自営業 即日融資

自営業のキャッシング 目的によっては即日融資ができる

自営業者のお金の借り方は、サラリーマンとは少し違います。

基本的にカードローンはOK

消費者金融も銀行もカードローンの申込ができます。
この時に、自営業は何の目的で使用したいお金なのかで、カードローンの種類が変わります。
ここがサラリーマンとは大きく違う点でしょう。

会社員などがカードローンの申込では、すべてプライベートで使用するものです。
しかし、自営業では、プライベートだけではなく、事業資金にも使いたい場合があります。
ここの目的をはっきりさせることで、消費者金融カードローンなどでも、ビジネスローンの可能性もあります。

ローンカードの内容は問わない

個人事業主だけが持てるカードローンもあります。
要はビジネスローンとしても、プライベートカードとしても使えるものです。あえてこの紹介は、ほとんどの消費者金融カードローンや銀行カードローンでは、事業性の資金調達はできないとされているからです。

特に銀行カードローンなどでは、限度額が大きいため、あくまでもプライベート資金としての使用目的が示されています。しかし、一部のカードローン会社では、個人事業主に限定で、事業性にも転用ができるとされています。

とても便利だけど

自営者カードローンは便利ですが、金融業者も損はない内容です。
というのも、ビジネスローンの場合は事業目的の資金であり、ある程度の限度額が大きいです。

しかし、自営者カードローンでは、収入に対応した総量規制範囲内であったりと限度額が小さいものです。小規模な個人事業主などの場合は、新規事業のために、兼用カードローンでは、大きなお金は借りられないと言えます。

即日融資をしたい

借りたい金額によりますが、大手消費者金融カードローンであれば、自営業者も総量規制範囲内の借入ができます。その際に、他の属性では必要がない収入証明書の提出などがあります。

50万円以下では自己申告だけで簡単に借入ができる大手消費者金融カードローンですが、個人事業主の内容によっては、確認の意味で収入証明書が必要です。最初多く借りられることは少ないですが、個人事業主という職業での大手消費者金融カードローンの即日融資はできます。

もちろん、信用情報に不備がなければ、銀行カードローンも対応しています。
ただし、こちらは即日融資ができないカードローンであり、早急に資金調達をしたい時には、大手消費者金融カードローンが妥当です。在籍確認は自宅にきますが、事業資金としての申込はこの場合はできない場合があめので、あくまでもプライベート資金のためのものとされている場合は注意が必要です。

個人事業主が持ちたいビジネスローン

自営業のキャッシングで、事業資金のためにお金を調達する場合、プライベートにも資金を回すことは自由です。反対にプライベートでのカードローンでの事業資金転用ができない場合があります。

いわゆるビジネスローン

消費者金融カードローンでは、申込者の年収3分の一以内の限度額での借入しかできないです。
ビジネスローンとは、個人事業主や自営業者がビジネス展開のための資金調達を目的にしている内容です。資金用途が違うことで、事業のためのキャッシングです。

ローンカードは、消費者金融カードローンや銀行カードローンのように使用ができ、金利もほぼ同じです。相違点は審査であり、事業内容を提示し、決まった書類提出によって決められるものです。自営業と言っても、職種は様々です。今回の融資申込では、実績と計画、返済予定などがしっかりと伝わることで、審査されることになります。

信用情報の確認

そこで、普通のカードローンの審査以外にも業績などが勘案されるのですが、一応事業にこれだけの金額が必要と妥当なキャッシングしかできないことも少なくないです。わざわざ事業者ローン、ビジネスローンとするのには、しっかりと事業展開のための資金とされるのが理想です。

しかし、個人事業主などでは、ビジネスとプライベートの合致点が多く、線引ができない場合があります。そうした場合、大手消費者金融カードローンなどでは、事業につかえる金額のキャッシングができないです。ですが、ビジネスローンでは、少し借入幅を広がることで、プライベート資金としての流用が可能ということです。

