個人事業主融資即日

個人事業主融資即日


個人事業主の借り入れについては、その目的でローンを選ぶ事ができます。それは、生活のためと仕事のためです。

カードローンには、フリーローンとビジネスローンがありますが、目的が違う事は一目瞭然です。言葉どおり、フリーローンは何にでも使えると思われますが、事業性のある目的には使用できないとされています。最も限度額も決められることですから、事業のための借り入れはビジネスローンが妥当です。

経営者である、社長の個人事業主は、消費者金融や銀行にとっては、年収がその地位を確立することになります。高い収益のある社長であれば、借入は比較的安易です。これは主にフリーローンの場合ですが、会社に属していないことでの保証が危ういのです。要するに、SOHO的な個人事業主。会社組織もしていなかったリ、有限会社や家族経営の場合、収入においては、会社の売上ではなく個人の申告によって決まります。ですから、会社からのお給料の形で保証がなく、返済能力については審査では厳しく見られます。

特に消費者金融の場合は、総量規制の範囲内ですから、確定申告書に則って限度額が決定、少しでも高いほうが有利になるのは当然です。個人事業主の属性は会社員よりも低いと言われていますが、年収が高ければ、納得の行く借入ができることでしょう。職業欄での個人事業主の地位は不安定ですが、あとのカードローン審査については普通です。それぞれ金融機関の対象者に合致していれば問題はありません。

個人情報と安定した収入の審査で普通のキャッシングができます。確定申告書があって年収は保証されますが、勤務先への在籍確認については、家で1人で行なっている方は不安です。これもその家に直接電話が来て完了です。もちろん携帯電話でもOK。普通、勤務先では携帯電話ではNGのところが多いですが、個人事業主では、仕事をしていることを証明しているので、大丈夫なことが多いです。

このフリーローンが事業性の目的で使われないこと。そちらの方が審査では要点になります。ですから、そう思われないためにも少額のキャッシングから始めることをオススメします。数万円の申込であれば、たとえそれが事業性の強いものであったとしても返済は可能。金融機関としても不安材料にならないことでしょう。

仕事はFXのトレーダー


個人投資家、トレーダーらを生業としいる方もいますが、カードローン審査の際には、少し不利になることが予想されます。会社員などが副業としてトレーダーをしている場合、消費者金融などの申込の職業欄は会社員になります。

しかし、給料はもらわず、トレーダー1本の方の場合、職業欄はトレーダーになります。カードローン会社などで、トレーダーと見た場合、今回のキャッシングの申込に一抹の不安がよぎるのは容易に予想が付きます。そして、金融機関での借入の条件の「一定した」収入が得られていないことが、審査落ちの原因になってしまうのです。いやいや、トレーダーでそこそこ儲かっているし、個人事業主といっても良いのだよ、と言い訳もあります。

ですが、安定さにかけるトレーダーと言うのであれば、審査は困難でしょう。そこで提案としては、他の収入源を持つことです。アルバイトでも在宅ワークでも良いのです。トレーダーが本業なら、その他スキマ時間にできる一定収入があるものを持つことで、そちらの収入での審査を受けることができます。

または、トレーダーを本業として事業化してしまう、会社を作ってしまうこともありです。本物の会社経営者になってしまうことで、事業の中でトレーダーもしているという位置づけにしてしまうのです。そうなると、銀行カードローンや消費者金融でもビジネスローンの借り方もできます。確定申告書はもちろんですが、事業計画書などもあれば完璧です。自分が代表者であり、実はトレーダーだけが資金が回っているとしても、その他の事業もやっていれば、信用も高くなります。

ただし、かなり審査は厳しいのは確かです。トレーダーは何億も稼ぐ事ができますが、一晩で財産を失う危険性もあります。アルバイトなどでコツコツと収入を得ている方の方が金融機関としては信用が厚いのです。もともと個人事業主というだけで、不安定さがありますが、それが浮き沈みの激しいトレーダーであることは不安が大きいです。

そして、即日融資のフリーローン、ビジネスローンにしてもスムーズな借入ができるか?どこまで担当者を納得させられるかが問題です。世間的に信用も同じです。ですから、トレーダーを生業とするのは悪い事ではないのですが、他に安定した仕事を持つこと、それを証明することで、審査にのぞむことです。

個人事業主ならやっぱりビジネスローン


個人事業主で、事業のための資金調達は断然ビジネスローンがオススメです。銀行、消費者金融などで対応していますが、即日融資なら消費者金融です。一般のフリーローン同様に消費者金融の方が銀行ローンより審査に通りやすいのですが、金利は高めです。良く個人事業主は、審査が難しいとされています。

これは一定の収入を求められるからですが、ビジネスローンではそんなことでの審査ではなく、こんな事業にこのようにして使いたいと書類を提出します。総量規制対象外となり、限度額も上がって、フリーローンよりも低金利と良い条件が揃っています。必要なものは確定申告書や事業計画書などですが、もし書類が揃うのなら、個人事業主としてビジネスローンの申込が有利です。

ただし、はっきり言って低金利と言っても消費者金融はやはり高め。返に自信がない方も多いことでしょう。そこで、提案としては、本当に事業性のための目的なら、公的資金、銀行にも申込をしてみることです。提出書類を一度揃えるのなら、この順番に申込をしてみるのです。

