個人事業主 借り入れ

個人事業主はカードローンでの借入ができる?

大手消費者金融、銀行カードローンの申込資格では、20歳以上で収入がある方とあります。
職種では、正社員だけではなく、パート、アルバイト、個人事業主でも可能とあります。
正社員、社員と個人事業主の立場は違いますが、カードローンの借入が個人事業主が可能なことは理解できます。

何に使いたいお金なのか?

銀行カードローンも大手消費者金融カードローンも使途は個人用です。
会社員では当然ですが、個人事業主の場合は事業用としての資金に使用しないように言われています。
あくまでも個人としての大手消費者金融カードローンなどですが、確定申告書で年収の確認と信用情報の審査で普通に借りることができます。

総量規制範囲内ですから、確定申告が確定している年収3分の一が限度額です。
勤務先が自宅であろうとも、自身の収入があれば問題ないです。
在宅ワークなどで生計を立てるフリーランスも同様です。


個人事業主は不安定な収入

大手消費者金融カードローンの情報サイトでは、個人事業主や自営業の方の属性が低いことで話題になっています。属性とは、借りれる可能性を言いますが、低いということは借入ができないことを意味します。

その理由として不安定な収入です。
自身で行う事業ですが、会社員のような給与とは違う収入です。
その不安感から、個人事業主であるだけで、審査が不透明になると言います。

不透明とは、理由も理解ができない審査落ちです。
その多くが、不安定な収入が原因だと言います。

節税対策の果てに

確定申告では、節税対策などで必要経費がかかり、税金を少なくしようとする傾向があります。
しかし、税金が少ないということは、収入も低いことを意味します。
その収入の低さで、カードローンの審査に通らない場合があります。
融資をしても、返済ができないと考えられるからです。

限度額はあくまでも総量規制範囲内ですから、ある程度の収入がある時の申込が必要です。
同時も個人事業主になって年数が短い、よくわからないけれど、確定申告の書き方もよくわかっていない。そのような個人事業主としても不安な立場では、キャッシング審査は落ちることがあります。

一応、勤続年数も審査の1つであり、ある程度の個人事業主としてのキャリアを積むことが必要です。
1年目の個人事業主では確定申告書がないことで、借入ができない可能性があります。しかし、これは個人事業主に限定ではなく、他の職種でも1年未満の勤続年数では借入ができないことが多いです。

個人事業主のカードローン

借りれないことはないですし、年収3分の一の総量規制での利用が可能です。
このお金は絶対に事業には使えないお金として、プライベート用としてください。
その約束ができるのなら、申込が可能です。


カードローンとビジネスローンの使い方

個人事業主としてお金が必要である。
それは、事業のため?プライベートのため?
家族に必要なお金だとすると完全にプライベートです。

しかし、一概にはそう言えないことがあります。
そこが、個人事業主、中小企業の微妙なさじ加減です。

個人事業主として独立しました

個人事業主では、税務署などに開業届を出すことで、正式に認められることになります。
これがなくても良いのですが、同時の青色申告にすることで、帳簿の記入などが必要になります。
便利な会計ソフトもあります。そして、家族などを専従者におくことも可能です。

家族に協力で事業をしている。
事務所は自宅というケースであり、こうした個人事業主は全国に多いです。
家族としては、アルバイト、パートの形で専従者としての給与がある内容です。
家族ですが、個人事業主としては主従関係になり、家族経営の中小企業ではこのパターンになります。


今回必要なお金

この家族のために、事業で使用するためのモノがほしい。
その資金にしたい場合は、プライベートになるのでしょうか?
正確には、事業で使用をするのなら、プライベートではありません。

ただ、家族のためと言えば、プライベートに近いです。家族ではなく、専従者のためと言えばプライベートではなくビジネスローンの類に含まれることになります。

複雑だけど、個人事業主では大切なこと

大手消費者金融も銀行カードローンもプライベートのみに使用ができるお金であり、ビジネスに転用することは禁じられています。ただし、このような家族の使用となると、つい迷ってしまうことがあります。
話しを聞いてみることもできますが、あくまでも自己判断でしょう。

カードローンでは、目的を聞かれることがありませんから、限度額の範囲では自由に使用ができます。
完済ができるのなら、プライベートでもビジネスでもわからない?と言うのが本音です。
しかし、ビジネスに転用して返済ができないのでは話しにならないです。

カードローンではほんとうにプライベートだけで使用すると決めることです。
が上記の場合は、ビジネスの場で使用することで、ビジネスローンの方がよいでしょう。
カードローンは使用しないほうが良い場合が多いです。

個人事業主はビジネスローンが借入できる?

