ファクタリング 個人事業主 審査


ファクタリングは個人事業主では手数料が高い?

ファクタリングは金融業者からの融資とは違います。
金融業者から審査を受け、一定の金利で資金調達をするのではないです。
売掛金の現金化という新しい資金調達です。

とはいっても、大企業では頻繁に行っている経済活動で、あえて新しいと言うのは、最近中小企業や個人事業主にも行われるようになったからです。

資金調達手段の多様化

大企業が行うファクタリングでは企業グループ内で行うことが多かったです。
それぞれに分野が設定されていて、医療、建築などに特化したファクタリングが存在していて、民間企業も大きなファクタリングで少ない手数料での儲けを重視していました。
1000万円程度の売掛債権が最低ラインとして、5%のファクタリングだとしても50万円の手数料です。

中小企業や個人事業主にはできない数字でしたが、最近では、銀行融資の依存度を減らす、融資後の返済の存在がないファクタリングが見直され、個人事業主でも少額ファクタリングが実施され始めています。問題としては、ファクタリング会社ですが、売掛債権が少ないことでの儲けの少なさがネックです。


手数料の問題

中小企業や個人事業主では少ない手数料でなければ、現金が少なくなってしまいます。
そこでの模索がありますが、契約、取引に関しては、いかにファクタリング会社の内容、手数料の少なさが注目されます。仲介業者としてのファクタリング会社がいかに良心的で、個人事業主に対しての多くの現金提供ができるかが問題になっています。

審査の存在

ファクタリングをしなければならないのは、銀行融資などができない信用情報の場合が多いです。
ビジネスローンでも借り入れができるのなら楽ですが、ファクタリングでの売掛債権の現金化が、いち早いキャッシュフローである場合が多いです。

ファクタリングでは、経営者の個人情報も多少関係ありますが、売掛先の審査が重要です。
要するに、取引先の支払いが確かなことが、ファクタリングの手数料にも関係します。
極端な話しですが、申込をする方としては、ブラックリストでも良いですが、売掛先が倒産寸前であれば、手数料も高い、現金も少ないということです。

審査では、双方の経営者の内容になります。
はっきり言って、売掛債権をもつ側の信用情報はあり関係なく、返済なしの現金入手が可能です。
個人事業主では、最近耳にするファクタリングですが、実際に行う場合は、ファクタリング会社の確認をしてみてください。インターネットで検索ができますが、来店しなければならないところが多いので要注意です。地域も関係することがあります。


売掛債権現金化の仲介業者がファクタリング

ファクタリングは、売掛債権を早期に現金化ができます。

帳簿上でのマイナス計上ではなく、借り入れでもないです。
ですから、返済もなく、信用情報も重視されないという画期的な資金調達手段です。
それが、最近では個人事業主でも利用ができます。

ファクタリング会社の対応

ファクタリング会社では、売掛債権が少ない個人事業主、法人ではない場合は審査が困難とされていました。ファクタリングでは、売掛先の信用情報にも深く関係します。これは、金融業者が返済能力の確認と同じで、売掛債権に対する支払い能力があるかを確認するためです。

個人事業主の申込者の場合、取引が法人の場合、ファクタリングはしやすいです。
審査は取引先の信用情報ですが、より確かな場合は、手数料が低くなることで、売掛債権の現金化が多くなります。

ファクタリングで得られるものは、売掛債権の何%の現金になるか?です。
法人や安定している取引先であれば、確実に支払いができます。
それを審査をしていくことになります。

ところが、取引先も個人事業主であったり、不安定な経営では、ファクタリング会社ではリスキーな取引になり、高い手数料が必要になります。一度、ファクタリングをしたのなら、取引先が倒産をしたのなら、売掛債権の現金はすべてファクタリング会社が負うことになります。

審査としては、そのリスクを負うこともあり、身長に行われることになります。

個人事業主の信用情報

資金調達をしたいのですから、債務超過であったり、完全な赤字決算の場合は多いです。
この事実は審査ではあまり関係ないです。取引先の支払いが100%保証されることで、申込者の信用情報は関係がないことがあります。

