ファクタリング 個人事業主 少額

個人事業主の少額ファクタリングは可能?

中小企業の資金調達の方法としてファクタリングが注目を浴びています。
銀行融資、ビジネスローンではない方法で、返済がない、赤字や債務超過でも大丈夫などのメリットがあります。最近では、個人事業主でも利用ができるファクタリングも登場しています。

ファクタリングの利用

個人事業主では事業規模が小さく、数十万円単位の少額の売掛債権しかない場合があります。
ファクタリングでは、売掛債権のうち高い確率での現金化の実現が良いのですが、通常のファクタリングでは大した利益になりません。そこで、個人事業主のファクタリングは敬遠されています。

ところが、最近では、小さな規模の売掛債権に対しても、一定の手数料はあるものの、ある程度納得の上で取引しているケースもあります。
資金ショート回避、今すぐ現金に関しては、背に腹は代えられない、それが本音でしょう。
特に個人事業主では、2社間ファクタリングのケースが多いです。
取引先にわからないように現金を作る方法です。

銀行融資の低金利と比較をすることでは、ファクタリングは絶対に不利です。
しかし、資金調達のスピードを考えると、そして個人事業主にしてみれば、円滑に経営のためには、新しい資金調達方法として提案ができます。

相談だけでも

それでも実際に個人事業主を対象にしたファクタリング業者は限定的です。まだ数が少ない分、手数料的にも割高です。ホームページでは良い内容ですが、申込をしてみたら実態は違っていたとか、最初に見積もりを確認したら良かった、そんな口コミもあります。

そこで初めてのファクタリングや会社を探す時には、まずは相談がオススメです。
同時にビジネスローンなどの可能性も探ることです。

ファクタリングの相談や依頼とビジネスローンや融資の申込みは別物であり、同時進行でもかまわないです。売掛債権がある個人事業であれば、ファクタリングの相談だけでもできます。

確認したい手数料など

相談では、個人事業主対応のファクタリングでは、実際にこの売掛債権ではいくらになるか?ということです。売掛債権の現金化は80~90%程度ですが、個人事業主にとっては、10%の差は大きいです。
そして、2社間ファクタリングより3社間ファクタリングの方がずっと手数料が低いことも確認してください。

ただ、3社間ファクタリングでは取引先にファクタリングの事実を告げることが必要です。
それをしたくないということになると、回収リスクが高くなる分手数料が上がってしまうことになります。この対応は、どのファクタリング業者でも同様です。

ファクタリングのデメリットを隠さない会社が信用できる

個人事業主がファクタリングで資金調達をするためには、ホームページなどでそのファクタリング会社の確認は必要です。

大切なことは少額売掛債権でも買取が可能なのか?

ファクタリング業界自体が新しいです。
そして、多くのファクタリングが何億、何千万円というお金の買取が行われているのが現状です。
最近になって、中小企業や個人事業主の対してのファクタリングサービスが行われるようになりました。
ですから、まだ個人事業主を対象にしている少額ファクタリング会社は少ないです。

どうして個人事業主に対するファクタリングが少ないのか?
それは、儲けが少ないからです。

メリットだけではない

ファクタリングは、取引先に内緒で行うことができます。
経営者として、内情を明かすことなく、取引ができますが、実は火の車。
すぐにキャッシュフローがほしいケースも少なくないです。

そんな時には、返済負担がないファクタリングの選択ができるようになりました。
この時、2社間ファクタリングが有効です。
売掛債権が少額でも現金化が可能ですが、手数料は高めです。
要するに実入りが少ないファクタリングになります。

しかし、売掛債権先の会社にはファクタリングの事実は知らされないで行う事ができます。
メリットだけを強調しているファクタリング会社には要注意です。
美味しいことばかりのホームページには裏があることを承知してください。

少額ファクタリングの場合は、1%手数料が高いだけでも、買取金額が下がります。
その点は、キャッシュフローがすぐにほしい場合、天秤にかけることになります。

数字できちんと説明を

ファクタリングの契約前にこうした説明があることが必要です。
取引先企業にファクタリングの事実を伝える3社間ファクタリングでは、手数料はとても低い上に、間のはいるファクタリング会社も回収リスクが減少します。
それは、ファクタリング会社にとっても儲けの薄い取引になります。

