個人事業主 融資 審査

日本政策金融公庫での融資の審査を成功させるために

個人事業主の融資先としては、日本政策金融公庫が一番良いとされています。低金利の点では、カードローンやビジネスローンにはない低さであり、返済負担が大きく違います。

そこで、日本政策金融公庫の融資の審査を受けやすくするポイントを見てみましょう。

最大300万円程度にする

銀行もそうですが、審査では低い金額の方が審査は通りやすいです。
日本政策金融公庫では100万円~300万円程度がまずはハードルだと思ってください。
初回は300万円程度が妥当です。

そのため、そのお金もはっきりとした資金使途を明記することが重要です。
これには、運転資金と設備資金があります。運転資金としては、数ヶ月の内容が妥当ですが、設備投資は極端な高い資金請求は最初はナシが良いようです。事業資金提供を主とする日本政策金融公庫の審査では、この2つの資金使途は、審査担当者がきちんとに確認をします。

保証人の有無

保証人の有無ですが、個人事業主の場合、法人の保証人などはこころ強いです。
保証人ですが、既に日本政策金融公庫で融資を受けている方がいれば、優先的に候補にしてみてください。日本政策金融公庫としても、信用情報がある程度わかっている相手ですと、保証人にもスムーズに対応できるようです。

ところが、女性の場合のみ300万円以下の小口融資の審査では、保証人も担保もないという優遇措置があります。これは特筆すべきことでしょう。

来店は絶対

日本政策金融公庫では必ず窓口に出向くことになります。全国に窓口があり、審査担当者と話しをすることになります。融資の審査と言えば事業内容や取引先のこと、決算等の内容などが質問されます。

どうして何のための資金が必要なのかを問われることになります。ここで口をつぐむことがあれば、審査には不利です。相手は1人であり、きちんと個人事業主としての業務内容は、アピールすることができるくらいに話しをすることが必要です。

日本政策金融公庫の審査の記録

実はこの記録こそ、個人事業主には必要とされることです。日本政策金融公庫は、国の金融機関です。
もしここで審査通過をしたのなら、信用情報的にはかなり高い信用がある個人事業主であるとの評価ができます。

これから銀行などの融資をお願いするときにもポイントとになります。
個人事業主として事業資金調達法として、1番先に申し込みをしてください。

最初と言うのは、審査には早くても3週間はかかってしまいます。
資金調達が急いでいる方にとってはイライラになりますが、ここは信用情報のためにも、まずは日本政策金融公庫に行き、その後ビジネスローンの審査が妥当でしょう。

銀行融資の審査

個人事業主が安全で低金利での融資を受けたいのなら、銀行が妥当です。
ビジネスローンではなく、融資の形です。この時の審査通過をコツを確認していきましょう。

計画ありきの融資

資金使途では、融資が決まったらこれをしますではなく、これをしたいから融資を◯円ほしいと明確にすることです。これは、決まったことについて必要なお金だけを借りる事ができると認識してください。
もしこのくらい貸してもらえるのならという対応では、銀行側としても柔軟な態度での相手はしてくれないです。

審査に必要な書類は必ず用意する

必要書類として、3期分の決算書が必要になることが多いです。残高試算と資金繰りと予定表などを添えることです。ここで苦しい展開になっているけれど、要するに赤字だけど、コストダウンを図っている、経営努力をしている足跡があれば、銀行側に良い印象を与えることができます。

赤字になってしまう、それでも原因があり、それを排除するために行ったけれど、資金調達が必要という説明が妥当です。事業計画、実際の資金繰り、その原因などをきちんと時系列で説明ができればOKです。

資金使途は明確に

ここの数字がきちんとはまっていることも必要です。何にどれだけ使っていくかを明確にします。
計画に則って、赤字ならこのようにして使っていくことで展望としてはこうという未来図もあるとわかりやすいでしょう。

