ビジネスローン 個人


個人事業主も借りれるビジネスローン

個人事業主の場合、資金調達方法として迷ってる方は多いと言われています。
法人ではないのでビジネスローンの選択肢がないと思っている方がいます。

ところが、個人事業主対応のビジネスローンがあります。
ですから、資金調達にはビジネスローンも銀行融資も日本政策金融公庫の融資も選択が多いのです。

ビジネスローンの選択肢

その中でオススメがビジネスローンです。
そのメリットとしては、ビジネスローンの使途が自由な点です。
ビジネスローンの多くが法人代表者、経営者の信用情報を元に審査をします。
それは個人事業主でも同様です。

法人経営者も個人事業主も事業を起こすことで収入を得ている点では共通しています。
事業の形態が法人なのか個人なのか、規模の大きさなどが問題であり、ともにビジネスをしていることには違いありません。

個人事業主では、日常の生活で事業とプライベートの境が困難な部分があります。
そこで、ビジネスローンであれば、その曖昧な境界線のローンが1枚で賄う事ができます。

ちなみにカードローンでは、個人が事業目的で借り入れすることが禁じられています。
そんなことから、個人事業主を融資対象とするビジネスローンのメリットが多いことがわかります。
個人事業主だからこそビジネスローンがオススメな点があります。


審査が大変じゃない?

法人ならば決算書があったり、事業報告書、収支計算書などの会社的な書類が存在しています。
開業届も出していない個人事業主では、そのような書類がありません。
ビジネスローンの審査対象にもならないと思う方もいます。

ところが、ビジネスローンの審査内容では、身分証明書だったり、金融業者所定の申込書があります。
業務内容などと確定申告書などがあれば良い場合も少なくありません。
決算書の不要なビジネスローンもあり、個人事業主でも充分に申込ができます。

総量規制対象外の限度額

個人事業主の中では収入が少ない方もいます。
総量規制範囲内となると借り入れが少ないのですが、ビジネスローンは総量規制対象外です。

例えば、在宅ワークの方で、機械が必要とする事業をしていたとします。
事業資金としてその機械が高額だとすると、ビジネスローンの利用ができます。
確定申告では、減価償却対象の必要経費として計上ができます。

たとえ従業員が存在しない個人事業主だとしても、事業で収入を得ている証拠があれば、充分ビジネスローンの申込要件に達していると言えます。

ただし、ビジネスローンの中で個人事業主対応のことは確認をしましょう。法人しか申込ができない、反対に個人事業主しか申込ができないビジネスローンがあります。


個人事業主がビジネスローンを借りたい時に気をつけること

ビジネスローンは、銀行融資とは違います。
審査内容では、申込者の信用情報重視であり、赤字でも借りれるビジネスローンが多いです。
それでいて使途は自由であり、融資限度額は300万円~1000万円程度です。
主にノンバンク系の金融商品が多いですが、金利だけは高めです。

審査が簡単

審査では、身分証明書で申込ができるビジネスローン、WEB完結のものもあります。
まるで大手消費者金融カードローンの要領ですが、事業性資金で銀行融資の審査に通らない方でも申込ができます。審査基準が違うので気軽に契約ができ、ローンカードの形でATMでの利用も可能です。


個人事業主向けのビジネスローンもある

総量規制対象外のビジネスローンでは、個人事業主向けの商品もあります。無担保、保証人です。
カードローンでは、個人事業主は不安定な収入だったり、確定申告書で少ない収入証明書であれば総量規制で限度額が非常に少なくなります。

ビジネスローンでは、少ない収入証明書でも限度額が大きくなります。
事業性資金に使える点では、法人も個人も差がないのが特徴です。

事業者がもてるビジネスローンとしては、申込者の信用情報と収入証明書が大きなポイントになります。
資金使途自由、運転資金にも、設備投資にも使えます。

プライベート資金としても使える

個人事業主ではわざわざカードローンを持つことなく、ビジネスローンだけで、カードローンの変わりに使うことができます。事業とプライベートの境界線が曖昧な個人事業主では、カードローンで事業資金として使用が禁止です。

