資金調達 ファクタリング 個人事業主


資金調達の方法がファクタリングという選択

事業資金の調達方法としてファクタリングがあります。銀行融資でもなく、ビジネスローンでもありません。返済がない事業資金調達としても知られています。

まずは売掛債権について

A社とB社が取引しているとします。A社では、B社からの依頼で仕事をして納品。そうするとB社から売掛債権が発行されます。

売掛債権とは、売掛先企業に対して、納金の約束の債権になります。B社では○日に納金しますというもので、現金ではないのですが、納品に対しての入金が約束されたものです。それが、納品とすぐに現金になるものではなく、たいていは売掛債権では1ヶ月後、2ヶ月後の納金になることが多いです。

A社とB社のような関係では、現在の会社で当たり前の行動です。A社では、納金を見越しての営業も仕事もしています。


ある時A社の資金調達の危機

A社では、納金を待たずに資金が不足してしまう。その時に資金調達として銀行融資やビジネスローンもあります。特にビジネスローンでは即日融資もあります。しかし、その時の資金調達として、売掛債権を現金化できるファクタリング会社があります。

要するに、ファクタリングとは、売掛債権を現金化しますという会社です。納金前に手数料の支払いで、現金化ができて、融資やローンを使わずにキャッシュフローができることになります。

A社の資金調達成功

B社からの納金前に売掛債権を現金にすることで、融資なくして資金調達ができることになります。この時にB社に内緒で現金化もでき、B社承知で現金化もできます。ファクタリング会社では、審査の上での現金化ができるのです。

売掛債権の納金は、そのままファクタリング会社に行くことでA社の返済をしなくても良い。返済そのものがなく融資ではないので、売掛債権が持っていると、資金調達ができるというのがファクタリングです。

個人事業主の場合

以前は、大企業だけがファクタリング会社は相手にしていました。ところが最近では、中小企業、個人事業主でもファクタリング対応です。その時に売掛債権という書類がない場合は、請求書だけでも対応するファクタリングも出ています。

個人事業主でも対応している場合は、ファクタリングで資金調達が可能になっています。取引先に知られることなく現金化も可能になっていて、秘密裏に経営危機を脱却することができます。

やっと最近個人事業主ファクタリングもできる様になっています。ただし、闇金業者もありますので、口コミだけてはなく、しっかりと確かなファクタリング会社を選択して下さい。


個人事業主のファクタリング

個人事業主などでは少ない資金で経営している場合も多いです。

できれば、融資はしたくない。ビジネスローンでは金利が高いことで、急に資金が必要になった時、ファクタリングが便利です。

個人事業主のファクタリング

ファクタリングとは売掛債権を現金化することができます。債権回収関係では、取引先の審査があります。

実は、売掛債権を持つ個人事業主の個人情報などはあまり関係なく、現金化ができます。銀行融資の審査落ちだったり、ビジネスローンも難しい時に、最終手段のファクタリングでキャッシュフローも可能です。個人事業主としては、借入したくない、借入出来ないという時にファクタリングが対応してくれます。


最近のファクタリング

ファクタリングは、請求書だけでも可能。しかも、インターネットの電子請求書などでも対応できるファクタリングも存在しています。

以前から存在するファクタリングでは、対面での申込とか、100万円以上の売掛債権がなくてはならないということが多いです。しかし、最近では少額の請求書だけでも、個人事業主のファクタリング対応になっているのも事実です。

売掛金も少ない場合でも現金化が可能なことで、個人事業主にとっては、救世主です。資金調達が早い、スピード査定もあり、資金ショートのキャッシュフローなどにも使えます。

まだまだ少ない個人事業主のファクタリング

個人事業主のファクタリング対応の会社はまだ少ないです。また、どうしても必要経費の手数料が高い場合もあります。請求書、売掛債権が存在しているのなら、まずは査定をしてもらうことでしょう。

それぞれの審査では、取引先の内容をみるものです。自身の信用情報も高い方が良いのですが、一応は金融事故がある個人事業主のファクタリングにも対応しています。懇意での資金調達の相談が出来ます。

