日本政策金融公庫

個人事業主に融資を積極的に行う日本政策金融公庫


銀行や消費者金融から資金の融資を受けたいとき、必ずしもスムーズにいくとは限りません。個人的に収入の足しになるお金が必要なときはカードローンなどのフリーローンがありますが、事業資金となると審査の通過が難しいこともあるでしょう。中小企業や個人事業主の方が金融機関に借入れの申し込みをしてなかなか融資が受けられない場合は、日本政策金融公庫という選択肢を検討してみてはいかがでしょうか。

日本政策金融公庫は中小企業や個人事業主の方で、なかなか銀行から運転資金の融資が受けられない方を対象に積極的に貸し付けを行っている機関です。ちなみに日本政策金融公庫の他に貸し付けを行っているところとしては、信用保証協会を利用する保証協会つき融資や銀行ビジネスローン、消費者金融ビジネスローンなどがあります。

日本政策金融公庫が個人事業主や自営業者などに良心的な金融機関だからといって、申し込みをすれば必ず通るわけではありません。申し込みをしたら日本政策金融公庫へ行って審査担当者に会い面談を受けることになりますので、経営者として質問にしっかり答えられるように準備しておいてください。

申し込みをするときにいくつか会社の書類を提出しますので、その内容を元に突っ込んだ質問が行われるでしょう。提出した決算書の中でわかりにくい部分や取引先企業の名称、日本政策金融公庫から融資を受けられた場合の資金の使途などに関する質問が予想されます。

審査担当者からの質問に必ずしも全て完璧に答えられなかったからといって、それで審査落ちに直結し会社の大切な資金が借りられないというわけではありません。どんな会社にも、多かれ少なかれウィークポイントがあるでしょう。

ウィークポイントを隠すよりもあなたの会社の売りになる部分、貸し付けをする価値があると審査担当者に思わせるセールスポイントをしっかりアピールできることの方が大切です。マイナスを上回るプラスの要素があればいいのだと考え、あまり細かいミスにとらわれない方本領を発揮できるのではないでしょうか。

個人事業主を日本政策金融公庫の審査に通りやすくする希望融資額


金融機関から融資の申し込みをするとき、いくらの借入れを希望するか具体的な金額を申告します。現在の日本政策金融公庫の平均融資単価は、約700万円だといわれています。しかし、これから初めて日本政策金融公庫に申し込みをする個人事業主などの方は、いきなり700万円などの大口を希望するのではなく、小口から始めた方が審査に通過する可能性がアップします。

まず約700万円というのは大口の借り入れができている会社が平均金額を高くしているという要素が背景にありますので、多くの利用者がこれほどの大金の借入れをしているというわけではないことを知っておきましょう。多くの利用者の借り入れ金額は、300万~500万円くらいだと考えられています。

では、大口の事業資金が必要だという場合、日本政策金融公庫で借り入れをするのは困難なのでしょうか。確実に審査に通り融資を受けるためのテクニックとして、初めのうちは小口の希望額からスタートすることをおすすめします。毎月の返済をしっかり守ることで信用の実績を積み重ねていき、最終的に大口の融資に引き上げてもらうのです。

最初から大口融資の希望をだしてしまうと、貸し付けをする側としては「大切な資金を融資しても本当に大丈夫なのか」「貸し倒れするリスクはどのくらいあるのか」と小口融資よりも審査の目が厳しくなります。大口より小口融資の方が審査の通りやすいですし、最初の面談での質疑応答のスムーズです。平均金額は700万円程度ですが、300万円くらいから始めて長い付き合いをしていった方が、目標の大口融資につなげられます。

申し込みをすると審査担当者に会い面談を受けて、突っ込んだ質問に答えることになります。事業に用いる資金には、大きく設備資金と運転資金の2種類があげられます。設備資金は例えばマシンや車両などを買う資金、運転資金は諸経費や仕入れに用いる代金などのことです。

融資の希望をだすとき、余裕を持っておいた方が安心感があるということで、漠然と大口融資の希望をだしてしまいたくなるかもしれません。しかし、面談のときに本当にそこまでの資金がいるのかと問い詰められるでしょう。そうなったときに聞かれたときに答えられるようにあらかじめ準備しておくか、それとも初めから必要以上の金額の希望を出さない方があとあと困りません。

業種によって、最初に必要となる資金の大きさは違ってきます。飲食店などすぐに現金が入ってくる事業でしたら、さほどまとまった資金を借り入れしなくても十分やっていけます。借入れをするからには、元金に金利が上乗せされた金額を返済しなければならず、利息分はロスになります。余計な大口融資を希望することは、日本政策金融公庫の審査に通りにくくするばかりでなく、余計な出費になります。必要最低限の金額を割り出してから手続きを行いましょう。

日本政策金融公庫の申し込みに保証人はいる?


