個人事業主 少額ファクタリング

ファクタリングは個人事業主でも可能?少額ファクタリング

ファクタリング便利な資金調達方法ですが、個人事業主でも利用はできるのでしょうか。
個人事業主はまとまった資金調達がしにくく、困っている方もいると思います。
個人事業主のファクタリングについて、様々な観点からまとめてみました。

個人事業主でも問題ないのか

ファクタリングというのは、そもそも法人の一般的な企業が利用することが大半であり、大きな費用の売掛債権を使って取引をします。

ファクタリングの利用が厳しくなってしまう個人事業主の1番の原因は、売掛債権が少ないことです。
そのため、ファクタリングには不向きのイメージがあります。

しかし、近年は債権の電子化により、債権売買が当たり前となってきました。
個人事業主でも利用ができるファクタリング商品も徐々に表面化しており、個人自業主でも審査対応とうたっている業者もいます。様々な融資機関から融資を断られて困っている個人事業主は、ファクタリングを検討も1つの資金調達方法です。

ファクタリングの審査通過が期待できるポイント

このような条件に該当すると、個人事業主でも審査の対象となることができます。

優良な債権

債権であれば何でも良いというわけではなく、優良な債権が審査の対象となります。
回収できる見込みが少ない債権を買い取っても、後に融資額を回収できずに困ってしまうからです。

優良と思われる債権とは、売掛先と取引が継続して長期間行われている場合です。
定期的に交わされている債権であれば、今後も安定した支払いの債権を判断されるからです。また、これまでの取引の中で売掛金の入金遅れなどの支払いの不具合が発生していないことも条件となります。

まとまった額の債権

ファクタリングに利用できる債権は、一般的に100万円以上の債権がある場合がご利用の目安となっています。大きな額が条件となっている理由は、債権額に合わせた手数料が少額の債権の場合著しく安くなってしまい扱いにくいからです。少額の債権でも対応可能なファクタリング会社も増えましたが、まだまだ少ないのが現状です。

ファクタリングの審査通過が厳しい個人事業主とは

ファクタリングの利用は、このような場合は厳しくなります。

売掛債権の総額が少ない

売掛債権の総額は多いことが鉄則ですが、個人事業主の場合少額が大半です。
少ない売掛金の場合は得られる手数料も少なくなってしまうので、歓迎されません。

信用度が低い売掛債権

ファクタリングの売掛債権の信用性はとても大事であり、信用度が低い売掛債権では審査の対象になりません。売掛金会社との今までの取引の履歴をチェックして、売掛債権は売掛金の回収が不能にならないかどうかを確認します。それまで安定した取引をしているのであれば、全く問題ありません。

しかし、取引の回数が少ない場合は、信用できる安定の売掛債権とは判断されません。
個人事業主の場合同じ業者と長期に渡って仕事をしていない場合も多く、そのような理由からも安定性に乏しいと判断されます。取引頻度が多い売掛債権じゃないと、審査対象から外れてしまいます。

売掛先に問題がある

売掛債権の信用性により前払いする費用捻出の取引なので、売掛債権側の企業の安定性も大きな審査の対象となります。属性が良くない売掛先は、売掛金の回収不能となる場合もあるのでマイナス評価となってしまいます。個人事業主に問題がなく優秀であっても、売掛先の企業に問題があれば審査通過とはなりません。

税金の滞納

個人事業主が税金の滞納をしている場合、問題がある人と判断されてしまい、審査に通過しない場合があります。税金や健康保険の滞納がある場合、まずはそれらの支払いから行うべきです。多少の滞納の場合は問題はないようですが、多くの滞納がある場合は審査の対象とならない場合があります。

いかがでしたでしょうか。
個人事業主でも、ファクタリングをご利用することはできます。
しかし、やや条件としては厳しいといえます。ただし、利用できる可能性は十分にありますので、ご利用できる要素がある場合はご利用を検討してみましょう。

個人事業主が少額ファクタリングを成功させる為のポイント

個人事業主はファクタリング利用が簡単ではありませんが、様々なポイントにより審査通過することも夢ではありません。少額ファクタリングを個人事業主が成功させる為の大事なポイントを、ピックアップしてみました。