しかし、ビジネスローンでのプライベート資金の使用は自由です。
資金使途が自由で総量規制対象外であれば、使いがつては良いでしょう。このような使い勝手が良いビジネスローンだからこそ、個人事業主の申込者のときには、信用情報がとても大切な要件になります。

ブラック個人事業主は審査落ち

単純にブラックリストでは審査に通らないです。多重債務者の点でも多分借り入れができないでしょう。
すでにカードローンでの借り入れがある場合は、総量規制対象外のビジネスローンの審査では難しいのは当たり前です。

できれば、信用情報では借入がない状態での申込が理想です。
そして、名目だけでも事業資金として借り入れしたいことが必要です。
と言っても、WEB申込では、申告必要もなく、信用情報の確認をされるだけです。

何も借りていません、金融事故もありませんし、多重債務者でもないと言うのが、純粋にビジネスローンとして借りたい個人事業主の証拠ですが。


個人事業主のビジネスローンの利用メリット

カードローンの審査では個人事業主は本当に不利です。大手消費者金融カードローンでも個人事業主は借り入れができますが、属性が不安定な収入として審査落ちの可能性があります。

金融業者の不安としては、カードローンで事業資金として借り入れをするのではないか?
そんな不安材料があります。

ビジネスローンであれば

ビジネスローンの審査要件としては、個人事業主はカードローンのような肩身の狭い思いは不要です。
収入証明書が少ない点で、限度額が多少下がることはありますが、属性的には個人事業主でもOKです。
特に、ビジネスローンでは個人事業主対応のものがあり、カードローン以上の借り入れと事業性資金にもプライベートにも使途自由になります。


個人事業主の事業資金とは?

業務内容によって違います。何の事業をしているかによります。

パソコンを利用して事業をしているのならバソコン関連、インターネットを利用しているのならネット関連の費用にビジネスローンを利用することができます。個人事業主ならではの設備投資などにもビジネスローンの利用ができます。

事業資金とは、大掛かりなものではなく、収入を得るために必要な資金取得のための利用ができます。
金融業者では、何に使ったか?と報告をするわけではありません。
使途は自由となっていますので、基本的には個人事業主でも法人でも何に使っても良い判断になりますから、返済日にきちんと入金されるのならOKでしょう。

個人事業主が審査上でしなくてはならないこと

当然のことながら確定申告です。
収支計算書などもあれば尚良いでしょう。青色申告も開業届まで行っていると完璧です。

ビジネスローンでの審査で提出書類となる場合もありますが、それがないのなら、身分証明書だけで審査を受けられるビジネスローンもあります。ただ、ビジネスローン審査に関係なく、個人事業主ならこうした書類を用意しておくことで、確定申告も楽になります。

老婆心ながら

一応毎月の経費の計算と、プライベートと事業の経費を計算しておくと良いでしょう。
個人事業主も良いのもですが、将来的に法人化を検討されているのなら、少しずつ準備しておくことです。毎年確定申告の時期になるとパニックになるという方もいますが、毎月の収支計算書があるととても楽です。

審査に必要がない書類ではなく、自身でこれだけの事業をしているという証明を持っていることで、個人事業主としての自覚も大きくなります。

開業届などの義務はありませんが、個人事業主でも日本政策金融公庫や銀行融資も受けられます。
ビジネスローンよりも低金利であり、融資としては魅力が大きいです。
その時に書類が揃っていると、審査が楽になります。


個人事業主ビジネスローンにオススメ4選

個人事業主にオススメのビジネスローンを選びました。

ビジネクスト

現在、国内で最も人気のあるビジネスローンです。保有口座が一番多いです。人気の秘密はアイフルの子会社が安心できる金融業者であることと、赤字や債務超過の場合でも柔軟審査がある点です。

事業性資金の借り入れは、個人事業主でも総量規制対象外です。
ローンカードタイプのATM利用ができます。


アコム

すでにカードローン契約をしている方は、ビジネスローンに切り替えができます。
カードローンでは個人事業主でも総量規制範囲内の借り入れですが、ビジネスローンでは総量規制対象外の借り入れができます。楽天銀行の口座があれば、24時間365日の振込が可能であり、個人事業主には強い味方です。

審査では、固定電話がなくても審査通過ができるというメリットがあります。
携帯電話だけで営業をしている個人事業主も多いはずで、この情報は決め手になるかも?