ただし、申込者個人がブラックリストであったり、2社間ファクタリングであれば、全く信用情報を見ないわけではないです。銀行融資よりは、信用情報は重視されない程度のことですが、売掛債権があれば、資金調達ができないことはないです。不足してしまう事業資金、融資ができない信用情報であれば、ファクタリングも一つの方法として検討されることをオススメします。

とくに、融資ができない。
返済ができないと危惧される場合、ファクタリングでの現金があればしのげるのであれば、1つの方法です。確定申告書はもちろんですが、自身の決算等をきちんと揃えておくことです。

ファクタリングでは赤字隠しも必要のないことで、そのままの数字で売掛債権を買ってくれないか?
取引先はきちんとした会社だから。そんな個人事業主であれば、売掛債権の現金化は比較的簡単です。


審査は取引先だけではない?こんな状態では審査落ち

原則的にファクタリングの審査では、売掛先の信用情報を重視します。
では、申込者として、より確かなファクタリング契約のためにできることを確認してみましょう。

帳簿の内容

個人事業主では、確定申告をしています。
この時に、開業届を行い、青色申告にすることをオススメします。
この普通の申告と青色申告の違いは、収支計算書の存在です。

青色申告では毎日の収支の帳簿が必要です。
それがマイナスであっても良いのですが、とにかく帳簿が存在しているだけでも信用度は違います。


取引先の問題

ファクタリングを個人事業主が依頼する場合、初回の売掛先では審査に通らないことがあります。
過去に、これからも継続している関係が必要です。取引先の情報がなければ、審査のしようがないです。

ファクタリングでは、売掛先の信用が必要であり、過去に間違いなく入金があり、これからの関係も良好であることが必要です。これが、支払いがルーズな企業でとか、先月は支払いが遅れている。
まだ、支払いがない新規の売掛債権の場合は、ファクタリングは成功しないでしょう。

取引先の信用度

これがファクタリング会社では注目します。
中小企業や個人事業主では、自転車操業的な経営もめずらしいことではないです。
そこでようやっと経営している場合もあります。

取引先の経営情報が危ないとの内容では、ファクタリングをしたとしても、手数料が高くなります。
手数料では、売掛債権に対して5~25%程度だと言われています。
この幅は、信用度等が絡むのですが、稀に30%超の手数料のファクタリングもあります。

正直言って高すぎですが、業者としても取引先が倒産した時には、負担をしなければならないリスキーな取引です。又、あまりにも信用が低い売掛先であれば、取引が成立しないこともあります。
経営者としては、資金調達手段として、銀行融資ができない、ビジネスローンも審査落ちであれば、ファクタリングはどうしても気になるところです。

しかし、簡単に申込をする前に、自身の会計書類、取引先の情報等を確認しておくことです。
すべてダメダメであれば、高い手数料で現金が少ない。
それでは太刀打ちではない経営で、ファクタリングの効果もないでしょう。

ファクタリングがダメだったら

ビジネスローンの前にファクタリングの検討なら、ビジネスローンに転換です。
しかし、信用情報的に審査に通らないのであれば、方法はないです。
ファクタリングも悪徳業者が存在していて、ブラックリストの経営者を待っています。

他のところでは審査落ちの内容ですが、うちでは50%程度で100%のファクタリングをしますよというところです。仮に50%だとしても取引先が倒産してしまった場合は、得な取引ですが、悪徳業者と縁をするのはお勧めできないです。


資金調達プロは使える?

資金調達プロはファクタリングのイメージが強いです。
提携業者数1000社以上を持つ資金調達プロでは、10秒診断などで、業者の紹介をしてくれます。
個人事業主ももちろんOKです。

入力事項

希望額、取引先への通知の可否、売掛金の状況、所在地、法人か個人事業主、メールアドレス、電話番号だけです。

ここで、いくら現金になるかを診断します。
無料で行うことができ、ファクタリング会社の紹介があります。
この方法が良いのは、個人事業主のファクタリングを行う業者の紹介だからです。
現在はやっと増えてきた個人事業主対象のファクタリングですが、もともとは大企業相手にしか活動はしていなかったです。

それが、自身が個人事業主であり、実際のファクタリングの可能性を知りたい。
そんな時の無料診断はオススメです。紹介された業者からは直接メールが届きます。
その後の対応は自由です。

ファクタリングの内容が良ければ話しを進めるべきですし、今回は話しだけで良いのなら、それでもいいです。資金調達プロはこのような使い方ができるので、試しに入力をしてみるのも良いでしょう。

資金調達プロは大丈夫?

