ファクタリング 個人事業主 安心

ファクタリングは利用できる?個人事業主が安心して資金を調達する方法

広告やホームページにて、個人事業主は借入が難しいと目にすることがあります。
ファクタリングも、ご利用は難しいのでしょうか。
個人事業主のファクタリングご利用について、ご紹介いたします。

個人事業主はファクタリングをご利用できないわけではない

個人事業主は、ファクタリングをご利用できないわけではありません。
ご利用しにくい属性を持っているので、審査通過が難しい場合があるということです。
法人に比べると、個人事業主の方が審査のハードルが高いです。

なぜ、法人と比べると審査のハードルが高くなってしまうのか、その理由はこれらが挙げられます。

売上債権の十分な所有がない

ファクタリングをご利用するためには、質の良い売掛債権が必要となります。
しかし、個人事業主の場合は十分な売上債権の所有が少ないので、審査上不利となってしまいます。

安定した売上債権の確保ができない

ファクタリング業者は、申込者の安定した売上債権により信用にて審査を行います。
個人事業主の場合は継続的場売上債権を確保していない場合が多く、安定性がないということで審査通過とならない場合があります。

信頼性が低い売上債権

十分な売上債権が発生しても、その債権には信頼性が低い場合があります。
安定した取引じゃなかったり、売掛先の企業規模が小さい場合は信頼性が低いと判断され、ファクタリングの審査通過は厳しくなってしまいます。

売掛金の入金までの時間が長い

売掛金の入金までの時間が長い場合は、めぐりの良い収入とは判断されなく、貸し倒れの発生が考えられるので審査通過とならない場合があります。

個人事業は信用性が低い

個人事業主は、法人と比べると社会的信用度が低いです。
帳簿や取引内容に虚偽を簡単に作ることもでき、そのような面でも信用性は低くなってしまいます。
また、資金用途が事業用なのか生活用なのかの判断が付きにくく、信用度が低くなってしまいます。

税理士に相談をしていない

個人事業主の多くは税理などの金融の専門家に依頼をしておらず、ファクタリングを計画する場合が多くあります。個人事業主はお金に関する知識が低いので、ファクタリングを断られる場合があります。

税金などの滞納

個人事業主は安定した費用を持っていない場合が多く、社会保険料などの税金の滞納が見られる場合もあります。税金に未納がある場合、ファクタリングを利用できないことがあります。滞納が確実な審査落ちとはならない場合がありますが、滞納額が多い場合は何かの問題がる事業主と判断されて審査通過できない場合があります。

面談の印象が良くない

ファクタリング業者の中には面と向かって面談をして審査をする場合があり、個人事業主の場合は日頃から人と接していない分印象が悪くなってしまう場合があります。また、必要書類などの準備が遅かったりなど、業者に対して印象が悪くなり審査通過とならない場合があります。

固定電話がない

審査の際に在籍確認で職場に連絡をしますが、個人事業主の場合自宅での仕事の方がほとんどなので自宅へ在籍確認をします。

この際、固定電話ではなく携帯電話となる場合は、印象が悪くなり審査落ちとなってしまう場合があります。金融機関によっては在籍確認は固定電話のみとうたっている場合もありますので、注意しましょう。

事業登録していない

個人事業主というのは、個人1人での仕事でも税務署に事業登録をすることで個人事業主という肩書となります。個人1人で事業登録を届けずに仕事をしている人は、フリーランス若しくは無色ととらえられてしまいます。事業登録していない場合は、審査通過は難しいといえます。

このように、個人事業主は様々な条件が融資審査通過に合っていないといえます。
これらのうちいくつか改善できていれば、審査通過は夢ではないでしょう。

個人事業主がファクタリング審査をするためのポイント

個人事業主がファクタリングの審査通過を期待するためには、これらのポイントが大事となります。

事業登録をする

事業登録をして法人化とすると、信頼性が高まります。
法人格を手に入れて、事業主としてのランクを1個上げましょう。

税理士に資金調達を依頼する

税理士のような金融専門家に資金調達を依頼している場合、ファクタリングの審査が通過しやすくなることがあります。その理由は、税理士というのが信頼おける専門職だからです。特にファクタリングに成功している税理士を選ぶと、ファクタリングの審査通過を見込むことができます。

