個人事業主 ローン

個人事業主がローンをご利用する場合に目を向けるべきポイント

個人事業主が事業を運営する際に気にするべきことといえば、資金繰りではないでしょうか。
運営資金が乏しくなると資金調達しないといけなくなりますが、個人事業主というのは金融機関の審査に通りにくいという難点があります。

個人事業主がローンを受ける際に目を向けるべきポイントを、まとめてみました。

個人事業主はローンを組むことが難しい

個人企業主は、安定した収入がないのでローンの利用は難しいことが大半です。
会社員のような定期的な給料がなく、都度得られる収入が収入減になっているからです。

金融機関のローンのご利用規約には、安定した収入がある場合とうたっています。この安定した収入という部分に個人事業主は該当せず、ローンご利用が難しいという現状となっています。

カードローンの審査通過は期待できないのか

カードローンとは、利用限度額が設定されているローンです。
個人事業主は収入が安定していないので審査通過は難しいですが、ご利用できないというわけではありません。可能性が低めというだけではなく、事業の安定性を示すことができるのであれば審査通過も望むことができます。

安定した収入が継続的にある個人事業主の中には、ローンの審査に通ってご利用しているという方も多くいらっしゃいます。安定している収入さえ証明できれば、個人事業主でも審査通過は夢ではありません。

銀行融資を受けることは厳しいのか

安心した融資を受けたいとなると、銀行の融資も期待される方もいると思います。
個人事業主は、銀行融資は難しいといえます。その理由は、収入の不安定さです。

銀行融資は一般的な会社員でも審査が難しく、安定した収入がある場合でも収入が少ないと審査通過ができません。個人事業主はそのような会社員よりも不安定な収入ですので、審査通過は難しいということになります。余程なことが無い限り審査通過は難しいので、銀行融資の検討は諦めるべきといえます。

申し込みをして審査通過しない場合は、その事実が個人信用情報に記載され、次に申し込む金融機関の通過が難しくなってしまうことがあります。銀行へは申し込まず、消費者金融のローンなどの難易度が低めの金融機関への申し込みをおすすめします。

個人的に組むローンにも目を向けてみよう

カードローンの審査に通らない場合、他のローン方法にも目を向けてみましょう。
個人事業主でもローンを組むことが期待できる商品は、個人的に契約するローンであれば審査通過が期待できる場合があります。個人事業主ではなく一個人としてご利用できるローンも、検討してみましょう。

個人で受けることが期待できるローンは、これらがあります。

住宅ローン

住宅の新築や購入、増築、改築などの際にご利用できる、ローンです。個人事業主の場合一般的な住宅ローンの審査は通りにくい場合もありますが、フラット35なら審査通過が期待できます。

民間の金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供している住宅ローンであり、住宅ローンと比べると提出する書類が大幅に少ないのが大きな特徴です。確定申告書1期分の提出であり、個人異業主でも審査に通りやすい傾向があります。

教育ローン

子供の教育に使うことができる、ローンです。

マイカーローン

自動車を購入際に使うことができる、ローンです。

このようなローンは、個人事業主でも審査の通過を期待することができます。

日本政策金融公庫からの資金融資

個人事業主を対象とした、運転資金や事業資金の調達をサポートしている機関です。
様々な融資プランがあり、中でも有名なのが新創業融資制度です。新しく事業をはじめた方や事業を行って間もない方に、無担保・保証人なしで運転資金や設備資金のローンを受けることができます。

この期間の素晴らしい部分は、確定申告や売り上げの実績が一切なくてもご利用が可能であり、開業前であっても融資申し込みができます。融資決定まで時間がかかってしまいますが、1か月程度で融資を受けることができます。様々な融資の種類がありますので、是非問い合わせてみると良いでしょう。

補助金や助成金にも目を向けてみよう

補助金や助成金は様々な種類があり、個人事業主でもご利用できるものがあります。
ローンではなく受けることができる補助金や助成金ですので、借金とはなりません。

補助金や助成金制度は行っている期間に決まりがありますので、事前に自治体や経済産業省などの問い合わせてみると良いでしょう。思いのほか大きな得となる補助金や助成金もありますので、絶対もらっておくべきといえます。