それがイヤで無理に2社間ファクタリングばかりを勧める。
どちらかというと法人相手のファクタリングの方が有利にことが進むのですが、融資金額を多少差し引くなどの行為がある場合もあります。

個人事業主対象のファクタリングでは、幅の狭い間の攻防になりますが、互いのメリットとデメリットを公表した上で、その判断を経営者が正しく理解させる時間があることが必要です。
なんでも買取ができます。

少額売掛債権でも大丈夫とあるホームページでも、実は50万円ないとNGとか、10万円程度では手数料が高すぎるなどのデメリットもゼロではないです。そうした個人事業主ならではのファクタリングのメリットデメリットをきちんと伝えるファクタリング会社の選択が必要です。

少額ファクタリングだからこそしてほしいファクタリング会社の比較

ファクタリングの大きな特徴は、申込者の信用ではなく取引先の信用度が必要なことです。
信用度が高い売掛債権先であれば、申込者の赤字決算、税金の滞納、債務超過であっても、ファクタリングができることです。ビジネスローンでは、自身の信用が何よりも大切ですが、ファクタリングは、取引している企業が問題になります。

柔軟対応

取引先企業の信用が低いと、ファクタリングの方向性は不透明になります。
これは、売掛債権そのものが買取に対しての信頼感がないからです。
そんな時には手数料が上がる、買取価格も下る結果になってしまいます。

そんな企業ではなかった?
自身が知らないだけで、実は取引先企業の内情も知ることができます。
そんな時でもファクタリングでは、様々な提案が出ることでしょう。

単に売掛債権の現金化だけではなく、その先の経営や業績に対してのアドバイスをしているファクタリング会社もあります。個人事業主の場合は、相手が法人であればなんとなく信用してしまうものです。
反対に相手も個人事業主の場合は、ファクタリング会社の信用情報入手も困難になります。

ファクタリング会社では、自分の儲けも入れたファクタリングをすることになります。
そこで、様々な視点からの提案などがありますが、信用が低い、回収リスクが高いファクタリングでは、どうしても手数料に反映、買取価格が低迷してしまうことは否定できないです。

こうした事情から

どんな取引先企業であっても、売掛債権があり、これまでの取引が成立していることが重要です。
そこで、もし与信が低い企業だとした場合は、いくつかのファクタリング開始に比較をされることをオススメします。

ファクタリングそのものはインターネットでの申込ができます。
見積もり段階でそれぞれの買取価格や手数料を比較することで、少しでも多くの買取ができることを確認してください。同時にそのファクタリング会社の批評などがあれば良いでしょう。

これ以上は高くならない。
それは、ファクタリングの手数料の割合なのか、取引先企業の信用なのかを確認してください。
これからも付き合いをしなければならない取引先があるのなら、今後のファクタリングにも役立つような会社での資金調達が必要でしょう。

経営者としては、与信が高い企業との取引をするためにも、信用情報リサーチとしてのファクタリング会社の利用もできます。キャッシュフローの資金調達方法としては、最速とされるファクタリングですが、簡単に決めずに比較検討されることもオススメです。

現在は、個人事業主の少額ファクタリングをしているところはあまり数も少ないです。
時間に余裕があれば、全てで見積もりなどを出すことをオススメします。

個人事業主だからこそ考えてほしいファクタリングの存在

個人事業主にとっては、少額の売掛債権でも確実に現金化できるとは限らないことがあります。
黒字経営であっても、売掛債権が現金にならないと無駄です。
そこで、ファクタリングにすることで資金ショートの回避ができることがあります。

支払日まで待てない

最近の売掛金では現金決済ではなく、電子マネーやクレジットカードでやり取りするケースも増えています。事業者に対する入金があとになってしまうので、売掛債権そのものはあります。

しかし、それが現金ではないことで、実際に使えないことで資金ショートの危険性が高いです。
取引先企業の動向で、これは現金化が困難?という時にはファクタリングで現金化することで、資金ショートにならずに済むことがあります。

ファクタリングは融資ではない

ファクタリングはローンを組むのではない譲渡です。
ですから、額面から手数料などを差し引かれた金額が入金されることになります。
それは将来の入金ですから、少し早くに現金化するだけです。即時でお金が必要な時だけのファクタリングの利用では、どうしても今資金調達が必要な時には便利です。