ホームページを作る

自社のホームページを作ることで、信頼性を高めることができます。
事業内容や主要取引先等を載せることで、ファクタリング業者が一目置くようになります。

取引資料を残して保管しておく

ファクタリングというのは売掛先との関係性が大事であり、取引資料や発注書などの取引の証拠が必要となります。信用できる売掛先ということを証明するために、取引資料は必ず残しておくようにしましょう。

短い入金の売掛先を使う

売掛債権の質はファクタリングにはとても重要であり、入金までの期間が短いことが重要となります
ファクタリングに申し込む際の売掛債権は、短い期間の売掛債権としましょう。

税金の滞納は絶対にしない

税金や年金、社会保険料などを滞納している場合は、まずはそれらを全て支払ってからファクタリングの申し込みをしましょう。

支払いが無理な場合は各自治体の担当窓口に相談にいき、どのような支払いができるのかを確認しましょう。相談の内容によっては、減額などの有利な対応を取ってもらえる場合もあります。

多くの希望額にしない

金融の審査というのは希望額が高ければ高いほど厳しくなります。なので必要最小限の希望額とします。
30万円いかが望ましいといわれており、それ以上は個人事業主では審査通過は厳しくなるといえます。
何度がご利用していくうちに信用性が増すので、多少大きな希望額としても審査に通るようになります。

いかがでしたでしょうか。
個人事業主がファクタリングしにくいという理由は、信頼性が低いからです。
個人事業主であっても、信頼性さえ高ければ審査通過します。
これらのポイントに気を付けて、審査通過としましょう。

ファクタリングは個人事業主でも安心してご利用できる資金調達方法

個人事業主はなかなかローンの審査に通過しにくいですが、そんな個人事業主にオススメの資金調達方法は、ファクタリングです。

ファクタリングのどんな部分が個人事業主にピッタリなのか、詳しくご紹介していきます。

ファクタリングには個人向けの商品がある

ファクタリングといえば企業向けに行う資金調達方法ですが、個人でもご利用ができます。
ファクタリングというのは売上債権を事前に買収してもらって、未来にもらえるはずのお金を事前に調達することができます。売掛金というのは期日まで資金化できませんが、ファクタリングにて支払期日前に資金を手に入れることができます。

個人事業主であっても、売上債権を持っている場合は売上債権によってファクタリングを受けることができます。よって、個人事業主でもファクタリングのご利用は可能なのです。

個人事業主でもご利用できるファクタリングのメリット

ファクタリングには、このようなメリットがあります。

売掛債権を使って事前に資金を手に入れることができる

支払い日を待たずに売上債権を現金化できるので、事前に資金が欲しい場合大変便利にご利用いただけます。

ブラックの方でもご利用できる

ファクタリングの審査は、ご利用者ではなく債権先の企業の信用力です。
そのため、申し込みされる殻がブラックの方でも問題なくご利用できます。
信用情報の確認は一切ありませんので、信用情報に何かの傷がついていても大丈夫です。

借金ではない

ファクタリングは借金ではなく、将来もらうべき収入を前倒ししてもらう資金調達方法です。
そのため、ローンのような借金ではありません。毎月の返済もありませんし、利息も発生しません。
ご利用したことは個人信用情報機関には載りませんので、安心してご利用いただけます。

売掛金未払いの場合も対応してもらえる

ファクタリングは後にもらえる売掛債権の資金を、前倒ししてもらう資金調達方法です。
事前に資金をもらって、後に売掛債権の事業者から通常に支払ってもらい、その後ファクタリング会社n支払うという流れとなります。後にもらう資金を前もっていただくということは、気になるのは後にその会社が倒産してしまったらの心配ではないでしょうか。

ファクタリング会社の多くは、契約後に債権が回収不可能になった場合でも、利用者は一切弁済する必要がありません。ファクタリング会社が、全て保証してくれます。ただし、ファクタリング会社によっては、弁済の必要があるリコース契約の場合もありますので、契約の際はきちんと確認しておきましょう。

審査の敷居は割と低め

融資ではないので、審査の敷居は割と低めです。
しかし、個人事業主にはそれほど低くない可能性があるので慎重になりましょう。

個人事業主のファクタリングの流れ

個人事業主のファクタリングの流れは、このような感じになります。

ファクタリング舞者に申し込みの連絡をする

連絡方法は業者により異なり、電話連絡やネット連絡、メール連絡などがあります。

申し込みをする

必要事項を記載し、売掛債権などの書類を送る

審査

審査は金融機関によってかかる時間が異なりますが、消費者金融の場合は30分程度で終わります。
審査のあとは、結果が通知されます。

契約

審査通過したら、契約となります。

入金

契約が完了したら、その場で口座に入金となります。

いかがでしたでしょうか。
ファクタリングは、個人事業主でもご利用しやすい資金調達方法です。
サラリーマンと比べると敷居は高くなってしまうので希望金額を少なく抑えるなどのコツを使って上手く審査通過とするようにしましょう。

