ファクタリング 個人事業主ok

最近個人事業主OKのファクタリング会社が増えている

ファクタリングでの資金調達方法は、大企業などでは盛んに行われています。
しかし、最近では中小企業や個人事業主OKのファクタリング会社もあります。

ファクタリングの条件

どんな会社でもファクタリングができるか?というとそうではないです。
資金調達方法のファクタリングは、売掛債権の現金化です。
ですから、売掛債権が存在していることが必要です。

売掛金とは、納品後のすぐに支払いが行われるものではなく、数カ月先に入る予定のお金です。
それをファクタリング会社に買い取ってもらって、売掛債権をすぐに現金化する方法です。
ですから、中小企業も個人事業主も売掛債権があれば、ファクタリングできますということになります。

個人事業主のファクタリング

多くのファクタリング会社が手をつけない分野でした。
現在もまだ個人事業主対応のファクタリングは少ないです。
その理由は、売上債権の額が小さいことが原因であることと、取引先も個人事業主である場合です。

ファクタリング会社では、現金化する売掛債権のなかから手数料などを差し引いて儲けになります。
少額の売掛債権では、儲けは当然小さいです。
又、取引先が個人事業主の場合は、回収リスクが高いことが考えられます。

取引先が法人の場合は、ある程度の信用情報も確認できますが、個人事業主では素性が不明です。
そんなことで、個人事業主のファクタリングそのものがあまり積極的ではなかったようです。
しかし、最近では少額のファクタリングだとしても、しっかりと審査をした上で対応する会社があります。

個人事業主だからこそファクタリングが良い

本来資金調達したいのは、銀行融資やビジネスローンの審査が困難な個人事業主が多いです。
融資は負債であり、返済不安も抱えながら、資金ショートに怯える個人事業主も少なくないです。
ファクタリングでは、売掛債権の100%の資金は入手不可能ですが、それを承知で将来のお金がいま手に入る。そのキャッシュフローのスピードも個人事業主を救うケースも少なくないです。

ファクタリングの最大のメリットは、キャッシュフローの早さです。
個人事業主にとってはなくてはならないもの、すぐにでも資金調達が必要な経営者にとっては、ファクタリング契約は魅力的です。少額ファクタリング対応、個人事業主対応、銀行融資NGでも対応。今後の個人事業主の資金調達の1つとしてもファクタリングを使うことが一般的になりそうです。

厳しい経営の中で、せめて現金があれば、この場をしのげる。
そんな個人事業主に対してのファクタリング効果は絶大です。

個人事業主OKのファクタリング 三共サービス

東京文京区の三共サービスは個人事業主のファクタリングOKです。
売掛債権の買取価格が50万円からとあります。他社のファクタリングでは100万円以上が多い中、個人事業主でも少額ファクタリングができると評判です。

老舗の部類に入る

三共サービスは2001年の設立です。
ファクタリング会社では、15年以上の経営が続いているのですが、ファクタリング業界では10年以上の存続は老舗の部類に入ると言われています。それだけ信頼性も高いばかりではなく、数多くのファクタリングを成功させている証拠です。少額ファクタリング専門ではない点においても、ファクタリングの場数やバリエーションも豊かです。

その中でも個人事業主OKはありがたい存在です。全国対応ですが、関東近辺の個人事業主で50~100万円の売掛債権を持つ場合のファクタリングには定評があります。

手数料の低さでも人気

ファクタリング会社では、ホームページに手数料の記載がない場合が多いです。
三共サービスでは、最低手数料が1.5%です。
しかし、必ずこの数字が手数料ではないことは承知していてください。

三共サービスで言いたいことは、最高の条件において、一番安い手数料としての明記です。
ファクタリングでは、取引先の信用情報が関係していますが、申込した経営者との取引先の関係にも深く関わりを持つものです。

手数料は安すぎる?