取引先企業が、約束の支払いができなかった自体になったときでも、既に売掛債権の現金化が済んでいることで、経営者としては、資金ショートそのものを回避することができます。
個人事業主であるからこそ、1つの売掛債権も無駄にはできないケースは多いです。

ただし100%は手にできない

売掛債権は約束の支払いで100%だとしたら、ファクタリングでは手数料分は差し引かれることになります。問題はそこにあります。融資ではないのでもちろん返済は生じないです。しかし、売掛債権分のお金が手にできないのは当然です。手数料ゼロのファクタリングは存在しないですから。

中小企業にとっては、ファクタリングで多く損をするという話しもあります。
本当は100%の売掛債権が少なく現金化されるのですから。しかし、現金化のタイミングが必要です。この時のキャッシュフローがあとの経営に大きな影響を与える。そんな時のファクタリングの利用です。たとえ100%の売掛債権ではないにしても、ここにキャッシュがあることで、経営だけではなく、全てがうまくいく。そのためのファクタリングの存在です。

今欲しいお金、待っていられるお金。売掛債権という財産を手にした時に、そのキャッシュフローのタイミングで、何かが変わるとしたら。その選択肢に困った時に、取引先企業が危険という話しを聞いたり、とにかくキャッシュフローがなくては資金ショートしてしまう。資金調達方法の一つとしてのファクタリングの提案です。

銀行融資の良いですが、返済が待っていたり、審査に時間がかかることで、キャッシュフローがうまくいかないことも多いです。ビジネスローンでは高い金利であったりと、それぞれのメリットとデメリットがあります。

資金調達の選択としてのファクタリングですが、キャッシュフローの時を見ることが大きなポイントになることもあります。個人事業主では、キャッシュフローの有無で事業が傾くことがありますので、ファクタリングの選択は誤らないことです。

少額売掛債権の個人事業主がファクタリングできない理由

ファクタリングでは個人事業主は対応しないと言われてきました。
その理由は、売掛債権が少なく不安定であるためです。

断続的な売掛債権であったり、期間が長いものについては、ファクタリング会社が敬遠してしまいがちです。個人事業主には少し厳しい内容ですが、今までファクタリングができなかったとされる理由を考えてみましょう。

経営者のずさんな会計処理

個人事業主では、帳簿もきちんとつけていない場合があります。
税理士などが入らない個人事業主では、ファクタリング会社の信用も落ちます。
本来ファクタリングは、取引先企業の信用を確認しますが、名ばかりの個人事業主では、売掛債権があったとしても、会社そのものの信用が低い場合、断られることが多かったです。

納税をしていない

最低限納税をしていない個人事業主では、足元を見られます。
ファクタリング会社の中には、納税していない場合でも対応とあります。

しかし、個人事業主ではそれはNGとされています。経営が悪化しているので支払いができない。
それは理由として存在していますが、滞納額が多いとファクタリングができないこともあります。
もともと少額の売掛債権しかないことが多いので、滞納している納税もできないでしょう?という話しになるのでは、ファクタリングはできないでしょう。

極端な例でしたが

売掛債権があれば何でもファクタリングができる。
ホームページにもありますが、個人事業主では法人ではないことで、チェックが入ります。
手数料を徴収して、売掛債権の一を現金化。信用は取引先企業の回収力だけ。
そんな口コミもありますが、申込者としての最低のラインは存在しています。

資金調達方法を融資にしてもファクタリングにしても、個人事業主ではどこまでが事業のためなのかが不明な会計では話しにならないです。税理士などは絶対にいなくてはならないことはなく、帳簿として個人事業主として経営していれば良いことです。

最低の個人事業主としての資質を持つこともファクタリングでは必要な審査の一つです。

赤字決算は無関係

その上で、赤字決算などは関係ないです。
審査といっても、個人事業主としての資料が揃っていれば良いだけで、信用情報などは問われないです。
ファクタリングの必要性があり、その資金調達でどのような事業展開をするのか。
目的がはっきり明確であることが必要です。

社会での個人事業主としての地位がしっかりさせる。それだけができていれば良いのですが、売掛債権はなんでも現金化します、というファクタリング会社の存在の方が怪しいでしょう。