個人事業主でも安心|個人事業主が選ぶべきファクタリング会社の特徴

個人事業主はどうしても信用性が低いので、ファクタリングの審査通過は簡単なことではありません。
しかし、個人事業主のかたでもファクタリングをご利用している方は大変多くいらっしゃいます。
個人事業主でもご利用できるファクタリング会社はどうやって見極めればいいのか、詳しく解説していきます。

個人事業主が安心してご利用できるファクタリング会社の特徴

個人事業主がファクタリングをご利用する際は、このような業者であれば審査通過を期待することができます。

個人異業主でもOKとうたっている

ファクタリング会社の中には、個人事業主でもOKと公式ホームページでうたっている業者があります。
例えば、ビートレーディングというファクタリング会社は、個人事業主でも利用OKと公式ホームページに明記されています。

手数料が高い

手数料が高い業者は、審査基準が低いので審査通過を期待することができます。手数料が高いのは避けたいことですが、個人事業主が売掛金でご利用できるファクタリングは金額が少ない場合が多いので、多少手数料が高くても気にならない程度の手数料といえます。

業歴を問わない

ファクタリング業者の中では、業歴によって審査基準が違う場合があります。
審査が甘めの業者は、業歴を問わず対応してくれます。個人事業主はサラリーマンとは違う業績の方が多いので、そのような方でも対応してもらえます。

業歴が短くても利用可能

多くのファクタリング会社は業歴1年以上とうたっていますが、審査が甘い業者の場合は創業1年未満であっても審査の対象としてもらえます。個人事業主の多くは業歴が短いので、業歴にこだわりがない業者は審査通過が期待できます。

全国対応

ファクタリング会社は、地方規模の会社と全国規模の会社があります。
全国規模の会社の方が審査が甘めで、面談せずに審査や融資とすることができます。

個人事業主は日頃企業の人とあまり接しないので、面談を行うと印象を悪く与えてしまうことがあります。そのため、面談がなく審査が流れていくのは、非常に有利といえます。

もしファクタリングの審査に通らなかった場合はどうしたらいいのか

ファクタリングは個人事業主にはハードルが高い場合もあり、選ぶ業者によっては審査落ちとなってしまう場合もあります。資金が必要なのに、審査落ちでは困ってしまいます。

審査に落ちてしまった場合は、このような対処方法で切り抜けましょう。

ビジネスローン

個人事業主がご利用するファクタリングの金額は低いので、100万円以下の場合はビジネスローンもおすすめです。ファクタリング手数料と比べると、ビジネスローンの手数料はあまり変わりません。カード発行してくれるビジネスローンであれば、少ない金額を何度も調達したりなど、便利にご利用いただけます。

高額の資金調達の場合は日本政策金融公庫に相談を

銀行融資といいたいところですが、個人事業主が銀行融資を受けるのは非常にハードルが高くなってしまいます。

日本政策金融公庫では、個人事業主を含む中小企業者に融資することを趣旨にしている機関です。
100万円以上の融資を求めている場合は、日本政策金融公庫が役に立ちます。
無担保無保証人でのご利用も可能であり、低金利なのも大きな魅力です。

デメリットは審査に時間がかかってしまうことであり、お申し込みから3週間ほどかかってしまいます。
1か月ほど余裕があるのであれば、低金利の日本政策金融公庫での融資がおすすめです。

信用保証協会の保証付き融資

銀行のような金融機関は、個人事業主に融資をすると返済できなくなることもあるので融資ができない場合がありますが、それでは経済が良くならないということで、公的機関が信用保証にて個人事業主に融資をしやすくしている制度です。

利用できる方は資本金と従業員数の上限があるので、個人事業主は比較的ご利用しやすいといえます。
低金利でご利用しやすいですが、審査に時間がかかります。

補助金や助成金

資金調達ではありませんが、国や地方自治体にて補助金や融資を受けることができます。
融資と違って返済しなくていいので、絶対にご利用すべきといえます。
地方自治体では様々な補助金や助成金を行っていますので、都度チェックしてみると良いでしょう。

