個人事業主 ノンバンク 融資


個人事業主のノンバンク融資で審査通過するポイント

個人事業主にとってノンバンクは、なくてはならない事業資金調達先です。
銀行の審査に通りにくい個人事業主にとっては、ノンバンクの存在は欠かせません。
ノンバンクからの審査を100%通すためには、個人事業主には秘訣があります。
どのような秘訣があるのか、詳しくご紹介していきます。

ノンバンクとはどのような金融機関があるのか

ノンバンクには、様々な金融機関があります。どのような種類があるのか、ご紹介いたします。

信販会社

いわゆる、アプラスやオリコ、ジャックスなどのみなさんがご存じの金融機関です。
車や貴金属などの高額なお買い物をする際の分割の支払いに使う、金融機関です。


消費者金融

消費者金融は、個人事業主におなじみの金融機関です。
消費者金融というのは、一般の個人に対して無担保・無保証人で貸付を行う少額融資を指します。
銀行と非銀行系の2種類の消費者金融があり、割と審査に通りやすい部分が大きなポイントといえます。

銀行系のローン

銀行系のローンは先程記載した銀行系の消費者金融と共通しますが、銀行系の消費者金融の場合、親銀行の店舗内でン契約することができる融資商品もあり、大変便利にご利用いただけます。また、親銀行の口座を作る若しくは持っていることにより、審査が早くなって素早い融資に繋げることができます。

ATMの無料化など、あらゆる嬉しいサービスもあります。
銀行系のローンは、アコム(三菱UFJ)、プロミス(三井住友銀行)などがあります。


事業系のビジネスローン会社

ビジネスローンを専門の取り扱っている金融業者であり、ビジネスを専門としたローンを取り扱っています。各業者によりビジネスローンの中身は異なりますが、個人事業主向けの商品もありますので、個人事業主がご利用しやすいノンバンクといえます。

事業系専門業者をご利用売る大きなメリットといえば、前期決算分が赤字であっても柔軟な対応を取ってくれることです。銀行での借入が厳しい人でも、ビジネスローン会社であれば審査通過する可能性があります。

不動産金融専門会社

不動産金融専門会社というのは、銀行などの金融機関が設立した不動産融資専門の金融業者です。
主に住宅ローン融資がメインとなっていますが。不動産投資や不動産を担保とした事業資金の融資などがあります。

このように、ざっと挙げて観てもこれだけの種類があります。
どれが自分に合っているのかわからない、と迷ってしまうかもしれません。
個人事業主の場合、ファクタリングやビジネスローンが適しているといえます。
必ず審査通過できるノンバンクがありますので、焦らず慎重な資金調達とします。


ノンバンクではどのような融資をご利用できるのか

ノンバンクでご利用できる融資は、大きく分けてこの2つの種類があります。

個人向けローン

最も個人事業主のご利用が多いのが、個人向けローンであるフリーキャッシングや目的ローンです。
フリーキャッシングがオススメな理由は、使途自由ということです。個人向けローンは事業資金には使えないイメージですが、一部の個人向けローンでは事業費の利用を認めているものもあります。

例えば、プロミスのフリーキャッシングや自営者カードローン、オリックス・クレジットのオリックスVIPローンカードBUSINESSは、生活費と事業費の両方に使うことができます。これらのカードローンは、事業費として使えるのは個人事業主のみと限定しています。使える範囲が広い事業者向けローンですので、急に資金が必要になった時でもスムーズに対応させることができます。

ビジネスローン

ビジネスローンは、別名事業融資といいます。文字通り、事業性のある目的に対し融資を事業者ローンです。
ビジネスローンの主な目的は、運転資金や事業の拡大、つなぎ資金、設備投資など事業性の用途であればほぼ何にでも使うことができます。

ビジネスローンは、融資額が大きいのも大きなポイントです。
100万円から多い場合は億を超えるビジネスローンもあり、多くの資金を調達できます。
個人事業主は大きな融資額を得ることはできませんが、必要な融資額を受けることを期待することはできます。


