個人事業主 消費者金融

個人事業主の属性が低すぎ?銀行の手口はエグくない?

個人事業主が消費者金融カードローンで借り入れしたい場合、心得ておくことがあります。
個人事業主というと、自分で事業を起こしている自負は良いのですが、金融業者の属性は低いです。
住宅ローンでは個人事業主では契約ができないこともあります。

どうして属性が低い?

会社員などは、給与があります。
会社と言う大きな傘の下で働くことで、自身が退職しない限りは安定収入があります。
金融業者では、この安定収入がないことには、信用が低いです。
契約の条件として、20歳以上で安定収入とあります。

個人事業主では、高い収入だとしても、安定収入には属さないです。
ですから、個人事業主はアルバイトやパートと同じ属性になるので、扱いが雑です。

ローンカードは持てるけれど

信用情報での金融事故がないのなら、初回の限度額が少ない審査通過になります。
収入証明書として確定申告書が必要です。会社員はない書類ですが、個人事業主ではこの確定申告書がなくてはならないです。

銀行カードローンはもっと厳しい

個人のカードローンでは絶対に事業用資金として使用することは禁じられています。
銀行カードローンでは、個人事業主の場合、それができないと審査落ちしてしまう場合があります。
ですから、最初から大手消費者金融プロミスやアコム等の申込が審査通過の可能性が高いです。
最悪の属性になっていると言えます。

審査が厳しい理由として、銀行カードローンでは安定収入だけではなく、高い収入にもこだわります。
したがって、公務員や上場企業に勤務している方にはとても有利だと言います。
パートやアルバイトでも審査に通るのですが、銀行カードローンでは、審査の差がエグいです。

住宅ローンがある方が、その銀行のカードローン利用では、特別金利になることもあります。
それはないよ、個人事業主は住宅ローンも契約できないというのに。

回収リスクが高い個人事業主

これは仕方のないことでしょう。
順調に経営している個人事業主でも、足元を救われたのなら、大企業にはかなわないことです。
ただし、大金があり、銀行に多くの定期がある場合、その銀行カードローンの申込をしたのなら、即審査通過です。所詮はそんなことであり、我が銀行のお得意さんであれば、個人事業主でも事情が変わるということです。

その点、ネット銀行などでは、書類が揃っていて、金融事故がないと審査に通りやすいと言います。
貯金があったり、取引回数が多いほど審査には有利ですが。ネット銀行よ、お前もか?という対応です。

大手消費者金融では、このような利害関係はないですから、収入と金融事故の有無での審査で、属性は低い内容です。しかし、1年程度きちんと返済をしていると、増額のチャンスはあります。

個人事業主の消費者金融の借り入れは初回だけがしょぼい? 

安定収入ではない個人事業主ですが、収入証明書として確定申告書を提出。
消費者金融では、その初回は限度額が低いですが、1年間真面目に返済をしていくことで、増額は簡単です。ポイントとしては、年収が上がっているとか、他社の借り入れをしていないことです。

アコムでは500万円の年収の個人事業主の方が、初年度は30万円でしたが、翌年には100万円になったと言います。信用度のアップですが、多重債務者もなく、アコムだけで借りては返すを繰り返したといいます。

属性が低い個人事業主ですが、きちんと利用ができるのなら審査内容も変わるということです。
どうしても不安定な収入と言われますが、こんな朗報もあります。

不意打ちの確定申告書の提出

これは個人事業主だけではなく、全ての消費者金融契約者に関係します。
突然大手消費者金融では、収入証明書の提出をしてほしいと書類がきます。
メールの場合もありますが、これはコンピュータでも無作為の確認です。
この時に収入が上がれば、借り入れ予定額が増加しますし、反対に低ければ下がります。

信用情報は定期的にチェックしていますが、借入時に無職というのは最悪です。
収入証明書を提出しない方もいますが、だせないしと言う場合もあります。
ただし、出さない時には、借り入れがある時には完済してしまうことです。

個人事業主では、確定申告書の収入が低いことでやばい場合もあります。
返済ができるだけしておいて、あとは素直に従うことです。
会社員と違い、ここで審査落ちだったり、契約ができないと次がないです。
強制解約などは大きな金融事故になってしまうので、回避したい事実です。

