個人事業主即日融資 消費者金融

個人事業主も即日融資のカードローン 消費者金融でどう借りる?

カードローンの審査基準では、20歳以上で安定した収入がある方が対象です。
できれば、会社員の用に毎月給与をもらっている方が審査に通りやすいです。

個人事業主の場合は、そういった意味では審査は多少厳しいとされています。銀行カードローンでも同様です。
ですから、本来50万円以下では必要がない収入証明書の提出をしなくてはならない個人事業主もいます。

個人事業主=不安定な収入

これは一般論であり、全てがそうだとは言えないです。
しかし、会社があり、店舗があり、そこで雇用されている方は、毎月給与が定期的に支払われることになります。その保証が金融業者ではほしいわけで、個人事業主の場合は会社などに属していないことで一抹の不安があるのが正直な所です。それがカードローン審査に大きな影響を与えます。

決して契約できないわけではない

単に厳しいというだけで、それなりの収入があり、収入証明書は確定申告書ですが、そこで収入が分かれば審査は通ります。信用情報で金融事故もなく、クレジットカードの支払いも延滞も遅滞のないのなら、審査に支障がないでしょう。

申込の段階で、消費者金融カードローンでは安定した収入で返済ができる?と怪しむだけです。
個人事業主では一応そんな色眼鏡で探りが入ることを確認して申し込むことです。

50万円以下のキャッシングなのに、収入証明書の提出を言われた、確認電話が入ったなどの口コミもあります。金融業者、カードローン会社としての不安解消のための策であり、確認だけをしたいというものです。個人事業主でもカードローン利用をしている方も存在していますし、一度審査に通ればあとは問題ないです。

個人事業主ならではの自営者カードローン

自分で事業をしている方だけ限定のカードローンがあります。事業者のためのカードローンです。
大きな特徴は、個人事業主であることと収入証明書以外に事業している証明書の提出です。
消費者金融系では、事業用にも利用ができるカードローンですが、銀行では個人用として、事業資金に利用できないものです。

消費者金融系の事業者カードローンでは、これ1枚で個人のためのキャッシングができるので、小規模な事業の場合は何かと便利です。
大手消費者金融カードローン同様に即日融資もできるので、審査にも時間がかからないです。
個人事業主のキャッシングとして、審査はやってみないとわからないですが、不安定な収入だとしても信用情報で金融事故がない、今までもクレジットカードの契約ができたのなら、問題なく契約ができます。

一方で、事業資金にも使える事業者カードローンの契約もできるので、選択は自由です。
どちらも審査の基準は信用情報になりますが、事業者カードローンでは、あまりにも収益が少ない場合は、借りられない場合もあります。その時は、確定申告書の提出の個人カードローンが有利でしょう。

個人事業主なら消費者金融の事業者カードローンが良い?即日融資はできないかも?

個人事業主だけが手にできる事業者カードローンは総量規制対象外です。
これは、生活費だけではなく事業資金としても使用する事ができるからです。

事業者カードローンを個人カードローンとして使用

もちろんOKです。個人事業主の種類では、1人で在宅ワークなどで収益を上げている方もいます。
この場合、事業資金としては大したかからないものですが、普通の個人カードローンではなく事業者カードローンとしての申込ができます。

ある程度の事業資金の支出はあり、その上で収益がイマイチ上がらない。
機器を新しくしたい、事務所を借りたいなどの名目で、資金調達の手段として事業者カードローンの申込ができます。

実際には、そのような使途はなく、カードローンの利用だけをしたい。
その魅力が総量規制以上の借入ができることです。

今は、そんなに必要がないけれど、今後事業拡大をしたい時、もっと何かでお金が必要な時など、個人カードローンでは総量規制範囲内ですが、1枚あると助かる。
必要書類で審査に通ればですが、事業者カードローンのメリットを活かしたキャッシングができます。

収益が0円では話しにならない

事業性資金として0円では話しにならないですし、数十万円でも辛いところです。
個人事業主として、少なくとも生計ができる程度の収入証明書がほしいところです。
審査では、実際の必要なお金と収益のバランスを確認します。