いかがでしたでしょうか。
個人事業主はローンの審査通過は難しい部分はありますが、期待できるローンもいくつかあります。収入の安定さはとても大事ですので、安定した収入をはっきりと証明して審査通過へとみちびきましょう。

個人事業主がローンを受けやすくするためのポイント

個人事業主がローンを組むためには、様々なポイントが必要となります。
どのようなポイントがあればローンの審査通過を期待できるのかを、まとめてみました。

確定申告

当たり前の話ですが、確定申告をしていないと個人事業主の収入を証明することができないので、絶対行っていないといけません。

個人事業主は、毎年1回確定申告をすることを義務付けられています。事業所得が38万円今の場合は確定申告は不要ですが、ローンを受けるためには申告しておくべきといえます。

もちろん、事業取得38万円以下であっても、確定申告はできます。
確定申告の提出により所得証明を出すことができ、健康保険料を安くすることもできます。

開業届

個人事業主となったら、開業届を提出しないといけません。
中には開業届を出していない個人事業主も多くおり、提出しなくても罰則がありません。開業届を出すことで一企業としての信用性が出るので、ローンの審査では信用力を高めることができます。

開業届は自分が個人事業主になったと思う日を開業日とできますので、開業届を出していなくても今からでも提出しても問題ありません。開業届を出すことで不利になることは一切ありませんので、ローンご利用のためには絶対に提出すべきといえます。

必要以上の融資金額としない

融資を受ける金額は、出来れば多く受けたいと思うかもしれません。
しかし、個人事業主が多くの融資希望金額で申込みをすることは絶対おすすめできません。
その理由は、融資希望金額が多ければ多いほど、審査の難易度が高くなってしまいからです。

個人事業主というのはただでさえ審査難易度が高くなってしまうので、それにまた追い打ちをかけるような条件を付けることは良いことではありません。申し込みの際は極力少ない融資希望金額として、審査に通過することだけを目標にすることに目を向けましょう。一般的には、申し込みの際の融資希望金額は10万円以下にとどめることをおすすめします。

会社員の場合、初回の希望融資金額は30万円程度と言われており、その1/3程度が個人事業主などの安定していない職業の方の希望融資金額と言われています。多くの融資金額を期待せず、まずか少な目の希望融資金額で申込みをしましょう。

ローンというのは、きちんとご利用していると増額申請ができるようになり、その際融資額を増やすことができます。一般的にはご利用から半年から1年ほどで増額申請ができるので、意外と早めに増額とすることができます。

固定電話で在籍確認を受ける

ローンは在籍確認を受けないといけませんが、個人自業主は自宅にて仕事をしている方が大半ですので、自宅での在籍確認となります。

自宅での在籍確認の場合、固定電話にて受けることが審査通過の大きなカギとなると言われています。
近年は、携帯電話のみで個人事業主の仕事をしている方が多くおり、固定電話は持っていない方もたくさんいらっしゃいます。携帯電話でも連絡は付きますが、1か所に固定して仕事をしているイメージを持ってもらうことが厳しいです。返済が滞ってしまうと簡単に連絡がとれなくなってしまい、最終的に全ての融資額を返済してもらえないかもしれないと捉えられてしまうからです。

もしも携帯電話しかない場合は、固定電話を設置した方が審査通過を大きく期待できるようになります。
固定電話は個人事業主に大きな信用性を与えるので、必ず設置すべきアイテムです。在籍確認は個人名で電話が来ますので、家族に怪しまれたくない方は自分がいる時間に在籍確認の電話をもらうようにすると自分で受けて対処することができます。

個人信用情報の内容を綺麗にしておく

融資通過を確実にしたい場合は、個人信用情報の内容を綺麗にしておく事も非常に大事となります。
個人事業主での融資ですが、その本人の信用情報も審査の対象となります。他社融資のご利用に遅延や延滞、滞納などがある場合は、それらの情報がクリーンになってから融資を受けないと審査通過することは非常に難しくなってしまいます。

よくあることといえば、携帯電話の毎月の支払いの遅れです。
近年の携帯電話は端末の価格が高いので、分割払いで返済している方が多くいます。

その分割払いは毎月のご利用金額と一緒に支払っているので、その支払いが滞るということがカードローンの支払いの延滞と同じ扱いとなります。携帯電話の支払いはうっかり滞納してしまう方もいるようですが、それではローンの審査通過は難しくなってしまいます。