それでも、個人事業主対応のファクタリングができるところは少ないです。そして、手数料も高めなのは仕方のないことでしょう。

ファクタリング会社

ファクタリングでは、たしかに回収ができる売掛債権を現金化する際に手数料を取ります。それがリスクが少ないほど、手数料は低くなります。

理想としては、取引先からの直接請求ができることです。それでは信用が高いファクタリングになります。取引先に内緒の場合は、回収リスクが高くなるので、手数料が多くなります。

ファクタリング会社としては、リスキー名取引になっているのでも、売掛債権が少ないとどうしても手数料が多くなってしまいます。手数料が儲けになりますので、当然のことでしょう。


個人事業主資金調達がファクタリングでできない理由

ファクタリングでの資金調達では、最近は中小企業も行われる様になりました。ただ、まだ個人事業主ではそんなに盛んではありません。

売掛債権の問題点

ファクタリングでは取引先の審査をしますが、個人事業主でも長く取引していることも審査としてポイントになります。これは、確実な納金ができることを意味しています。

企業でも新しい取引先よりも長い方が信用は大きいです。個人事業主ではよりその長さが求められることになります。個人事業主では売掛債権の金額もポイントになります。

最近では、少額売掛金の対応もしていますが、まだ100万円以上でなければファクタリングができないという現状もあります。十分な金額でなければならない場合も多いです。


信用問題

ファクタリングを依頼したときの審査は売掛先企業が主です。ファクタリング会社では回収したいお金の出どころの信用が大切です。

ただし、個人事業主の信用問題もあります。一応ブラックリストでも対応とか、個人信用情報機関はローンほど審査はしないのですが、税金などの支払いができていない時には難しいと言います。

要するに、個人事業主側として、資金調達の必要が事業内容だけであり、その他生活態度などは最低限しっかりしていることが要求されることになります。個人事業主というだけで社会的信用が低いのですが、ブラックリストでは断られることもあります。

赤字だとしても

個人事業主の場合、経理がいい加減なこともあります。売掛債権、請求書のファクタリングでは、個人事業主の事業資金の流れも確認します。

何もしていないではNGであり、税理士などに依頼をしていると資金の流れもはっきりしていて信用は高いです。そこまで行かないにしても青色申告をしている。この場合、毎月帳簿を付けていることで、経営内容、資金流れがわかります。

要するに、個人事業主としてしっかりと経営していることがわかる証拠があることが必要です。審査がガッツリ入るわけではないのですが、個人事業主としての地位確立が必要になります。

借金があっても良い

きちんと帳簿を付けている。その上で赤字決算であることは問題がありません。

また、ビジネスローンなどの返済があるということも問題ではありません。そのような様子がすぐわかる帳簿があるとか、個人事業主としての実績が存在していることが必要です。資金調達であり赤字だからファクタリングというのは当然のことです。

ファクタリングが注視したいのは、個人事業主としての経営実績です。同時に取引先の審査になりますが、こちらは売掛債権の納金の確実さを確認することになります。公共事業、大企業が取引先であれば、問題はないようです。また、このような取引先を持つ個人事業主も信用が高いことになります。


注目のクラウドファンディングはOLTA

個人事業主のファクタリングができないというは昔の話し。最近、クラウドファンディングで業績を伸ばすOLTAは、入金待ちの請求書のファクタリングを行う会社です。原則的に2社間ファクタリングに特化しています。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリング

ファクタリングには、2社間と3社間という種類があります。

2社間とは個人事業主とファクタリング会社間でのファクタリング。3社間とは取引先企業も巻き込み、ファクタリングしたことを告白した上で、取引先企業が直接ファクタリング会社に売掛債権の支払をするものです。そうすると、ファクタリング会社では回収リスクが低くなって、手数料が抑えられるという内容です。