三共サービスには、手数料が1.5%からとあります。
1.5%の手数料は、3社間ファクタリングで最高に良い条件の時です。
そして、取引先に黙って行う2社間ファクタリングの最低手数料が5%になります。
この他に事務手数料がかかることになりますので、必ず1.5%の手数料で完了とはならないです。

しかし、ここまではっきりとホームページに明記があるところは少ないでしょう。
ファクタリング業界としても、低コストで行えることは大きなメリットです。

50万円からのファクタリング

この数字で、個人事業主としてはそんなに売掛債権がない場合もあるでしょう。
もともとが個人事業主専門ではないのですが、相談には対応してくれるようです。
昨今の個人事業主のファクタリングの流れがある今、大々的に個人事業主OKと明記がある点では、とにかくファクタリングでキャッシュフローの願いを叶えてくれる場合もあるかもしれません。

資金調達手段として、融資ではないファクタリングの新しい可能性を低コストで実現しているのが三共サービスと言えるでしょう。三共サービスのデメリットと言えば、即日での対応ができないことです。3社間ファクタリングの場合は、1週間以上かかってしまうとのことです。

個人事業主だからOK?ウィットのファクタリング

2016年設立のウィットは、小口専門のファクタリング会社です。
この時点で、個人事業主にも希望が持てます。

一般的には500万円以下のファクタリングに特化していますが、30万円の売掛債権の経験があるとのホームページにもあります。これは、個人事業主にとっては朗報です。

ウィットのココが良い

売掛債権が少額の個人事業主にとっては、売掛債権存在だけではファクタリングが不可能な場合が多いです。しかし、小口専門で言えば、ウィットの対応は最高です。他に他社に無い特徴として、非対面での契約ができます。

ファクタリング会社では、契約は必ず対面で行います。
高い信頼性の証ですが、経営者の人格なども確認したいのが目的です。
ウィットでは、その手間を省きました。

電話だけの対応になります。ですから、審査スピードも早く、即日融資も可能。
最短で2時間で入金ができることも。

今風のファクタリング、これからのファクタリング

小口専門、非対面、即日融資。
ウィットが目指しているのは、今まで簡単にファクタリングができなかった個人事業主対応であり、面倒な手続きを簡素化したことです。

インターネットと電話を使えば、互いの信頼も保てる。
例えば、キャッシングにしても審査では非対面が常識です。
ウィットでは、提出書類さえ揃えば、スピード審査でファクタリングを成功させる技術があります。

手数料は高いんじゃない?

個人事業主のファクタリングでは、手数料の高さが気になります。
ウィットでは、5%からの手数料になっています。それぞれのファクタリングのケースで手数料は前後しますが、最低5%というのは決して高い数字ではないです。

銀行融資もままならない個人事業主にとっては、電話1本でファクタリングの相談ができるウィットの臨機応変対応はありがたいでしょう。最速での現金化だけではなく、非対面であることでのストレス軽減も大きなメリットです。

ウィットの戦略

ここにきてあえて500万円以下の小口専門のファクタリングをしているのには理由があります。
それは、今まで少額売掛債権のファクタリングができないことが多かったからです。

フットワークの軽さで言えば、ウィットの合理的かつ効率の良い審査体制と入金スピードは業界一です。
一つのファクタリングからの大きな儲けではなく、小さなファクタリングでも数のこなすことでの儲けに徹底しています。

2016年設立というのも、個人事業主、少額ファクタリングのニーズに合わせた登場です。
中小企業、個人事業主も資金調達手段として、銀行融資ではなくファクタリングで行う時代の到来でしょう。ウィットの登場は、そんな個人事業主ファクタリングの幕開け的な存在です。

もちろん個人事業主OKのファクタリング東京

多分、最小の売掛債権のファクタリングをしていると言っても良いのが、ファクタリング東京です。
運営はライズジャパンです。

小口専門ではない

ファクタリング東京では、個人事業主や中小企業だけを相手にしているのではないです。
赤字決算でも独自審査でのファクタリングができますが、最大1億円の買取も可能な会社です。
その一方で10万円の売掛債権からのファクタリングを可能にしています。

