個人事業主の属性は低いのはなぜ?

個人事業主の属性は低いのはなぜ?

個人事業主の身分としては、属性が低いとされています。会社組織にしていないことで信用度が低下することもありますが、それ一番感じられるが、お金を借りる時です。フリーローンにしてもビジネスローンにしても、規模が小さい、収入が少ないことで、信用はとても低いのが現状です。個人事業主20年と国家公務員20年では、同じ収入だとしても、フリーローンの限度額に大きな差があります。

社会的信用からいくと、個人事業主は安定さの欠如は否定できません。公務員などは、本人が何かをしない限り職場から離れる事なく、絶対に存続しています。しかし、個人事業主の場合、何かのきっかけで消えてしまう恐れがあります。会社組織にしていない、従業員もいないということであればますます信用が低下していくことになり、お金を貸すリスクが高くなってしまいます。会社勤め、特に社会保険のあるところにいる方への貸付けが金融機関としては大きな安心感があるのです。

カードローン審査において、最初の職業はポイントになります。個人事業主というだけで、審査が厳しくなってしまうのは、収入の不安定さからくるものです。提出書類として、確定申告書、納税証明書などが必要になります。会社員にはないことですが、収入の裏付けがないと、果たして働いているか?それすらの証明もできないことになります。会社員が銀行カードローンや消費者金融に申込をした時に、最終的な審査で、在籍確認が行われます。その会社に勤めているかどうかの確認です。

個人事業主も同様ですが、会社員の場合は、在籍確認によって勤務先の証明ができますが、個人事業主は、本人が行うことになります。よって、収入を証明する確定申告書などがないと、実在する会社の個人事業主なのか、証明ができないのです。

誰もが知っている会社であったり、何か証明ができるものがあれば、個人事業主でも信用されることになりますが、何もない部屋で1人で仕事をしているSOHOなどの場合、フリーローンキャッシングに関しては、なかなか面倒であり、大変な手続きをしなればならないことになります。

自営業の運転資金であれば、銀行などのビジネスローン等の利用がオススメです。フリーローンよりも多額で、提出する書類は多いですが、金利も低く、パートなどと同レベルの次元ではない話ができます。プライドの問題ですが、どんな個人事業主にしても、社長なのですけれど、キャッシング業界では、そうは見てくれないのが現実です。