税務署に申請している個人自業主

個人事業主でファクタリングの審査の対象となることができるのは、税務署に申請している個人事業主です。

ただ、個人で仕事をしている人は個人事業主の扱いにされず、審査の対象とはなりません。
1つの企業として仕事をしているのかの証明が必要ですので、税務署に申請しているということは大きなポイントとなります。税務署に申請していない個人事業主は、まず税務署への申請からはじめましょう。

売掛先の経営状態は大丈夫なのか

売掛金を前倒しで換金する性質のため、売掛先の支払いが確実じゃないといけません。
売掛先の属性というのは、大きな審査基準となります。経済状況が良くない売掛先の場合売掛金の回収が難しくなってしまう場合もあり、その場合は審査落ちしてしまう可能性があります。

売掛金の信頼性

売掛金は信頼性あるものだと証明できることで、審査上での信用性が高まります。信頼性を高めるためには、基本契約書や注文書、受注書、請求書などを用意して提出すると間違いがありません。

これらの書類は取引先より貰う書類であり、全てを揃えることが難しい場合もあります。事業があって書類をそろえることができない場合は、1つや2つ書類がなくても取引が可能な場合もあります。

審査通過しやすい売掛先

売掛先の信用が審査で重視されるので、信用力の高い売掛先が重要です。
売掛先の中には、審査に通りやすい業種があります。国の機関の病院や調剤薬局、デイケア、ホームヘルパーなどの医療や介護系は信用性が高くなります。その理由は、国で運営している機関なので売掛金が未払いになってしまうなどの債権回収不能が発生しにくくなるからです。

その他、大企業の建設業や製造業の場合も、倒産しにくい傾向があるので審査通過しやすくなります。
また、中には特定の職種の取り扱いを得意としたファクタリング会社もありますので、事前に調べておくとよいでしょう。

支払期日が長くない売掛金

売掛金の支払いの期日は、長くなればなるほど資金の回収に時間がかかってしまいます。
審査の基準は、60日以内の売掛金の支払期限です。長くなってしまうとその間に売掛先の経済状況が落ち込んでしまう場合もあり、資金回収ができなくなってしまうかもと判断されてしまいます。

支払い期限は、長くなればなるほど審査は厳しくなってしまいます。
なるべく短い期間の支払い期日の、売掛金としましょう。

取引できない売掛金もある

売掛金は、どんなものでもファクタリングに使えるわけではありません。
売掛金には様々な種類があり、ファクタリングに利用できない売掛金もあります。
このような売掛金は、ファクタリングにご利用できません。

  • 譲渡禁止特約が付いている売掛金
  • 下請け代金支払遅延等防止法に該当している売掛金
  • 買掛金の額面が売掛金の金額を超えている場合

このような売掛金では、ファクタリングに使うことができません。
持っている売掛金が利用できるのかどうか判断できない場合は、ファクタリング会社に問い合わせてみると教えてくれます。ファクタリング業者はファクタリングの専門家ですので、このような質問には親身になって相談に乗ってくれます。

資金の使用用途の明確さ

個人事業主がなかなか審査通過しにくい理由が、社会的信用度が低いことです。
不安定な収入しか得られない傾向があるので、本当に信用していいのかと思われてしまいます。

安定した収入を得ていることをアピールするためには、資金の使途をわかりやすく提示することが大事になります。帳簿や取引の内容など、どんな資金の流れとなっているのかを書類にてアピールすると印象が上がります。

審査通過しにくい職種の個人事業主

個人事業主の職種の中には、審査通過しにくい職種もあります。
ファクタリング会社により異なりますが、ほとんどの場合小売業や飲食業は審査通過が厳しいようです。
このような職種の場合、売掛先がクレジットカード会社や個人の場合が多く、売掛債権が安定していないと判断されてしまいます。

いかがでしたでしょうか。
個人事業主が少額ファクタリングを成功させるためには、これらのポイントに該当することがカギとなります。
多くの個人事業主がファクタリングのご利用に成功しているので、様々な条件に該当している場合ご利用はできるといえます。
これらの全てに該当できる状態で、申し込みを行いましょう。