いかがでしたでしょうか。
個人事業主がローンの審査に通るためには、これらのポイントを全てクリアした上で申し込むことをおすすめします。ただでさえ個人事業主はローンの審査に通過しにくいのに、これらのポイントに引っかかっているようでは審査通過は難しいです。
きわめて審査通過は難しいのだということを十分に把握して、徹底したポイントにより審査通過できるようになりましょう。

個人事業主が期待できるローン!ビジネスローンとは

個人事業主はなかなかローンをご利用しにくいですが、可能性が高いローンがビジネスローンです。
個人事業主が利用できるのはどのような要素なのか、ビジネスローンについて詳しくご紹介していきます。

ビジネスローンは個人事業主にピッタリ

属性などにより100%利用ができるとはいえませんが、個人事業主がご利用できるビジネスローンも多くあります。

それは、消費者金融のビジネスローンです。
TVCMでもおなじみのプロミスやアコムでも、ビジネスローンの提供を行っています。
ただし、銀行のビジネスローンは審査通過は見込めません。
銀行のビジネスローンは最初から考えず、消費者金融1つに絞って検討すると良いでしょう。

個人事業主のみ対応しているビジネスローンに注目

企業として運営していればどのような形態でも取り扱うビジネスローンが、大半です。
ここで目を向けてほしいのが、個人事業主だけを取り扱っているビジネスローンです。

どんな企業でも取り扱っている場合は、法人と比較されて審査をされてしまいます。
個人事業主は法人と比べると信用力で欠けているので、審査上不利となってしまいます。
法人と個人事業主の取り扱いの場合は、法人がメインのターゲットになっている場合が大半だからです。

個人自業主専門のビジネスローンは、比較するのは同じ個人事業主同士となります。
そのため、属性が良い個人事業主であれば審査通過しやすくなるということになります。個人事業主のみ取り扱いとしているビジネスローンは、大手消費者金融で取り扱っていることが多くあります。

ビジネスローンをご利用するメリット

ビジネスローンをご利用することには、このようなメリットがあります。

融資までの時間早い

個人事業主がご利用できるビジネスローンは消費者金融で、最短で即日融資とすることも期待できます。即日ではなくても2~3日で融資へと繋げることができるので、急な資金需要の際にも対応ができます。

保証人不要でご利用できる

個人事業主の場合は、保証人は必要ありません。
法人の場合は連帯保証人が必要となりますが、個人は不要となります。保証人を見つけるとなると大変になり頼む方にも迷惑をかけてしまいますが、そのような心配は一切ありません。

総量規制対象外

融資というのは総量規制に該当する場合があり、消費者金融の場合は総量規制の対象となります。
しかし、個人事業主は例外に該当します。個人事業主は収入が少ないですが、収入の1/3以上の融資を受けることもできます。

事業以外の資金にも使うことができる

ビジネスローンは事業資金だけの使途用途と断定されておらず、プライベートの資金にも使うことができます。個人事業主は仕事のお金とプライベートのお金の区別がつきにくい傾向があるので、このように使用用途が指定されていないのは非常に使いやすいローンとなります。

融資枠の中で繰り返しご利用ができる商品もある

ビジネスローンの中には、クレジットカードのように融資枠内であれば何度も繰り返して融資を受けることができる商品があります。

アコムやプロミス、オリックスなどは、ローンカードの様に便利に何度も使うことができます。
コンビニATMで使えて返済もできるので、いつでも便利に利用できます。

ビジネスローンのデメリット

個人事業主が便利に利用できるビジネスローンは、デメリットもあります。
このようなデメリットがありますので、把握してご利用を検討しましょう。

高い金利

審査通過は期待できますが、その分金利は高くなってしまいます。
そのため、融資を受ける場合は多くの融資金額を受けないことをおすすめします。
また、返済してからまた融資を受けることで、多くの利息を背負わず済みます。

たくさん利用してしまいやすい

カードローンのようにコンビニATMでご利用できるビジネスローンも多くあり、その場合はご利用しやすい環境半面たくさん利用しやすいデメリットとなってしまいます。便利なゆえに、ついついご利用してしまいがちとなってしまい、気が付いたら多くの融資金額を利用していたなんていうケースは珍しくありません。