返済はどうする?そこが最大の目標であり、審査担当者が気になるところです。
ここで計画書の内容ですが、AがBでCという明確にすることが必要です。

AがAにしかならない。業務改善ができないところへの融資はどうしたってできないことです。
あくまでも予定表に過ぎないとしても、売上なり、収益が上がるシステムがなければ銀行融資は難しいです。

その裏付けとして

各種税金、家賃などの社会的な支払いは必ず納める。個人事業主は、個人ではないです。
法人でもないのですが、銀行融資を受けるために社会的な立場を顧みず、お金を借りるのはできないことです。税金滞納の身分では何も言えないということです。その部分が分かれば、即審査落ちになります。

保証人の必要性

銀行融資では保証人が必要です。いない場合には融資の話しはないです。
個人事業主では信用はなく、定期的な収入がある方、担保物件を多く持っている方などが安心です。
ここでの融資審査に通ることは、個人事業主として認められる第一歩です。
しっかりと書類を用意して、挑んでみてください。

信用保証協会での融資審査はとてもきびしい?

信用保証協会で借りる方法もあります。全国組織で、中小企業を中心に、銀行融資の立替えを行う団体です。間違ってはならないのが、支払いを肩代わりしてくれるのではなく、あくまでも立替えですから、きちんと完済はしなくてはならないです。

銀行からお金を借りることができる、銀行では信用保証協会が保証をするのなら、安心感が出るわけです。いわば保証人のような存在です。

低金利で確かな融資

銀行融資では保証人が必要ですが、自分にはいない場合の利用ができます。
規模が小さな個人事業主では、資金そのものが少ないことで、ビジネスローンなどの高金利では返済にも苦慮します。

そこで、銀行融資の低金利は魅力ですが、自分だけではどうしても申し込みもできない場合、信用保証協会に相談をしてみてください。ただし、審査に関しては、日本政策金融公庫よりも厳しいとされています。

事業計画などは明確に

もちろんのことですが、◯◯だから◯◯円の融資を明確にしてください。だいたいこの程度ではなく、計画書があることは審査に有利です。

融資を実際に受けるのは銀行です。この時には、既に取引のある銀行からが良いでしょう。
取引が長い、内容としては、公共料金の引き落とし程度でも、数十万円の定期があるだけでも良いですから、自分がメインバンクとして対応しているところが理想です。

中小企業に対して、直に融資はできないけれど、信用保証協会が間に入ることで、金融機関の態度は180度変わることになります。これは、不良債権にならないことが保証されているからです。

資金調達したいのにブラックリスト

個人事業主としての信用情報で、個人で金融事故があれば、審査は難しいです。
これは、普通のキャッシング同様に返済能力の欠如ということで信用保証協会の審査は通らないです。

明確なブラックリストではなく、延滞を少ししているとか、多重債務などの、とにかく返済が危ぶまれる信用情報があるだけでも信用保証協会では保証人になれないと判断されます。

日本政策金融公庫よりきびしい理由

それは手続き簡単なこともありますが、貸し倒れは回避したいことが大きいです。
金融事故がある方を銀行では対応しないと同じく、あくまでも低金利の融資を受けたいという方は、どんな金融事故があってもNGということです。金利が高いノンバンクカードローン、ビジネスローンしか道はないというのが、ブラックリスト個人事業主の末路です。

大手消費者金融の融資、気になる審査はカードローン並

ビジネスローンまでの資金調達ではない。
個人事業主の中には、自分の仕事が資金だの、決算書だの関係がない方もいます。

銀行ビジネスローン、消費者金融ビジネスローンの場合は、個人事業主としての決算などが必要になりますが、個人事業主が個人でカードローンなどの契約も可能です。

ちょっと待った

ノンバンクカードローンとして、プロミスでは自営者カードローンが存在しています。
会社員やパートでは契約ができないのですが、個人事業主として申し込みをすることで、限度額が大きくなります。

そして、注目したいのが総量規制対象外です。
年の所得の3分の一を限度額としているカードローンでは、限定的な借金しかできないのですが、自営者カードローンでは、総量規制対象外として、審査次第では、多額の借入ができます。安定した業績や確定申告書の内容に沿って、審査が厳正に行われるのですが。職業で個人事業主となる場合は、申し込みをしてみると良いでしょう。