しかし、ファクタリングの事実を知られることは個人事業主としては都合が悪いことに。ですから、多くのファクタリングしようというときには、2社間ファクタリング選択で、低い手数料が嬉しいわけです。売上債権を少しでも多く現金化したい。経営者としては、取引先にもファクタリング事実は知られたくないですから。


OLTAの2社間ファクタリング

OLTAでは、個人事業主対応であり、インターネットで全国から申し込みができます。クラウドファクタリングというのは、インターネットで査定から審査まで完結してしまうシステムです。WEBの書類提出で、面談は不要で24時間で査定が可能です。即日振込にも対応しています。

従来のファクタリングの常識を大きく覆した内容であり、インターネットで解決します。最近、最も新しいファクタリングの方法です。高いとされる手数料ですが、上限で9%という数字です。この手数料も低い方です。

2社間ファクタリングだけに対応

3社間ファクタリングであればもっと低い手数料が実現しますが、OLTAでは2社間ファクタリングのみの取り扱いになります。

特徴としては、AIを活用しています。東京のOLTAですが、約20万社のデータを元にAI審査を実施しています。この点では、疑わしい感想もありますが、査定額が早く、個人事業主対応。請求書だけでも査定ができるなどで、コンピュータースコアリングシステムより上行くAI審査が売りです。

創業2年で100億円以上の実績があります。全てが新しいファクタリングであり、法人、中小企業、個人事業主のファクタリングサービスをスピーディーにこなしています。なんといっても、インターネット完結の点では、ベンチャー的企業、個人事業主にも使いやすい環境です。

売掛先企業の告白がない点、上限9%の手数料で手を打つことができるのなら、OLTAのファクタリングは断然オススメです。手軽さで言えば、今どきのファクタリングです。


個人事業主の資金調達はファクタリングだけではない 

現在個人事業主対応のファクタリングでは、たいてい30万円からになっています。普通、100万円以下のファクタリングはしていないというのが今までのファクタリングでした。少額ファクタリング、個人事業主でも良いと言うのは、30万というのがボーダーラインになっています。

売掛債権譲渡ができない

2社間ファクタリングでは、売掛債権譲渡が必要になります。ただし、この譲渡は法人でなくてはならないです。それが、個人事業主ではできないことになります。譲渡ができないことでは返済リスクが高い、保証のようなものです。二重譲渡のしないためにも2社間ファクタリングしたい場合は、個人事業主が嫌がられる理由になります。

それが、請求書だけでも良いというファクタリングも登場していますが、そうなると手数料が高くなるのも現状です。入金までの保証がないことも関係していますが、売掛金が少ないことがあり、30万円が限界とされています。


取引先が確かだとより信用が高いはず

これは、売掛金の支払いが確か。ただ、3社間ファクタリングがそれがファクタリング会社の支払いになりますが、2社間ファクタリングでは入金からのファクタリング会社支払になります。売掛債権譲渡があると、確実にお金を回収できるということです。

個人事業主の手数料では高くなってしまうのですが、売上債権の確かな回収ができるためには、この確実入金がなくてはならないでしょう。

ちなみに、取引先との長い取引なども信用の一つです。そして、ファクタリング会社では、2回3回と利用すると手数料がお得になるという内容もあります。サービスも一環として、きちんと回収ができるファクタリングではお得になるというのですが。

個人事業主の資金調達

ファクタリングでは1つの可能性です。売掛債権があることでは早期の現金化ができます。ただし、計画的に行うことも必要であり、銀行融資、ビジネスローンの可能性もきちんと用意しておくことです。

個人事業主では銀行融資が難しいですが、日本政策金融公庫などでの受け付けもしています。また、地元の信用金庫融資なども対応しています。ビジネスローンに関しては、申し込みをしておくだけでももしものときには便利です。

個人事業主では、プライベート資金調達もできることから、資金ショートの利用では、即キャッシュフローができることもビジネスローンの存在は大きいです。ブラックリストになっては資金調達ができないのですが、ファクタリングと銀行、ビジネスローンなどの組み合わせの資金調達方法を提案します。