個人事業主 融資 保証人


銀行融資に走る前に 個人事業主経営者の資金繰り大作戦

個人事業主の多くが自己資金が乏しいことで、資金繰りがうまく行かないことで悩んでいる場合が多いです。中小企業もそうですが、銀行融資、日本政策金融公庫などでの融資の成功がどうにかできないかを模索している場合も少なくないです。当然ビジネスローンの対応も考えることですが、金利を考えると資金調達方法として最終手段としたいところです。

資金はどうしてる?

開店資金では、父母や義両親の援助などに頼っていたり、この時点で日本政策金融公庫の融資を利用していることも多いです。

金融公庫では、開業からの融資もできます。または、担保があれば銀行融資もあります。
しかし、それでうまく行かない資金調達では、次は何が可能性があるのか?模索中の経営者も多いです。


借金でも

銀行と日本政策金融公庫に関しては、低金利が大きなメリットになります。
担当者の審査では、事業計画書などの提出で信用情報での内容が良ければ借りられる。
そして、保証人がしっかりしていることも必要です。

この保証人ですが、頼める人がいる方は良いでしょう。
会社経営者が身近に存在しているとか、代表者とされる方が身内にいる。
しかし、連帯保証人となるとなかなか他人には頼めない、夫や両親の選択もなかなか簡単ではないです。

最近では、銀行融資では信用保証協会の保証付きの融資などでは、保証人なしでの融資ができます。
当然審査がある内容ですから、簡単には行かないですが。銀行担当者では、保証人の有無での融資のステップも変わることもあり、なかなか融資も大変なことです。

銀行としても、返済不履行にならないよう、審査は慎重になっているのは事実です。
それでも融資の選択としては、低金利の魅力は大きいです。

売上が多いのに資金繰りが苦しい

個人事業主などでは、実際に仕事は多いのに資金が不足してしまう自体に陥ることがあります。
中小企業者でも、銀行融資でなんとか賄っているケースがあります。
これは、売掛債権になっていることで、入金が先延ばしに乗っていることが原因です。

要するに、今の運転資金がほしい。
即現金があれば、あとは順調に回っていくことですが、この時の銀行融資や政府系金融機関の日本政策金融公庫では、会計処理を確認することで実情は判明します。

融資対象になることは多いですが、審査結果が遅いことで、最悪資金ショートになることもあります。
多分銀行融資が大丈夫だあったとしても、タイミングの問題で借りられない、資金繰りがうまく行かないということです。

事業が成功しているというのに

余裕資金での個人事業主ではない場合は、銀行融資で急いで資金を作るのではなく、一度ファクタリングなどで、売掛債権を現金化して運転資金に充てるのも一つの方法です。

多分、赤字決算ではなく、たまたま今の運転のための資金がほしいだけなら、信用保証協会の審査を受けて、銀行融資を依頼すると保証人なしでの銀行融資が受けられます。その前の1回きりのファクタリングを行うことで、現在の資金を調達してみるのも一つの手です。

銀行融資にしてもしなくても良い状態になれば、それは良いことです。
信用保証協会の審査だけは受けておくと良いです。
いざ銀行融資に段階になった時の保証人の心配がなくなります。


個人事業主が保証人なしで融資を受けられる公庫

個人事業主の場合、赤字になったから融資を受けるのではなく、事前に運転資金として借入用意をしておく方が良い意見があります。この場合の借入先、政府系金融機関の日本政策金融公庫です。

日本政策金融公庫とは?

100%政府が出資している金融機関で、個人事業主と中小企業を対象に支援を目的としています。
開業資金で多くのお金を使って、すぐに運転資金がない。
この時に銀行融資に行ったとしても借入実績がないことで断られることも多いです。

この時に必要な書類は、はっきり言って専門機関の相談が良いでしょう。
事業計画書だけではなく、事業の見通しや資金配分などの詳細な資料があればあるほど審査に通りやすいです。上手にアピールする手立てなども分かれば、融資しやすくなると言います。


どうして開業したてが良い?