消費者金融では何かと不便な個人事業主

それは会社員等と比較してのことですが、安定しない収入の点ではどうしてもデメリットです。
しかし、それは初回だけです。個人事業主でも収入が少ない方は、それなりの限度額になってしまうので、そこも仕方のないことです。

在宅ワークの主婦の場合

在宅ワークで100万円程度の主婦では、銀行カードローンでの専業主婦での申込がオススメです。
金融機関によって50万円程度の限度額もあります。100万円の大手消費者金融なら33万円の限度額です。
仕事はしていますが、専業主婦での借り入れができるので、確定申告書等はなしでのキャッシングがオススメです。主婦ですから、専業主婦枠だとしても違反行為ではないです。

在宅ワークでは、確定申告書があれば個人事業主になりますが、カードローンでは専業主婦も作れます。
ただし、大手消費者金融では専業主婦のキャッシングは全面的に禁止です。
在宅ワークでの100万円の年収で申込しかないです。

ビジネスローンの存在で個人事業主の消費者金融での地位が上がる

個人カードローンでは何かと分が悪い個人事業主ですが、本領発揮の時があります。
それが、ビジネスローンの申込ができることです。実は、ビジネスローンはプライベートに利用ができ、収入に応じた限度額も総量規制以上の借り入れができます。

目的は事業資金

ビジネスローンですから、事業資金としての借り入れのためのローンカードになります。
事業をしていることを証明する書類が必要ですが、わざわざ個人のカードローンではなく、最初からビジネスローンの申込をするのです。うまく行けば、多くの限度額のカードローンを入手できます。

この手は会社員などには絶対に不可能なことです。属性が低い個人事業主なんて言わせないです。

ビジネスローンを成功させるために

個人事業主として会社名を持つことです。
開業届を出すこと、屋号を持つことで、専用の銀行口座を開設します。
しかし、ビジネスローンの使いみちとしては、私用での使用ができますので、借入も自由です。
その前後でのカードローン申込はしないことです。

1枚のビジネスローンだけで大手消費者金融とのおつきあいです。この会社名があるだけでもそれらしい内容です。運転資金として借入たいことですが、本当は金利がカードローン並に高いので、事業資金には不向きです。カードローンとして利用することをオススメします。

大手消費者金融ではビジネスローンもある

大手消費者金融だけではなく、系列会社でのビジネスローンがオススメです。人気はビジネクストであり、口座は増加傾向にあります。ローンカードタイプでATMでの利用ができます。

ビジネスローンの場合、ある程度経営をしていることが必要です。自身が個人事業主として続けていた場合が合算ができますから、3年程度経っていたら、カードローンではなくビジネスローンの申込を敢行してみてください。

属性が低いカードローンで、限度額が低い内容ではなく、ビジネスローンの利用で余裕のキャッシングをしてください。本気の事業資金の借入もできますから、経費としても利用ができます。

審査基準では、決算書と本人の信用情報で金融事故がないことです。
多重債務はしていない方が良いので、この部分は気をつけてください。
キャッシングの決定版として、個人事業主ならではの消費者金融の借り方です。

ある個人事業主は、この方法を見つけて、なんとなく勝ったと思ったと言います。
個人事業主として懸命に働いているのに、評価が低いのは不本意だと言います。
会社だって倒産するじゃないかと声を大にして言いたいと言うのは、個人事業主の叫びです。

個人事業主が気をつけたいキャッシングとは?

消費者金融でのキャッシングは、借りる方によっても審査も借り方も違います。
給与があり、雇用されている方では収入証明書の年収3分の一の総量規制範囲内での借入が限度です。
ただし、特殊なのが個人事業主です。

法人なら話しは別

法人代表者では、個人カードローンの申込はできないです。
事業者ローンカード等になりますが、個人事業主では違います。
カードローンの申込、ビジネスローンの申込がどちらも可能になります。

ビジネスローンのメリットとして限度額が総量規制以上になる、事業資金としても借入ができることです。わざわざビジネスローンにする必要性は、個人事業主だからこそあります。

個人事業主だから?

