個人事業主即日融資 ビジネスローン

個人事業主のビジネスローンの利用 メリットは即日融資だけ?

個人事業主が運転資金調達したい時に、即日融資ならビジネスローンがオススメです。
ただし、できれば銀行融資や日本政策金融公庫の融資が優先してほしいことが前提であり、ビジネスローンはあくまでも「即日融資」に特化していることだけがメリットです。ですから、理想形としては、銀行や日本政策金融公庫の申込後のつなぎ融資としてのビジネスローンの利用が良いでしょう。

消費者金融系ビジネスローン

即日融資が多いです。
保証人なしで総量規制対象外であること、事業性資金に利用ができることがメリットになります。

ただ、公的機関融資と比較をすると利息が高いので、返済負担は大きいです。
つなぎ資金としての使うのが良いですが、公的資金の審査に落ちてしまった時には返済をしなければならない借金になります。その点は承知の上で借入をするのなら、便利なビジネスローンです。

1枚持っておきたい自営者カードローン

個人事業主は、普通のカードローンでは事業性資金の利用ができないです。
そこで、事業内容も審査書類として提出する自営者カードローン、事業者カードローンは1枚あると便利です。

普通のカードローンとほぼ同じ金利ですから、使い方としてはもしもの場合ですが、いざと言うときには使えます。生活のためのカードローンとしても使えますから利便性も高いです。
ビジネスローンとして、使わないに越したことがない1枚ですが、個人事業主にはあると便利です。

事業資金調達は低金利が大原則

事業資金は、事業展開にはなくてはならないものです。
借りるときには返済のことを第一に考えるのは当然ですが、ビジネスローンの場合は、どうしても金利が高いです。銀行や日本政策金融公庫の低金利の融資が一番良い選択肢です。

個人事業主でも借入ができないことはないのですが、審査は厳しいのは確かです。
ファクタリングで資金ショート1回だけ回避、不動産担保ローンなどでの低金利融資などの選択もあり、継続的ビジネスローンの利用はオススメしないです。ただし、この資金で一括返済ができるビッグチャンスの事業資金だったり、その保証が必ずあり、利息以上の利益がある場合には、ビジネスローンの即日融資が威力を発揮します。

ビジネスローンのメリットは、多々の即日融資であることだけであり、あとはつなぎ融資やもしものときの資金の使う程度に留めておくことです。ビジネスローンを資金調達の手段とするようであれば、事業内容の検討時期であることも予想されます。

ビジネスローンがダメならカードローンで資金調達はNG

銀行融資の審査は、長期間かかります。最低でも10日ほどはかかると言われています。
開業間もない場合は、事業実績がなく相手にされないです。

日本政策金融公庫などでは、開業すぐでも借入ができないことはないのですが、審査は長いです。
そして、銀行、日本政策金融公庫ともに、事業計画書上でのプレゼンがしっかりしていないと、個人事業主はなかなか融資を手に入れる事ができないと言います。

資金調達を早くしなければ

資金ショートの恐れがあるときには、銀行や日本政策金融公庫の審査待ちは待てないでしょう。
そんなときには、ビジネスローンが便利です。ところが、ビジネスローンの申込では、確定申告書が必要です。これは1年以上の業績があることが暗黙の上の審査です。

しかしながら、アコムやみずほ銀行カードローンでは少額の希望額であれば、“場合によっては”業務委託明細などでの審査もありとのことです。他の消費者金融では全て確定申告書なしでは申込ができないとの回答です。

金融機関融資ではなく、ビジネスローンとしての申込でも同様であり、1年以上の業績は必ず必要だと言うことです。場合によっては、2期分の確定申告書が必要な審査もあります。開業して1年目の資金調達は非常に厳しい状態であるのは、ビジネスローンでも言えることです。

カードローンでの代用

カードローンは即日融資もできる収入があれば借入ができますが、事業性資金に使うことは禁じられています。ただし、個人事業主でも規模が小さな場合は、数万円のキャッシングでなんとかなる場合もあるでしょう。既にカードローンを持っている場合は、完済ができる範囲内で借りる方もいます。

