自営業 カードローン

自営業の収入の点でカードローン審査が難しい?

自営業の方、個人事業主がカードローンの契約が難しいとの口コミがあります。

カードローンの契約が難しいとは?

消費者金融も銀行もカードローンの申し込みの対象基準に秘密があります。
それは、20歳以上で安定した収入がある方が借りれるとされています。
20歳以上はクリアできても、自営業は安定している収入であることが、審査を厳しくしています。

会社員、パートやアルバイトでは、毎月の給料が決まっています。
安定した収入の裏付けとして、定期的な収入の確保があります。

ところが、自営業では収入に波があるでしょう?
そこが、審査の段階で不安材料として挙げられるからです。

収入証明書を求められることも

大手消費者金融カードローンの申し込みでは、50万円以下の借入、100万円以下の多重債務者の借入ではない限り、収入証明書を求められることはありません。
ところが、自営業や個人事業主の場合は、収入証明書を求められることがあります。

確定申告書のコピー、納税証明書などの収入証明書類がなければ審査に通らないことになります。
これって、安定した収入を疑っている証拠です。

だからと言って借りられないわけではない

カードローンの審査では、収入が大きなポイントですが、その他の審査もあります。
信用情報で過去の借金の様子、返済の記録出問題がなければ、消費者金融なら総量規制範囲内での借入ができることは多いです。最初に自営業は借りづらいと言いましたが、きちんと提出書類が揃っていて、信用情報で特別問題がなければ借りれるので安心してください。

収入で言うと

収入証明書があることが審査通過のポイントになります。
書類提出がない場合もありますが、当然のことながら自営業や個人事業主は毎年確定申告は行うことが必要です。そして、節税対策として、収入を少なく申告したりする場合は、年収が低くなります。

自営業や個人事業主では、入金された売上すべてが年収ではありません。
必要経費などを差し引いた金額が年収になります。
そこであまりにも低い収入であれば、審査に通らないこともあります。

給与所得のように会社からの収入証明書類ではないため、個人事業主などでは確定申告書の内容が、大きな鍵になります。大手消費者金融、銀行カードローンではあくまでも個人が所有するもので、プライベートにしか使えないカードローンです。

事業性資金のためのカードローンではありませんので、使い分けは絶対に必要です。
審査が難しいのは、この部分の確認ができないためでもあります。

自営業、個人事業主のためのカードローンもある

自営業や個人事業主のカードローンの申し込みのときには、事業性資金として使用することが禁じられています。

これは、会社員やパート、アルバイトではありえない話ですが、自営業と個人事業主だけは事業資金目的であることで、回収リスクが高まります。そうではないと言い訳をすることができないため、自己確認として、ここはきっちりと押さえておく部分です。

生活のために使う

大手消費者金融カードローンでは、年収3分の一の総量規制範囲内の限度額になっています。
ですから、少ない収入では借りれる範囲が狭いことでしょう。
それは、あくまでもプライベートでしか使えないことの確認です。

審査では、念を押されることはありません。
実際には、どのような使い方もしてもばれなければ良いと考えている方がいたとしたら、それは止めましょう。というしかありません。事業資金としての大手消費者金融カードローンの利用は禁止です。

もう1つの自営業用のカードローン

自営業も個人事業主も、カードローンのお金で、事業資金になってしまうかも?という微妙なラインのときがあります。でも、借りられないとわかっていて苦慮している方もいます。

このような自営業、個人事業主の方は、自営業用のカードローンもあります。
事業者向けのカードローンです。こちらのメインは事業性資金の借入であり、プライベーに使っても違反ではありません。

個人の大手消費者金融カードローン、銀行カードローンと大きく違うのは、審査です。
事業をしていて、その内容も確認したいのですから、個人のカードローンのように簡単に審査ができるものではありません。最初の申し込み、提出書類が違うことで、金融業者としてもきちんとした審査を実施します。

