フリーランス ローン

フリーランスローンの悪条件は収入の不安定さ

フリーランスとは、組織に属していない働く状態を言います。
フリーエンジニア、フリーカメラマンなどで、◯◯会社でしか働かないというのではなく、仕事があれば契約内容次第で働く形です。

最近では、在宅ワークなどで、クライアントからの注文に応じた仕事をする方もいます。
その方たちもフリーランスです。そして、別の言い方では個人事業主になります。

フリーランスローンの難しさ

フリーランスローンというのは、フリーランスがそれぞれのローンを組むときに、会社と言う後ろ盾がないことで、審査が通らないとの噂があります。

確かに、会社員だったり、アルバイトでさえ会社があることで、もしものときの保証があります。
それは、収入が絶えないということです。本人が退職しない限り、収入が存続しますから、返済も安心ということです。

フリーランスでは、仕事を自分で見つける形です。
ですから、ローン審査では、会社勤めよりは審査が慎重になります。


社会的信用があれば良い

フリーランスの中には自営業者も含まれます。
法人化をしていない個人の商店などもある意味フリーランスです。
そうなると、国内の中小企業、個人事業主の多くがフリーランスの属することになります。
実際には銀行融資やローンも組めている実態がわかりますが、それはそれぞれが社会的信用があるからです。

フリーランスとして働いていたとしても、毎年確定申告をして、生活をしていけること自体、安定があります。それを強調することができれば、各種ローン、金融機関、クレジットカード、カードローンの契約もできます。銀行も提出書類があれば問題ないとされています。
フリーで働く方たちが、全ての金融の審査基準に合わないかというと、そんなことはないです。

審査基準皆同じ

フリーランスローンでネックになるのは年収の安定さだけです。
あとの審査基準では、信用情報の類はすべて同じです。

最近では、クレジットカードもカードローンも自営業者、個人事業主専用の商品だってあります。
社会的信用ができることで、フリーランスローンの形は多様化して、フリーランスでは借りられないということはないです。

審査の属性は低いけれど

これは仕方ないことでしょう。
審査基準では、公務員や大企業に長年勤めている方、大企業の融資相談などは、ありがたいです。
それは、収入が安定していることが大きいです。フリーランスでは、今後は収入が増えるかもしれないですし、明日から仕事がゼロになる可能性もあるからです。

回収リスクに関してはフリーランスはどうしても不利ですが、それまでの実績において審査は正しく行われることになります。大企業だって突然の倒産があるわけですから、条件は同じの部分もあります。


フリーランスでローンは組める人組めない人

フリーランスで仕事をしている。
一家の大黒柱だったり、妻や子供など家族を養っている方もいます。
職業欄では、フリー◯◯の形でもよく、最近では社会的地位も確立しています。

金融業界の立場

確かに、社会的信用があり、家族を養えるだけの収入があれば問題内です。
しかし、融資やローンの契約では、それなりの慎重さが存在しています。
正社員とは審査内容も変わります。

不安定な収入として片付けられることが多いですが、フリーランスの収入はそれぞれです。
規模も違いますし、住宅ローンの契約ができる方もいます。
フリーランスの立場をいかに金融業者に安定しているかを証明することが必要です。

最近は、フリーランスで働く方が多いので、ローンが組めないと考えている方も多いです。
少なくとも、フリーランスの職業で、生計を立てている方の多くは、ローン契約もできることが多いです。


確定申告書の存在

当然のことながら、フリーランスの収入の実態は確定申告書です。
収入から生じる納税義務もありますから、納税証明書も必要な書類です。
この確定申告のときに、青色申告をすることで、より信用度が増します。

青色申告では、毎月の収支を出さなければならないです。
仕事をして、お金が入り、経費と収入の区別をつける。
ビジネスとプライベートの使い分けができるなどの経理的な仕事を収支決算書で行います。

フリーランスでは自分が社長ですが、経理管理も行うことが必要です。
そこまでの準備ができていると、フリーランスで収入がある。
各種ローンの申込要件が揃っていることになります。
あとは、自身の信用情報などの審査です。

