法人カード 個人事業主

個人事業主はプライベートとは別に法人カードを持つべき 

個人事業主は確定申告の提出でなることができますが、税務署に開業届けを出すことで、個人事業主としての株が上ります。

それだけではなく、社会的ステイタスも確立され、法人カードも作りやすくなります。
青色申告としての届け出等でも行う事ができますので、個人事業主に本気でなろうという方は、開業届の提出はオススメです。

そして、法人カード

個人事業主ですが、ビジネス用のクレジットカードとして法人カードの申込ができます。
これは、個人カードとは違い、事業のために使えるものであり、会計処理の1つとしても便利です。
できれば、ここで事業用の銀行口座も用意することで、より明確にプライベートと事業の資金わけができます。

カード会社では、個人事業主向けとして対応しています。個人名だけではなく、屋号での申込も可能です。個人事業主こそ、ここで法人カードの所有で、プライベート用と使い分けをすることをオススメします。

ビジネス用の1枚

個人事業と言っても、事業に係る経費は意外に多いです。
それをキャッシュ・フロー計算書にするのではなく、法人カードで統一することもオススメです。
法人カードでは年会費が係るものが多いですが、これは経費になります。ですから、アメリカンエキスプレスカードの高い年会費だとしても、経費になり、高いステイタスを保持することができます。

ポイントやマイル、空港ラウンジの利用等もあり、付帯サービスで、個人事業主としての格も上げる事ができます。法人カードの所有では起業の取引や接待などにも有効活用ができます。
あらゆるビジネスシーンに活躍が期待ができ、引落口座の固定で、決算も楽に対応ができます。
プライベート用とわかることで、経費計算の手間も省けます。

カード決済でキャッシュ・フローの計算も楽に

売掛債権などがある場合の支払いなども計算しやすいです。
ビジネス向けの法人カードがあることで、決算もとても楽になります。
限度額が大きいことで、予定も立てやすい等のメリットがあります。
個人事業主だからこそ、ビジネスにはこの1枚で完結という内容が期待できます。

開業届直後では審査に通らない法人カードもあります。
どんな法人カードにするか審査も関係しますが、現在はクレジットカード会社、消費者金融系、外資系等で発行しています。オススメとしては、比較的審査が甘いアメックス関係の法人カードです。

セゾンプラチナ等も審査は甘めで寿司、優待サービスが違います。
財布から覗くアメックスの法人カードであれば、自身の自信もつながることでしょう。

経営者としての法人カードの選び方と使い方

法人カードの優待サービスはそれぞれです。選択肢はいろいろです。

どんなサービスがある?

ビジネスの活躍の場が、出張などで飛行機使用、高速道路使用などでも確認してみてください。
飛行機なら、マイルや空港ラウンジの利用です。そして、高速道路ならETCカードの付帯です。
追加カードの数等もありますが、様々なサービスによって、必要な法人カードの選択ができます。

MasterとVISAの違いもあり、それぞれが持ちたい法人カードの選択ができます。
カードランクに関しては、年収等が関係しますが、自身の経営状況に応じて確認をしましょう。
プラチナカードをいきなり持つというのもありですが、審査は当然難しい場合もあります。

年会費について

法人カードの年会費は経費になりますが、それぞれです。れ初年度したいてい無料ですが、2年目からはかかってきます。この年会費の割に良いサービス等がある場合もありますが、アメックスなどは、優待サービスが良い分年会費はすべて高めです。

無料であれば、付帯サービスもあまりないのですが、それでも限度額は100万円以上の場合が多いです。
出張もなく、コストダウンを狙い、ステイタスも求めないのなら、年会費の安いか無料のものを狙うこともありです。

ポイントについて

ポイント還元なども大きな選択の一つです。
ポイント率が高いことで、法人カードでは使うお金が高いことで、ボーナス的な存在になることもあります。優待サービスが良くて、ポイント率も高い。年会費はそれなりですが、経費で落とせることを考えると、法人カードはやはりお得です。