個人事業主は少額ファクタリングがおすすめ?便利な資金調達

個人事業主は資金調達に苦しくなってしまうこともありますが、資金調達方法は限られており困ってしまう場合もあります。

個人事業主の資金調達方法に少額ファクタリングがあると話題に挙げられるようになりましたが、本当に適した資金調達方法なのでしょうか。少額ファクタリングは個人自業主に本当に向いているのか、解説します。

ファクタリングは個人事業主に向いているのか

個人事業主が利用している資金調達方法は、銀行やノンバンクからの借入を行っている場合が大半です。
しかし、融資に苦しんでしまう場合も少なくありません。

個人事業主の資金調達に向いている方法は、ファクタリングです。
ファクタリングが個人事業主に適している理由は、低コストと素早さです。
急に資金が足りなくなった時に、非常に役に立ちます。
資金調達に目途がつかなくなった場合、思いのほか頼りになる要素がたくさんあります。

銀行の融資は個人事業主には不向き

銀行の融資は金利が低いのでご利用しやすいと思われるかもしれませんが、意外とそうではありません。
急いで手にすることができる資金という意味では、全く向いていないからです。

銀行の融資での審査には、多くの書類が必要となります。
事業主の融資のお願いですので、確定申告書や事業計画書など様々な書類が必要となり、集めることにも手間がかかってしまいます。銀行の融資のほとんどが信用保証付きの融資となるので、それらの審査のために多くの時間を有してしまいます。企業としての経営状態が良くない場合は審査通過は難しいので、不安定な個人事業主は審査通過が難しくなってしまう傾向があります。

また、大手企業への融資の場合は大きなリターンを期待できますが、一個人の個人事業主であればそれも期待できないので、銀行は期待できる良い顧客とは判断してくれません。

銀行融資が個人事業主に不利なのは、このような理由があるからです。融資可能なのかわからない相手に申し込んで不安に思いながら待っているのであれば、ファクタリングの方が適しているということになります。

即日資金調達も可能は素早い手続きであるファクタリング

ファクタリングは持っている売掛金を買取してもらうことで、事前に資金化できるサービスです。
売掛金は後に資金を受けることができる約束のものですが、それを前もって現金で調達できる流れです。

手数料がファクタリング会社に取られてしまうので全額は受け取れませんが、前倒しで後に受け取るはずのお金を得ることができるので、とても便利な資金調達方法です。売掛金は60日後などかなり後に受け取ることが大半ですが、個人事業主の場合そこまで待っていると生活に困ってしまうこともあります。

そのお金を前もって受け取ることができるのは、とても適した資金調達方法といえます。ファクタリング会社によっては即日資金調達となる場合もあり、素早い資金調達になるのも大きな魅力です。

ファクタリングは借金ではない

オススメできる大きな理由の1つに、融資での資金調達ではないということがあります。
後に貰える売掛金を前倒ししてもらうシステムなので、融資ではなく借金ではありません。
予定通りに売掛会社から売掛金を支払ってもらったら、その資金を使ってファクタリング会社にファクタリングしてもらった費用を返済するだけです。

他の個人事業主の資金調達方法は融資が大半であり、融資ばかりを頼ってしまうと後に借金ばかりが膨れ上がってしまって返済に困ってしまいます。融資ではなくもらえるはずの資金を前もって手にできるファクタリングは、ピッタリの個人事業主の資金調達法といえます。

個人事業主本人の属性が良くない場合でも利用ができる

資金調達は、利用する本人の属性が良くないと審査通過しないので、資金を得ることができません。
売掛金に対する信用の取引であり、個人事業主自体の信用性は問われません。

返済能力や経営状態が良くない場合でも対応してもらえ、事故情報があっても全く問題がありません。
事故情報がある個人事業主は当然融資を受けることができませんが、ファクタリングの場合は問題なく利用ができます。自分の属性を気にせず利用できる、本当に便利な資金調達方法となります。