ここまでがフリーランスで重要なこと

言葉の違いですが、フリーランスというとなんとなくふわふわとして感じです。
しかし、個人事業主、自営業者と同じ扱いです。自身で会社を起こすまでは行かないですが、仕事をとってきてこなしている。商店などで商品を売っていると同じことです。

そう考えると、毎月の売上などから、収入があり、その証明書類が整っていることで、社会的信用は得られます。

中には、母子家庭、シングルマザーなどもいますが、フリーランスで子供たちと一緒にいたい時間を増やして、自由に仕事を選択している場合もあります。彼女たちも個人事業主であり、ローンの必要があれば、必要書類があることで、融資をうけることができます。

フリーランスがローンが組めないというのは、安定した収入えられていない、証明できないからです。
ちなみに、億単位の年収があるタレントさんたちもフリーランスの立場です。
フリーランスと言っても、収入だけではなく、種類も内容も多彩です。


フリーランスと住宅ローンについて

住宅ローンは、安定した収入がなければならないです。
信用情報はもちろんですが、職業と年収は大きな審査ポイントになります。

フリーランスの住宅ローン

不安定な収入とされるフリーランスですが、住宅ローンは組めないことはないです。
会社員では、◯◯会社◯年間勤務と年収で。この先の返済見込みがあります。
しかし、退職しないとき限らないですが、収入があると見込んでの審査通過です。

フリーランスも同様です。
過去の確定申告書などの提出書類で、今まで安定した収入をある程度続けていて、納税もできている。
頭金があればなおのこと、住宅ローンの契約ができることが多いです。


住宅ローンの審査は混沌としている

マンションや一戸建ての時の住宅ローンは今や絶対的な存在です。

正社員でも公務員でも審査に通らない方は大勢います。
審査基準の厳しい、甘いもありますが、フリーランスだから断ると言うとこは少なくなっています。
問題は確定申告書の内容であり、自営業者だってお金は借りられるのですから、フリーランスも同様です。

住宅ローンで肝心なのは

各種ローンはありますが、住宅ローンだけは多額の長期間の借入で、審査も特別です。
しかし、国内でこれだけ多くの住宅ローンが提供されているので、特別と言っても、職業で区別されていないです。

ただし、パートやアルバイトなどでは契約はできないです。
カードローンなどでは、個人事業主やフリーランスの審査は難しいと言います。
それは収入安定がないからで、安定した収入のフリーランスではローンは問題なく契約ができます。
住宅ローンも同様で、返済能力がある収入が数年間安定している確定申告書があれば良いです。

それよりも、信用情報での内容です。
住宅ローンでは、カードローンの返済をしているだけでも借入ができない場合があります。
多重債務だけではなく、返済の有無です。

ビジネスローンに関しては、信用情報ではなく事業費ですが、個人としての信用情報が大きな影響を与えます。クレジットカードも多額の買い物をしていて、延滞や遅滞があるなどの金融事故があると、住宅ローンは借入ができないです。

これはすべての方に共通していることであり、安定したフリーランスで金融事故もなく、カードローンの返済もなく、ブラックリストではない場合は、普通に住宅ローンができます。
審査基準を確認した上で、申込はしてみてください。

自身で取り引きしている銀行などでは、信用も高く、契約もスムーズにいくことがあります。相談をよくして、取り引きの内容も濃厚にしておくことも大切です。
フリーランスですが、お得意の銀行を持つのも社会的信用ではポイントになります。


今更だけど、フリーランスと確定申告

フリーランスになったのなら、開業届は出しましょう。
はっきり言って開業届はなくても仕事ができます。

どうしてもというわけではない

開業届は税務署に提出します。
個人事業主として事業をしますという宣言です。この手続をしておくと、青色申告ができます。
節税対策にもなるのですが、節税のための収支決算書などの作成をしますが、これだけでも社会的信用が1つできることになります。

確定申告書は必ず出すことになりますが、それって何?という方も多いです。


確定申告とは?