どうすればノンバンクの融資を100%受けることができるのか

個人事業主は審査に通りにくい職業ですので、気になる点といえばどうやって審査通過するかではないでしょうか。

ノンバンクからの融資を成功させるためには、これらのポイントに注目しましょう。

経営者の返済能力を高める

事業主が融資を受けるためには、経営者の返済能力が重要となります。
個人事業主の事業主のクレジットヒストリーをチェックされ、返済能力の高さを確認されます。
税金の滞納は他社の借入れ状況、遅延や延滞は無いのかを確認されます。
これらを全て回避することで、個人事業主でも審査通過を期待することができます。


提出する書類を完璧にしよう

事業者が融資を受ける際は、様々な書類が必要となります。
間違いのない融資とするためには、必要書類を完璧に用意しておくようにしましょう。即日で融資を受けたい場合は、書類さえ完璧に揃っていれば即日中に融資を受けることも夢ではありません。

また、在籍確認の電話の応対は、どんな企業なのかどのような経営者なのかをチェックします。
良い顧客となれるように、電話の応対や話し方には十分注意しましょう。

法人登録しておく

個人事業主というのは、本来法人登録しているのが個人事業主です。
法人登録をしていなければ、仕事をしていない人とみなされてしまいます。
個人事業主がノンバンクの審査に通るためには、法人登録をしましょう。

いかがでしたでしょうか。
個人事業主のノンバンク融資で審査通過するポイントは、これらの3つが重要となります。
この3つがクリアしていれば、審査通過は大きく期待できます。
個人事業主は、多くの方がノンバンクをご利用しております。
必ずご利用できますので、慎重に審査を受けるようにしましょう。


個人事業主がノンバンクから融資を受けるメリット

個人事業主がノンバンクから融資を受けることは、どのようなメリットがあるのでしょうか。
個人事業主は、ノンバンクからの融資に対して高い評価を付けています。
個人事業主がノンバンクから借り入れをすることには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

個人事業主がノンバンクをご利用することでのメリット

個人事業主がノンバンクをご利用することでのメリットは、これらが挙げられます。

独自のノウハウの審査をしてくれる

銀行は保証協会の内容に則った審査を行いますが、ノンバンクの場合は独自の審査内容で審査をしてくれます。各業者にて独自の審査ノウハウを持っており、割と自由な審査を行っています。

ノンバンクは銀行と比べるとあまり人気がないので、奥の顧客を掴もうと独自の審査着順で取り込もうとする傾向があります。そのため、赤字決済や税金の滞納があっても、ノンバンクの場合は審査の対象とする場合が大半です。

事業融資の顧客も抱えているので、ビジネスに対して大きな理解を得てくれるので、対応が柔軟です。
銀行は赤字決済や税金の滞納には厳しく、絶対に審査には通りません。


融資までの時間が短い

ノンバンクは審査項目が少ないのと、顧客を多くつかみたいので素早い審査とする業者が多くあります。
ビジネス専門の金融業者の場合、最短当日に審査結果や融資をしてくれる場合もあります。時間が掛かっても2~3日で融資可能なので、急に費用が必要となっても素早く対応してくれる頼りがいがあります。

高めの金利だが年々見直しされている

ノンバンクのご利用に二の足を踏んでしまう方は、金利の高さを問題視します。
銀行融資に比べると高い金利なので、無駄な利息を支払うと思われるようです。
もちろん高い金利なのですが、ここ数年ノンバンクの高い金利も徐々に見直されるようになりました。
様々なノンバンクで金利の見直しを行っており、銀行に負けない低金利での融資をしてくれる業者が増えました。


即日融資ができるノンバンクが多い

ノンバンクの1番の魅力といえば、即日融資してもらえる業者が多いということです。
先程もお話ししましたが、審査の内容が薄いので短い審査時間しかかからず、即日融資が可能な金融機関も多くあります。TVCMでもおなじみのアコムやモビットのような大手消費者金融は、ほとんどが即日融資を期待することができます。メガバンク系の場合、自動審査により最短30分で審査結果が出て、その後すぐに融資をしてくれる業者もいます。

