個人事業主 カードローン 借入

個人事業主専用借入ができるメリット

個人事業主の方は、カードローンの申込の内容が他の方とは違う方法があります。
大手消費者金融カードローンで、職業個人事業主で契約することもできますが、自営者カードローン、個人事業主用のカードローンの利用ができます。

カードローンと言えば

普通のカードローンでは、個人事業主は不安定で属性が低い審査基準での借入になります。
消費者金融なら総量規制範囲内であり、カードローンの使途では事業性には使えないです。
銀行カードローンでも収入から限度額が決まります。

給与の方は、これでも仕方のない借入で、多く借りたいときには、銀行のフリーローンなどの申込になります。ところが、個人事業主では所得が多くてもフリーローンの申込は審査が厳しいです。
そこで、個人事業主だけが持てるカードローンに注目です。


個人事業主のためのカードローンは何が違う?

基本的に事業性資金にも使途が拡大され、総量規制対象外の借入が可能になります。
そのため、審査では事業内容なども提出書類として必要です。
ビジネスローンと称する場合もありますが、カードローンとして自身で所得を生み出す事ができる方の責任でみつことができるローンカードです。

個人事業主だからこそ持ちたいカードローン

原則的に、確定申告書の数字での借入額になります。消費者金融だけではなく、銀行や信販会社も発行しているのですが、用途に合わせて申込をしてみてください。

個人事業主の中には、この手のカードローンを数枚持ち合わせている方もいます。
運転資金、事業の資金調達用だったり、プライベートでのローンカードなどです。
多重債務に関しては、返済能力があれば作れるものであり、審査にビクつくことはないです。

収入証明書で、返済能力が認められることで、個人事業主ならではのビジネスローン、専用カードローンの申込がオススメです。クレジットカードでキャッシング枠が付帯しているものもあり、これ1枚ですべて間に合わせることもできます。

属性が低い個人事業主

普通の個人カードでは、あまり良い審査は受けられないです。
資金調達のつもりはなく、100%プライベートの資金のためだとしても、ビジネスローン的な要因があるカードローンがオススメです。銀行融資に変わりにもなるのですが、金利は高めです。
ガッツリと資金調達では別の方法が良いでしょう。

カードローンはあくまでもつなぎ資金やカードローンとしてプライベートの利用の程度で留めておくことがオススメです。使っているローンカードが個人事業主用というだけでも、一応ステイタスもあることは違いないでしょう。


アコムならビジネスサポートカードローンがオススメ

カードローンの選択では、大手消費者金融がベストです。
申込はWEB完結であり担保も保証人も不要です。即日融資ができるのも選択の理由の一つでしょう。

アコムはいかが?

もしあなたが個人事業主なら、普通のカードローンに行く前に個人事業主用のビジネスサポートカードローンを確認してください。このカードローンでは、事業者のキャッシングができますが、法人での申込はできません。まさに個人事業主ならではの1枚であり、代表者の名前で申込ができます。


資金調達ができる

限度額が低い、金利は普通のカードローン並です。それで資金調達はしたくない方は多いです。
消費者金融からの運転資金を回しているというのは理想形ではないのです。

しかし、もし銀行融資や日本政策金融公庫などの申込の間にお金が必要となったらどうでしょう?
審査待ちの間の資金ショートの危険性を回避、ちょっとした資金調達のときにカードローンは役に立つことでしょう。高い金利はわかっていますが、個人事業主として普通のキャッシング同様の金利程度であるのなら、実際にはそんなに負担は大きくないです。

それよりも、個人事業主の生命線がカードローンで救われる方が大きなメリットになります。
極端な話ですが、資金調達のために備えておく程度でも良いので、ビジネスサポートカードローンはオススメです。

個人カードローンより審査が通りやすい

個人事業主がアコムで個人カードローンの申込の場合には、収入証明書に対応した総量規制になります。
そして、個人事業主であるゆえ不安定な収入と判断されます。

そうではなくビジネスサポートカードローンでは、資金調達目的を兼ねたもので、総量規制以上の借入ができます。そして、その使途はプライベートの資金として使えるので、個人カードローン申込はしなくてもカードローンを自由に使うことができます。


必要書類は?