個人事業主は法人登録しよう

個人事業主は、法人登録することでより信用性を高めることができます。
その理由は、個人事業主には決済がなく、法人は経営行状を公的に申請しなければいけません。
個人事業主も確定申告しますが、法人が作ることができる決算書と比べると雲泥の差の信用力となります。

また、個人事業主は生活費と事業経費の区別がつかなくあやふやとなってしまいますが、法人の場合は会社と代表者の会計をきっちり区別することができるので、金融機関は信用性を高く持ってくれます。同じ稼ぎで同じ給料をもらっているのであれば、法人登録したほうが資金調達のためには絶対有利となります。資金調達を考えるなら、絶対に法人登録しましょう。

いかがでしたでしょうか。
個人事業主は、ファクタリング会社の選び方も慎重にならないといけません。
個人事業主でも取り合ってくれる要素を見つけて、申し込むようにしましょう。
また、ファクタリングの他にも個人事業主向きの資金調達方法はたくさんあります。
もし、ファクタリングの審査に通らなくても、これらの資金調達も頼りにしてみましょう。

個人事業主が安心して即日資金調達とできるようなファクタリング申し込みポイント

個人事業主は、早く資金を手にしたい時があります。
そんな時は、ファクタリングで即日資金調達できる方法を行ってみましょう。
個人事業主が即日でファクタリングを使って資金調達するためのポイントを、ご紹介いたします。

個人事業主OKの業者を選ぶ

ファクタリング業者の中には、個人事業主OKと明言しているファクタリング業者があります。
個人事業主が確実に審査通過させるためには、個人事業主OKのファクタリング会社に申し込みをしましょう。

即日OKの業者に申し込む

即日入金ができるファクタリング業者は、即日入金OKと公式ホームページに必ずうたっています。
必ず即日入金OKのファクタリング業者を選んで、即日資金調達としましょう。

朝1番に申し込む

即日で入金してもらうということは、銀行の営業時間以内に振り込んでもらわないといけないということになります。審査に掛かる時間を考えたら、入金してほしいその日に申し込みをすることが大事となります。

ネットで申込みができるファクタリング業者の場合は、その日の朝にでも申し込みしましょう。
電話での申し込みのファクタリング業者の場合は、営業時間がはじまってすぐに電話をして申し込みをしましょう。お昼くらいでも大丈夫とたかをくくっていると、その日中に間に合わなくなってしまいます。

必要書類を全て用意しておく

ファクタリング申し込みに使う必要書類は、用意するのに時間がかかってしまうものもあります。
あらかじめ全て用意しておき、スムーズに提出できるようにしましょう。必要書類はファクタリング会社のホームページに記載されていますので、あらかじめチェックしてきましょう。

税金などの滞納を改善しておく

税金や社会保険などの支払いを滞納している場合、ファクタリングの審査に通りません。
そのため、あらかじめ滞納している分は全て支払って改善しておきましょう。

ファクタリングは他金融機関のご利用が多くてもブラックでも全く問題ありませんが、税金などの支払いの遅延や延滞は重要視されます。

大きな売掛債権で申し込む

ファクタリングは売掛債権を買い取る流れですので、一定の金額がある売掛債権を好まれます。
個人事業主の場合は少額の売掛債権が多く、少額な物は敬遠されてしまいます。

また、入金サイクルが長い売掛債権も敬遠されてしまいますので、長い入金サイクルの売掛債権は使わないようにしましょう。ファクタリング会社の中には少額の売掛債権の買い取りに特化している会社もありますので、少額の売掛債権しかない場合はそのようなファクタリング会社を選びましょう。

固定電話を用意しておく

個人事業主は職場を自宅にしている場合が多く、在籍確認は自宅で行う場合があります。
その場合、自宅に電話がくるのですが、この際固定電話ですとスムーズに審査が通ります。
なぜ固定電話が良いのか、その理由は1か所に固定して仕事をしているという理由と、固定電話があることで信用性が増すからです。

近年は携帯電話社会ですので、個人事業主の連絡先も携帯電話の場合が多くあります。
しかし、携帯電話は異動しながらでも電話ができますので、固定した場所でしっかり仕事をしている構図が見えにくく敬遠されてしまいます。固定電話で在籍確認ができるとスムーズな審査となり、即日融資も希望が持てます。

