ファクタリング 個人事業主 早い

個人事業主のファクタリング 手数料が低く早い対応が嬉しい

最近は個人事業主の資金調達方法も多様化しています。
一口に個人事業主と言っても、その幅も規模も多彩です。マンションの一室を事務所としている、自宅での事業展開の規模から、従業員を雇った形で小規模の経営を行っている場合もあります。

個人事業主の事業資金

資金調達では、銀行融資や各種ローンもありますが、個人事業主の現状は厳しいです。
事業計画書や赤字決算などでは審査に通らない。
ビジネスローンは金利が高いなどの悩みは尽きないです。

そこで、ファクタリングです。
ファクタリングはもともと大きな売掛債権を現金化してキャッシュフローを獲得する方法です。
小規模な売掛債権は相手にされないことが多いですが、最近では個人事業主OKの会社もあります。
中小企業の多くも銀行融資に頼らず、ファクタリングで資金調達をするところも増えています。
ファクタリング会社としては、こうした大企業以外の客のニーズの対応するために、柔軟な資金提供を始めています。

手数料の存在

ファクタリングの融資審査は、売掛先企業、取扱先の信用です。
回収リスクが低い方が、売掛債権の買取額が高くなります。買取額が低い+手数料が高いことで、ファクタリングの内容も変わってきます。大きな売掛債権が良いと言うのは、この手数料との深く関係しています。

小さな売掛債権では、一定の手数料だけでも高上がりになる。
経営者の実入りが少なくなってしまうことでいうと、キャッシュフローのためとは言え、利益が減少してしまう場合も多いです。ファクタリング会社でも、手間ばかりで利益が少ないファクタリングに関しては、最初から取り扱わない。

しかし、あえて個人事業主にターゲットをおくファクタリング会社の存在の出現により小さな売掛債権からでも、キャッシュフローの可能性と小回りの良さをポイントにしています。今まで難しかった個人事業主のファクタリングの可能性が大きく展開しているようです。

資金調達手段としてのファクタリングでは手数料が少なく高い買取率、そして迅速対応が求められています。個人事業主が負債を抱えての資金調達ではなく、売掛債権のキャッシュフローの形で円滑経営のバックアップができる時代になりました。

全国対応、来店不要

個人事業主対応のファクタリングでは売掛債権が少ないこともあり、インターネットでの対応もできます。地元ではなく、全国対応であれば来店をすることなく、キャッシュフローも即日融資も可能ということです。実際の業者の選択では数も少ないですが、個人事業主にとってのファクタリングの可能性は、これからの経営が変わることも予想されます。

三共サービスのファクタリング 個人事業主でも早い対応

東京都文京区の三共サービスでは、個人事業主を対象にしたファクタリングが行われています。
早い資金調達ができると評判ですが、ここの売りはコスパの良さです。

手数料が低い

ファクタリングの手数料は、金利ではないです。
ですから、業者が儲けたいのなら、ここの数字を上げることが多いです。
三共サービスでは、あえて手数料が低いファクタリングを提供しています。
1.5%~という書き方ですが、もちろんすべてがこの数字ではないです。

しかし、他社の手数料よりはずっと低い契約の口コミが多いです。
そして、何よりも個人事業主に特化した契約があり、即日融資もありです。
売掛債権の買取率が90%以上になるケースが多い優良業者です。

融資審査について

ファクタリングでは、取引先企業のリサーチが審査では重要です。
買取率にも関係しますが、三共サービスでは、取引内容を確認した上で回収見込みがある場合のみの契約です。ノンリコースですから、取引先倒産によるリスクヘッジにも繋がります。

実は、この信用情報に付いては取引先の会社内容の確認もできます。
優れたリサーチによって、買取率の数字から、今後の取引内容の検討材料ともなります。

三共サービスでは、単にファクタリングだけではなく、的確な業務プランの提供も行っています。
個人事業主ならではのきめ細かなアドバイスにも定評があります。

調達額が少ない

銀行融資にしても個人事業主では、融資額が少なくとも審査に時間がかかり、厳しい内容です。
三共サービスでは、銀行融資NGであっても、審査対象は売掛債権であり、取引先企業の情報です。
そして、売掛先1社3,000万円までと中小企業に嬉しい数字になっています。
契約に至るまで、負債を抱える事ができない経営者の悩みに対して、ビジネスローンなどのマイナスの資金調達ではない方法を選択することができます。