本人確認書類と確定申告書Bです。
100万円を越える借入では青色申告控除を受けている方は、決算書を白色申告では収支内訳書が必要です。他のビジネスローンよりも提出書類は多いですが、正しく審査をされるので、きちんと申告しましょう。

申込者は、確定申告書の提出書類から、業歴1年以上が目安です。
設立間もない方の申込では、審査に通らないことが考えられるので、少し時間が必要です。
大手消費者金融のこの手のビジネスローンでは同様になります。

最初からここにしましょう

宣伝しているカードローンは、本人確認書類だけで簡単に審査が完了するキャッシングです。
ビジネスサポートカードローンでは、自分が真面目に事業をしている証拠が必要になりますが、その分総量規制以上の借入と個人事業主だけど審査に通りやすい点が大きなメリットです。


カードローンでの借入確定申告書があればできる

カードローンの申込要件は、20歳以上で収入がある方です。
消費者金融では、収入が絶対になくてはならないのですが、銀行カードローンでは専業主婦でも借入ができます。収入の種類としては、安定した収入が必要であり、会社員はもちろんですが、パートやアルバイトでもOKです。

では、個人事業主はどうでしょうか?自営業者を含め、収入が安定していない方もいます。

個人事業主は借りられない

実は、そんなカードローンもあります。
消費者金融にも種類があり、絶対に安定した給与でなくては審査にならない基準もあります。
その場合、社会保険証を持っている方が申込条件であり、パートやアルバイトの方も申込ができない厳しいものです。

所得が高い個人事業主でも、不安定な収入であることがネックとなり、毎月決まった収入のアルバイトでも審査落ちです。ただし、現在はこのような消費者金融はそれほど多くなく、大手消費者金融はじめ、普通のカードローンでは個人事業主も審査対象になります。


審査の提出書類

毎月給与がある方では、収入証明書として給与明細書が必要な場合もありますが、個人事業主に対して先月の収入は?という質問はないです。

口頭での質問はあるかもしれませんが、大抵は確定申告書、青色申告書です。要するに1年間の収入を確認することで、個人事業主の審査が通ることもありますので、先月は赤字であったとしても、焦る必要はないです。

審査で気をつけたいこと

個人事業主の場合、資金調達のためにカードローンの申込をしてきたと思われることがあります。
個人カードローンに関しては、事業資金に使うことは禁じられています。ですから、限度額は確定申告書の収入の3分の一以内であり、運転資金には使えないことを強調されます。事業資金の利用に関しては、融資の形でカードローンで行うことは絶対にしないでください。

そこで、カードローン会社では、個人事業主の場合、別の提出書類によって、運転資金やプライベートでも兼用できるカードローンがあります。審査内容が違うので、個人カードローンとしても申込はできません。

消費者金融での注意

このように個人事業主では、個人カードローンと別のカードローンの申込ができます。
今欲しいカードローンが何の目的で利用したいかで、商品が変わります。
事業内容の書類提出がある資金調達にも使えるカードローンでは、身分証明書以外の書類が不可欠です。

そんな書類がない、わからない方は個人カードローンが妥当です。
プライベートだけで利用ができる普通のカードローンになります。アルバイトやパートが持つ要領での審査になりますが、限度額が低く、本当にプライベートだけで使いたいのならオススメです。ただし、事業資金に利用は厳禁ですから。


個人事業主の借金目的でカードローンは選択

個人事業主の使うお金では、プライベートと仕事用に区別しています。
1人しかいない個人事業主では、これと言って区別していないけれど、というのですが、確定申告のとき、青色申告のときにその区別がはっきりする方もいます。自覚はないけれど、そう言えば区別していたということです。

個人事業主の増加

SOHOや在宅ワークをしている方で、これは経費で落とせるとか、家賃とはどうしようと迷っている方も少なくないです。家庭環境の影響もありますが、自宅を事務所としている場合、仕事とプライベートのお金の利用は、きちんと区別して生活されることをオススメします。確定申告のときにはとても楽です。