個人のカードローンでは単に収入だけが問題になりますが、事業者カードローンでは、事業資金の必要性も確認をします。あまりにも少ない収益だと個人事業主として認められないのですが、カードローンの種類としては事業者カードローン利用ができます。

手続きが多少面倒

消費者金融系の事業者カードローンでは、即日融資ができない場合もあります。
審査の中で、必要書類の提出があるため、インターネット完結にならない場合があります。
最初から来店申込では、必要書類を持参することで、契約ができます。

それでも、総量規制以上の借入と個人カードローン以上の恩恵は大きいです。
個人事業主の個人カードローンの申込では、属性はアルバイト以下になってしまいます。
まだ、アルバイトの方が退職しない限り安定した収入があると認められるからです。

時間がかかる審査だとしても、個人事業主は事業者カードローンの申込が妥当だと考えられます。
もし、事業に使いたいと個人カードローンのキャッシングを充てたとしたら、違反になってしまいます。

風俗嬢だけど個人事業主になれる?消費者金融で即日融資するために

消費者金融カードローンを作りたい風俗嬢。
風俗嬢としての申込もできますが、確定申告をすることで個人事業主としての申込もできます。

案外と収入が多いですよね?

風俗嬢でも、収入が高い職種もあります。週に5日ほど出勤している方は、収入も高くなっています。
消費者金融の審査では、風俗嬢の仕事内容も理解していますが、確定申告書があれば、お金の管理ができていると判断され、審査も通りやすいです。

ソープ嬢の収入

風俗嬢の中でソープ嬢の収入は、店でも管理していない部分が多いです。
そこで、ソープ嬢です。◯万円の年収ですと口でいうよりは、確定申告の提出であれば、問題なく審査が通ると言います。

お客さんからのお金を毎日メモしておき、それを1年間の所得とします。
必要経費を差し引いて収入を出します。

納税義務も出るのですが、そこまですることで、風俗嬢としての社会的地位も保てます。
キャバ嬢などは、お店で源泉徴収している場合も多いです。
この場合は、それがそのまま収入になりますが、ソープ嬢はキャバ嬢の収入とは体系が違います。

最初の限度額は小さい

多額の収入でも風俗嬢そのものは限度額が小さいです。
これは、個人事業主としての申込でも、不安定な収入、風俗嬢の特徴からです。
しかし、キャッシング後完済をし続けていくと、信用ができ限度額は上ります。
確定申告書提出だと、限度額はある程度高いと言われています。

風俗嬢が個人事業主?

意外なようですが、こうでもしないと国民健康保険証もない方もいます。
真面目な店舗では、風俗嬢に確定申告を勧めているといいます。
会計士や税理士の紹介もしているところもあるくらいです。

アルバイト的に働いていたとしても収入申告は、納税義務者としては必要なことだからです。
風俗嬢で、そこまで行う方の社会的信用は高いと言えるでしょう。

個人事業主での申込

個人事業主で業種が接待業。風俗嬢はそれだけでOKです。
もちろん在籍確認もありますから、働く店に電話をしてもらって、在籍確認が取れれば審査は通ります。
普通にキャバ嬢でも風俗嬢でも良いのですが、個人事業主としての申込が、この場合利口でしょう。

消費者金融としても確定申告までしている風俗嬢とあれば、即日融資ができる可能性が高い審査になることでしょう。勤続年数は1年程度はほしいですが、せめて半年以上の継続は絶対です。
又、確定申告は2月ですから、これからという場合は、毎日の収入をきちんとメモっておくことが必要です。

個人事業主なら消費者金融ビジネス用カードローンがオススメ うまくいけば即日融資も可能

個人事業主が持つべきカードローンは、ビジネス用カードローンです。
ただし、事業性資金として使いたい方用のものであり、普通のキャッシングだけで良いのなら、消費者金融カードローンでも対応しています。

良く個人事業主ではカードローンの審査が通りにくいと言われています。
収入が安定しないからです。

ビジネス用カードローンなら

必要書類が、本人確認書類、収入証明書類、事業証明書類などです。
このうち、事業証明書類がない方もいます。
在宅ワークだったり、個人で仕事を請け負っていて、自分で事業をしていない場合です。