消費者金融キャッシングや銀行カードローンなどを個人が利用する場合、保証人を準備しなくても借入れができますが、日本政策金融公庫の審査ではどうなのでしょう。多くのケースでは保証人をたてることになるのですが、絶対というわけではありません。

現在日本で個人事業主や自営業をされている方の中には、女性の方が大勢います。日本政策金融公庫では特例を設置し、女性は保証人がいなくても借入れができるように配慮されています。申し込みのときに希望融資額を申告しますが、その金額が小口融資(300万円まで)であれば、原則的に担保も保証人も不要です。

「女性向け小口融資制度」というものがありますので、立ち上げてからまだあまり経っていない女性や、これから起業するという女性は、こちらの制度を活用してみてはいかがでしょう。保証人というと自分以外の他人を巻き込むことになりますし、審査のときは個人事業主などのご本人だけでなく、保証人の方も審査の対象となります。不要なら、その方が気兼ねがいらなくていいですよね。せっかくある制度なので、積極的に利用すべきです。

男性の個人事業主などの方は多くの場合保証人が必要になるのですが、審査に通りやすい人選のコツがあります。それは、日本政策金融公庫で借り入れをしている人、もしくは融資を受けていた経験者の方に保証人を頼むことです。

保証人の審査を行うとき、日本政策金融公庫で融資を受けた実績がある方であれば、それだけスムーズに審査が通りやすくなります。全く借り入れをしたことがない人よりも、融資を受けたことがあり、契約を守って返済をしてきている人の方が評価が高いのです。

基本的に日本政策金融公庫に申し込みをしたら、審査結果を伝えられて実際に融資を受けられるようになるまで、1ヶ月~2ヶ月くらいかかります。1ヶ月も幅があるのですが、そんなに長く余計に待たされるのは避けたいところです。できるだけ早く事業資金が必要な場合ほど、日本政策金融公庫で融資の実績がある人に保証人になってもらった方が早くなるでしょう。

日本政策金融公庫で融資申し込みに準備する必要書類


個人事業主などを行っていると、事業資金が必要になったとき融資を受けるのが簡単ではないこともあるでしょう。そんなとき、銀行などから融資を受けられなかった個人事業主などの方を積極的にサポートしているのが日本政策金融公庫です。

個人事業主などの方への融資を目的として運営されていますので銀行など審査結果に期待が持てますが、だからといって必ずしもいい結果が得られるとは限りません。日本政策金融公庫に申し込みをするときに必要書類をご紹介しますので、不備がないように揃えておきましょう。

日本政策金融公庫で提出を求められる必要書類は、基本的に5種類あります。借入申込書、確定申告書、法人の登記簿謄本、申し込み時が決済より6ヶ月以上過ぎている場合は新しい試算表、身分証明書です。借入申込書は作成できる用紙が日本政策金融公庫のホームページからダウンロードできますので、そちらを利用してください。

確定申告書は、最も近い二期分を用意します。法人の登記簿謄本は登記簿の写しのことで、法務局で申請すれば入手できます。試算表は、事業を立ち上げて間もなくまだ決算を迎えていないという場合も、最新のものを用意します。身分証明書は、パスポートもしくは運転免許証から選んでください。

日本政策金融公庫の申し込みには、一般的に以下の書類を添付します。創業計画書、法人の場合は登記簿謄本もしくは履歴事項全部証明書、設備資金の融資が必要な場合は見積書、担保を必要とする場合は不動産の登記簿謄本もしくは登記事項証明書。運営する事業が生活衛生に関する分野の方は、生活衛生同業組合による「振興事業に係る資金証明書」、もしくは都道府県知事による「推薦書」です。

ご不明な点があれば、日本政策金融公庫のホームページへインターネットから問い合わせたり、支店に出向いたり、お電話で相談することができます。お電話での問い合わせは、通話料無料の専門相談ダイヤルがあります。インターネットは営業時間や曜日を気にせずにすむのでいいのですが、回答が返ってくるまで基本的に10営業日以内かかるとのことですので、お急ぎのときは他の2つの手段の方が確実です。

日本政策金融公庫を選ぶ利点


個人事業主などの方に積極的に融資を行っている日本政策金融公庫は、他の金融機関などよりも選んだ方がお得なメリットがいろいろあります。個人事業主や法人が運営資金などを借入れするならある程度長期的に利用するケースが多いでしょうが、日本政策金融公庫は金利が銀行よりも低いので節約に役立ちます。

銀行は一般的に低金利のイメージがありますが、10%以上になるところばかりです。消費者金融ともなると、例えば100万円の融資を受けた場合18.0%などかかってしまいます。日本政策金融公庫は同じ100万円を借り入れたとしても、年率2.0%しかかかりません。これから長く事業を運営していく中で、この利息で大きな差がついていくことでしょう。

銀行などの金融機関は審査が厳しく、中小企業や個人事業主はもちろんのこと、まだ実績がないベンチャーなどはなかなか審査に通らなかったり、希望額より少額になりがちです。しかし、日本政策金融公庫は審査に通過する確率が高いので、銀行などで断られてあきらめていた方も申し込みをしてみる価値があるでしょう。

日本政策金融公庫は事業資金の融資を個人事業主などに積極的に行っているだけではなく、コンサルティングのサービスの提供も行っています。これからどのようにしていけばますます発展していけるか、理想に近い事業規模まで成長できるかなど、相談すれば的確なアドバイスがもらえます。

経営のアドバイスをもらってしまうとその費用がかかってしまうのではと心配になるかもしれませんが、無料で行われていますから安心してください。お近くの日本政策金融公庫へ相談すれば、中小企業診断士や税理士が専属でいますので、親身になって対応してくれるでしょう。

日本政策金融公庫で借り入れをした実績ができると、これまで申し込みをして落とされてしまった銀行など民間金融機関でも審査に通過する可能性がアップします。日本政策金融公庫で融資を受けたいけれど返済できるか不安だという場合、率直に相談をしてコンサルティングのアドバイスを受けてもいいですが、いざとなったら返済金額を減額してもらえるということも知っておくと心強いかもしれません。

なんだか甘えるようで心苦しいかもしれませんが、減額をしてもらってからまた状況が改善してきたら元通りにしてもらえばいいのではないでしょうか。