個人事業主でも借りれる

個人事業主と言う職業 キャッシングはできる?

カードローンの審査の時の職業が個人事業主。審査は通る?

個人事業主とは?

定義はいろいろとあります。届け出を出す場合もありますが、キャッシングのところに個人事業主と書けるのは、簡単に確定申告書類を収入証明書として提出される方です。

会社勤めの方は、申告書類は経理が行ってくれます。
申告もすべてしてくれるのですが、個人事業主は自分で確定申告をした上で年収が決まります。
ですから、自分で普段確定申告書をしている方が個人事業主だと言えます。

自営業者と同じ?

同じと考えていいです。
自営というと、商店や売上がある商売を指しますが、在宅ワークだったり、フリーランスのお仕事をして収入がある方はすべて個人事業主です。この個人事業主のキャッシングですが、大手消費者金融カードローン、銀行カードローンも対応してます。

何に使う?

個人事業主では、キャッシングの内容で生活費として使用、事業で使いたいで、キャッシング、カードローンの種類が違ってきます。キャッシングの時に、事業性目的使用禁止とあります。これが、個人事業主では生活等のために使用での申込にしなければならないことです。

金融機関では、事業性のためのキャッシングができないです。融資の形で、貸付の内容が変わります。
また、ビジネスローンなどは、普通のキャッシングとは違う書類提出になります。
個人事業主に関しては、キャッシングと一口に言っても、その使用目的で内容が違う特殊な形です。

社長と同じ?

株式会社の社長は、個人事業主ではないです。
しかし、キャッシングのときにはプライベートでは、大手消費者金融や銀行カードローンで、職業が社長だとしても使用目的収入に応じた限度額になります。ビジネスローンの場合は社長のプライベートの内容はなく、会社の資金のための内容です。ですから、提出書類も変わります。個人事業主では、この社長と同じと考えて良いです。

社長も様々なカードローンをもてます。個人事業主は社長みたいなものです。
ただし、株式会社の社長は個人事業主としての申込ができないです。
ただ、お金の借り方として同じということです。

例えば在宅ワークの主婦

配偶者の扶養範囲内の収入だとして、これは税金関係の働き方です。自宅での仕事で収入があれば、申告の必要があります。この確定申告書をすることで、在宅ワーク主婦も個人事業主となります。

キャッシングの際に、専業主婦でもなく、パート主婦でもなく、個人事業主としての申込ができます。
借りれるかどうかについては審査次第であり、キャッシングでは個人事業主と言う職業は一応OKです。

個人事業主は属性が低い?金融事故には気をつけて

キャッシングの審査では、20歳以上で収入のある方とあります。
また、安定した収入がある方とある場合もありますが、個人事業主の場合はどうなるのでしょう?

個人事業主でもOK

大手消費者金融のキャッシングを確認してみましょう。
通常のカードローンも使えるだけではなく、事業目的の申込もできることがわかりました。
個人事業主でのカードローン審査は対応ができるということ、安定した収入と審査されるようです。

個人事業主の属性は?

属性とは、キャッシング申込の時に返済能力、回収リスクを順序立てたものです。
個人事業主は、パートやアルバイトの下です。

順序が高いのは、勤続年数が長い正社員や公務員です。
パート等の収入より、個人事業主の高い収入だとしても属性は低いです。
これは、安定した収入の点で、どうしてもリスクが高いとされるからです。

大手消費者金融ではなく、甘い審査の中小消費者金融の中には、個人事業主の申込者はNGの場合があります。これは、多重債務者などで、返済が多い場合、安定した収入が保証されないからです。
まとめローン等も、個人事業主では継続的な収入が見込めないことで、審査落ちの場合もあります。

基本的にはカードローンもキャッシングもできるとされる。
審査対象にはなるのですが、属性が低いことで、審査がきびしくなってしまうことが多いです。

属性が低いことをクリアするために

確定申告書をきちんと提出することです。収入の確保ができていることと、申告行為ができていることが必要です。

ここで売上や商品が絡む時には、全ての書類があることが条件です。いい加減な申告では、収入が不安定とされます。自営者カードローン等ももてるのですが、提出書類の不備は厳禁です。