ただし、プロミスとしてはあまり積極的ではなく、多額の資金を必要としていない方は、普通のカードローン審査が楽です。カードローン会社としては、総量規制以上のキャッシングについては、慎重になることが多いです。

経営者には嬉しい即日融資

限度額と大手消費者金融ならではの即日融資が、プロミスの自営者カードローンのメリットです。
審査担当者の判断も大きいですが、とりあえずすぐに資金調達をしたい。
総量規制範囲以上が良い場合は、一応確認しておくと良いでしょう。

ノンバンクカードローンで自営者対象はいろいろありますが、大手消費者金融、プロミスの、ということで言えば、信用度は大きいです。その他、アコムやアイフルでも独自のビジネスローン的なキャッシングができます。メリットは限度額ですが、デメリットで言えば、どれもカードローン並の金利です。

銀行融資や日本政策金融公庫の融資

金利で言うとかなりの高金利は、ノンバンクカードローンの定めです。
ただし、これをつなぎ資金としての使い方が便利です。銀行などに融資依頼をした場合、1ヶ月以上の審査がかかります。

早急に資金がほしい時には、とりあえずノンバンクカードローンで資金調達をしておいて、後で銀行融資ができ次第返済が簡単です。すぐに完済できるのなら、高金利も苦にならない負担で済みます。ノンバンクカードローンの即日融資がここでも威力を発揮しますが、個人事業主としては、資金繰りの方法の1つとしてのノンバンクカードローンの存在は大きいです。

個人事業主とノンバンクカードローン

個人事業主の属性は、カードローンやキャッシングでは低いです。
会社員やアルバイトとは違い、収入証明書があったとしても、審査が厳しくなることが多いです。
個人事業主にも幅がありますが、当然ながら収入が低いほど審査はうまくいかないことも多いです。

働けなくなったら、収入がゼロ

会社員などでは、給与ですが病気で働けないなどで給与の保証があるなど保障がある場合もあります。
特に公務員などでは、手厚い保障があります。

しかし、個人事業主では、自分がてっぺんであることで、仕事ができないことで、収入がなくなります。
退職します、勤続年数も関係しますが、一か八かの運命を持ち合わせています。審査の過程で、返済能力を問う時に、安定収入に関しては、個人事業主は非常に危うい立場にあると言えます。

ビジネスローンの審査

実際にカードローンの属性は低いけれど、ビジネスローンの審査対象にはなります。
この時には、限度額が総量規制対象外となる魅力がありますが、業績以外にも信用情報などが大きく関係します。それでも1年以上の個人事業主であれば、金融事故がない、安定した収入の証明でのローンが組めます。

業務に100%活かす資金がほしいのなら、カードローンでは転用ができないので、ビジネスローンが有利です。ノンバンクでは即日融資になっていますから、急な時には便利です。

ステイタスとしてのビジネスローン

個人事業主や経営者しか持てないビジネスローンがあることは、ある程度のステイタスを持ちたい方におすすめです。銀行のビジネスローンが低金利ですが、審査においては、ノンバンクより敷居は高いです。

しかし、信用でいくとビジネスシーンには、1枚あるとステイタス的には良い存在と言えます。
返済期間などはムリのない設定にするため、借りすぎないとですが、業績が良好になるための資金調達としては、ローンの利用もありでしょう。

政府系金融機関の日本政策金融公庫

同時に、日本政策金融公庫の審査申し込みもおすすめです。煩雑な事務手続きは存在しますが、低金利は間違いないです。ただし、即日融資ではない、保証人の存在などがクリアできるのなら、ノンバンクにはないメリットは大きいです。

しかしながら、1ヶ月以上の審査と融資になりますから、業務にどう響くかも重大な問題になりますが。
個人事業主としての資金繰りの方法は、銀行を中心にいろいろありますが、金利なのか、融資時期なのか、見極めがとても大切です。