それは赤字ではないからです。
個人事業主の経営者の多くが、独立して黒字転換を実感するのは6ヶ月以降だと言われています。
個人事業主としてもっと事業展開をしたいけれど、赤字ですでは審査は困難になるのですが、黒字になっていないけれどうまくやっていきたいという3ヶ月程度の日本政策金融公庫の申込が良いという意見です。

原則保証人なし

融資の際の保証人がないことが、個人事業主にとっては大きなメリットです。
義両親や父母に連帯保証人になってもらう。
不安定な個人事業主で自分から言い出すのも勇気が必要なことです。

銀行融資では、代表者が連帯保証人になる場合もありますが、日本政策金融公庫ではその心配はないです。商品は、新創業融資制度、中小企業経営力強化資金制度は保証人がない融資であり、是非検討されることをオススメします。

日本政策金融公庫の返済は負担が小さい

もともと金利が2%程度であり、返済期間が5年以上が多いです。
銀行では1年程度での返済だったり、延期の場合は一度元金返済が迫られることもあります。
事業がうまく行けば良いのですが、資金がそのままない場合は、最悪の事態になる場合もあります。

日本政策金融公庫では、最初から無理な返済機関設定はなく最長10年です。
設備投資でも10年の返済で2%の金利なら、負担は小さいままです。
もちろん繰り上げ返済をすることで、信用が上り、次の融資が簡単になることもあります。

この日本政策金融公庫の保証人なしの融資を受けられ、延滞なく返済を続けていること自体、金融機関の信用情報を上げることになります。この相乗効果もあり、最初の融資は日本政策金融公庫が良く、しかも赤字になる前の開業して間もない時が有効ということです。

提出書類については、何度でもチャレンジができますが、専門業者も存在していて依頼もありです。
もちろん自分で探求してみるのも良いですが。


個人事業主は信用金庫が良い?ブラック者は借りられないけれど

個人事業主が日本政策金融公庫で保証人も不要で融資を受けるのが理想ですが、審査に落ちる場合もあります。そんな時には銀行融資が目に浮かぶのですが、手始めは信用金庫が良いでしょう。

信用金庫は、銀行と違い地域エリアに根ざした中小企業の経営者相手の営業をしています。
個人事業主としても窓口が広い方だと言えます。

信用保証協会の存在

信用金庫では、融資を希望する個人事業主に対して、信用保証協会の紹介をすることが多いです。
信用保証協会では、個人事業主の融資の弁済もできる機関であり、信用金庫にとっては、回収リスクを最小限にすることができます。

しかし、ここで保証人などで、夫や義両親が信用金庫と深い関係があったり、両親の会社のあとを継いだ場合など場合は、条件が変わることがあります。
個人事業主として、長く付き合いがある場合、審査だけで融資対象になることもあります。ただし、この時には保証人や担保などの後ろ盾が必要になりますが、信用金庫のthe・地元的な融資方法としては、このような仕組みもなくてはないです。


信用保証協会の信用

担保もなく保証人もない場合は、信用保証協会の保証付き融資が良いでしょう。
日本政策金融公庫よりは金利が高めですが、それでも10%などはないです。
消費者金融ビジネスローンなどとは比較にならない低金利です。
ただし、この信用保証協会ですが審査に数ヶ月かかります。

信用金庫では、信用保証協会を通さないプロパー融資もありますが、こちらは利益がでている場合で、審査には1ヶ月はかかると言われています。要するに、信用金庫では比較的個人事業主には優遇の対応はあるものの、すぐに融資対応はしていないです。

しかし、数ヶ月かかったとしても、信用保証協会の保証付き融資では、返済リスクも減少され、資金調達にはとても良い方法です。経営をしていく上で、信用金庫と仲良くすることは、互いニメリットがある取引になります。代表者の人柄なども関係し、営業マンが出入りする環境なども気安く融資相談ができるとされています。

信用情報は肝心

ところで、個人事業主の融資も保証人なしで対応できる信用金庫ですが、自己破産などのブラック者への対応は厳しいです。多少の借金があるけれど、という場合はまだしても、自分の信用情報で金融事故がある場合は、融資対象にはならないです。

自動車ローンなどの目的ローンの支払いは別であり、信用情報で不確かな情報は解決してからの申込がオススメです。このあたりの審査はとてもシビアです。


個人事業主なら保証人なしのビジネスローンがあると融資に便利かも?

個人事業主の運転資金の調達法で何よりも簡単なのが、ビジネスローンです。
即日融資なら消費者金融ビジネスローンになります。
使い方によっては、個人事業主が持っていたほうが良いのでは?というシーンが多いことでしょう。

最終的な方法

ビジネスローンのオススメは、つなぎ融資としてです。
運転資金を恒常的に賄うには、高金利です。
日本政策金融公庫や銀行融資の申し込みの間のつなぎ資金としてが良いでしょう。

または、資金ショートのためにすぐに返せる資金調達方法としてのビジネスローンです。
ビジネスローンの多くは、事業内容に応じての限度額になります。
総量規制以上の借入はもちろんですが、個人事業主では生活費に組み入れることもできるローンです。
高い金利はカードローン並と考えください。
ここが最大のデメリットになるのですが、保証人不要での即日融資は魅力でしょう。