極端な内容はできないのですが、ビジネスローンと消費者金融ローンの2枚申込ではなく、1枚でなんとかしたい方には、ビジネスローンがおすすめになります。使い方としては、不本意なのですが、自営業でも自分だけで事業をしている個人事業主にはおすすめです。最近では、ビジネスローンも即日融資があり、大手消費者金融が独自展開している場合が多いです。

銀行系はNG

銀行のビジネスローンに関しては、審査が厳しいことも雨のですが、即日融資は絶対に無いです。
数日の審査はかかることが多く、すぐに資金調達は不向きです。

カードローン会社ではなく、ノンバンク系のビジネスローンが良いでしょう。
金利差はあまりなく、個人事業主の小さな場合でも借入ができます。プライベートに近いキャッシングだけど、ビジネスローンとして1枚持っていたい方は検討してみてください。

自営業のキャッシング 審査は厳しい?

自営業者だけが契約ができるビジネスローンでは、原則総量規制以上の借入ができます。
資金用途も自由であり、ノンバンク系であれば即日融資になります。

銀行ビジネスローンは?

個人事業主として審査に通らないことが多いです。
法人であれば借入ができるのですが、簡単ビジネスローン的な内容ではなく、審査の厳しく時間もかかります。個人事業主として、ビジネスローンではなく銀行カードローンの審査は受けられます。

使い勝手として、ビジネスローンの対応はしていないので、限度額が低いのが特徴です。
また、即日融資にも対応していないので、すぐに借入はできないです。

消費者金融ビジネスローン

個人事業主も自営業者もつかえますし、即日融資ができます。
個人向けのカードローンとは別に、所定の書類などと審査でビジネスローンが使えます。

こちらは法人に対するビジネスローンが使えないということです。ですから、自営業で即日融資をしたい時には、消費者金融やノンバンク系のビジネスローンが妥当でしょう。

保証人は不要

保証人はたいていなしです。法人のビジネスローンでは、連帯保証が必要になります。
もし、個人事業主の保証人では家族などになることが多いですが、ノンバンク系のビジネスローンでは、保証人なしになっているので、安心で借りやすいです。

総量規制

ノンバンク系となると総量規制が気になりますが、ビジネスローンは例外です。
借入の時にはローンカードがあれば、限度額の範囲内で自由に使えます。
カードローンのような使い方ができとても便利です。

フリーローンでは1回で決まった金額の借入になるのですが、最近では、カードローンタイプが多いでしょう。事業者向けローンでは、こうした形で個人事業主は特化して商品提供ができます。

審査

ビジネスローンの審査が特別ではないですが、信用情報は当然関係します。
いわゆる既に消費者金融カードローン、銀行カードローンなどで金融事故があると、審査通過は困難でしょう。特に使途が自由である点では、現在の金融事故の内容では、ビジネスローンそのものの返済ができないことになるわけです。

この当たりの審査は、それぞれの金融業者の審査基準の内容によるものです。
ですから、甘い審査の中小消費者金融のビジネスローンでは、金融事故の内容で借りれることもあります。こちらは金利が高いとの指摘もありますが、利息制限法以上の金利はないです。
返済能力があれば、ビジネスローンも相談ができるでしょう。

事業内容にもよるのですが、普通のキャッシング以外にビジネスローン専門としている金融業者もおすすめです。あくまでもビジネスに対する融資ですが、一応いろいろと相談ができます。
ノンバンク系では即日融資もできることでしょう。

即日融資のノンバンク系のビジネスローンの盲点とは?

自営業の融資では、カードローンが便利です。即日融資もできます。
しかし、事業展開に使いたい低金利の融資もあります。

銀行の融資、日本政策金融公庫、中小企業向けの融資などの方法があり、金利はカードローンよりもずっと低いです。返済だけで考えたいのならおすすめですが、絶対に即日融資はなく、何週間も審査に時間がかかることも多いです。

ビジネスローンとして?カードローンとして?