ギャップではなく、幅広い対応をしていることがファクタリング東京の特徴です。
既に運営20年も越え、取扱件数も年間1000件以上というもの。

最大のメリットは10万円からの取扱

ファクタリング東京では、10万円からの売掛債権でも対応になります。
他社でもこの少額の取扱は断られることが多いです。

手数料は5%からになっていますが、買取で数万円担ったとしてもキャッシュフローがほしい経営者にとってはありがたい存在です。赤字決算で銀行融資は絶対にNG、というよりは個人事業主としての規模が小さすぎて相手にならない。そんな個人事業主の救いの存在です。

設立1年未満でも対応

ベンチャー企業を始め、開業してあまり年数が経っていない個人事業主などでも相談ができます。
ビジネスローンの選択もありますが、売掛債権が現金になることで救われる現状もあります。

ビジネスローンでも甘い審査では金利が高く、低金利なら審査に通らない。
そんな個人事業主にとっては、売掛債権で手数料が差し引かれたとしても、返済のない現金入手は、経営上とても重要ポイントになることでしょう。

10万円という売掛債権の現金化ができる。他のファクタリングでは考えられないことですが、どうしても資金調達方法で迷ったら、ファクタリング東京はオススメです。

まずは相談から

いきなりの契約ではなく、最初は相談になります。
1年未満経営の企業のファクタリングもできるのですが、取引先が個人事業主でも対応しています。
この点もありがたい内容であり、回収リスクの高いファクタリングもしています。

個人事業主OKとはいえ、50万円以下のファクタリングが申し込める。
小口専門ではなく、最高1億円のファクタリングにも対応というのですから、懐の深さも感じられるのがファクタリング東京です。20年の実績と東京の存在している意義で、個人事業主のファクタリングの先駆をいっている状態です。

資金調達手段としては、融資、ローンだけではなくファクタリングの可能性を是非検討してみてください。少額ファクタリングの決定版でしょう。

法人相手の売掛債権なら、トップ・マネジメントで個人事業主のファクタリングOK

トップ・マネジメントでは、中小企業・個人事業主から法人まで幅広いファクタリングに対応しています。他業種のファクタリングを得意としています。実績と取扱ファクタリング数などでの高い信頼性があります。

様々なサービスが満載

小口から大口のファクタリングはもちろんですが、他社では嫌がる3~6ヶ月の長期売掛債権にも対応しています。3ヶ月までと期限を決めているファクタリング会社も多いですが、トップ・マネジメントでは、半年に売掛債権でも対応。

東京に会社がありますが、地方からのファクタリング依頼では、交通費支給という特大サービスもあります。他社にはないサービスがあります。

とにかく個人事業主には対応

売上債権が少額な個人事業主でもファクタリングが可能です。
しかも地方でも対応していて、交通費支給ということは対面での契約になります。
経営者としては、安心できる会社でのファクタリングを望んでいる方も多いですが、トップ・マネジメントならOKでしょう。手数料ですが、最低が1.0%という破格です。

しかし、3社間ファクタリングであったり、取引先の信用の高いことが絶対条件です、
売掛債権の期間にもよります。2社間ファクタリングで最高に良い条件では、3.8%から担っています。
どちらも事務手数料がかかりますから、実際の最終的な手数料の明記はないです。

とにかく個人事業主でも対応していて、最低30万円の売掛債権が必要なようです。
取引先が法人であることが必要です。この点では、個人事業主相手の売掛債権しかない場合は、トップ・マネジメントでのファクタリングは不可能かもしれません。

即日融資ができる

即日融資ができるということは審査スピードも早いです。
事前の見積もりなと相談をしてみてください。まだ個人事業主のファクタリングの会社は少ないですが、トップ・マネジメントに関しては、要チェックです。対面ですが、交通費が出ることで言えば、直接会って話しができます。

もし、契約しないにしても、ファクタリングの概要や内容を把握しておくのも良いでしょう。
少額ファクタリングをしていないところが多いですが、トップ・マネジメントのファクタリングは期待です。

ただし、法人相手の売掛債権だけ?
この点では、トップ・マネジメントでのファクタリングができない場合もあることでしょう。
もし、現在の売掛債権が、法人相手で優良企業なら、トップ・マネジメントはオススメしたい一社です。