収入証明書としての確定申告書の他に、収支計算書などの提出がある場合もあります。
ただし、銀行融資のように審査が長いとか、追求されるものではなく、比較的審査は簡単です。
ただ、個人カードローンよりは、審査がいろいろとあるということです。

審査基準について

原則的に個人カードローン同様に収入の安定さと信用情報の内容がポイントです。
確定申告書で収入がわかりブラックリストなどでなければ借入ができます。

事業性資金のための審査であり、堂々とプライベートにも使える内容で、総量規制対象外の限度額が設定されます。最初から、大手消費者金融カードローンではなく、事業者向けのカードローンで間に合うのであれば、こちらがオススメです。多く借りられるのですが金利は大手消費者金融カードローンとほぼ同じです。

自営業カードローンの審査について

自営業や個人事業主だけが申し込みができる事業者向けのカードローン。
事業性資金、プライベート資金の調達ができ、総量規制以上の借入設定になってます。
しかし、審査は個人カードローンよりは厳しい内容であり、確認項目も多いです。

金融業者によって提出書類も違う

確定申告書と身分証明書だけで借りれる場合もあります。しかし、確定申告書も2期分、青色申告書、収支計算書、所定の営業状況報告、借入計画書などを求められる場合があります。

それぞれの審査基準も違いますが、書類提出も違ってきます。
限度額もバラバラであり、審査次第で決まります。

収入証明書類だけで簡単に申し込みができないのが、自営業カードローンの特徴です。
大手消費者金融とか中小消費者金融などのように審査の甘さも違ってきます。
口コミなどを参考にして、簡単に申し込みをしたいのなら、提出書類に注目してみてください。

審査のポイント

赤字でも借入ができることはあります。
しかし、申込者が金融事故があるのでは話にならないです。
事業性資金の借入と申込者のブラックで言えば、申込者に返済能力がなくてはならないことになります。

消費者金融系の個人の借入で支払いが多い、延滞や遅滞をしているなどの要因があると、借入ができません。事業のお金で延滞などをなくしてでも、信用情報では金融事故ナシでの申込が大原則です。

全体的な審査

審査が不安な個人のカードローンよりも事業者向けのカードローンの申込が妥当です。
個人事業主として1人で事業をしている方でもやはり個人カードローンの審査は厳しいでしょう。
確定申告書がある職業であるのなら、それがメインであるのなら、事業者としてのカードローンの申込をしましょう。

在宅ワーカーも個人事業主に入ります。
専業主婦だったけれど今は自宅で仕事をしていて、確定申告をしているのなら事業者になります。

風俗嬢も自営業カードローンが持てる?

意外な人として、ソープ嬢やキャバ嬢などで、給与の形ではなくお金をもらっている方も確定申告をすることで、事業者にはなります。このときには、確定申告の書類をきちんと作ることが必要です。
入金以外にも必要経費の計算なども行うことになりますが、ソープ嬢としてではなく、接客業務を行っている個人事業主としての立場になります。

ただし、審査ではソープ嬢としての申込はできない場合もあります。
その時には、事業者ではなく個人のカードローンの申込が妥当なケースもあります。
ソープ嬢で事業というのはあまり現実的な話ではなく、事業者としての審査は難しいでしょう。

自営業の在籍確認について

自営業や個人事業主のカードローンの審査で、1つ気になる項目があります。
それが在籍確認です。

必ず存在する在籍確認

在籍確認とは、カードローンの申込のときに、申込情報に降る勤務先に担当者が直接電話をすることです。あなたの職場に突撃電話をすることになります。

しかし、安心してください。
◯◯金融会社ですとす、◯◯さんの在籍確認ですとは絶対に言いません。
◯◯さんはいますか?と聞くだけです。

ここで、NGなのが、そんな人いません。先月退社しました。それは誰ですか?など、否定的な言葉です。
ようするに、勤務先にいないことがわかると、も審査に通らないことになります。
審査として在籍確認はしません。私用電話のように、◯◯さんはいますか?と聞くだけです。

自営業、個人事業主では自宅にかかってくる

カードローンの申込はほとんどインターネットで行うことになります。
自宅にいないときには要注意ですが、大丈夫。
私の携帯電話があるから。実は、ここが危ない審査になります。

自宅の固定電話の有無

最近では、固定電話がない家庭も多いです。
実際使わないから置いていないのが正直な感想です。
確かに、固定電話は使用していないことが多いですが、会社や商店ではどうでしょう?