100%の売掛債権ではないのは確かですが、きちんとキャッシュフローの可能性が出てきます。
90%前後の高い買取率ですが、それは自身ではなく取引先企業の問題も絡んでいます。

それにしても、個人事業主対応の点では、最初からの少額ファクタリングができます。
融資額が少ないにしても、一応どんな内容なのかも相談ができます。
マネジメント業務もあり、経営内容も話しができるでしょう。
融資とは言っても、借りることではないので赤字決算でも大丈夫です。

来店での審査が早いですが、郵送や電話、FAXでの対応もしています。
まずはインターネットでは24時間対応していますので、ファクタリングについて、個人事業主でも相談ができます。個人事業主だからできるといったほうが良いでしょう。

ウィットは個人事業主には早いファクタリングのサービスがある

設立2016年のウィットは、東京のファクタリング会社です。
そのメリットは個人事業主に嬉しい小口売掛債権を対象とした内容です。
中小企業、個人事業主が行うファクタリングのサービスを提供しています。

銀行融資ができない

中小企業も個人事業主も資金調達では銀行融資がベストです。
金利の低さもありますが、安心感は大きいです。
しかし、審査に通ることも心配ですが、資金ショートに対応しない審査時間の長さがあります。

ファクタリングでは、審査時間も早いです。
ウィットではスピード審査だけではなく資金調達が早い、500万円以下の買取にも対応の小口ファクタリングは期待ができます。

手数料も低い

個人事業主を対象にしたファクタリングでは、手数料が大きなウェイトを占めます。
少しでも少ないほうが良いのは当然ですが、ウィットでは低いほうです。
破格の低さとか、どんな売掛債権で必ず90%以上の買取というオーバーな宣伝もないです。

個人事業主の場合は、多少デフォルメされたファクタリングの内容には気をつけましょう。
ウィットでは、個人事業主などの小口売掛債権の現金化できる業者であり、手数料などは良心的に数字であるということです。

小口の売掛債権が専門

ここがウィットのメリットです。最短2時間の入金の口コミもあります。
業者としては考えられないスピードですが、必要書類はーがあってのことです。
審査は、取引先企業の内容ですが、申込者としての提出書類も必要です。
過去の決算書は2~3期分は必要です。
開業間もない場合でも対応していますから、あるだけの決算書を用意してください。

資金繰り表と銀行口座もあると良いでしょう。
場合によってですが、提出しなければならないことがあります。
売掛金証明書類は当然の書類です。
売掛債権の存在であり、2社間ファクタリングでは必需品です。

ここから取引先企業の審査に入ります。
赤字決算については、ファクタリングの審査では大した深い関係はないです。
返って、赤字決算だから行うファクタリングですから、決算書などは正直に提出しても良いです。
銀行融資、ビジネスローンとの大きな違いです。

利用可能額は?

500万円以下でも対応というのは、500万円以上でもOKということです。
ウィットでは、今まであまり相手にされない個人事業主にターゲットを絞っているのではなく、相手に合わせた臨機応変なファクタリングを展開しています。今の時点で個人事業主や中小企業に強いという表現が良いでしょう。

国内でもこうした個人事業主を対象にしたファクタリングはまだ少ないですから、貴重な存在です。

業界最安値のファクタリング?入金まで早い

ファクタリング東京の最小取扱金額は10万円です。
中小企業だけではなく、小規模法人や個人事業主に嬉しい対応でしょう。

個人事業主のファクタリング

個人事業主に提供ができるファクタリング会社では、500万円以下、300万円以下でも対応しますとの表現が多いです。下限の金額表示がないです。しかし、ファクタリング東京では反対に10万円からという表現には、個人事業主にとっても申込がしやすいでしょう。

現在、年間取扱数が1000件を超える勢いです。
最短即日買取のファクタリング東京では、個人事業主だけではなく他社NGの会社も審査通過の口コミが多いです。

なぜそんな事ができるのか?