少なくとも悪徳業者はいないです。ベストなファクタリングなのかはわからないです。
現在、資金調達プロ以外にもファクタリングの業者はオススメしているサイトは多いです。
紹介されたファクタリング業者で不安があるのなら、そこからは直接自分で交渉をしてみても良いです。

取引として、自身のことだけではなく、取引先の情報も必要です。
赤字、債務超過などは仕方ないですが、青色申告、確定申告書等の書類も整備はしておくことです。
自身の所得が低いから審査に通らないとか、銀行融資ができない信用情報だからNGという審査ではないです。売掛債権の存在と売掛先の信用情報などが重視されることで、最終的な手数料が決まります。

入力情報の取引先への通知って?

ファクタリングでは、取引先の通知をする3社間ファクタリングと内緒で行う2社間ファクタリングがあります。その違いは信用度であり、3社間ファクタリングでは数%の手数料になることが多いです。

資金調達したいから、ファクタリングの中小消費者金融に売掛債権を売りました。
取引先には、ファクタリング会社に直接と支払いをしてもらうことになります。
この場合の手数料が数%という低金利です。100万円の売掛債権が95万円の現金になることもあります。

多くのファクタリングでは2社間でないしょに行うのですが、堂々と売掛先に言えるのなら、ファクタリングとしてもありがたい高確率の現金化に成功します。


ファクタリングは比較して決めて

個人事業主対応のファクタリングをしているところは、インターネットで検索ができます。

この時に、下限の売掛債権の内容は確認しましょう。
少額の売掛債権と言えば、1000万円という方もいますし、100万円の場合もあります。
そして、個人事業主の場合では、最低◯◯円というこだわりがあります。

あまり低いと審査に通らない

ファクタリングでは、審査の上で売掛債権の金額にも目が行きます。
仲介業者として手数料をとって儲けにならなければダメです。

ですから、できればあまり手をかけずに、高い手数料がほしいのは当然でしょう。
しかし、少ない売掛債権では儲けは少ないので、今までは個人事業主のファクタリングはあまりしていなかったです。

個人事業主のファクタリングを専門に行う業者もいますが、儲けなしのボランティアではないはずです。下限の売掛債権と手数料は確認です。できれば、幅広いファクタリングを行う老舗の方が安心です。
個人事業主の小さなファクタリングはついで程度であり、そんなに儲け重視ではないほうが何かと安心です。


手数料の存在

どんなに良い内容であっても高い手数料であれば良い会社ではないです。
そこで、ファクタリングの場合は、数社からの見積が必要です。
必ず比較をしてみて、どの程度の現金になるかを確認してください。
高い手数料であれば、同時に評判等もみてください。

もう1つ注目したいのが、来店なのかWEB完結なのかです。
行ける範囲内であれば良いのですが、安い手数料だけど、面談の必要があり出張費がかかる場合も少なくないです。最近のファクタリングでは地元にも多く存在しています。
しかし、地方ではその限りではなく、どうしても大都市圏に集中しています。

そこで、WEB完結、電話で対応等、電子債権等の方法も模索してください。
ファクタリングとは違うのですが、ベンチャー企業でファクタリングをインターネットで完結してしまうという会社もあります。

こちらは手数料を低くしていることが売りですが、売掛先の信用問題は大きな決め手になります。
個人事業主でも、安定している取引先からの仕事をしている方は、ファクタリング審査そのものはそれほど考えなくても良いです。

そして、手数料が安い、見積をきちんと提出してくれる等の業者選びをすることをオススメします。
サービス内容も確認ですが、ここで資金調達手段としてのファクタリングが本当に必要なのかも検討してください。

ファクタリング会社ではコンサルティング業務もやっているところがあります。
安いファクタリングだけど、こちらの手数料が高いこともありますのでもご注意を。