公私混同はしない

個人事業主が持つ法人カードでは、プライベートにも使用ができます。
ただし、法人カードとして使用するのなら、プライベートに使用しない方が、後に楽です。
経費等で現金払いにしていたものをすべて法人カードにする。
引落口座からの支払いでは1、2ヶ月の猶予ができ、キャッシュ・フローの健全化が期待できます。

個人事業主にとっては、この点がとても有利なことであり、ビジネス用としての価値が上ります。
口座の名義は代表者にせず、屋号にしてしまうことで、完全にビジネスのためのカードとして使用されることをオススメします。日常の中で、これはビジネス、これはプライベートと公私を分けることで、経営にも区切りがつきます。

後に従業員を雇う立場になったとしても、この仕訳などはきっと役立ちます。
いつかは法人に、そんな夢を作るのも法人カードの利用法にもあることでしょう。

個人事業主の審査 仕事は順調でも…

個人事業主が持てる法人カードですが、審査は難しいとされています。
それは、事業内容の把握が明確ではないこと等が理由です。

だから開業届がポイント

確定申告で自身が稼いだ所得の証明。
それだけで個人事業主ですが、開業届を出すことでその地位を明確にすることができます。
たとえ、収入が低いとしても、自身で事業を行なっている証明はあったほうが審査に通りやすいです。
個人事業主で法人カードを作りたい方は、この開業届は必要だと言えるでしょう。

固定電話の有無

現在、個人事業主でも携帯電話があれば、仕事がうまく行くことはあります。
自宅での開業で、固定電話がない家庭も少なくないですが、個人事業主としての証明では固定電話がまだ力を発揮します。

会社などでは、固定電話がないことで証明されないのですが、個人事業主もそのとおりです。
IP電話などでも良いので、携帯電話とは別に固定電話の設置をすることをオススメします。

実際の営業は、固定電話やスカイプで行なっていたとしても、それは関係ないです。
連絡先として、固定電話の番号があるだけでも信用が違います。

設立間もない場合

審査が甘いとされる法人カードの申込が妥当です。
普通の法人カードでは設立3年、黒字2年神話が根強いです。
法人カードとして、貸し倒れの防止、回収リスクが低いとされるのは、設立すぐの個人事業主には厳しい審査が待っています。それでもアメックスなどでは、審査通過の口コミもあります。

代表者の信用情報

さて、法人カードにしても申込人の信用情報が最重要の審査になります。
いくら黒字の決算だとしても、個人としての信用情報を確認されて、ブラックリストでは審査通過はないです。

ここは法人カードでも個人の審査と全く同じです。延滞や遅滞している、債務整理後ですぐ。
すでに多重債務者である等の信用情報では、どんなに良い事業だとしても審査は難しいです。
ただし、どうしようもなく困難ではなく、少なくても延滞がないことは絶対です。

そして、プライベートとしてのキャッシングなどは、返済をしてからの申込が妥当です。
これは、法人カードとして借りたいと言っても、個人事業主そのものの返済能力が著しく低下している状態では、どうしても審査は通らないです。

設立して間もない、固定電話の有無ではなく、あなたの信用情報が肝心というのは、審査の原因になります。代表者たるもの、経営者たるものがブラックリストでは審査には通らないでしょう。

個人事業主が法人カードを持ってからのメリットも大きい

個人事業主が法人カードの持つメリットとして、ビジネス用の引落口座と屋号等が入ったカードの存在です。法人ではないのですが、全ての経費をこの法人カードで行なっているという証明になります。
帳簿につけることなく、こちらの出費がすべて経費と証明することができます。

まさに法人対応

個人事業主では、個人カードで経費を出すのは問題がないです。
ただしプライベートの買い物と経費の支出がごっちゃになる場合もあります。
そうではなく、法人カードでの支出を決めることで、プライベートには使わない。
プライベートカードからの借入しないことで、明細がはっきりとします。

要は、全ての経費を1枚のカードで統一するのです。
会社のお金を使うという感覚が、実は経理の手間も省けることになります。
何かの申請保をする場合でもわかりやすい対応ができるビジネスシーンも多いです。

