自営業 運転資金

開業間もない事業者は日本政策金融公庫の融資がいい

自営業の運転資金の方法としては、銀行融資が一般的でしょう。
ただし、開業直後だとしたら?満足に決算もでていない時の運転資金調達法は?

日本政策金融公庫から借りる

ベストな選択がこの日本政策金融公庫になります。
自営業、中小企業に積極的な融資をする金融機関です。
その提供できる融資制度が充実しているのが特徴です。

中でも、商工会議所などの経営指導を受けている方なら、最大2000万円まで融資が受けられます。
担保も保証人も不要であり、低金利の内容です。又、経営環境変化対応資金は、経営環境が急激に悪くなった時の貸付ができます。

日本政策金融公庫の融資はとにかく金利が低いですが、審査は厳しいです。
事業計画書の内容を詳細に確認をしますが、面談では書類をきちんと揃えることで、あとは明確な受け答えができれば借りれることは借りれると言います。

ただし、初回の融資は慎重であり、個人事業主などでも事業計画が出来ていないと借りられないことがデメリットになります。そして、審査時間がとても長いことでは有名であり、即資金調達とは行かないです。その覚悟があれば、資金調達法としては開業間もない方でも受け取る事ができます。最初に検討したい金融機関になります。

とにかく今資金が必要なんです

これだけのプレゼンでは審査は通らないです。事業計画に則って、◯◯だから◯◯円の資金が必要。
用途に関しても、これでもかというくらい詳細の資料をつけることです。

融資依頼の書類作成の内容も審査のうちに入ります。
それだけ真剣に考えているので、資金が必要とアピールすることです。

日本政策金融公庫で融資を獲得するコツ

資金使途は、現実的な数字を挙げます。
事業の規模に見合う数字であることで、過大か過小のどちらでもNGです。今の時代に合う数字、仕入れ単価なども最新のものを使った上で、これぐらいあればいいなあ、なんとなく、ではダメでしょう。

具体的な数字を挙げることは、やる気も見えます。返済負担率も高ければ、返済が空言になります。
すべてが可能と判断できる数字を並べることが、日本政策金融公庫の融資を制すると言えます。

日本政策金融公庫の立ち位置

中小企業などの応援のための金融機関です。
しかし、希望額に対して最初から100%の融資は案外と困難だと言われています。
ですから、本当は500万円融資がほしいけれど、最初は200万円程度から始めよう。
日本政策金融公庫の審査に一度通ると、与信がとても高くなって、それ以降の融資が断然楽になります。

まずは初回の運転資金獲得を成功させること、そして、継続的に運転資金が回せるようにすることです。
銀行融資、ビジネスローンなどに頼らず、日本政策金融公庫だけですと低金利になりますし、社会的にも信用のおける事業者になります。

事業者の運転資金は簡単にビジネスローンで作っちゃう?

簡単な事業者の運転資金の調達と言えば、金融機関のビジネスローン、ノンバンク系のビジネスローンです。ビジネスローンは、金融機関では銀行融資の形ではないので、審査も緩いです。

ビジネスローンとは?

個人のカードローンでは、ビジネスには使用ができません。
しかし、ビジネスローンは基本的に使途は自由です。個人事業主などは、生活にも回せる資金になります。
運転資金、設備資金以外の使途も自由です。総量規制対象外で、事業計画書などの審査で収入に寒冷なく使えます。

ただし、日本政策金融公庫、銀行融資と比較をすると高い金利になります。
厳しい審査で低金利であるのなら、緩い審査で高金利というのは、ローンの基本です。

銀行のビジネスローン

銀行では、融資の形ではなく、ビジネスローンも展開しています。
こちらの審査は融資とは違い緩いですが、2年以上の経歴が必要です。
開業直後の借り入れはできないでしょう。
個人事業主でも同様であり、ある程度の実績が必要になります。

開業のためのビジネスローンもありますが、銀行では書類も多く、ある程度のプレゼンも必要です。
事業計画書などはきちんと揃っていないだけで審査落ちもあります。

ノンバンク系のビジネスローン

最近は種類も豊富であり、消費者金融系のビジネスローンも人気です。
こちらは甘い審査で高金利ですが、即日融資も可能です。
このスピーディーな対応が人気であり、日本政策金融公庫、銀行融資のつなぎ融資としても使えます。
審査の間だけのノンバンク系ビジネスローンでは、融資の審査通過後に一括返済が妥当です。