もちろん信用情報も

大手消費者金融では金融事故はNGですが、多重債務だったり、遅滞や延滞の事実は絶対に審査落ちです。
そのほか借金を繰り返す等の内容も、限度額が低くなってしまうことがあります。
信用情報では、金融事故なしが大原則ですが、その他の借り方にも気をつけましょう。

ビジネスローンの場合は、個人事業主の信用情報も深く関係します。普通のキャッシングとは違うのですが、返済する本人の信用情報がブラックリストであれば、審査は不透明になります。

赤字は隠さない

プライベートのキャッシングでは、確定申告書類で収入の証明ですが、ビジネス目的では、赤字決算などはきちんと提出していくことです。お金が必要だから借りるのですから。これは、個人事業主が金融事故があるのは違います。

個人事業主では、プライベートとビジネスの点で境界線をはっきりとさせることが必要です。
借りたいお金が何に使うか?その選択ができるのも個人事業主のメリットですが、申し込み先の決定にも関係します。属性が低いことから、その点でも配慮は必要でしょう。

個人事業主と銀行カードローンの審査 借りられないわけではない

個人事業主では銀行カードローンの審査は難しい?最初に借りるのなら、消費者金融カードローンが良い。そのような口コミが多いです。

審査の厳しさ

普通でも銀行カードローンの方が審査が厳しいです。個人事業主の場合は、安定した収入とは言えないからです。ですから、比較的審査が甘い方の大手消費者金融も良いのですが、こちらも最初の借り入れは少ないと言います。

ただし、確定申告書等の提出だったり、完済を繰り返すことで、最終的には総量規制相当の借り入れができると言います。この完済の信用情報で、銀行カードローンも信用を取り戻せると言いますが、個人事業主のカードローンに関しては、入り口から厳しさがあります。

申込み後の対応

安定しない収入として、個人事業主の属性は低いです。
ただし、自営業でそれなりの収入があり、キャッシングも真面目に完済していくことで、増額もあります。

結局、最初は不安ですが、真面目なキャッシングと返済では、個人事業主の地位も向上します。
普通の方の増額と同じことですが、返済をしていくことで、低い属性もクリアできます。

事業に使いたい

上記は個人のキャッシングです。
事業展開のためのキャッシングでは、額によりますが、銀行融資がオススメです。
自営業の資金ですが、カードローン型のビジネスローンもあります。
消費者金融もビジネスローン専門業者もありますが、銀行融資と比較をすると金利が高いです。
借りやすさはありますが、まずは金融機関の融資、銀行のビジネスローン、消費者金融のカードローンが低金利の順番です。

また、審査と関係しますが。
ただビジネスローンとなると、借り入れ額も大きいですが、提出書類も増えます。
また、自身の仕事がビジネスローンには対応しない業務の場合も。
そんな時には、消費者金融の普通のキャッシングが最適です。

銀行カードローンでは事業用に転用ができないのですが、消費者金融のカードローンでは使用目的は自由です。カードローン会社では、その点では柔軟ですが、金利が高いという内容です。

銀行カードローンと消費者金融カードローン

銀行カードローンの方が低金利で総量規制の無関係です。
ビジネスローンとしては、オリックス銀行カードローンでは、総量規制対象外で、1000万円までの限度額もあります。個人事業主、会社社長も対応しています。

借りたい目的などにもよりますが、個人事業主として事業拡大にはオススメです。
銀行カードローンの審査は厳しいですが、オリックス銀行の審査は多少甘いとの評判もありますが。
どこまでの事業なのか、提出書類などは良く確認をしてください。

個人事業主のキャッシング 何に使う?確定申告書は絶対 

個人事業主はカードローン申込みができます。20歳以上で収入があれば、審査要件にはまっています。

何に使うかでカードローンの種類が変わる?

個人事業主が事業のために使う時には、ビジネスローンや銀行融資などがあります。
運転資金としてでは、普通のカードローン以外の選択があります。
ちなみに、ビジネスローンについては、会社員やパート等は申込みもできないです。

また、カードローンでも自営者カードローン等の特別なカードローンもあります。
これは、個人事業主として、事業も行っていて、資金運営が手中にあるからです。
社長のようなものであり、事業として総量規制以上の借り入れができることがあります。

普通のキャッシング

こちらも職業が個人事業主でOKです。
審査は、信用情報と申し込み情報から行うことになります。

在籍確認は自宅にかかってくることになります。
事業として行っている場合は、固定電話が良いのですが、最近は携帯電話での仕事もあります。
固定電話でなければ審査落ちという時代ではないのですが、事業内容は必ず確認されることは覚悟してください。ビジネスローンではないのですが、在籍確認は勤務先として証明するものです。

最初はあまり借りられない?