出張等も

ビジネスとしての出張では、全ての経費を法人カードで行うことで、後にかかった経費もわかりやすいです。キャッシュフローの部分でプライベートに使う。

しかし、ビジネスでは全て法人カードを利用することで、財布が一緒になることはないです。
優待サービスを使うのもこうしたビジネスのためであれば、得な内容です。
ポイント還元率が高ければ、それはプライベートに使ったり、経費に還元というのも自由です。

とにかく、ビジネスとプライベートの区分けができる個人事業主こそ、成功する鍵の1つです。
これが、個人カードであれば、信用の面でも多少差が出ます。

ステイタスとしての法人カード

見栄ではないのですが、個人事業主として法人カードが持てるのも一つのステイタスです。
会社員では絶対に手にすることができないカードであり、自身の自信の後押しにもなります。
総量規制等も対象外で使用ができますので、経費のためにうまく使用ができます。

光熱費などや家賃などでも最近ではカードでの引落が有効です。
ポイント率も高くなれば、かなりお得な内容になることでしょう。
飛行機での出張があれば、マイルなども貯めることができます。

ビジネスシーンで活躍

個人事業主としての法人カードの使い勝手はとても良いです。
個人事業主なのに法人カードが持てるのは、現在では各カード会社でも推奨しています。
法人代表者とは別の個人事業主用もありますが、同格での法人カードなども存在しています。

選択では優待サービスなどの確認ですが、審査に関しては、自身の信用情報で金融事故をなくしておくことが肝心です。事業では、赤字でも大丈夫な甘い審査もありますが、個人事業主自身の信用情報の金融事故に関しては、甘い審査も通用しないです。

個人事業主にオススメの法人カード4種

個人事業主が持てる法人カードでも人気が高いものを集めてみました。

オリコ EX Gold for Biz

年会費が安い法人カードとしてオリコ EX Gold for Bizがあります。
年会費は2,000円(初年度無料)です。このカードはゴールドカードという位置づけで、ステータスは高いです。実際、オリコ EX Gold for Bizでは限度額が最大300万円と大きいです。

注意点として、このカードでは法人では「オリコ EX Gold for Biz M(エム)」であるものの、個人事業主では「オリコ EX Gold for Biz S(エス)」になります。
MとSの違いがあります。

海外でも活用できるVISAやMaster Cardから選べます。
個人事業主用では従業員用に追加カードを発行できません。
審査は比較的甘いとされている理由として、収入が安定していることがポイントのようです。

三井住友ビジネスカード for Owners

三井住友ビジネスカード for Ownersの年会費は1,250円(初年度無料)と安いです。
個人事業主が最初に持つ法人カードとしてはハードルが非常に低いです。

審査では、設立一年未満の法人であっても申し込め、ビジネス開始してすぐの代表者であっても同様です。審査基準は低いと言われていますので、個人事業主ならビジネス用として是非検討してみてください。

P-one Business MasterCard

年会費を払いたくない、そんな方にオススメです。
ビジネスを始めて間もない、年会費を節約したい方にオススメな法人カードです。
実質的に年会費は無料です。
初年度無料ですが、1年に一回でもカード利用があれば次年度も年会費無料になります。
従業員用の追加カードも永年無料です。

赤字決算の会社でも申請可能の口コミもあり、オリコ EX Gold for Bizよりも審査は甘いと評判です。
ポイント還元率は0.6~0.8%と高いです。他社法人カードの審査に落ちた方にオススメです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメックスの法人カードとして、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、最適で最強です。

実は個人カードでは非常に審査が厳しいですが、法人カードではまったく様子が異なります。
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは最も審査の甘い法人カードの一つとして知られています。年会費は31,000円と高めで、アメックスのゴールドカードなので保険付帯や空港ラウンジなど優待サービスはとても良いです。

利用限度額は個別設定です。
信用情報でイマイチなら低いとの口コミがありますが、順調に上がること証明もされています。
上限が決まっているわけではありませんという点ではすごいことです。個人事業主も、ハイクラスのクレジットカードを持ちたい場合はアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードがオススメです。