個人事業主 クレジットカード 審査


審査の前に個人事業主はクレジットカードを選べる

個人事業主なら、クレジットカードは個人カードと法人カードの選択ができます。

個人カードと法人カードの違い

個人のクレジットカードでは、個人事業主で収入証明書だけで申込ができます。
カード会社としては、収入があることが分かれば良いですから、普通の審査で完了です。
安定した収入があり、信用情報で金融事故がない方です。
収入証明書として確定申告書の提出がある場合があります。
個人カードとして、使用ができます。

法人カードでは、法人や個人事業主しか申込ができないです。
提出書類の違いもありますが、個人カード同様に身分証明書だけで作れるものもあります。
クレジットカードの内容は全く違います。

事業費の精算のために使用ができる法人カードでは、特典も多く、ほとんどが年会費がかかります。
その上で、ポイントやマイルだけではなく、様々な事業に対する優遇があります。
事業費前提でいうと、個人事業主なら法人カードが良いでしょう。


審査の違い

個人カードでは身分証明書と信用情報が肝心です。法人カードにはそれに事業としての証明が必要です。
記載しなくてはならない書類では、事業実績を示すものもあり、そこでの審査基準がいろいろです。

設立3年経っていないと審査基準に合わない。赤字決算では審査落ちなどもあります。
個人カードでは自身の信用情報だけでしたが、法人カードでは事業実績内容も確認した上での審査になります。いろいろ基準はありますが、甘いところ、厳しいところなどがあります。

ランクの違い

クレジットカードではランクがあります。
ビジネスカード、ゴールドカード、プラチナカードなどがあり、ステイタス性を出すことができます。

それぞれの個人事業主の内容も関係しますが、信用情報や市業績で判断されることも多いです。
興味があればですが、ステイタスの高いクレジットカードなら、それなりの審査は覚悟の上です。
審査に慎重なところ、大手などの審査基準があります。

共通する審査基準

それは個人事業主の信用情報の金融事故です。ブラックでは契約はできないです。
普段もクレカを使っていて、延滞遅滞を繰り返していたり、クレジットのトラブルがある場合、どんなカードも審査落ちになります。

自営業者ということで言えば、勤務先がきちんと存在しているか?ダミーではないかなどの在籍確認もありますが、基本的には、収入証明書があれば対応します。個人カードと法人カードの違いを確認した上で、今ほしいクレジットカードの申込をしましょう。事業に使用したいのなら、法人カードが絶対にお得であり、役立つ特典が多いですが、年会費があります。


審査を左右する2つの携帯電話問題 個人事業主は気をつけて

個人事業主のクレジットカードの審査で、とても重要なポイントがあります。それは固定電話です。
カードローンも同様ですが、個人事業主として固定電話があることは、ある程度信用に繋がります。

カード会社の在籍確認

どんなクレジットカードでも審査では在籍確認を行います。
それは、勤務先に電話をするのですが、法人であれば固定電話は絶対に不可欠でしょう。
しかし、個人事業主では携帯電話で対応している場合があります。

メールや携帯電話があれば、仕事の依頼ができる。
対応も問題ないのですが、社会的信用の点では固定電話がない営業ではイマイチ信用に欠ける部分があります。このことは、ホームページにも明記はないのですが、固定電話は絶対的にあったほうが良いです。
IP電話で良いですから、審査前に固定電話を付けることをオススメします。
なくても審査が通ったとの口コミはありましたが。


法人カードだけではなく

申込の多くはインターネットで行うことが多いです。必須事項に入力をして送信で待つことが多いです。
代表電話番号が必ずありますが、携帯電話の番号をいれたときに、審査担当者からすかさず電話が入ります。

そこで、聞かれたことは固定電話がないのですか?
そのときは気にもしなかったのですが、見事審査落ちしたと言います。
その後IP電話を設置してから、別の法人カードの申込ではすんなり審査通過だと言います。
自営業のあるあるの話ですが、収入も信用情報も心配なしとしても固定電話はポイントになります。