消費者金融のビジネスローンの審査に落ちた場合の対処法

ビジネスローンは審査通過しやすい傾向がありますが、それでも審査落ちとなってしまう場合もあります。その場合は、グレードの低い消費者金融のビジネスローンに申し込んでみると良いでしょう。

大手消費者金融の審査に落ちてしまった場合は、中小の消費者金融のビジネスローンに申し込んでみると良いでしょう。中小の消費者金融は人気も知名度も低いので、多少属性が良くなくても審査通過させる傾向があります。中小消費者金融は大手とは違う審査基準となるので、審査通過を期待できる場合もあります。

いかがでしたでしょうか。
ビジネスローンは個人事業主に有利な商品もありますので、審査通過を期待できるローンといえます。審査通過できるように、是非検討をしてみましょう。

個人事業主が利用しやすいローン「日本政策金融公庫」とは

個人事業主がご利用しやすいローンに、日本政策金融公庫の融資があります。
少し硬い機関に聞こえますが、個人事業主も対象としていますので注目してみましょう。
日本政策金融公庫とはどのようなローンなのか、まとめてみました。

日本政策金融公庫とはどのような機関なのか

政府運営の金融機関であり、政府が100%出資して作られました。
お金を貸し出すことで、中小企業や個人事業主を支えることを目的としています。
融資商品の中でも珍しい、個人事業主向けの融資となっています。
信用情報がブラックじゃなければ、どなたでもご利用ができます。

融資実績により他の金融会社のご利用がしやすくなる

日本政策金融公庫により融資を受けると、他の金融機関のご利用の際に審査通過しやすくなる大きなメリットがあります。個人事業主は融資の審査通過がしにくいので、これはとてもうれしいメリットといえます。

なんと、日本政策金融公庫のご利用のあとに信用金庫の融資の審査に通ったという、個人事業主もいるほどです。そのため、個人事業主が最初に融資を受ける際は、日本政策金融公庫から始めた方が良いとも言われています。

素早く資金を手に入れることができる

このような基幹からの融資というのは融資までに時間がかかってしまう傾向がありますが、日本政策金融公庫は早く資金を得ることができます。

銀行の融資は2~3カ月融資まで時間がかかってしまいますが、1か月程度での融資とすることができます。
消費者金融よりは長くかかってしまいますが、銀行系の融資を考えるととても素早いです。

少ない利息で利用ができる

公的機関ですので、利息が低い大きなメリットがあります。創業の際にご利用できる新創業融資制度や中小企業経営力強化資金制度は、1~2%ほどの金利でご利用ができます。銀行融資並みに金利が高く、消費者金融と比べると雲泥の差です。多くの資金の融資を受けても、少ない利息で済ませることができます。

また、開業1年以内はさらに利息が低くなり、状態により0.2~0.3%の利息減とすることができます。
あるいは、性別や年齢、Uターンなどによっても金利を下げる要素があり、様々なポイントに該当することにより金利を下げてご利用することができます。

最初は300万円以下の小口融資で審査を受ける

ご利用の際は、審査に通ることを前提にした希望融資金額としましょう。
融資希望金額の目安は、300万円程度です。

初めての申し込みの際は審査難易度が高くなってしまい、とても慎重に行われます。
300万円の融資希望金額で申請しても、100万円しか可決されないという場合もあります。

300万円を目安にして、いくら融資を受けることができるのかからチャレンジしてみましょう。
借入れの実績を作れば、2回目哉3回目は信頼性ができているので初回よりも融資金額高くすることもできます。長い目で付き合うことを考えて、初回の申し込みの際は慎重に対応をするようにしましょう。

資金使途はとても大事

申し込みの際は、融資金額だけが重要ではありません。
資金使途も、重要な審査ポイントとなります。事業資金ですので、運転資金と設備資金となります。

運転資金は仕入れや経費の支払いなどが該当し、事業の規模と比べて多すぎたり少なすぎる場合は、よくありません。仕入の資金の場合は、月々の仕入れの料金の何カ月分の融資金なのかの計算をして、融資希望金額の正当性を作っておきましょう。設備資金も、不要な投資が見受けられる場合は要注意となります。

いかがでしたでしょうか。
個人事業主には、とても有利なローンです。早めに利用しておくことで他の金融機関が利用しやすくなるので、色んな意味でもいい融資方法といえます。

個人事業主のローン審査はどんなところが見られるの?