消費者金融カードローンで自営業としてお金を借りたい。
この時に、審査が当然ありますが、その目的がビジネスのためであれば、ビジネスローン。
そうではなく、普通の資金であればカードローンです。

カードローンでは、ビジネスに使用ができない、事業性資金の使用ができないですし、総量規制範囲内です。そこを守らなくてはならないのですが、個人事業主の事業内容によって、どちらのカードローンなのかも選択しなくてはならないでしょう。至急資金調達の場合も、ノンバンク系のビジネスローンなら即日融資ができます。ここは大きなポイントです。

収入証明書は必須

自営業の審査では、収入証明書が必要になります。
会社員やアルバイトのカードローン申込では、50万円以下の借入では、年収は自己申告です。

しかし、個人事業主は主に確定申告書などが必ず必要になります。
例外的に数万円の希望額ではそのまま借りられることはあありますが、限度額が少なくなってしまうことになります。

ビジネスローンでは当然の書類ですが、カードローンでも提出しなければならないです。ここで、いくら借りたいか、今だけではなく将来的にビジネスにも使いたいローンにしたいのなら、ビジネスローンの選択が妥当でしょう。

固定電話はある?

ノンバンク系のビジネスローンの申込の際に、固定電話がなければ審査に通らない場合があります。
最近では、携帯電話があればビジネスもできます。

しかし、ビジネスローンでは、会社がある、事務所が存在している意味で、固定電話が審査要因になることがあります。電話の必要性は、自営業の場合は在籍確認です。会社員なら、収入の出処として勤務先に電話しますが、自営業では自宅が勤務先です。そこに携帯電話しかなく固定電話がないことでは、在籍確認にならないということです。

大手消費者金融でも自営業の申込ができるけれど、連絡先として携帯電話しかないだけで審査落ちをしてしまう場合があります。ビジネスローンとしても、この固定電話の有無で審査の運命が大きく変わることもあり、借りれると思ったけれど、固定電話の存在では、NGだったとの口コミも多いです。

自営業は即日融資ができるビジネスローンが便利

自営業のキャッシングでは、銀行かノンバンクかで迷う場合、即日融資したいのなら、ノンバンクしかないです。銀行を選択するメリットは、低金利だけです。あとは、信用情報で金融事故があったとしてもノンバンクです。

この場合、金利は高くなってしまうのですが、個人事業主、自営業が借りやすい金融業者としておすすめできます。

ノンバンクということは総量規制が関係する?

自営業が、ビジネスローンとして借入する時には、総量規制対象外になります。
資金使途がビジネスのためと証明することができれば、ビジネスローンは年収3分の一以上の限度額が設定されることになります。自営者カードローン、事業者向けカードローンの特権です。

しかし、大手消費者金融カードローンとして、職業が自営業の場合、普通のカードローン同様であり、総量規制範囲内のキャッシングしかできないです。こちらはビジネス転用ができないので、あくまでも生活のためのキャッシングです。
提出書類もなく審査も簡単です。大手消費者金融では1時間ほどで借入ができます。

自営業は審査に通りにくい?

その理由では不安定な収入だからでしょう。
一応収入証明書が必要な審査もありますが、希望額が少ない申込では、そのまま借りれることが多いです。最近では、不安定な収入でも、返済能力があり、限度額が低ければ借りれる場合が多いです。

高い希望額では収入証明書の提出をしなければならないでしょう。金融業者によって対応はいろいろです。審査のポイントは、返済能力と信用情報であり、金融事故もない場合は、自営業でもローンカードは持てます。

事業者のためのビジネスローン

事業展開に必要なお金は、普通のカードローンでは対応できないです。
そこで、事業内容や支出内容の確認は絶対です。お金を借りたいのですから、不足してしまう部分、どうしてもうまく行かないから相談しているなど、正直に話しをしましょう。ここで見栄を張ったりしてしまうのは厳禁です。

事業内容とこれからの展望、そして本人の信用情報を確認した上で、ビジネスローンの融資が決まります。黒字だけど申込。もしもの時の1枚。この方法がベストかもしれません。

赤字だから慌ててではなく、個人事業主として、自営業としてのビジネスローンを持とうとう時の申込が審査は通りやすいです。実際そんなことは考えないというのですが、いざというときのビジネスローンは役立ちます。その時には、即日融資が可能なノンバンク系のビジネスローンであれば、キャッシュフローには大きなメリットになります。