例えば10万円の売掛債権だとすると、本当にキャッシュフローが必要な場合は、数万円でも助かります。
キャッシングではないのですが、10万円が6万円でも今すぐ現金化が必要なときです。
契約者はそれで良いのですが、ファクタリング東京としての儲けは薄いです。
融資審査の内容で、手数料が高いのであれば、口コミで叩かれます。

ところが良い口コミしかないということは、手数料も良心的です。しかし、儲けは薄い。
ですから、ファクタリング会社ではそんな小さな売掛債権は相手にしないです。

とにかく問い合わせを

個人事業主のファクタリングではお手本のような会社です。
経営者としては資金調達をしなければならないけれど、時間との戦いのときがあります。
数万円単位のお金が動く業務では、10万円の売掛債権も宝です。それが今すぐ現金になることができる。大きなファクタリングでは考えられないことですが、ファクタリング東京なら相談に乗ってくれることでしょう。

来店だけではなく、インターネット申込対応、スピード感のあるキャッシュフローができます。
ただし、ビジネスローンとの比較なども考えてみてください。
というのは、いくら手数料が低いといっても、それなりの金額になります。
売掛債権が少ない分、ローンの金利の方が低いことも考えられます。

個人事業主だからこその悩みですが、将来の売掛債権の具合やこれからの仕事内容では、すぐに返済ができると考えられる負債では、そちらの方が良い場合もあります。
銀行融資は審査に時間がかかりますが、ノンバンク系では即日融資です。

ファクタリング東京の内容次第ですが、一応は天秤にかけて、売掛債権も2社間ファクタリングになれば、それなりの手数料がかかることは確認しておいてください。3社間ファクタリングができるのなら話しは別であり、手数料はぐっと低くなり、ファクタリング東京での利用がオススメです。

個人事業主のファクタリングは最近のトレンド?

最近では、ファクタリングの対象者も中小企業、個人事業主になる場合があります。
しかし、以前は個人事業主はファクタリングは利用できないとされてきました。
それには理由があります。

売掛債権の問題

資金調達をするのに使用する売掛債権ですが、その額が大きくなければファクタリング会社の儲けがないです。売掛先も個人事業主の場合があり、十分な信用情報もできない。債権の信頼性が低いことなどで、個人事業主は敬遠されがちです。

ファクタリングの審査に落ちるのは、取引先企業の内情もあり、個人事業主はなかなか利用ができないのが現状です。今でもまだ一般的ではないでしょう。

個人事業主の信用度の問題

会社としての経理体制もままならない。
税理士などもつかない個人事業主です、売掛債権の存在すら怪しい場合があります。
決算そのものにも問題があったり、そもそも事業の確率からしなければならないときもあります。
確かに、あまり良くわかっていない個人事業主も多く、資金調達手段としてファクタリングが良いと思って申込したいです。そのような個人事業主も存在していると言います。

そんな時代は終わりました

個人事業主対応のファクタリング会社では、主に売掛債権の内容から判断することは多いです。
500万円以下なら対応とか、◯十万円からという内容です。

また、手数料のやすさも強調していますが、それだけのサービスではイマイチ不安です。
業務改善、アドバイスのサービスのあるファクタリング会社も少なくないです。
これは、ファクタリングそのものが、深く取引業務に関係することから、適切なアドバイスや相談にも対応できます。そこで、今のままの業務では同じことの繰り返し。
改善できる点などができることをメリットとしてファクタリングも少なくないです。

あえて個人事業主対応で手数料も限定的で儲けも少ないですが、そこでは顧客獲得で儲けを出している場合もあります。銀行融資やビジネスローンに頼らない、負債にならないファクタリングでは、継続的な対応でキャッシュフローを回して経営が安定しているケースも少なくないです。

全国的にも個人事業主のファクタリングは増加している

以前は手をつかない中小企業、個人事業主でもファクタリングによる資金調達手段が注目されています。
一番は負債ではないことであり、業者も増加しています。闇金まがいの業者の登場もありますが、老舗、口コミ評判などを確認した上で、相談だけでもしてみてください。

手数料がとても低い場合、それは最低ラインです。
一応の確認ですが、売掛債権の額面どおりのキャッシュフローではなく、手数料と言うなのビジネスローンで言えば金利がかかる状態の現金化です。少ない売掛債権でも確実にキャッシュフローができることが多いです。