです。


アメックスは個人事業主でも持てる?

個人事業主として、審査甘いクレジットカードとして、ぜひ挑戦していただきたいのが、アメックスのクレジットカードです。アメリカン・エキスプレスと言えば、ステータスとしては充分の内容です。

アメックスにもいろいろある

現在、アメックスのクレジットカードでは種類が豊富です。
セゾン、MUFG等のアメックスカードがあります。
いずれも特徴としては、そんなに審査が厳しくない点です。
付帯サービスが一流ですが、年会費はしっかりとかかります。


アメックスを持つタイミング

個人事業主のクレジットカードとしては、審査が甘く、年会費も安く、最低限のものがあれば良い方は、アメックスなんて興味がないかもしれません。

ところが、ある程度お付き合いがでてきて、いわゆる接待が多くなると、クレジットカードの存在が大きくなります。ようするに、見栄を張れる部分がクレジットカードであることに気が付きます。

そんな時にアメックスであれば、間違いなくできる人だと見せつけることができます。
◯◯カードでは恥ずかしい。そう思ったら、ぜひアメックスに行きましょう。
審査が意外に甘いので安心です。年会費は高いですが、必要経費で落とすことができます。

あらゆる付帯サービスが良い

アメックスでは、国内外の付帯サービスが豊富です。
空港、ポイント等の最低限のものもありますが、ホテル等の利用にも充分に力を発揮してくれます。
そして、審査ですが、よほど悪い信用情報ではない限り、ビジネスカード、一般カードでは審査通過が可能でしょう。

開業直後もOKですが、1つだけ気をつけたいことがあります。
甘い審査と言っても、信用情報でイマイチの方は、限度額が低いです。
良くわからない表記であり、もしアメックスで金融事故等の覚えがあり、審査の通ったのなら、限度額が低いと見て良いでしょう。

それでも、1年間きちんと使用して年会費の支払いをすると一気に限度額が増えます。
この対応は、外資系審査の特徴であり、審査基準も甘いですが、使用して返済を繰り返すことが、与信が簡単に上がる内容です。
さすがはアメックスという部分ですが、他社カード発行ができない方でも、しっかりと手にすることができます。
ビジネス用としては、人前で出したくなるクレジットカードです。

法人デビットカードの利用

審査がなかなか通らない点では、最悪デビットカードで対人の見栄を張ることもあります。
使い勝手は悪いもののポイントも付き一応の付帯サービスがあります。
金融事故があっても審査がないので、安心です。
アメックスがNGなら一先にデビットカードというのも悲しいですが。


三井住友ビジネスカードはfor Ownersを選択

敷居が高そうな三井住友ビジネスカード for Ownersですが、あまり審査は厳しくないようです。
クラシックカードであれば、身分証明書だけでの申込ができます。

設立直後の申込ができる。
法人クレジットカードの甘い審査の基本であり、三井住友カードで安心です。

特典はとても多い

年会費が1,250円とお得です。初年度は無料になりますし、キャンペーン等もよく行っています。
黒字経営等の心配もなく、自身の信用情報だけでの審査が期待できます。
キャッシングが、個人事業主なら50万円まで行えるサービスがあり、国内外の付帯サービスが充実しています。

ポイント還元率0.5%です。
限度額が150万円ですが、個人事業主としてはそれほど低くない金額だと言えます。


審査はどの程度甘い?

設立直後でも審査通過があるのは、法人クレジットカードとしての甘い審査の象徴です。
設立直後というのは、決算書もない状態であり、書類提出もありません。
審査要件では、個人事業主の信用情報だけがポイントになります。
ほぼ個人で利用するクレジットカード、カードローンの審査と同様です。

法人のクレジットカードでは、利用額が大きいです。
年会費が必ずかかりますが、甘い審査のものは低い金額です。
アメックスだけは、外資系のクレジットカードであり、ガッチリ年会費はかかりますが、審査は意外と甘いです。

甘い審査のクレジットカードでは、信用情報で金融事故がない。これだけを注意したいところです。
クレジットカードやキャッシング等があるとしても、延滞遅滞がないとか、債務整理直後でなければオススメです。

個人事業主はこのクレジットカードだけで良い

プライベート用とビジネス用と区別して使いたい。
その要望も大きいですし、できればそうしたほうが良いのが、法人カードです。
しかし、信用情報であまり自信がない方にとっては、多くのカードを手にすることで審査落ちリスクが高まります。

個人のクレジットカードで、ビジネスとして使用することはできません。
ですが、ビジネス用のクレジットカードではプライベート用としても使用ができます。
個人事業主であるのなら、法人カード1枚であとは、信用情報で自信がついたのなら、他のカードを増やすことをオススメします。

甘い審査のクレジットカードを使えたのなら、大切に使いましょう。
三井住友ビジネスカード for Owrs、Orico EX Gold for Biz、ライフカード、アメックスなどは甘い審査とされているクレジットカードです。使い勝手が良いのですが、ステイタスが高くなれば、ゴールドカード、プラチナカードと進化していきましょう。


最終的にはACマスターカードしかない?

最後のクレジットカードと言われるのが、ACマスターカードです。
個人事業主としてだけではなく、個人としても審査が最大甘いクレジットカードとして知られています。

あくまでも憶測

法人カードとしてではなく、クレジットカードの審査の甘さが指摘されています。
その理由としては、ACマスターカードのACの大手消費者金融アコムだからです。
クレジットカード会社ではなく、大手消費者金融のクレジットカードだから甘い審査ではないか?ということです。

ちなみに、クレジットカードのキャッシング枠と大手消費者金融カードローンの審査では、消費者金融の方が借りやすいのは確かです。実はその部分だけが、ACマスターカードの審査は甘いとされている部分が大きいです。


金融事故があると審査落ち

ACマスターカードの審査基準は、アコムの審査基準と同じ程度だと言われています。
上記にあるように、クレジットカード会社よりは消費者金融の方が審査基準は低い可能性があります。
それで、甘い審査であると言えます。

法人カードとしては使える?

個人事業主が契約者としての申込ができます。
職業で、個人事業主であり年収を入力して、借りれたとしたら、法人カードとしての利用ができます。
利用額も大きいですし、キャッシングも可能です。アコムの無人契約機での利用ができることから、信用情報で多分他社契約ができない予感がする方は、オススメです。

法人カードではないので、付帯サービスなどはありません。
個人のクレジットカードの使い方しかできないですが、即日発行であり、土日も使えます。
すぐにクレジットカードが必要な方にはオススメです。

法人カードではないデメリット

付帯サービスがないだけではなく、個人事業主としての期間が短いことで、審査に通らないことが予想されます。甘い審査の法人カードでは、個人事業主なりたてでも審査に通ることがメリットです。
個人対応のACマスターカードでは、法人だからという条件は有効ではありません。

とにかく信用情報であちこちの審査通過ができない方で、カード発行だけしたい方にはオススメの1枚です。プライベートとしての使い方での審査通過では、ビジネス用としての使えない場合もあります。

もし、審査に通ったとしても、必ず返済ができる範囲内の使い方が理想です。
ビジネスカードトしてよりは、全くこじンのクレジットカードとしての使い方になります。
完全なブラックリストでは審査に通らないですが、多少危険な信用情報である方でも契約がもっとも甘い審査だとされています。