この場合は、ビジネス用カードローンの申込ができないです。
それでも、今の仕事に必要な資金がほしい、事業内容はこのような形と証明ができるのであれば、個人事業主としてのビジネス用カードローンの申込ができます。

個人事業主とは、雇用関係がなく自分で事業をしている方全般を指します。
書類作成ができれば、問題がないと言えるでしょう。

ビジネス用カードローンのメリット

生活のためだけではなく、事業性資金も使える点です。
カードローン利用では、事業には使ってはならないとされていますが、ビジネス用とつけば話しは違います。総量規制以上の借入もできますから、個人事業主ならぜひ検討してみてください。
それで審査落ちなら、個人用のカードローンで総量規制範囲内でのキャッシングになります。

いずれも信用情報が大きなカギ

個人用のカードローンにしてもビジネス用カードローンにしてもまずは信用情報です。
金融事故があれば、審査通過はできないでしょう。

ビジネス用カードローンに関しては、赤字決算などになっている場合、その数字が「巨大」であれば審査は難しいです。ある程度の赤字では審査も通るとされていますが、そのバランスは、審査次第です。少なくとも信用情報で金融事故がなく、多重債務者にもなっていないことも必要な条件です。

個人事業主の危ない立ち位置

不安定な収入であることが、個人用のカードローンの審査が難しいとされる原因です。
今年の収入は安定しているけれど、来年はどう?ビジネス用カードローンにしたら、それなりの収益があることで信用はするけれど…。と不安定な審査になりがちです。

それでも過去の信用情報で金融事故もなく、ブラックでもない申込については、審査はきちんと行なわれるので安心でしょう。提出書類はそれなりにありますが、個人事業主ならビジネス用カードローンの申込が妥当でしょう。銀行融資の審査落ちの方にもオススメです。

個人事業主でも消費者金融カードローンで即日融資ができる

個人事業主が運転資金調達のためにカードローン契約をしたい時には、消費者金融系ビジネス用カードローン、事業者カードローンに限定されます。

銀行ローンなどは、事業性資金に使うことは禁じられています。
あくまでも生活のための資金調達であり、銀行融資の形で審査を受けなければならないです。

ローンカードの種類

個人事業主が持てるローンカードは、個人用のカードローンと事業者カードローンです。
個人用は生活のためだけのものですが、事業者の方が事業性資金にも流用できるのでとても便利です。
審査では、事業証明書類などが必要ですが、大手消費者金融などは即日融資で借りれることもあります。

自営業などで、本当の生活のためだけの資金として、個人用カードローンの申込は、即日融資、インターネット完結でも申込ができます。この場合は、総量規制範囲内で年収3分の一が限度額。事業性資金には使えないことになります。ですから、何に使うためのカードローン契約なのかを確認した上で、ローンカードを選択することになります。

審査は厳しいと言うけれど

個人事業主の審査は、不安定な収入であることで所得証明書を求められることがあります。
又、固定電話がない個人事業主だけで、審査が通らない場合もあります。
携帯電話で仕事を受けている。その事情を汲み取ってくれない金融業者もあります。
そうしたことで、厳しい審査になるのですが、信用情報でブラックではない場合、限度額を下げたカードローン利用ができることがあります。

そこで完済していくことで信用が高まれば、問題ないことです。
毎月決まって仕事があり、収入が安定していることが金融業者にとっては必要な要件です。
個人事業主では、その証明が難しいことから、カードローン審査は微妙になります。

ビジネス用カードローンに挑戦

事業証明書類があるのなら、ビジネス用カードローンのほうが審査は通りやすいでしょう。
自身の事業内容を説明でき、事業性資金としてもキャッシングをしたいことが分かれば、こちらは総量規制以上の借入ができます。

借入は大きくなりますが、金利は個人カードローンと変わらないです。そういった意味では、借り過ぎはしたくない、事業と生活できちんと区別したいのであれば、個人のカードローンの選択が良いです。

こちらは即日融資で借入ができます。
一応、確定申告書のコピーがあると審査がより早く、即日融資が可能になると思われます。
インターネット完結での対応できます。