カードローンでコンビニATMから使えるものもある

ノンバンクのカードローンの中には、コンビニATMでご利用できるものもあります。
コンビニATMなら全国どこでもご利用できるので、出張先などでも資金調達とすることができます。
銀行融資はそうはいかないので、多少の不便さが発生してしまいます。


ノンバンクを利用すべきおすすめケースとは

ノンバンクをご利用すべきおすすめケースは、これらが挙げられます。

すぐに資金が欲しい場合

直ぐに資金を手元にしたい場合は、即日融資のノンバンクがおすすめです。
朝申し込んで、その日のうちに融資してもらいましょう。

銀行の審査が通らない

個人事業主は、銀行の審査が通らない場合があります。その場合は、何度も審査を受けてもどこにも通過しない場合がありますので、ノンバンクの金融機関での融資をおすすめします。

つなぎ資金の調達

売上は挙がっているのに入金サイトまでが長くショートしそう、そんな時は次の入金までのつなぎとするために、つなぎ資金としてご利用を検討してみましょう。入金があった際に返済することで短期間の融資となるので、金利で損をすることもありません。

いかがでしたでしょうか。
個人事業主がノンバンクより借入れすることには、とても多くのメリットがあります。
個人事業主の属性にピッタリの金融機関ですので、審査に通って便利にご利用してみましょう。


個人事業主のノンバンクの融資|ノンバンクと銀行との違い

個人事業主は銀行の規約には合わない部分が多く、審査通過できることは厳しくなってしまいます。
それでも、やはり銀行ローンをご利用したいと思う個人事業主も多くいます。

個人事業主が銀行ローンと合わない部分は、どのような部分なのでしょうか。
ノンバンクと銀行を比較して、なぜ個人事業主と合わないのかを検証してみます。

ノンバンクとは何か

ノンバンクというのは文字通り、銀行以外の金融機関のことをいいます。
バンクがないので預金の受け入れは行っておらず、お金を融資する与信業務に特化している金融機関です。お金を貸すための資金というのは、主に銀行から得ています。

1番に思い出すノンバンクといえば、消費者金融ではないでしょうか。
アコムやプロミスなど、TVCMでもよく見かけるあれらの企業は、大手消費者金融です。


ノンバンクと銀行はどう違うのか

気になるのは、ノンバンクと銀行の確実な違いではないでしょうか。
ノンバンクと銀行の大きな違いは、これらが挙げられます。

適用する法律が全く違う

同じ融資を扱う企業ですが、適用する法律が全く違います。
ノンバンクは貸金業法に該当し、銀行は銀行法に該当します。
この2つの金融機関は、これらのそれぞれの法律に則って業務を行っています。

ノンバンクは銀行法が該当しないので、総量規制という法律に該当します。
総量規制というのは利用者の借り過ぎを注意するために予防線を引いている法律であり、総量規制というのは、借入限度額が年収の1/3までしか借入ができません。

また、1社から50万円以上融資を受ける場合、若しくは複数の業者から100万円以上借りる場合は収入証明書を提出しなければいけません。この2つの決まりごとは貸金業法の決まりであり、銀行法には一切ありません。


金利はノンバンクの方が高い

金利は、銀行よりもノンバンクの方が高いです。
その理由は、ノンバンクの資金の出先は銀行であり、利益を出すために銀行よりも高い金利で貸し出さないといけないからです。また、ノンバンクは審査のレベルが低いので、属性が良くない方にも貸すということで高い金利でリスクを改善しているという理由もあります。

融資スピードはノンバンクの方が早い

ほとんどの場合、ノンバンクの方が銀行よりも融資スピードが早い傾向があります。
大手消費者金融では、審査に30分、融資まで最短1時間という企業もあります。
お金が必要だと思ったら、その場で借入れできるくらいの勢いを持っています。