プロミス自営者カードローン

普通のカードローンではなく個人事業主、自営者のためのカードローンです。
プライベート資金にも使える融資可能額300万円のカードローンです。
ATMも利用ができ、即日融資も可能です。

個人事業主しか持てない点で言えば、個人事業主のためのビジネスローンと言っても過言ではありません。

現在、カードローンを持っている方は、完済をしてしまって、このビジネスローンに変えることをオススメします。個人事業主なら、個人事業主だけが使えるというビジネスローンがベストです。
プロミスというネームバリューも申し分ないでしょう。


CREST for Biz

オリコのビジネスローンです。
クレジット会社のオリコはビジネスシーンに有利な商品が豊富ですが、個人事業主だけが持てるビジネスローンがこれです。金利も優遇であり、限度額は300万円ですが、使い勝手が良い内容です。

共通している審査基準

上記に紹介したビジネスローンでは、個人事業主でも申込ができ総量規制対象外です。審査では、身分証明書だけでも申込ができるものもありますが、信用情報で金融事故があると借り入れができません。
審査内容公開はありませんが、多重債務者や債務整理者などで、個人事業主自身の信用情報でブラックリスト要因があると借り入れができないとされています。

大手消費者金融、クレジットカードの審査要件と同じであり、無担保、保証人不要ですが、ブラック借り入れができないのがデメリットです。限度額が総量規制対象外になることから、すでに多重債務者になっている方は難しいでしょう。

アコムだけ、アコムのカードローンでは切り替えができます。これは大きなメリットと言えますが、そり他のビジネスローンでは、今の借り入れを完済してからが申込のオススメになります。


ブラック個人事業主のビジネスローンとは? 

事業者向けのビジネスローンでは、信用情報での金融事故がないことが条件として、比較的甘い審査がある場合が多いです。大手消費者金融系のビジネスローンでは、審査内容は信用情報以外では、赤字決算でも良いなどの柔軟な内容です。

その信用情報が大変だから

個人事業主では、ブラックリストになってしまっている方もいます。その上事業資金が不足している。
そんな個人事業主が借りれるビジネスローンは?と言えば、中小消費者金融や街金のビジネスローンがあります。全国にある中小消費者金融では、事業者ローンとして提供しています。

消費者金融の借り入れでは、担保も保証人も不要なビジネスローンが多いですが、ブラックリストの場合は別です。大抵、信用情報でイマイチの場合は、保証人か担保が要求された上で、借り入れができます。
えー?担保とか保証人が必要と感じてしまうのですが、無事に完済ができれば良い話です。
ここは冷静に契約内容を見てみましょう。

もし、この事業資金の借り入れができれば、業務が上向きになる可能性があります。
ビジネスローンとしてブラックリストでも提供という柔軟審査に賭けてみて返済計画が立てられるのなら、乗ることも検討してみましょう。


中小消費者金融のビジネスローン

無担保ローンではない可能性が高いです。
不動産担保だったり、売掛債権担保などでやっと借りれる内容です。
金融業者の回収リスクを考えると当然のことでしょう。
金融事故者に簡単にビジネスローン契約の話はありません。

ビジネスローンは諦める

ブラックリストになって、返済が困難なら、ファクタリングの方法もあります。
売掛債権の現金化ですが、資金調達がすぐにできることと返済がありません。
手数料が取られるので、金額次第ですが、ビジネスローンは良いですが、返済があります。

ファクタリングではその場で解決であり、取引先も巻き込むことで、低い手数料での現金入手が可能です。今欲しい金額に合致をするのなら、個人事業主の資金調達としてファクタリングもオススメです。

現在、個人事業主対応のファクタリング会社は多くないですが、クラウドファクタリングなどでは、高い現金化も可能です。必ず査定をしたうえで検討してください。ブラックリストでも利用ができます。

個人事業主の資金調達方法はいろいろ

ビジネスローン、不動産担保ローン、ファクタリングがあります。
信用情報で安定しているのなら、ビジネスローンが無難です。

しかし、金融事故があるのなら、ビジネスローンではなくファクタリングや長期返済のできる不動産担保ローンなどでの資金調達の相談も検討してください。無理のない返済ができるので安心です。