これは、カードローンも同じようにエピソードがあります。
ここで、すぐに申込の確認で電話がかかってくること。これは審査を左右するので、携帯電話しかない方は対策したほうが良いです。

携帯電話と言えば

携帯の契約で、機種代を分割にしている方は多いです。
クレカはつかっていないけれど、携帯電話会社ではクレジット契約をすることになります。
このときに毎月の引き落とし日に入金されずに、遅れて支払いをするパターンがあります。

通話はできますから良いのではなく、実は遅滞状態です。
このことは、クレジットカードの審査に大きな影響を与えます。
クレジットカードの申込で、カード利用では遅滞も延滞もしていないけれど、携帯電話の部分で遅滞があることで審査落ちもあります。

引き落とし日に入金されない=信用情報的にはマイナス要因になり、審査が通らないこともありますので気をつけましょう。審査基準で言えば、遅滞延滞は重罪です。


カード会社の審査基準は違う 設立1年目の個人事業主の法人クレカ

クレジットカードでは個人事業主や法人が持てる法人カードがあります。
個人カードと違うのは、業務内容の審査が加わることです。

赤字でも大丈夫?

会社でも法人カードを持つことができますが、決算が赤字だったり、個人事業主でもイマイチ儲けていない場合があります。

個人事業主では決算としての書類がない場合もあり、収入の段階で判断されます。
要するに、個人事業主では申込者の信用情報が大きなウエイトを占めることになります。
確定申告の内容がポイントになりますので、具体的な収益などはわからない、審査されないことが多いです。

赤字と言う文字で審査が左右されるのは、ビジネスローンの場合が多いです。法人カードの場合は、個人事業主の信用情報ということで、とりあえずきれいに完済した状態での申込が妥当です。


設立年数

審査ではこちらのほうが重視されます。
国内の法人カードでは、3年設立説が多いです。3年経っていて、2年の黒字が原則だと言います。
法人カードを持つ資格として、審査基準がこの内容であれば、契約ができるとされるものです。
ですから、現在でも安全パイとしては、3年経ってからの申込が良いと言います。

ところが、最近では少しずつこの説も崩れています。
というのも、カード会社としても返済能力があり、キャッシングではなくクレジットカードの利用ですから、3年満たない場合でも契約の口コミは多いです。

ただし、ある程度の収入が必要であり、信用情報がきれいであることが条件です。
要は個人事業主としての失敗での高い回収リスクがないことが必要です。
信用情報、ここでもどうしてもクローズアップになる審査です。

設立1年目にオススメの法人カード

それはアメリカン・エキスプレス・カードです。
ここは、収入が第一であり、1年目からも法人カードの契約口コミがとても多いです。
年会費31,000円の法人カードですが、すぐに法人カードを作りたい個人事業主には最適です。

信用情報的にもそれほど厳しくないとされていますが、天下のアメックスの法人カードがそんなに簡単に手に入るのは意外なようですが、現在は穴場の審査基準です。
ただし、収入が高く、現在金融事故者ではないことです。

安定した経営

個人事業主でクレジットカードの必要性を感じての申込ですが、当然ながらすぐに倒産してしまう状態では審査落ちになります。銀行口座では屋号も使用できるのですが、個人事業主では個人名で良いです。

仕事が順調であり、固定電話もあり、青色申告控除もしている。
その上で仕入れ用のクレジットカードがほしい。
そのような方なら、設立間もない個人事業主でも法人カードが持てるかも?
アメックスなどにはダメ押しで申込してOKだった方も多いです。


甘い審査でも金融事故は審査落ち

個人事業主で法人カードを作りたい方に是非行なってほしいことがあります。
審査基準は平均的とされる法人カードです。
これは金融事故があると審査落ち程度と考えてください。

楽天プレミアムカードを持っている

すぐに楽天ビジネスカードの申込をしてみてください。
法人向けのビジネスカードは、楽天ではプレミアムカードを持っていることが必要です。

すでに、信用情報などがわかっているため、作りやすいでしょう。
海外の高級ラウンジの利用ができたり、ETCカード発行もできます。
法人向けカードを作りたい方には良い条件です。


楽天だけではなく

実は、プレミアムクレジットカードを持っている方は、是非申告してください。
個人で持っているクレジットカードがすでに一般ではないことで、一応アピールすることができます。しかも金融事故がないことが条件ですが、自分は信用されているアピールの1つになります。

又は、持っているクレジットカードのランクを上げてからの法人カードの申込です。
年収も上がっていて、個人事業主としては成功していることを強調できます。

申込場所の選定

空港などでプロモーション的に勧誘している場合があります。
カードブランド会社が直接行なっている場合が多いです。
彼ら一定ノルマがあることが多いので、審査も多少色が付くと言われています。

法人カードをちょうど作りたいと思っていたと、直接話しをしながらのプロモーション申込では、良い結果が多いと言います。
国際空港などでは、法人カードの申込のプロモーションは多いので、出かけて申込をするのはオススメになります。

審査基準が比較的甘いとされる法人カード

三井住友ビジネスカード for Ownersは、個人事業主の信用情報だけで申込ができます。
設立も決算書も確認しないです。
三井住友なのにあまり有名ではないのは、2017年にできた法人カードだからです。
個人事業主としてこれからという方ても申込ができ、ブランドとしても安心です。

オリコEx Gold for Bizは、とても高い人気の法人カードです。
最低限の特典では、保険、ETC機能もバッチリです。
年会費2,000円で、今一番申込が多い法人カードだと言います。
審査も柔軟であり、使いやすい法人カードナンバーワンです。

人気の2枚の法人カードですが、3年経たない個人事業主の利用者が多いです。
多種多様の法人カードがありますが、特典などを確認した上で決めてください。
使い勝手だけではなく、マイルやポイント還元なども大きな条件です。


アメックスの審査が意外に甘いらしい

個人事業主の法人カードとしてはオススメはアメリカン・エキスプレス・カードです。
ネームバリュー、ブランド力は十分過ぎるのですが、1年目の個人事業主でもすぐに申込をしてみてください。

審査は通りやすいで有名

アメックスで重視をするのは、個人事業主の力です。
外資系の審査基準では、国内とは違うことが多いですが、多角的な審査が注目です。
それが現在の年収などであり、過去にあまりこだわらないことが大きいです。

法人向けカードは国内でもとても多いですが、金融事故やブラックではまず審査は通らないです。
会社経営者でも辛いところですが、個人事業主では自身の信用情報で多少自信がない方でもアメックスは期待が持てます。個人事業主は本人確認書類だけでOKで、カードローン並の簡単さです。


アメックスの商品は多い

アメックスでは単独だけではなく、国内の様々な信販会社とのコラボ商品が多いです。
しかし、信用情報で危ない方は、単独のアメックスのランクが下の法人カードが良いです。
自営業者が、アメックスの法人カードを使っている。
ちらっと見ただけではランクはわからないですが、ステイタス的には申し分ないです。

カード利用は、個人事業主の中では、法人カードが持てるだけの業績を推し量ることもできます。
簡単に楽天カードなどでも良いですし、各種プラチナカードも良いのですが、全てを追い抜いたアメックスの法人カードの審査が甘いというのは注目です。個人事業主として法人カードはアメックス。
いやいや、たまたま審査通ったからと自慢もできます。

金融事故は起こさない

法人カードの利用については、きちんと引き落とし日などは守りましょう。
当然の話ですが、個人事業主として、青色申告控除も受け、順調に業績が伸びる場合は、銀行融資などで、大きく事業展開したいこともあります。そのときのクレカの履歴が審査されます。
アメックスのように、今だけではなく、過去の信用情報も各人されることです。

個人カードではなく

個人事業主は最初から法人カードがオススメです。
携帯電話しかない方は固定電話を引いて、きちんと確定申告書を確認してください。

アメックスのように身分証明書しか要らない審査もありますが、確定申告書などの書類は用意しておいたほうが良いです。プラチナ、ゴールドカードなどは申込要件を確認した上で、できるのなら、一気にジャンプアップも良いでしょう。年会費は高いですが、法人カードの場合はすべて経費になります。