しかし、カードローンでも新規申込の場合は、やはり確定申告書などが必要になります。
まして、今持っているローンカードが会社員時代のものなら、違反行為そのものになってしまう場合があります。

収入証明書の提出

消費者金融では、稀に収入証明書の再提出をするように言われることがあります。
職業が変わっていたり、収入が減少していると限度額が変わります。反対に、収入が上がると限度額も上がります。このときに、会社員から個人事業主に鞍替えしたあとで、今は収入証明書がありませんということになると、ローンカードそのものが使えないこともあります。

ビジネスローンのチャンスがないばかりではなく、カードローンからの事業性資金の借入がバレると、一括返済の上、ローンカードの限度額がゼロ円になる可能性もあることから、個人のカードローンでの事業性資金の利用は絶対にしないこと。そして、職業が変わったときには、速やかに消費者金融に連絡することが必要なのですが、行っている方は少ないようです。

消費者金融ビジネスローンは即日融資だけど高金利

銀行のビジネスローンは、事業性資金にしか使えないです。
その使い勝手の悪さと審査が長く、厳しい点でいうと、ノンバンクのビジネスローンが断然人気です。

銀行融資ではなくビジネスローンなのに、金利は高めです。
そして、即日融資ができない要領の悪さに、消費者金融などのビジネスローンは、即日融資でカードローン並の審査スピードで、あっという間に拡大し続けています。

個人事業主ならビジネスローン

資金調達だけではなく、生活の費用しての借入ができます。
カードローンにように使えるのが良いですが、金利は高いです。ですから、中小企業経営者などのビジネスローンの使い方としては、ビジネスでは即日融資を要する場合のみの対応日が多いです。

運転資金などで、多額の資金調達では、銀行融資などが断然良いでしょう。
金利が低いことで、つなぎ融資の1枚としてのビジネスローンの利用がオススメです。

その銀行融資が問題

銀行に融資依頼したいときには、中小企業では信用金庫湯地銀などが候補になります。
こちらは地域エリアが決まっていて、比較的審査が甘めです。
互いに儲けを感じられる関係であることが必要であり、取引銀行としてある程度付き合いを初めてからの資金調達依頼が妥当です。

みずほ銀行などのメガバンクでは、個人事業主対応があまり良くないとの口コミがあります。
個人・法人対応ですが、口座も無ければ取引実績もなく融資だけをいきなり依頼では、なかなか審査は通らないです。できれば身近な金融機関に依頼をするか、日本政策金融公庫などでの申込が妥当です。
こちらは、収益をあげられるだけのしっかりとした資料が必要です。

ある銀行員が、融資の申込では提出書類の不備が多いと口コミでありました。
これでもか?というくらいの様々な資料を提出することで、融資担当者の心を動かすと言います。
この点は、融資の大原則です。

金利が高いビジネスローン

ここは要チェックです。
ですから、運転資金にはあまりオススメできず、つなぎ融資としての使い方をするだけです。
しかし、銀行融資に失敗してしまったときには、どうしても返済をしなければならない羽目になります。
そのことはきちんと把握した上で、ビジネスローンの利用になります。

とりあえず、ビジネスローンがある。
即日融資してもらえる保証はありますが、銀行融資、日本政策金融公庫融資が最終目的であることはお忘れなく。即日融資で使い勝手が良いのですが、高い金利を見ると、これはあまり多く借入できないと感じられるだけの理性は持ってもらいたいです。

即日融資のビジネスローンの正しい使い方

ビジネスローンのメリットは即日融資ができることです。
カードローンと違い、事業内容に合わせて総量規制以上の借入が可能です。

ただし金利はカードローン並です。銀行融資などは、即日融資はできないですが、低金利です。
銀行のビジネスローンもありますが、上限金利は10%とノンバンク、消費者金融系のビジネスローンよりは低めです。

ただし、審査は厳しく、個人事業主などは簡単に借入ができないのが現状です。
現在、ビジネスローンといえば、ノンバンクのビジネスローンがほとんどです。

カードローンタイプで使いやすい

消費者金融のビジネスローンでは、カードローンタイプが多いです。
限度額は何度時も使えるカードローンと同じです。
総量規制対象外であり、ビジネスにもプライベートにも使えます。
審査も早く、ほとんどが即日融資可能です。