もし固定電話が無い場合は、固定電話を設置してから申し込みをすると良いでしょう。
そして、在籍確認の電話には必ず出るようにしましょう。

土日は即日対応にならない

ファクタリング会社は月曜から金曜の平日しか営業をしておらず、振り込みで資金を送るので銀行の営業時間外は資金の入金ができません。

即日で資金を手にしたい場合は、月曜から金曜の平日に申し込みをしましょう。
どうしても仕事の関係などで土日しか動けない場合は、明けて月曜の資金入金となってしまいます。

いかがでしたでしょうか。
個人事業主がファクタリングで即日入金を得るためには、これらのポイントで申込み対応をしてみましょう。
これだけを熟知しておけば、間違いなく即日資金調達とすることができます。
焦らず前もって取り組んでいると、失敗無く行うことができます。

ファクタリングは個人事業主が安心してご利用できる返済財源の確保方法

個人事業主が日々仕事を行っていくなかで、運転資金で借りた借金をどう返していけばいいのか、悩んでしまう方もいると思います。

そんな方におすすめなのが、ファクタリングでの資金調達です。
返済の財源にピッタリのファクタリングはどのような安心資金調達方法なのか、ご紹介していきます。

借金ではないファクタリングの資金調達方法

返済資金を作る場合、他の金融機関から借金をする方も少なくありません。
しかし、借金に借金を重ねてももっと支払いが大変となってしまいます。
ファクタリングは後に支払われる売掛債権を、前倒しして資金化できる方法です。

本来、数週間後、1か月後などにもらう予定だった資金を、前倒しして手にすることができます。
そのため、借金ではありません。予定よりも早く手にするだけですので、もともとは自分のお金といえます。

前倒しして手にした費用は、もともとの売掛会社の支払日に支払ってもらって、そのお金をファクタリング会社に返済するという流れです。借金ではなく手にしたい時に手にできる資金というのは、とても助かる存在といえます。

個人事業主直接に審査は行われない

ファクタリングは売掛先企業信頼性が審査の対象なので、個人事業主を直接審査するという流れではありません。そのため、個人信用情報に傷がある方でも何の問題もありません。

借金が他に多くあっても総量規制は一切関係ありませんので、ご利用いただけます。
税金などの支払いさえきちんとしていれば、審査の対象となります。
融資を検討して属性が良くないと審査落ちした方でも、審査の対象となるのです。

即日資金を手に入れることも可能

ファクタリング会社の中には、即日入金が可能な業者もいます。そのようなファクタリング会社をご利用される場合は、申し込んだその日に資金を手にすることもできます。

個人事業主は、急に資金が足りなくなって困る場合もあります。
そんな時に申し込んだ日に資金調達できると、非常に助かります。

ファクタリングは個人事業主にも浸透している

ファクタリングといえば中小企業がご利用するイメージがありますが、個人事業主がご利用することも徐々に浸透してきました。

ファクタリングは聞きなれないなと思う個人事業主の方もいると思いますが、ご利用できる要素は十分にあります。近年の商慣習の変換より、個人事業主も審査の対象となる売掛債権を持っている方が増えてきており、そのような方はご利用可能となります。

しかし、個人事業主をはじめから受け付けていないファクタリング会社もありますので、そのような会社はご利用しないようにしましょう。きちんと業者比較をすることで、個人事業主でも問題なくご利用ができます。

担保や連帯保証人がいなくてもご利用できる

ファクタリングは、担保や連帯保証人は必要ありません。
売掛先の企業の信用性ですので、利用する申し込み者に対する保証の有無は必要ありません。
融資の場合は保証人や担保を求められることがありますが、そのような面倒は一切ありません。

金利はない

融資ではないので、金利は発生しません。
そのため、返済の際の金利を気にせずご利用できます。
しかし、買い取ってもらう際には一定の手数料が取られます。
個人事業主に対応してくれるファクタリング会社は、手数料が若干高めです。
しかし、融資ではなく借金ではないので、多少の手数料は仕方のないことといえます。

いかがでしたでしょうか。
ファクタリングは、個人事業主が安心してご利用できる返済財源の確保方法といえます。
返済に使うお金がなくて困ったら、ファクタリングを検討してみてはどうでしょうか。
もともと後にもらう予定の報酬を前倒ししてもらうだけですので、元から自分がもらう権利にお金を手にするだけの話です。返済財源は個人事業主にとってはとても大事なものですので、よく考えて資金の調達をしましょう。