固定電話がない会社は存在していません。
自営業も個人事業主も同じであり、固定電話がなければ信用が薄いとされています。
この固定電話の有無では時代の流れとして、なくても審査通過ができる場合もあります。
しかし、自営業や個人事業主では、お金をかけてでも固定電話はあったほうが良いとの判断です。

カードローン、クレジットカード、銀行融資などの信用が関係する契約では、使用していないとしても固定電話の存在は大きいです。現在は安く固定電話をつける事ができます。

050で始まるIP電話もぜひがあり、ここはきちんと検討してみてください。
自営業では、固定電話がないのは信用されない場合が多いです。
法人になれば、固定電話の存在は絶対的なものになります。

在籍確認の重要さ

勤務先が自宅だからこそ固定電話がなくてはならないという方も多いです。
カードローンだけではなく、法人相手の営業でも固定電話がある方が社会的な信用が高いです。
自宅での個人事業主で家族と一緒の電話だとしても大丈夫です。

ただし、在籍確認のときに家族が電話に出ていい加減な回答をされないように気をつけることが必要です。子供や高齢者と同居している場合は、在籍確認のときには在宅していることが必要です。
携帯電話しかない場合は、申込前にカスタマーセンターなどに問い合わせをしてみると良いでしょう。

やってはならないカードローン申込

自営業や個人事業主で確定申告をしていない方もいます。
確定申告をしなくてはならないの?会社を辞めたばかりで良くわからない。
確定申告の時期が終了したからできない。

確定申告をしていないというのは

自営業や個人事業主が確定申告をしていないということは、年収がない、わからない状態です。
20歳以上の場合は、納税の義務もあります。

確定申告をしていないというのは、場合によって脱税の疑惑も出てきます。
インターネットで開業して、多く収入があったとします。そのまま申告をしない場合は、追徴課税なども発生します。しかし秘密にしていたら、無収入のままになります。
確定申告ナシは無収入の状態です。

無収入、無職ではカードローン契約はできない

毎日の暮らしでは支障がありません。
人によっては、親の扶養になっている場合もあります。
納税の問題はありませんが、カードローンの審査は通らないでしょう。

大手消費者金融カードローンの場合、個人事業主として申込したとします。
その時に、必ず収入証明書を求められるのですが、それが確定申告書です。
それがないとなると納税証明書などですが、当然存在していません。
ということは、申込もできないですし、審査落ちです。

大手消費者金融カードローンでは

身分証明書だけで借入ができるとされています。
50万円以下の借入、100万円以下の多重債務者では借りることができます。
収入証明書も要らないのですが、個人事業主や自営業の方は、現在は収入証明書が必要とされています。

私は給与所得者

個人事業主や自営業の方で収入はあるけれど、申告はしていない。
返済ができるので、アリバイ会社を使って、会社員になりすまして申込するケースもあります。
完全な犯罪です。

アリバイ会社では、望み通りの会社になって、在籍確認に対応します。
多分、金融事故がなければ、会社員として借入ができ、カードローンも手にすることができるでしょう。

やってはならない

確定申告は、いつでも税務署で行う事ができます。
もし、今まで確定申告もせずに来た方は大至急確定申告をしましょう。

追徴課税などもありますが、手続きをすると確定申告書を手にすることができます。
自営業、個人事業主としての申込ができ、追徴課税などの事実を知られることもありません。
審査に左右されることもありません。

絶対にアリバイ会社利用でのキャッシングはしないことです。
この先のキャッシングやカードローン申込に大きく影響します。