審査も柔軟

審査は、ビジネスローンによっては幅がありますが、日本政策金融公庫や銀行と比較をしてもとても柔軟です。専門業者では、基本的に赤字決算でも借りれることも多く、経営アドバイスなどもあります。
担当者が親身になって相談に乗ってくれる場合も少なくなく、高い金利でありますが、一時的な経営不振脱却のヒントもあります。

不動産担保ローンの提案

ビジネスローンは高い金利で、返済が大変。
独立して間もなくだというのに、この金利ではとんでもない場合は、不動産担保ローンも存在しています。ビジネスローンと大きく違うのは、大きな借入ができるだけではなく、返済が長い。金利もビジネスローンよりは低いことです。安定した資金提供もできることで、業者としても担保があるだけに回収リスクが低いことで、審査も甘くなります。

保証人がいるのではなく、不動産担保ローンにすることで、債務者の負担も軽くなります。
この方法は、銀行などでも根抵当権として、安定資金運転のための不動産担保ローンをオススメしている場合も多いです。

ビジネスローンは一時的に使う

保証人も担保も要らないビジネスローンは、即日融資で審査も甘いです。
しかし、金利が高いのがどうしても気になる点ですが、一時的な借り方としては、経営者、代表者として1枚あると便利です。カード会社でも自営カード、クレジットカードとして特別な審査での対応があります。
資金調達が今だけでは、ファクタリングの存在もありますが、ビジネスローンで間に合うのなら、返済額がそれほど高くないのなら、カードの即日融資が良い場合もあります。

ファクタリングとの比較では即日融資では共通していますが、すぐに返済が可能な運転資金であれば、ビジネスローンの方が低金利になります。もしもの時の1枚としては、ビジネスローンは威力を発揮します。


融資と保証人の関係 金融機関の借金にはどうして必要?

個人事業主が融資をしたい時には、保証人が必要です。
保証人の存在は、個人で借りるカードローンでは存在していないです。
しかし、事業性資金では保証人がなくては借りられない商品が多いです。

個人事業主の保証人

個人事業主の保証人は、経営者や代表者になることになります。
また、契約後も書類提出や銀行では営業マンが出入りすることで、回収リスクを探っている傾向にあります。銀行融資などではこうしたことで、一応金融機関の監視下という意味での保証人ありきの融資になります。


ビジネスローンには基本的に保証人はなし

消費者金融ビジネスローンでは、保証人も担保もないです。
こちらの回収リスクの探りなどはないのですが、審査が簡単であり、融資も早い。
しかし、とにかく金利が高いです。

カードローンタイプでは、フリーローンとは違い限度額範囲内では自由に借りられるなどの臨機応変もあります。銀行融資との差ですが、保証人なしでも簡単に借りれるけれど、きちんと返してね、ということになります。会社も担保の形はないですが。

銀行ビジネスローンも基本的には、保証人などはないのですが、代表者が保証人になる場合もあります。
こちらは融資と違い、消費者金融よりは少しだけ低金利の商品です。保証人がないので、金利が高く、価値的にはそれほど高くない、返ってビジネスローン専門業者の商品の方が低い金利で借りれる場合も多いです。

ベストなのは日本政策金融公庫

個人事業主が運転資金としてしっかりと融資を受けるのは、日本政策金融公庫が良いです。
保証人なしで2%程度の低金利になります。限度額は自己資金を越えることがない金額であり、返済期間は設備投資で最長10年間です。

独立したて、開業資金としての申し込みもできますが、当然ながら消費者金融ビジネスローンと審査の比較をしたら、とても厳しい内容になっているのは当然です。
信用もそうですが、しっかりとした事業計画なども必要です。

個人事業主の借入先

できれば、返済が楽な方が良く、審査を受けるのにブラック者などは論外です。
夫の義両親などの身内に頼ったりができればベストの場合もありますが、とにかく金利が低い資金調達は保証人がいたり、審査が厳しい。ビジネスローンのように即日融資ができるお気軽な資金調達は、金利が高く返済が大変すぎる。そんな内容の違いもありますが、双方のメリットデメリットを有効利用するのもありです。

ビジネスローンでは、保証人なしですぐに契約ができ、つなぎ融資や返済可能な金額が借りれる点では、個人事業主としてカードローンのように使用することができます。
がっちりとした運転資金の調達は日本政策金融公庫や銀行融資で、というような使い方もありです。
高金利ビジネスローンにしても邪険にできない要素も存在しています。