銀行融資で運転資金の調達が低金利ですが、つなぎ融資としての消費者金融ビジネスローンの利用きオススメです。大手消費者金融などでは、独自のビジネスローンの展開もしていて、審査も早いです。
もしものときの1枚として、個人事業主なら持っておきたいビジネスローンです。
法人でも使えます。

銀行融資の審査に落ちた

そうした場合、運転資金がどうしても必要なら、担保融資がオススメです。
一般的なのが、不動産担保ローンです。
事業用としては、銀行の不動産担保ローンとして、超器官の借入ができます。
ビジネスローンと比較しても低金利であり、返済期間が長い文負担も小さくなります。

ビジネスローンで借りて、銀行融資の申込。
その審査に落ちたのなら、不動産担保ローンで借りて、ビジネスローンは完済。
残った不動産担保ローンで、運転資金とすることが良いでしょう。

又、今回の融資がたまたまの内容であり、継続しないのであれば、ファクタリングの方法もあります。
売掛債権がある事業であれば、金利的にはビジネスローンよりも高い場合がありますが、返済がない資金調達方法です。要するに、先に収入として入る分を先取りするのですから、一時的に資金ショートに対応ができます。

来月からの返済もなく、その上で不足しがちな少額をビジネスローンで補う程度が良いです。
ビジネスローンの使い方としては、10%以上の金利が続くので長期間手元において返済はオススメしないです。

即日融資だけがメリット

ビジネスローンは即日融資ができることだけがメリットであり、それ以外は個人事業主が総量規制以上の借入ができる利便性の高いカードローンであるだけです。
運転資金を回すために借りれるものではなく、一時的なつなぎ資金のために使うだけ。

多額に借りて、高金利で返していくのは、あまりビジネスローンとしての使い方として良い方法ではないです。

個人事業主が即日融資のビジネスローンの申込をするタイミング

ノンバンクのビジネスローンは個人事業主が使える種類が多いです。
消費者金融だけではなく、ビジネスローン専門業者、クレジットカード会社などでもビジネスローンの商品があります。個人事業主は、自営業者などで法人でも契約ができる場合も少なくないです。
特徴としては、所得に関係なく限度額が総量規制以上であり、即日融資が多いことです。

しかし、金利はすべて高い内容です。
ですから、継続的な運転資金や事業資金調達法ではないことです。

本来なら

運転資金や事業資金は銀行融資や日本政策金融公庫の融資が良いです。
これは低金利の内容であり、一桁の金利の場合も多いからです。
ですが、必要書類も多く資金融資までの時間が長いです。
審査も厳しいなどでは、個人事業主などはなかなか借入ができないなどのデメリットがあります。

日本政策金融公庫などでは、中小企業経営者対象、個人事業主、開業資金などでも審査ができます。
低金利でいうと、こうした資金調達が良いのですが、ビジネスローンの即日融資にはかなわないものがあります。今資金がほしい。そんな方にはビジネスローンの利便性がとても良く、確定申告書、事業証明などですぐに審査がされるシステムはビジネスローンの大きなメリットです。

ビジネスローンと不動産担保ローン

不動産担保ローンは、不動産担保の限度額での借入で、ビジネスローンよりは低金利です。
ただし即日融資の可能性はなんとも言えないのですが、ビジネスローン専門業者などでは、ビジネスローンと不動産担保ローンの両方の用意があります。そこで相談ができることもあります。

いざというときに焦らないために

個人事業主として、ビジネスローンの必要性ができて申込をするのではなく、事前にビジネスローンを持っておくのも良いでしょう。個人事業主になったら、もし資金調達が必要になったときに慌てないために、予め用意しておくのも良いです。冒頭に述べたようにビジネスローンの種類が多いため、どのビジネスローンが自分に良いか確認するためにも、時間をかけて選択することです。

審査については、自身の信用情報が金融事故があると審査に通らないこともあります。
又、事業実績がない場合、金融業者によっては2期分の確定申告書が必要な場合もあります。
良いと思ったビジネスローンでも、今の自分では申込ができない場合もあることでしょう。
必要ないと感じたときでも、ビジネスローンは1枚用意しておくことをオススメします。