給与明細みたいなものです。
所得証明書であり、1年間の収入を計算したものです。
第一会社に属していない方が、確定申告書もなくフリーランスです。

では、あなたの年収は?税金は?ということになります。
税務署には1年に1回、年間の収支を出して、年収を決めるものです。
その時にフリーランスで開業届があると、青色申告書になり、節税ができ、あなたの年収が確定して、納税額が決まります。

ここまでしなければ、フリーランスとしての社会的地位がありません。
毎年2月から全国で始まる確定申告ですが、自営業者、個人事業主、フリーランスもすべて公平に自身で行うことです。これをしないフリーランスは、単なる無職です。

どうして収入がわからないといけない?

納税のためですが、その他はローンの時に不可欠です。
各種ローンでは、フリーランスは確定申告か納税証明書などの提出が必要です。
大手消費者金融カードローンなどでは、50万円以下のキャッシングでは、身分証明書だけで借りれるとあります。

しかし、フリーランスの場合は、確定申告書で収入を確認することがあります。
その他金融機関での手続き、融資の依頼などでも確定申告書がなければ話しにならないです。

自営業であるのなら、確定申告書がないというのは、然るべき手続きもしていないし、もし確定申告をしないで、収入を得ているとしたら、過去にさかのぼって調べられて追徴課税対象になることもあります。
違法営業、違法収入ということになりますので。

確定申告書がすべての審査対象に

フリーランスのローンでは、確定申告書を使って審査をします。
住宅購入や多額のローンでは、3期分程度の確定申告書が必要です。
ビジネスローンなどでも、経営が赤字でも個人の信用情報での審査です。
その時にも年収の確認は確定申告になります。

収入証明書としてなくてはならないものであり、フリーランスになったら、開業届と青色申告、確定申告は必ず行うことになります。税理士などに依頼もできますが、自分ですべて行う事ができます。


フリーランスとビジネスローン

フリーランスの立場として、悪いことばかりではないです。
もともと自由に仕事をしたいと選択した道ですが、ローンにおいても同じです。

フリーランスで組めるローン

個人で契約ができるマイカーローン、住宅ローン、フリーローンなどもOKです。
もちろんカードローン、キャッシングも申込ができます。
これは、収入証明書があることで、返済能力があると認められるからです。

フリーランスは職業であり、生計がたちられる収入があるのなら、審査は普通に行われることです。
そして、有利なのが、フリーランスであれば、ビジネスローンや銀行融資も受けられることです。
あくまでも事業性資金としての借入ですが、特にビジネスローンはオススメです。


フリーランスのビジネスローン

ビジネスローンとは、事業資金として貸し出すお金です。
フリーランスだとしても、事務所や経費がかかってきます。自己資金が少ない場合は、カードローンではなく、ビジネスローンとして仕事のために借入をすることをオススメします。

フリーランスでは借入ができないと思っている方も多いですが、法人カード、個人事業主カード、自営者カードの対象になります。言葉こそフリーランスですが、自営であることには違いないです。

銀行融資では、その目的がはっきりしていることが必要ですが、ビジネスローンでは個人の信用情報と収入証明書などが審査書類です。始めてすぐでも申込ができますが、収入があること、仕事があることの証明は必要です。今までの実績や売掛債権があれば、添付書類として提出することで契約ができます。
ビジネスローンに関しては、比較的審査が楽なものも多いです。

審査に必要なもの

フリーランスのローン審査では、固定電話の存在があります。
今や使用頻度が低いとされる固定電話ですが、一応あったほうが良いとの見解です。
審査基準にはないのですが、固定電話の有無が審査を左右してしまうとの口コミも健在です。
確定申告書はもちろんですが、不動産担保などがあると有利です。

ビジネスローンでは、保証人も担保も不要ですが、もしもの時の担保があったり、信用情報などで審査に不安がある場合は、不動産担保ローンに切り替えることが資金調達ができることがあります。

フリーランスでもブラックリストは借りられない

カードローンもビジネスローンも契約ができるフリーランスですが、ブラックリストは審査落ちです。
すべての各種ローンも同様であり、ブラックリストの身分では、どんな審査にも通らないです。

これはフリーランスだけではなく、正社員もパートも同じですが、どんなローンの審査も申込者の信用情報を第一に確認しています。