公的資金などは即日融資は絶対に無理なので、審査に時間がかかります。そして、銀行も審査までは少しかかりますから、とりあえず審査が出るまでの消費者金融のビジネスローンの意味合いです。公的資金の審査が通れば、ここが一番返済しやすいのです。決算書などで赤字があったとしても、運転資金として極端に高い借入でなければ、審査通過もできることが多いです。公的資金では、信用情報が多少悪いことがあったとしても、延滞さえなければ対応してくれることもあります(過信は禁物)。

連帯保証人などもなく、法人でもそうでなくとも、金融業者に行く前の公的資金の利用は、お勧めです。そして、銀行系ローンなどは、限度額も高く低金利です。ビジネスローン専門会社も多いですが、金利面では銀行は親切、しかし審査は厳しいです。自営業者なら懇意にしている信用金庫などに相談もありです。

ビジネスローン一つにても、即日融資ができる消費者金融だけに頼るのではなく、返済を考えると低金利ローンの申込も必ず視野に入れることです。何かしら個人事業主は審査には不利ですが、ビジネスローンの前に立つと一端の社長なのですから、審査対象としても堂々とした地位になるのです。

オススメのビジネスローン


基本的にビジネスローンは総量規制対象外です。
そのため、多額の限度額の借入ができる利点があります。

オリックスVIPローンカードBUSINESS

決算書の提出ナシ、即日融資に特化しています。
源泉徴収票、確定申告書、課税証明書などの提出書類でOK。
1万円からの少額融資で、6%から17.8%の金利。
最高500万円までの余裕の限度額です。
WEB申込、コンビニでも使える高い利便性があります。

口コミでも評判なのですが、審査が通りやすい、提出書類が少なく、即日融資が嬉しいと言われています。個人事業主、経営者だけのカードですが、融資額が豊富です。
100万円以上になれば、金利は15%以下になります。
提出書類がきちんと揃っていれば、年収の3割以上の融資に対応しています。
これが総量規制対象外の大きなポイントです。

ビジネスサポートローン

これはアコムのビジネスローンです。
1万円から300万円までの額ですが、総量規制対象外になります。
金利が最高で18%と、消費者金融では標準です。
100万円までなら確定申告書の提出書類だけでOKです。

個人事業主なら、普通のフリーローンを借りる感覚で申込ができます。
しかし、貸付条件として、フリーローンなら総量規制内のになってしまいますが、事業の目的で、総量規制対象外にしたいのなら、ビジネスサポートローンリ選択が妥当です。

自営業者カードローンに関しては、総量規制対象外にできるのがメリットです。
フリーローンでは不可能で、もともと収益が上がっていない方にとっては、それだけの借入では到底不足してしまう方でも、総量規制対象外での審査が通れば、多額の借入ができます。

ただ、どうしても金利は高いです。わざわざビジネスローンにしたけれど、多額でなければ、低金利の恩恵はないのは確かです。

個人事業主はフリーローンのときには、審査対象としてビジネスローン同様の書類提出があります。
それを考えると、金額が大きいビジネスローンが有利かもしれません。
これが銀行になると、もっと低金利になるのですが、審査は厳しくなり即日融資は難しいでしょう。

収益がないのに、こんなに希望額がある?
それだけ手も審査に不利ですが、不動産があるのなら、不動産担保ローンの提案もあります。
基本的に審査はカードローンよりもゆるく、担保価値によっては、借入金額も上がります。
金融機関で相談をすると、次々に商品提案がありますが、できれば一番金利が優遇されるものを利用したいところです。

審査が肝心


個人事業主がお金を借りるときには、銀行系ローン、ビジネスローン専門会社、消費者金融カードローンなどがあります。目的によって、フリーローンとビジネスローンに分かれますが、フリーローンは事業には使えないです。法人であれば、別に法人のためのビジネスローンまで、多彩です。

それぞれの審査では、確定申告書や収入証明書は絶対ですが、そのほか決算書、事計画書、返済計画書などの提出もあります。これらの書類提出があることで、消費者金融では総量規制対象外として、地学の資金調達ができます。実質年率は、銀行系が一番低く、借入額が大きいほどスライド式に低くなっていきます。

ただ、必要以上の借入は厳禁です。基本的に保証人や連帯保証人の存在はないのですが、業績や借入金額によっては求められることになります。法人では代表者が保証人になるケースがほとんどです。大手消費者金融でもビジネスローンがありますし、ビジネスローンだけを取り扱っている金融機関も少なくありません。ここでは、業務についての相談ができたり、ファクタリングなども勧めています。

即日融資ができるのは、基本的に銀行以外です。個人事業主の場合、業歴なども関係しますが、個人事業主個人の信用情報も当然問題になります。ビジネス向けローンの審査においてもフリーローン同様に金融事故には敏感です。

ただし返済が個人によるものではなく、業績にもつながることですから、決算書などでも審査としては大きな比率になります。貸付けに当たっては、希望額に満たない判断がされることもありますが、審査内容での結果のみで納得するしかないでしょう。消費者金融では、審査スピードは早いので、もしダメな場合、次の借入先を見つけることができます。

フリーローンなどでは、立て続けの申込で申込ブラックさとれるのですが、ビジネスローンも同様です。しかし、ビジネスローン専門会社などでは、普通の消費者金融とは違いビジネス相談にも対応、融資に対しても積極的だとも言われています。

もちろん即日融資にも対応しているところも少なくなく、最終的には、このようなところでの借入もありでしょう。個人的に信用情報の金融事故が大きい場合には、難しい話ですが、あくまでもビジネスのためを全面に出すことで、審査通過を狙うのも1つの提案です。