できる場合とできない場合があります。
ビジネスローンによっては、法人のみの取扱では、個人事業主の利用は不可能ですが、ノンバンクのビジネスローンでは、個人事業主可能なローンが多いです。


個人事業主はビジネスローンだけで良い?

個人事業主としてのカードローンは使っていません。
そのかわり、事業者ローン、ビジネスローン1枚だけの契約をしました。

ビジネスローンとは?

大手消費者金融カードローンなどと違い、事業資金のためのローンです。
資金調達というと、銀行融資、日本政策金融公庫などの申込と大掛かりな内容が多いです。
数千万円、数億円という単位です。

しかし、個人事業主では、そんな規模ではありません。ある個人事業主では、日本政策金融公庫の事業資金の申込として、開業資金の申込をしたそうです。こんな事業展開をしたいとプレゼンをして、自身の信用情報の確認で借入ができたといいます。

銀行ではこんなにすんなりいかないですが、日本政策金融公庫では個人事業主でも事業資金の借入ができます。これも1つのビジネスローンです。


便利なビジネスローン

ここで紹介したいのは、公的融資ではなく、カードローンのように使用ができるビジネスローンです。
ノンバンクでATMで簡単に引き出しができるタイプです。

個人事業主の場合は、使用したい金額が数万円単位だったり、つなぎ融資の場合が多いでしょう。
わざわざ日本政策金融公庫の申込も面倒だけど、ちょっとした資金でお金を借りたい時にとても便利です。

個人事業主でも申込ができる

それが、ほぼ大手消費者金融カードローンと同様の申込です。
身分証明書や確定申告書だけがあれば、okです。
総量規制は対象外であり、とりあえず事業展開に使用したい契約です。

現在も過去も信用情報で金融事故がありません。
それだけでたいていビジネスローンの申込が完了します。
カードローンと比較して借入ができる金額は最初から高いです。
個人事業主としての確定申告内容と信用情報だけで、カードローンではなくビジネスローンが入手可能です。


原則的に使途は自由

個人事業主では、ビジネスローンですが、プライベートに使用、半分はビジネスと言う場合があります。
ビジネスローンでは、プライベート使用禁止の約束がありませんから、基本的に自由に使用することができます。

個人事業主にはとても使い勝手が良い

個人事業主だからこそ持てる個人のビジネスローンカードです。
大手のノンバンク業者ではカード・タイプであり、大手消費者金融カードローンと同じです。

銀行のカードローンタイプ、クレジットカードでも同様のビジネスローンがありますが、大手消費者金融系のノンバンクのビジネスローンが持ちやすく人気が高いです。
決算書なども不必要だったり、自身の信用情報だけで借りられます。
冒頭の個人事業主がビジネスローン1枚でokというのも納得のビジネスローンの内容です。


個人事業主が利用できる融資制度

個人事業主になり、本格的な事業展開に資金がほしい時、最初に検討するのが銀行と日本政策金融公庫です。

銀行は地元の信用金庫が断然オススメです。
すでに取引があることで資金調達の場としては最適です。

もし取引がない場合は、信用金庫は味方につけるべきです。
日本政策金融公庫は、国の銀行であり、各地に支店が点在しています。
電話などでも話しが聞けますが、銀行よりは間口が広いです。

金融機関の審査

審査基準はいろいろですが、金融機関は厳しいです。
ビジネスローンも銀行での取扱もありますが、簡単ではないです。
そして、銀行も日本政策金融公庫も審査に時がとてもかけます。
すぐに貸しますという回答がないので、急いで資金がほしい時は、申込は難しいです。


ノンバンクの借入

ノンバンクでは、貸金を専門にしていて、甘い審査になっています。
ただし、その甘さにも段階がありますので、カードローンタイプでは、金融事故なしで返済能力が高いことが求められることになります。会社の返済としては、苦しいから融資です。