大手消費者金融カードローンも銀行カードローンも、いわゆる総量規制までの限度額がつかないことがあります。これは属性が低い方のためですが、返済リスクの確認です。個人事業主の他に風俗嬢なども同様の対応になります。確定申告書類の提出や返済記録、完済実績等で信用をしてもらうことです。

最初は厳しいですが、返済が順調にいくと、増額されることがあります。
要は、返済できるだけの借り方をして完済することが、本人の信用になります。
最初だけの対応であり、ローンカードの限度額は確実に増えていくことになります。

確定申告書類がない

これは個人事業主としてまだ確定申告書類はない場合の審査です。
仕事は順調であり、今度の確定申告では申告額もそれなりにあります。
委託報酬証明書があるから、確実に収入があるから。

確かに、毎月の収入がある現実ですが、個人事業主の審査では確定申告書がない審査は始まらないところが多いです。融資相談をしてみる価値はありますが大手消費者金融カードローンでは審査は難しいです。

中小消費者金融に行ってみる

ブラック対応とか、ブラックOKとされる中小消費者金融では、確定申告書がないとしても融資相談もできることがあります。信用情報等の確認はあり、金融事故がないことが条件です。確定申告書がないということは、個人事業主として日が浅いことになります。

ただ、甘い審査では、小口融資なら対応してもらえることがあります。
金融事故がないのなら、10万円以下のキャッシングができる場合もあるらしいです。
完済後、確定申告をしてからの大手消費者金融の申し込みはできることでしょう。

在宅ワークの個人事業主でも借りれる

在宅ワークを始めて3年です。毎年確定申告をしていますが、こんな私でもお金を借りられますか?

大手消費者金融カードローンがほしい

在宅ワークで確定申告をしているのなら、個人事業主です。
大手消費者金融の20歳以上、収入がある方の申込要件は一応OKです。

確定申告書類があるのなら、収入の証明ができます。
申告をすることで在宅ワークも職業として認められることになります。
納税証明書などでも公的書類があれば、個人事業主としての申込ができます。

難しいことはないのですが、在籍確認の点で未だに固定電話でなければならない大手消費者金融があります。現在、固定電話がない方だけは、この点で大手消費者金融の選択してください。
主婦でも大丈夫、在宅ワークでお金を借りる事ができます。

住宅ローン審査は難しい

個人事業主が住宅ローンの審査はなかなか困難です。住宅ローンそのものが高額な買い物ですが、自営業や個人事業主では、収入の安定が求められるので、審査に通らないことがあります。

しかし、金融機関では甘い審査の住宅ローンも存在しています。
その場合、金利が高いことがありますから、要注意です。

個人事業主の安定さが不安

キャッシング程度なら、消費者金融で総量規制、銀行カードローンでもそれなりの限度額になります。
しかし、住宅ローンは、何十年というローンになります。
個人事業主の安定さは、会社とは違うことで、審査はなかなか厳しくなってしまうのは当然です。
できれば、個人事業主は頭金を多くして、借り入れ金額を下げるのもありです。

頭金があることが信用になることも多いです。安定さでは、キャッシングでも不安です。
個人事業主の最初の限度額が下げられることがあるのも不安定な収入だからでしょう。

目的ははっきりと

個人事業主に対するカードローンでは、事業用に使えないものかあります。
生活のためだけのカードローンでは、ビジネスには使わないことです。
しかし、在宅ワークで収入があまりない時には、ビジネスにも投資ということがあります。
そんな時にも、ビジネスローンとして申込をすることをオススメします。

ビジネス資金として堂々と使用したい時には、それなりの対応は必要でしょう。後で、返済ができない様になったのでは元も子もない状態になってしまいます。個人事業主のキャッシングに関しては、借りれるカードローンの種類がありますから、書かれた内容で申込をするのが良いのではないでしょうか?