しかし、審査に通らない場合は、そのまま返済負担率は高いことになります。
経営者にとっては、ビジネスローンの契約はすぐにできると考えがあります。
確かに審査は緩いですが、必ずいくつかのビジネスローンを確認してください。
ネームバリューだけで決めるのではなく、事業者用のビジネスローン会社などの申込なども検討してみましょう。限度額、金利などを勘案した上で、情報サイトで安心と紹介されているところが安心です。

銀行のビジネスローンよりは審査は多少緩いですが、赤字決算などで返済不能とされている場合は、簡単に審査は通らないです。その場合、中小消費者金融系のビジネスローンもありますが、審査は甘いです。

しかし、金利が高めであり、将来の見通しがつかないままの借り入れが危険な場合もあります。
担当者などが熱心に業務内容、業務改善などが指導してくれる金融業者もあります。

簡単にノンバンク系ビジネスローンの審査に通らない場合は、様々な方法でできるだけ返済負担率を下げる方向で金融業者を探してみてください。インターネットで申込も可能ですし、比較も出来ます。

自営業の強い味方?信用金庫で運転資金調達

自営業の運転資金の調達では、銀行融資が最適です。
地銀や信用金庫が懇意にしているのなら、最初の窓口になることでしょう。
都市銀行は、大企業相手であり、敷居が高すぎます。

信用金庫での借り入れをするにあたって

自営業としては地元に貢献している。
金融機関として懇意のできるのが信用金庫でしょう。そこで、運転資金の借り入れの打診です。
審査が当然ありますが、事業計画書などは、営業マンに相談が出来ます。

ちなみに開業間もない場合は、難しいです。
せめて2年以上の経営、これは確定申告書が2期分あることが条件になっているようです。
融資を受けるための資料としては、事業計画書が必要です。

お金では、売掛債権の分、今手がけている仕事の分、計画となっている分の3つの会計が必要です。
要するに、過去から未来にかけて事業をこうしてやってました、こうしますという書類です。
簡単な内容ではないのですが、大雑把にいうと、こんな感じです。

事業計画書とともに大切なのが、返済計画書です。
こちらは自営業の規模に合わせた返済が本当にできる数字を考えます。
もし、返済期間が長くなったとしても、です。

ここで、多少無理な数字を入れてしまうと、回収リスクが高くなるだけで、現実的ではないでしょう?という内容で審査に通らないです。計画とは言え、◯◯円借りたら、◯年で完済ができる。
それがいい加減なら審査に通らないようです。

信用金庫をメインバンクにする

忘れてならないのがこの部分です。
信用金庫の営業マンは、自営業に対しては、返済ができると見込んだ場合は足繁く通ってくれることになります。アドバイスもあれば、素直に聞くことで、金融面の全件を預けることです。
この信頼関係と取引も信用金庫を見方にすることが出来ます。

不動産担保ローンの利用

銀行融資だけではなく、不動産担保ローンとして根抵当権設定者になってもらうこともありでしょう。
こちらは、一度抵当権設定をして繰り返し借り入れができる方法です。
運転資金調達としては、一度の手続きで出来ます。

信用金庫としても根抵当権設定者になることで、安定的な資金供給ができることになります。
身近な存在の信用金庫は、自営業、中小企業の経営者にとっては、ベストパートナーとなります。

その前に きちんと信頼関係を作っておくことも必要でしょう。
もちろん住宅ローン審査なども預けて、定期預金も?教育ローンなどの目的ローンも?
そんな営業活動をしておくことで、互いに離れられない関係になっておくことで、審査がスムーズに行くこともあります。

個人事業主の運転資金について

自営業の中でも個人事業主の場合の運転資金について考えてみましょう。
従業員もゼロであり、運転資金と言っても半分生活費も関係する場合があります。
個人事業主としての実績があるものの、自営者カードローンなどもあります。

いわゆるビジネスローンだけど

ビジネスローンの審査には、提出書類が必要であり、事業のために使用することが目的です。
個人事業主では、事業と生活の運転資金用途のラインが曖昧になっています。
そこで、個人用カードローンで事業資金として使用してしまいがちです。
これは審査が簡単で、すぐにキャッシュフローができるからです。

しかし、個人用カードローンでは総量規制範囲内しか借り入れが出来ないですし、もともと事業性資金として使用はNGです。個人事業主では、運転資金がほしい時には、ビジネスローンの審査通過ができるよう、書類を作成することをオススメします。事業計画書、融資計画書、返済計画書などが揃っていることで、ビジネスローンの審査がクリアすることができます。