ある大手消費者金融では、個人事業主というだけで、借入限度額が極端に低いとの口コミがありました。
確定申告書、収入証明書は提出したものの、個人カードローンでの評価が低いということです。
おまけに借りれるだけいいじゃないか?という対抗態度に対して、とても嫌な思いをしたと言います。

しかし、ビジネスローンになると、対応は一変した。
ビジネスローンとして事業内容の説明等で、思った通りの借入ができたと言います。
最初から、カードローンの申込はしない方が良いとの結論です。

個人事業主の肩書?

これは屋号があることで、その立場が大きく変わります。開業届を出して、◯◯という屋号を持ち、代表として自分がいます。ペンネームよりも屋号が効果的です。口座も開設したりなら、それっぽい内容です。

個人事業主としてのビジネスローンの審査通過は屋号があり、立ち位置がはっきりしている方が良いでしょう。個人事のカードローンにしても同様です。

屋号の付け方

個人事業主になったのなら、税務署で開業届を出します。
青色申告になることで、毎日帳簿を付けて、収支決算書の提出が絶対になります。
それなりに大変ですが、ソフトなどで簡単に入力できるものもあります。
申告も楽ですし、節税対策もできます。

気をつけたい年収の決め方

キャッシングでは気をつけたい節税ですが、あまり低く申告をしてしまうと、限度額が下がることがあります。極端に低い数字では、税金は低いですが、キャッシングには不利になります。

ビジネスローンでは総量規制以上の借入になりますが、あまりに儲けが少ない事業展開では、ビジネスローンの審査も不安になります。バランスの問題ですが、節税にしてもある程度の内容にしておくことです。利用限度額が多くなるとは言え、気をつけたい部分です。

個人事業主の厳しい審査はなぜ?

個人事業主の消費者金融の借入の審査ですが、申込情報、信用情報と在籍確認になります。
在籍確認については、勤務先に担当者が直接電話をする方法です。

個人事業主になくてはならないもの

それが固定電話です。電話はスマホがあるから十分です。
しかし、事業を行う上で固定電話の存在は不可欠です。

法人になると、固定電話がなくてはならないですが、個人事業主の信用にも必要です。
ですから、消費者金融の申込の時に、固定電話がないことを突かれる場合があります。
そして、審査落ちになる可能性が高いです。

固定電話はIP電話ですぐに付けられる

現在、携帯電話はあるけれど、固定電話がない場合でもすぐに付ける事ができます。
自宅で仕事をしている場合は、自宅の電話でOKです。ただし、今後連絡先として、この電話番号が使われることになりますから、家族に知られることになります。

カードローンの審査が不利な理由

確定申告書もあり収入証明書もある。収入があることは証明できますが、来年も予定がない。

本当のことをいうと、来月の保証もないのが個人事業主の収入です。
資金調達のビジネスローンだとしても、個人事業主に対してはなかなか厳しいです。
安定しない収入と言われてしまったのなら、仕方のないことですが、消費者金融での評価はあまり高くないです。

ビジネスローンであれば、消費者金融での事業資金、運転資金としての借入も可能です。
領収書があれば、経費として使用することもできます。
ローンカード型で使いやすいですが、事業用とプライベートでのつかいわけはきちんと行うことです。

本気の事業資金なら

消費者金融のビジネスローンは高い金利です。継続的に借入するのは不安です。
銀行融資も日本政策金融公庫等に当たってみて、それでダメならビジネスローンの利用です。
しかし、継続的に借りるのではなく、その時だけのつなぎ資金です。
個人カードローン同様の高い金利なので、銀行融資のような使い方は厳禁です。

消費者金融の審査

個人カードローンでは不安定な収入ですが、ビジネスローンなら対応は変わります。
しかし、申込者の信用情報で金融事故がないことが条件になります。

過去に債務整理をしていた、多重債務者である場合は、借入ができないです。
中小消費者金融の可能性もありますが、完済できる見込みがある場合のみ検討してみてください。
中小消費者金融のビジネスローンの存在もありますが、ブラックリストでも借りれる内容です。
まとめローンも含む相談ですが、きちんと返済計画が立てられない場合は審査に通らないのが現状です。