個人事業主 クレジットカード

個人事業主が審査の厳しいその理由と不満

個人事業主では、カードローンにしてもクレジットカードにしても審査では嫌な思いをすることがあります。会社に勤めていない。毎月一定の収入ではないことに懸念が生じます。

きちんと何年間も収入が一定だとしても、個人事業主という属性では、色眼鏡的な見方をします。
興味本位ではなく、金融業界における個人事業主はそのような立ち位置です。
儲かっているのに、という方でも最初の審査では、個人事業主なりの見方をされます。

個人事業主でも契約ができる

カードローンもクレジットカードも対象です。
単に審査の段階で、会社員とは違う見方をされるだけです。収入証明書も信用情報も問題がない場合は、普通に契約ができます。審査の入り口で、不安定な収入であることと、信用情報で金融事故がないことが分かれば、収入に応じた借入ができることになります。

この部分はすべての方が共通しています。
個人事業主としてのクレジットカードの申込では、上記のことを心得て、考えてみてください。

個人事業主の審査を難しくしている理由

それは、審査が時代に対応していないからです。
SOHOの言葉が生まれて久しいですが、在宅ワークや自由業などの言葉が生まれていて、全て個人事業主です。

テレビに出演しているタレントやモデルもある意味個人事業主です。
ホステスやキャバ嬢も確定申告をしているのなら、個人事業主です。
在宅ワークで、家で仕事をしている主婦も確定申告をしていて、旦那よりも収入が多い方もいます。

一口に個人事業主と言っても、自由業と混同、多種多様名業種があります。そこで、審査も多少混乱をしていると言っても良いのですが、残念ながら、どれも不安定収入として片付けられているのが現状です。

少なくとも倒産しない公務員とは雲泥の属性の差があります。
ですから、カード会社としては、返済能力の裏付けをとって、その時に確定申告などの書類を確認した上での契約になります。自営業者としては、提出書類が多くなるだけの申込になりますが、属性が低いことだけは、確認をしておいてください。

意外な不当評価

それが社会保険証ではない部分です。
正社員では社会保険証があり、身分証明書として申し分ないです。

ある中小消費者金融では、社会保険証でなければ借りられないという金融業者もありました。
個人事業主では、社会保険証は持てない身分ですから、なんとなく格差を感じられることです。
普段の暮らしではあまり気が付かないこともありますが、年金受給のときに、厚生年金の高さだったり、国民保険証である身分証明書で、ここが会社員との差と感じられることがあります。

個人事業主のメリット

そんな個人事業主の愚痴ですが、クレジットカード、カードローンでは、唯一メリットがあります。
それが、個人事業主の立場が、普通の個人用のものとビジネス用の両方の契約ができることです。
個人事業主では、ビジネスのためのクレジットカードも作れるということになります。

ビジネスローンもそうです。
要するに、両方の審査にも通じる審査を受けられることになります。
個人用ではなく、法人カードも作れることで、会社員では絶対に作れないクレジットカード、優待などもあります。個人事業主であるゆえの対応が、クレジットカードには存在しています。

クレジットカードは法人カードが良い理由

個人事業主の定義として、税務署への屋号の届け出があります。
これは開業届になります。メリットは青色申告ができることで税制上の優遇があります。
事業をしていく上で、届け出をしている、青色申告になるときちんとして申告書が必要であり、普通の確定申告書より手間も多いです。そこまで行う個人事業主では、信用も高くなります。

その上でクレジットカードの申込

個人事業主では、普通にクレジットカードの申込ではなく、法人カードがオススメです。
普通のクレジットカードでも、個人事業主は身分証明書の提出だけで契約ができます。
ただし、事業のための使用ができないです。

ところが、法人カードでは事業のために利用ができるため、限度額も大きいです。
ですから、最初から法人カードでの選択が妥当な場合が多いです。
1人きりで自宅で個人事業主として頑張っている方も対象です。

法人カードの使い方

クレジットカードでは、カードローンと違って特典が多いです。
お金を借りるためのものではなく、後払いの保証書です。カード会社で先払いして後で返済をする形です。金利がつかないケースもあり、キャッシングとは違います。

個人事業主の法人カードの使い勝手の良さは、事業でかかるクレジット払いができるものをすべてそれで行うことです。光熱費、交通費などの経費をクレジットの明細で管理ができます。
法人カードの使い良さはそこにあります。

その上、特典では接待に便利、ETCカードの使い勝手が良い、ポイントやマイルが貯まるなどがあります。年会費、会社の規模に合わせたステイタス性もあります。
法人カードとしての申込では、個人事業主が事業のために使用できる切り札として契約をします。

個人事業主のクレジットカード

開業届を出した上で、クレジットカードは法人カードにしてください。
ピンきりの内容ですが、自身の事業に合わせた限度額や特典などを確認すると良いでしょう。
ステイタスの高さ、カード会社のネームバリューなども加味しても良いですが、当然審査があります。
審査に関しては、一定の基準があるものが多いですが、個人事業主可能部分を確認してください。

このカードはビジネスカードではなく、コーポレートカードと称するなら、社員20名以上の会社です。
又、法人カードだから法人でなくてはならない場合は、個人事業主の申込はできないです。
最近では、法人カードも個人事業主対応ですが、ステイタスによっては申込ができないこともあります。
個人用のカードは家計用カードで、事業には法人カードがオススメです。
年会費などは、法人カード分は経費になります。

個人事業主の業歴が長いほうが審査通過率は高い

現在法人として会社を起こしている方ももともとは個人事業主だった場合も多いです。
最初から株式会社になる場合もありますが、個人事業主からの法人のステップもあります。

クレジットカードの審査

クレジットカードでは、個人事業主の場合業歴が長い方が信用があります。
法人カードなどではこの業歴が長いことが信用に繋がります。

個人事業主からの株式会社の場合、個人事業主からの業歴になります。
会社が法人になる前から個人事業主として事業をしていることは、業歴に当たると言います。
中には設立1年目からのクレジットカードの申込ができますが、最低3年程度経過していると安心です。

法人になって1年目。
でも、個人事業主として5年頑張ってきたのなら、6年の業歴でもOKということです。

法人カードが良い理由

個人事業主は不安定な収入がネットになるといいます。
法人カードでは、決算書などが不必要な場合があり、なんて身分証明書だけの審査もあります。

ということは、多少赤字だとしても借りれる保証があり、信用情報だけで審査通過もあります。
法人カードの申込者は、普通のサラリーマンはいないですから、皆さん不安定な収入の集まりです。
それをわかっての審査ですから、身分的にも良いです。

個人事業主なんだから、クレジットカードは法人カードにきまっている。確かに、収入は自分で事業している法人格ではないですが、会社員でも給与ももらっているわけではないですから。

決算書提出なし

実は法人カードやビジネスローンでは、この部分で躊躇している場合が多いです。
実は売上がイマイチとか、赤字決算の場合です。

しかし、法人カードでありながら、決算書提出不要もあります。
個人事業主本人の信用情報が問題であり、確定申告書だけでOKになる場合があります。
クレジットカードにも審査基準でどこに焦点を当てるかでいろいろです。

最初は一般カードから

高い収入であり、今まで作らなかっただけ。
決算も黒字だしという方は、プラチナカードでもカード会社は選び放題です。

しかし、あまり収入がなく、審査に不安な方は、一般の法人カードがオススメです。
特典と言えば、ポイントやマイル、グルメ、ヘルス対応などですが、そんなことはあまり必要なく、クレジットカードの契約をしたい方にオススメです。使っていくうちに、ランクアップもできたり、ステイタスも上ります。カード会社ではネームバリューがあるところが良いでしょう。

ビジネス用として、私的な買い物には使えないクレジットカードとしてはオススメです。
最も、経理上で、別にしたら良いことであり、個人事業主のクレジットカードの使い方は柔軟ですが。

楽天のビジネスカードに注目してみた

個人事業主が持てる法人カードでは、クレジットカード会社発行のものです。
JCB法人カード、アメリカン・エキスプレス・カードなどがありますが、楽天ビジネスカードに注目してみましょう。

楽天クレジットカード

比較的簡単に申込ができます。
個人事業主でも信用情報で金融事故がないと、楽天口座があり楽天会員ならば、個人で持つにはとても便利です。楽天市場でお買い物をするとか、家計用カードとしても便利です。
家計簿的にも使い勝手が良いのですが、ビジネスカードにも人気の秘密があります。

海外出張が多い個人事業主にとても便利

というか、海外に行く機会がない方には使わない方が良いと言えます。
クレジットカードの特典では、空港ラウンジの無料サービスがあります。

しかし、たいてい国内空港施設使用であり、海外空港での利用ができないです。
ところが楽天ビジネスードでは、プライオリティパスが付帯されています。
プレステージ会員ですが、海外空港の提携先のラウンジが使用できます。
普通の利用では40,000円の年会費の対応です。
海外空港では、搭乗ランク無関係で利用ができますが、とても快適です。

そしてこの特典は、他社のカード会社ではあまりないです。
ほとんど国内の空港ラウンジの利用だけです。
楽天ビジネスカードでも国内の主要空港のラウンジは使えます。
この部分だけでも、楽天での法人カードはお得です。

すでに楽天カードは持っている

そうでなくてはならないです。
楽天のビジネスカードは、楽天プレミアムカードの保持者でなければ作れないです。
要するにビジネスカードだけの登録ができないです。
ということは、ビジネスカードとプレミアムカード両方を持たなければならないことになります。

ビジネスカードの年会費は2,000円で、プレミアムカードは10,000円です。
ビジネスカードの国際ブランドはVISAのみですが、VISAビジネスオファー付きです。
限度額は2枚合わせて300万円です。

規模としては小さな法人カードですが、審査も柔軟な対応でしょう。
しかし、プライオリティパスだけは絶対に価値があると言います。
数回海外で利用するだけでも快適に過ごす事ができるとのことです。

純粋にビジネス用として

楽天のビジネスカードは、引き落としなども楽天口座で簡単に管理ができます。
海外に行かれる方で保険も充実しているプレミアムカードにビジネスカードのプライオリティパスがあれば、海外での最高の仕事ができると言いますが。

法人カードとしては、何かと不満があるのですが、楽天のネームバリューに関しては申し分ないでしょう。審査の点でもそれほど厳しくないのですが、プレミアムカードを持っていないと資格はないです。
ここは注意が必要になります。

個人事業主は法人クレジットカードを復数持てますか?

個人事業主は法人カードを作りやすくなったと言います。
審査基準はカード会社発行、ステイタスなどで違うのですが、大切な審査のポイントは信用情報です。
申込者の身分証明書と信用情報で審査が決まるのですが、ブラックでは契約できないことが多いです。

法人カードをたくさん持っています

個人事業主では、このような方も多いです。
カードローンと違って、総量規制などはないですし、使い方として、取引先別に分類したり、経理上でわかりやすくビジネスカードを復数使いこなしている方も多いです。

年会費はかかるのですが経費になります。
交通費、事業用の携帯電話、光熱費、買い物専用のカードとか、引き落とし日が違うことで、うまく調整ができている場合もあります。法人カードを経理とすることで、人件費の節約になるとか。
パソコンツールと連動して、会計処理が簡単にできる場合もあります。
それぞれカード会社発行での特徴もあります。

ポイントやマイルの利用

ポイントやマイルなどの特典も注目ですが、使い分けでうまく利用ができます。
自営業者で何枚もクレジットカード申込ができるか?というと、案外とできます。
信用情報で金融事故がないのなら、限度額が低い状態では可能です。航空券、ETCカードなどの有利な法人カードもあり、個人事業主の事業内容に合わせた者を選択、申込をしてみてください。

信用情報が問題であり、現在普通にキャッシングなどをしている場合は、完済後がオススメです。
又、できれば、個人事業主で3年程度が目処だとされています。
1年目から契約ができるのは、アメックスやオリコなどです。
三井住友ビジネスカードfor Ownersなどでは3年待ってから、黒字2期であるほうが良いです。

使い方によっては、数枚のビジネスカードの引き落としは総額大した数字ではないけれど、それぞれに明細が会計してわかりやすい帳簿になっている場合があります。審査次第ではそんなに契約できないこともありますが、できる個人事業主は法人カードを駆使しているとの口コミも聞かれます。

信用情報はきれいにして

高いステイタスも狙いたいですが、自身の業績を考え、法人カードにチャレンジしてみてください。
すでにクレジットカードを使っている方は、家計用カードとして。
ビジネスカードはあくまでも事業費のために使うものですから、きっちりと区分けすることです。

クレジットカードやキャッシングを返済中の方は、少しでも返済をして残債が少ないほうが良いです。
しかし、キャッシングほど厳しい審査ではないでしょう。