では、どの返済能力が必要なのでしょうか?
それは、個人事業主本人の信用情報です。
会社としては、契約者が返済ができるのであれば、との判断です。

ビジネスローン、法人クレジットカード、個人事業主クレジットカードなどはすべて金融事故がないことが条件になります。ここだけの注意で、個人事業主もビジネスローンを手にすることができます。
消費者金融系、クレジットカード系のビジネスローンがあります。

中小消費者金融のビジネスローン

中小消費者金融と言えば、金融事故があってもフリーローンの申込ができます。
個人事業主で、ビジネスローンではどうでしょう?

正確な口コミはとても少ないのですが、中小消費者金融でもビジネスローンはブラックリストでは借入ができないことが多いと言います。

ホームページにはあまり情報はありませんが、担保や保証人が必要な審査があります。
金融事故の内容次第ですが、中小消費者金融のビジネスローンに関しては、審査してみないとわからないようです。大手消費者金融などでは、個人事業主の金融事故があれば、審査通過はできないとされています。

個人事業主になったら

少なくとも1年程度は待つほうが良いと言われています。信用情報の内容で金融事故がなくても借入は少ないほうが良いです。同時にオススメは法人クレジットカードです。
こちらも個人事業主があり、会計処理などが簡単になります。

付帯サービスも充実していて、使い勝手も良いです。
個人事業主1年目でも申込ができるケースが多いです。
ビジネスローン同様に個人事業主になったら検討してみてください。


ビジネスローンの使い方に気をつけて

個人事業主で融資が必要な時、カードローンで簡単に済ます事ができます。
ただし、そのお金が事業のためであるのなら、ビジネスローン、個人事業主のためのカードローンであることが必要です。

個人事業主のためのカードローンとは?

正確には、個人事業主は、大手消費者金融や銀行カードローンのプライベート専用とビジネスローンの2つのローンカードを手にすることができます。

これは、プライベートと事業の借り入れが違う意味をなしていることです。
プライベートのカードローンでは、事業資金の調達はしてはならないことです。

しかし、ビジネスローンでは使途は自由です。
だけど、プライベートには使用しない点をオススメします。
個人事業主の融資の内容によるのですが、必ず事業費はビジネスローンの借り入れをすることです。


短期借入金

ビジネスローンの借り入れはすぐに返済ができるものです。
金利がカードローン並であり、高いです。
つなぎ資金だったり、国金の借り入れまでのつなぎ資金。

すぐに返済ができたり、1回や2回で返せる内容です。
もし買い物であるのなら、法人クレジットカードを利用しましょう。
こちらも個人事業主でも申込ができ、事業用にはピッタリです。

分割払いができるクレジットカードもありますし、ビジネスローンと比較をしても金利がとても低いです。買い物と運転資金の借り入れでは金利差は要確認です。

長期的借入金

これにビジネスローンの投入はしないことです。
銀行融資、日本政策金融公庫など以外での長期的借り入れは絶対にしないことです。
それは金利が高いことであり、返済期間が長いことでは返って無駄です。

低金利で返済期間が長いのは住宅ローンでもおなじみです。ビジネスローンではすぐに完済ができる高金利の商品であり、短期完済できないのなら、手はつけないことです。

お金がない、困った

ビジネスローント同時にオススメなのがファクタリングです。
売掛債権の買い取りをしてもらって現金化。こちらも手数料がかかるので1回きりですが、ビジネスローンで長期返済になってしまうよりはまだマシです。

契約では、個人事業主対応で、できるだけ手数料が少ないところが良いでしょう。
金利は年利では高いですが、債権が現金化される1回で完結であり、だらだらと返済が続かないことではメリットが大きいです。選択肢の一つですが、ファクタリングでは法人しか相手にしていない場合がありますので、確認は必要です。

その他では、不動産担保ローンがあれば、長期での借り入れができます。
自分で所有していない場合は、親子の不動産であれば、借りれることかあります。
ただし所有者が連帯保証人になることが必要ですが、長期資金としては個人事業主としては、ベストな選択の一つです。