銀行融資よりは甘い審査になりますから、ハードル的に低い法です。
消費者金融系だけではなく、ビジネスローン専門業者では、審査書類作成からのアドバイスがあります。
もともと金融相談の窓口が用意されているところも少なくなく、スムーズな対応が嬉しいです。

本格的な開業にも

個人事業主としての規模ではなく、最初は簡単に済ましたけれど、開業となると開業資金などで本格的な事業者となる場合は、日本政策金融公庫の融資が良いです。
その時にビジネスローンでの事業計画書などが役立ちます。
ビジネスローンにしても銀行融資にしても、事業者用の内容は、普通のカードローンとは全く内容が違います。

そして、日本政策金融公庫の低金利融資では、自身の事業のためになる資金提供が期待できます。
借りれるものは借りたい。なんでも良いわけではなく、借り入れは1%でも低金利であることも事業には必要なことです。
金利でいうと、日本政策金融公庫、銀行融資、銀行ビジネスローン、ノンバンク系ビジネスローンの順になります。

生活費はカードローン、運転資金はビジネスローン

個人事業主はこの使い分けをオススメします。
両方の資金が混ざることで、事業の会計がごちゃごちゃになってしまうことがあります。
それこそ本格的な融資をしてほしい時の事業計画書にも影響が出てしまうので、公私混同はしないローンの使い方が良いです。ビジネスローンの申込の前には、日本政策金融公庫や銀行融資などの申込も検討されることです。

廃業は回避したい いま欲しいキャッシュフローのために

自営業は運転資金が回らないと廃業になります。
しかし赤字は3年続いたとしても、繰越欠損金として計上ができます。

1年目は100万円の赤字で所得税が0円。
2年目は200万円の黒字になると、前年の赤字分の損失を埋めることができ、所得税が100万円にかかってきます。こうして3年間は繰越ができますが、この間の運転資金の調達が必要です。

美味しい500万円

例えば、500万円の仕事が舞い込んだとします。
仕入れなどで200万円かかったとしても利益300万円の美味しい話しです。

ところが、納品時では3ヶ月後の売掛債権として対応。
3ヶ月後にならないと500万円の回収ができないケースがあります。
それが1ヶ月後なら良かったけれど、3ヶ月間の運転資金がない状態になります。

銀行融資に頼る

そこで、銀行で運転資金の調達です。これが身近なローンになります。
低金利ですし、自営業ならメインバンクがあれば、そこが妥当です。
とにかく赤字になってしまう決算の心配ではなく、すぐそこの運転資金の調達です。
ところが、審査はのんびりですし、借りられないかもしれません。

つなぎ資金としてのビジネスローン

ビジネスローンとしての使い方としては理想の形です。
高金利のビジネスローンでは、銀行融資の低金利にはかなわないです。
銀行融資同様に事業計画書などの提出で、うまく行けば即日融資です。
このタイミングでは、ギリギリまで待ってからの借り入れが妥当です。
借りた翌日から金利がかかります。

そして、銀行から借りれるのなら、即ビジネスローンは完済です。
日本政策金融公庫の融資依頼も同様であり、ビジネスローンの利用はオススメです。
ノンバンク系ビジネスローンの方が審査は甘めです。

最終的にはビジネスローンだけど

銀行融資がNGならそうなってしまいます。
金利などは高いままであり、計画的な返済が必要になります。

しかし、借り入れに抵抗がある。
どうしても借金を作りたくない場合もありますが、ビジネスローンの審査にも通らない可能性も存在しています。それでは廃業?300万円がないとすべてがダメになってしまう。

最後の頼み?ファクタリング

売掛債権がある場合、ファクタリングがあります。
売掛債権が、現金にできる業者があります。
審査もありますが取引先企業の信用情報で、買取価格が決まるのです。

ビジネスローンとファクタリングの金利換算でいうと、なんとも言えない数字になりますが、ビジネスローンのようにあとまで返済はないです。現金化された時点で手数料などが差し引かれるだけのことです。

2社間ファクタリングでは取引先にも知られずに、現金化がばれないです。
3ヶ月後500万円の現金を一括してファクタリング会社に渡せば良いだけです。
ビジネスローンとファクタリングですが、資金調達の方法としてぜひ検討してみてください。

ファクタリングの良さは、その場で売掛債権が現金になることです。
ただ、手数料や取引先企業の与信が低いと売掛債権もディスカウントされてしまうデメリットもあります。それなら、ビジネスローンで確実に返済というのも選択肢の一つですが。