青色申告をしている方では、専従者給与などの計算などで細かく収支内訳書もあり、ご存知の方も多いですが、カードローンの申込のときにも大きく影響が出ます。最近では、個人事業主も自由業の方も含めて確定申告をしている方も多いですが、その方法は正しく覚えておくと良いでしょう。


お金が足りない

例えば、在宅ワークで仕事のために設備投資をしなくてはならないとします。
パソコンだったり、在宅ワークだけの携帯電話です。

これらを購入するためにカードローンを使用したいとき、個人事業主はビジネスカードの利用ができます。設備投資として、プライベートではなくあくまでも仕事だけに出費に使用するものです。
これは、個人カードローンでキャッシングをすることは、禁じられています。
事業性資金の借入ができないからです。

ビジネスで使用するときのキャッシングは、ビジネスローンが妥当であり、金融会社としてもその区別がある方が審査もしやすいです。個人カードローンの申込のときに、個人事業主とあるときに、事業性資金として借入をするのではないか?との危惧が必ず存在します。

自営業者の選択

カードローンの選択ができる個人事業主や自営業者では、申込のときに、何のために使うかを確認してください。プライベートだけでのカードローンでは、年収3分の一の総量規制範囲内です。

ビジネスカードローンではそれ以上の借入ができるだけではなく、プライベートカードローンとしても使えます。この点だけでも、個人事業主ならビジネスカードローンが良いことがわかります。

必要書類を揃える

確定申告書だけのビジネスカードローンもありますが、細かく収支が分かる書類が必要な場合もあります。決算書はほとんど必要ないとされているのは、銀行融資のように多額ではないからです。

また、金利の優遇はなく、基本的には個人カードローン同様の内容です。
審査の点、限度額の点での優遇がありますが、不定期的な収入証明書の提出があります。
ここは気をつけて延滞ないキャッシングをすることが必要です。


カードローンを通じて個人事業主が本物の経営者になるために行いたいこと

カードローンをビジネス用とすることで、選択が広がります。
消費者金融、信販会社などでは個人事業主用の審査を設けて、独自の内容での借入ができます。
審査の基準ではあまり変わりはないのですが、それぞれ限度額や金利で若干の違いがあります。
すべて、提出書類の内容によるものです。

銀行系のビジネスカードローンは?

銀行系カードローンでは、個人事業主に対する審査は厳しいです。
それは、銀行融資ですか?との選択と間違われるほどで、単にカードローンがほしいのなら、個人カードローンの申込になります。

不安定な収入で審査落ちになることがありますが、これは保証会社が決めることです。
信用情報なども見られるのですが、借りられないことはないです。
ただ事業資金としての借入はできないので注意してください。


消費者金融と信販会社

最初から、個人事業主用のカードローンの選択をされることです。
プライベート用としての借入ができるだけではなく、いざと言うときの事業資金、運転資金の借入ができます。限度額が低いので、一時的な金額になることが多いですが、それは高金利なので、返ってその方が良いでしょう。間違っても、ビジネスカードローンでの運転資金でうまく回すというのは考えないことです。

個人事業主だから借りれる

このビジネスカードローンでは、会社員などは借入ができないです。又、消費者金融は法人の借入も禁止です。あくまでも個人事業主であり、できれば金融庁に届け出をしていると信用は厚いです。
確定申告書も青色申告をしていて、収支内訳書があれば、なお審査は通りやすいでしょう。


個人事業主なら

お金を借りるだけではなく、この機会に様々な手続きをされることをオススメします。
特に帳簿などでは、青色申告では指導を受ける事ができます。商工会議所などでも、正しい会計処理の指導がありますがこの機会に個人事業主として自立するためにも、補足しておいたほうがある方も多いでしょう。

諸費用がかかったとしても、経費です。いい加減な確定申告書でなんとなく毎年やり過ごしていた方も、きちんとした個人事業主になる良い機会ではないでしょうか?

いつかは法人に?

個人事業主として仕事をしている方では、法人になりたい方も多いことでしょう。
儲けがなければならない内容でもなくその方法はいろいろです。単にカードローン申込だけの話ではなく、どうしてステップアップしたら良いか、もっと言うのならカードローンを有利に審査を進めるためにも、個人事業主としての足元を固めることを検討してみてください。