いかがでしたでしょうか。
個人事業主の資金調達には、ファクタリングが便利でピッタリとです。
融資で資金調達することばかりを考えてしまいますが、借金をせずに資金調達ができるなんて素晴らしく適した資金調達方法といえます。
資金調達に困ったら、1度検討すべき資金調達方法といえます。

個人事業主でも利用できる!少額ファクタリング選択ポイント|快適資金調達

近年利用者が増えている資金調達方法に、ファクタリングがあります。
しかし、個人自業主でご利用できる商品の需要は多くありません。個人事業主が利用できるファクタリング会社には、特徴があります。目を向けるべき大事なポイントを、くわしくご紹介します。

個人事業主を対象とするファクタリング会社が少ないのはなぜ?

ファクタリング会社をチェックしてみると、個人事業主利用可能なファクタリング会社はほとんど見かけません。現状、ごくわずかしかありません。近年は個人自業主の数も増えてきたので、積極的に取引を行う業者も多少増えてはいますが、まだまだ多くはありません。

個人事業主はなぜファクタリング会社に不利と思われているのか、その1番の大きな理由は少額ファクタリングになってしまうことです。少額買取の需要は意外と多くあるのですが、少額取引では少ない手数料となってしまいます。

少ない手数料に対して手間は1人前にかかってしまうので、手間にたいしたリターンがとても薄くなってしまいます。ファクタリング企業側としては、10万円の取引でも100万円の取引でも、かかる手間はかわりません。細かい違いは若干あるにしても、ほんの少しの差でほぼ変わりません。

同じような手間なのに、10万円の売掛金の場合20%の手数料で2万円の売り上げである一方、100万円の案件の場合同じ手数料で20万円の売り上げとなるので、雲泥の差です。そのため、手間をかけずに多くの手数料を得ることができる高額案件を優先しようと思います。

徐々に数が増えている個人事業主OKの業者

ここ数年は、ファクタリング会社の中でも個人事業主に目を向けた商品が多く出てきました。
少額ファクタリングなので得られる利益は少なくなってしまいますが、なぜこのような利益率が薄い営業をするのでしょうか。

その理由は、薄利多売です。少額で取引の実績を作ってもらって、後に再度取引をしてもらうことで利用頻度を多くしてもらおうという考えです。

金融取引というのは数回ご利用する反復利用というのが多く、ファクタリングも反復利用が多くあります。できれば1回の利用にとどめたいものですが、便利な資金調達方法ですので継続利用している方もすくなくありません。個人事業主は資金調達に苦しくなってしまうことも多く、それを狙っての薄利多売での営業方針となっているようです。

注目は個人事業主OKのファクタリング会社

個人事業主が利用するためには、個人事業主でもOKとうたっているファクタリング会社を選んで申し込んでみましょう。個人事業主に特化した営業をしていますので、スムーズな申し込みや審査とすることができます。また、少額取引専門の場合も、個人事業主に対応している場合があります。

最初は少額からスタートしよう

ファクタリングの場合、調達する費用は売掛金で利用可能な満額を現金化してしまう方もいらっしゃいます。しかし、売却する売掛金は最低必要な分の金額にとどめることをおすすめします。その理由は、少ない買取金額の方が審査通過しやすい傾向があるからです。

個人事業主は審査通過しにくいので、出来れば審査通過しやすい状態にすべきといえます。
はじめてのファクタリングの場合は、最小限の買取金額でまずは審査通過して、信用力を得ましょう。
その後再度ご利用する際は、多少買取金額が多くても審査通過しやすくなります。

「2社間ファクタリング」は個人事業主にピッタリ

個人事業主ご利用可のファクタリング商品は、2社間ファクタリングを行っているが大半です。
個人事業主には、2社間ファクタリングが適しています。

2社間ファクタリングというのは、ファクタリング業者と個人事業主の合意で行います。3社間の場合は、これに売掛金先の会社も加わります。そのため、売掛先の会社の合意も必要となってしまい、売掛先の会社にファクタリングを利用することがばれてしまいます。

したがって個人事業主が仕事しにくくなってしまうので、3社間ファクタリングは避けるべきといえます。手数料は3社間ファクタリングの方がとても低くなりますが、2社間の方が手続きにかかる時間も短く済みます。