個人自業主は会社員とは違うので、ローン審査の際に見られる審査ポイントに大きな違いがいくつかあります。どのような審査ポイントを見られるのか、まとめてみました。

収入の安定性

新規の場合も借り換えの場合も、収入の安定性が非常に重視されます。
個人事業主の様な自営業者は、年度によって収入に上下が発生してしまいます。

景気の影響もうけてしまう仕事体系であり、病気やケガにより突然仕事ができなくなってしまうこともあります。これでは、安定した収入とはなりません。

安定した収入がないと、最後まできちんと返済してくれないかもしれないので、重要視されます。
安定性が伝わったら200~300万円の年収での審査に通る場合もありますが、逆に年収1500万円あったとしても一過性と判断された場合は審査には通りません。

3期黒字が大きなポイント

会社員のローン通過の収入ポイントは、前の年度収入により審査が行われます。
しかし、個人事業主のような自営業者の場合は、直近3期分の所得の年収を審査します。
金融機関により異なりますが、安定した100~400万円程度の収入でも審査の対象となります。

このような内容は、公表していない金融機関も多くあります。
その場合は、事業を始めてから3期経過していることが条件と思い、申し込んでみると良いでしょう。

決算書の作成や確定申告をしていない場合は審査を受けられない

個人事業主は1つの企業ですので、決算書の作成や確定申告を行わないといけません。
しかし、個人事業主の中には、確定申告しか行っていない若しくは両方行っていない方がいます。
それでは企業として成り立っていないので、審査通過にはなりません。
最低でも確定申告と決算書の作成は、必ず行わないといけません。

税金や健康保険料の滞納

個人事業主のような自営業者は、自分で税金を納めたり健康保険料などを支払わないといけません。
しかし、忙しかったり資金繰りが難しい場合は滞納してしまうことがあります。

滞納というのが銀行や保証会社が重く見る傾向があり、審査通過とはなりません。その理由は、返済が滞って物件売却して資金を作った場合に、先に税金や健康保険の支払いに回されてしまうので、万度な返済額を得ることができない場合があるからです。納税証明書の提出は必要となるので、滞納がある場合は必ず支払いしてからローンの申し込みをするようにしましょう。

クレジットヒストリーの綺麗さ

個人事業主が事業主として融資を受ける場合でも、本人の個人の融資の内容は審査に影響となります。
個人的なクレジットヒストリーに不具合がないか、チェックしましょう。他社の滞納や遅延、事故情報、携帯電話料金支払いの遅延や滞納など、それらのブラック情報があると審査には通りません。

気になる場合は、自分で個人信用情報機関に手続きを取って閲覧ができます。
1,000円程度の手数料でチェックできるので、ご自分の目で確認すると良いでしぃう。
もしブラックな情報がある場合は、情報の掲載が消えるまではローンのご利用はできません。

在籍確認の電話にはきちんと対応しなければいけない

ローンの審査には在籍確認がありますが、もちろん個人事業主にも在籍確認が必要となります。
携帯電話で受ける場合、観た事が無い電話番号からということで出ない方もいるようですが、それがローン会社の場合は審査落ちとなってしまいます。

電話番号は事前に聞くこともできますので、どんな番号で電話が来るのかをあらかじめ問い合わせておくと良いでしょう。また、出来れば固定電話での在籍確認が望ましくなります。

固定電話はその場所の根付いている証拠となるので、万が一支払いが滞っても催促をして支払ってもらう保証があります。しかし、携帯電話の場合はどこでも移動が可能ですので、万が一の場合は逃げられてしまうと思われてしまいます。確実な審査通過には固定電話を設置して、必ず電話に出るようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
このような審査ポイントでローン審査をされるので、これらは必ずクリアできるようにしましょう。
個人事業主であっても、審査通過している人はたくさんいます。その人たちはこれらの要素をクリアしているので、是非クリアして融資へとつなげましょう。