ノンバンクと銀行はどちらが良いのか

結論としては、どちらが良いとはいえません。
金利の面では銀行が有利ですが、ノンバンクは審査スピードが早いです。
個人事業主は銀行の審査に通りにくいので、ノンバンクの方が良いといえます。

個人事業主の中には、銀行融資を受けている方も多くいらっしゃいます。
そのため、ノンバンクのご利用を決めつけずに、どんな金融機関なら便利に融資を受けることができるのかを、じっくりと時間をかけて考えるようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
ノンバンクと銀行はどちらも融資をしてくれますが、該当する法律から全く違うということがわかります。そのため、審査基準も違い、対象の顧客にも違いが発生します。
個人事業主には厳しい感じがいますが、銀行融資を受けたい場合はまずはチャレンジしてみて、ダメだったらノンバンクのご利用でも良いでしょう。


個人事業主ノンバンク融資|審査通過は法人成りがカギ!

ノンバンクから融資を受けることができる企業は、法人の他に個人事業主もいます。しかし、個人事業主は法人と比べると審査通過にくく、融資を受けることができなかったという声も挙がっています。

個人事業主が融資を受けやすくするためには、法人成りで事業資金を借りるようにしましょう。
個人事業主が融資を受けるためのカギとなる法人成りについて、ご紹介いたします。

個人事業主とは

個人事業主は、個人で仕事を受けたり農業などを営んでいる人を指します。
わかりやすくいうと、会社に勤務せずに自分でお掛けを稼いでいる人です。

正確な個人事業主というのは、税務署に届出を出している場合です。
個人事業主はただ1人で仕事をしている人を指すような気がしますが、基本的に税務署に申請している人は個人事業主となります。税務署に届出をせずにただ1人で仕事をしている方は、正確には個人事業主とはいいません。

個人事業主は事業性資金を受けることができるのか

個人事業主でも、事業資金の融資を受けることはできます。
個人事業主が事業資金を借りるためには、確定申告をしていることが条件となります。
その理由は、確定申告により事業でどんな仕事でこれ躯体の収入を得たというのがわかるからです。
確定申告は収入証明書のようなものですので、正確な収入を確認することができます。

また、確定申告だけであれば全ての方ができますが、もう1つ必要なのが開業届を出していることです。
税務署に申請することで開業届を出すことができ、どのような屋号でどの住所で何の事業を営んでいるのかを申告します。

個人事業主の場合、開業届がないと審査の対象とはなりません。
確定申告書と開業届があることで、個人異業主は金融機関から融資を受けることができるようになります。ノンバンクも、確定申告書と開業届があると、審査に有利となります。


法人成りになることでのメリット

個人事業主がわざわざ法人成りとなるのは、面倒と思われる方もいると思います。
個人事業主が法人になるメリットは、どのようなポイントがあるのでしょうか。

相続税や所得税対策

個人の場合、現金も不動産も全て個人の審査となります。利益が出た場合のみ、個人の所得となります。

法人の場合は試算も利益も会社のものとなるので、利益に法人税が課せられます。
法人税で一律の税率がかかることにより、利益がでるほど税金の支払い額が少なくなっていきます。
個人では多くの税金を支払わなければいけないことを考えると、法人になった方が断然お得となります。

規模拡大には有利

企業の規模を拡大する際は、法人の方アメリットがあります。
法人には資本金があるので、出資してくれる人に株式を発行して増資することもできます。
個人事業主は個人の資産ですので、出資を受けることはありません。
多くの出資を受けて会社を大きくしたい方は、法人の方が多くのメリットがあります。


会社と代表者の金の区別が明確

法人は会社経費は別に計上するので、会社の会計と代表者の生活費を区分しているという前提での審査とします。決算書に対する信用性が高まるので、法人の府が信用できるということになります。

法人の貸借対照表の提出

法人は、決済の際に貸借対諸表を提出しないといけません。
貸借対照表というのは、会社の資産がどの程度であり、負債と資本金の比率を明確に把握することができます。流動資産や固定負債、流動負債などが明確になるので、安全性や収益性などを把握することができ、信用度が高まります。