注目!個人事業主利用可のファクタリング会社

世の中に個人事業主が増えてきていることで、個人事業主を対象としている業者も増えてきました。
申し込み方が個人事業主にピッタリのものもあり、インターネットにて申し込みや審査、契約まで全て行うことができる商品もあります。
これらのファクタリング会社は、個人事業主でも取り扱っています。

  • ビートレーディング
  • えんナビ
  • ウィット
  • 日本中小企業金融サポート機構
  • トラストゲートウェイ
  • MRF

このように、多くファクタリング会社で個人事業主を対象の商品を提供しています。
ほとんどの場合非対面で申込みができ、全国どこからでも審査対象としている業者もあります。

いかがでしたでしょうか。
個人事業主を歓迎する業者も、ファクタリング会社の中にはあります。
利用できる可能性はありますので、資金調達に困った場合は検討してみると良いでしょう。意外とスムーズに審査通過して、資金を手にすることも可能です。

はじめての個人事業主のファクタリングは少額ファクタリングにすべき理由

なかなか資金調達方法が少ない個人事業主は、ファクタリングも適した資金調達方法の1つです。
はじめてのファクタリングの場合は、少額から始めることが失敗のない方法といえます。
その理由は、個人事業主という属性を考えると少額が適しているからです。

個人事業主のファクタリングは少額からはじめるべき理由を、まとめてみました。

はじめての個人事業主のファクタリングは少額が適している

個人事業主がファクタリングの利用をする際、少額でのファクタリングをすることが大事となります。
中小企業と比べると個人事業主は企業の規模として非常に小さいので、使う売掛金の信用は低くなってしまいます。

信用性の低い売掛金なので、多くの買取金額を望むと審査落ちとなる確率が高くなってしまいます。
少額の場合はファクタリング会社も不安に思いにくいので、審査通過しやすくなります。
はじめての個人事業主のファクタリングは、必要最小限の少額にとどめるようにしましょう。

買取金額は少ない方が審査は柔軟

初めての個人事業主のファクタリングの際に少ない買取金額にしてほしい理由に、審査のボーダーラインの違いがあります。買取価格が多いほど審査の難易度が高くなってしまうので、審査落ちとなってしまう確率が高くなってしまうからです。

ただでさえ、個人事業主は審査の難易度が高い傾向があるので、少しでも審査難易度を低くすることはとても重要になります。個人事業主の場合少しでも多くの資金を手元に置きたいところですが、はじめての審査の際は必要最小限の金額のみにしましょう。

資金はどれだけ必要なのかを書き出して計算してみよう

個人事業主は収入が不安定ですので、むやみな返済は防ぐべきです。最小限の買取金額に抑えるためには、今何が必要でどれくらいの資金が必要なのかを書き出して検討しましょう。

むやみに買取金額を決めるのではなく、必要な分のみ資金調達をするという考えです。
計画的に資金調達をすることは、個人事業主にとってとても重要です。

何度でもファクタリングの利用は可能

ファクタリングを利用できるのは、1回だけではありません。1度ご利用してきちんと返済したら、またご利用ができます。既に1度ご利用しているので審査の際は信用性が高くなっているので、はじめての審査よりもスムーズに進みます。

また、2回目以降は多少多くの買取金額でも審査に通る傾向があります。
多くの買取金額を得たい場合は、1度信用力を付けてから2度目以降に行うことをおすすめします。

10万円からの少額ファクタリングもある

少額のファクタリングのご利用とはどのような感じになるのか想像がつかない方もいると思いますが、少額ファクタリングは最低10万円から取り扱っている業者もあります。

ファクタリング買取金額の下限は業者ファクタリング業者によって異なるので、細かくチェックして申し込みをする業者を決めると良いでしょう。10万円からなら、どの個人事業主でも無理なくご利用ができます。

いかがでしたでしょうか。
個人事業主の審査の難易度を考えると、はじめは少額の申し込みで審査通過することを目的とすることが1つの目標といえます。
まずは審査通過して、その後に利用金額を上げていって便利に使いこなすようにしましょう。