社会的信用性

個人事業主の個人名で商売をするよりも、法人名義にて仕事をした方が社会的信用性がグンと上がります。法人は決算内容を公表し、法人のことを調べたい場合は誰でも調べることができます。個人事業主では、ありえません。幅広く商売をして社会的信用性を得たい場合は、法人成りの方がメリットは多くあります。

社会保険の加入ができる

法人は社会保険に加入しないといけない義務があり、法人名義で加入し利用できます。
社会保険と厚生年金は一部会社負担してもらえるので、個人で支払うよりもお得となります。

法人成りで悪い状態になる場合は届け出を出さない方がOK

成人成りとすることで、福利厚生費などがかさんで厳しくなってしまう場合があります。
無理をして法人になってもコストが膨らんでしまい決算の内容が悪くなってしまう場合があるので、その場合は届け出を出さないという選択肢もあります。

いかがでしたでしょうか。
個人事業主は、法人成りとした方が融資の審査通過を期待できます。
届出をしていないとただの個人の仕事と判断されてしまうので、審査通過は厳しくなってしまいます。法人登録すべきなのかを良く考えて、融資を受けるためにはどうしたら有利なのかを考えましょう。


個人事業主ノンバンク融資|デメリットも把握してご利用しよう

ノンバンクは、個人事業主にとって便利なポイントが満載の融資方法です。
しかし、デメリットもあります。

ご利用の際はデメリットもきちんと把握した上で、ご利用を検討しましょう。
ノンバンクのデメリットを、ご紹介いたします。

ノンバンクのデメリット

ノンバンクには、このようなデメリットがあります。

総量規制が該当する

ノンバンクは貸金業法が適用するので、総量規制が該当します。
総量規制というのは、年収の1/3までしか借入ができない法律です。
例えば年収300万円の方は、ノンバンクからの借入は100万円までとなります。
銀行は銀行法が適用するので、総量規制は該当しません。


金利が高い

ノンバンクは、銀行と比べると金利が高いです。
ノンバンクは貸し倒れのリスクを考慮して、金利を高くしています。
多くの方を審査の対象としているので、仕方のないことといえます。

安全性に不安がある

ノンバンクは銀行ではないので、不安に思われる方がいます。
ノンバンクのほとんどは優良企業ですが、様々な業者がいるので悪徳業者も潜んでいます。
安全性に不安がある分審査レベルが低いので、我慢すべきといえます。

借入限度額が少ない

審査基準が低い分、借入金額は少なくなってしまいます。
ノンバンクの考え方は、多くの方に少ない費用を融資するといる考えです。


返済ができない場合は取り立てが厳しい

銀行もノンバンクも、返済できない場合は取り立てされます。どちらが厳しいとかということはないみたいですが、ノンバンクの方が厳しいという声が挙がっています。

当たり前のことですが、延滞が長く続く場合は法的な手続きを取られて処理されます。
延滞はしないように、期日通り返済することで何の問題もありません。

継続して利用してしまう

ノンバンクの融資はカードローンとかで便利にご利用できるものも多く、その場合コンビニATMなどで便利に使えてしまう反面、ついつい使い過ぎてしまう傾向があります。
余計な利息を支払てってしまう傾向があり、大きな料金負担となってしまいます。


デメリットはあるけれどご利用しやすいノンバンク

ノンバンクのデメリットを挙げてみると、このように多くあります。
金融機関にはデメリットが無い商品はありませんので、何らかのデメリットはあります。

大事なのは、デメリットもしっかり把握した上でご利用することです。
個人事業主にとっては、ノンバンクは大事な資金調達先です。
便利ゆえにデメリットもあるので、しっかり把握しましょう。

いかがでしたでしょうか。
個人事業主はノンバンクのご利用が多くありますが、その際はこれらのデメリットもしっかりと把握しましょう。そして、使い過ぎには十分注意しましょう。