自営業 融資 借入


自営業の融資方法について

自営業の方の融資先は銀行が多いことでしょう。
審査は厳しいですが、実際には銀行に最初に借入の申し込みに行くことになります。
審査云々ではなく、この方法がベストです。

インターネットではビジネスローンも多い

確かに、銀行だけではなく、ノンバンクのカード型のビジネスローンも多いです。
クレジットカード会社もビジネスローンには力を入れています。
銀行融資とノンバンクのビジネスローンではその差は大きいです。


審査

断然ノンバンクのビジネスローンが甘いです。
事業資金として借入したい。
そんなときに赤字決算でも、提出書類なども少なく審査はとても早いです。

運転資金、設備投資などの目的と言わず、事業資金として借入が可能です。
信用情報などで質問があれば、改めて返済計画書などの提出書類が必要です。
事業計画書に沿った内容では借りやすいです。

ローン会社によっては、事業アドバイスなどもあります。
事業性資金の借り方としては、ビジネスローンの審査は簡単です。
どんな場合で借りれるのではなく、銀行融資と比較してのことですが。
日本政策金融公庫で借入ができない個人事業主でもビジネスローンならすぐに借入できます。

金利

ビジネスローンはつなぎ融資、事業用資金としても一時的な借り入れに最適です。
それは借りやすいですが、金利が高いです。
限度額も銀行融資ほど高くないですが、その方が良いとも言えます。

銀行融資との金利差は10%以上です。
事業者向けローンですが、カードローン並の金利の高さがあります。
これには理由がありますが、ビジネスローンでは保証人も担保も必要がなく、簡単審査です。
そのことは、極めて高いリスクがあることです。

個人事業主、自営業に対して、比較的甘い審査で貸すのですが、これだけ高い金利での返済が必要ということです。性格としては、融資よりキャッシング的な内容であり、カードローン的な存在です。
借りやすいけれど、高金利であるビジネスローンですから、借り入れのときには気をつけなければならないでしょう。多額の事業資金というのには、つなぎ融資程度でしか使えないと考えておくことが必要です。

銀行融資とビジネスローンの使い分け

融資、借入の形は同じですが、使用するシーンが違います。
ただし、自営業としては融資方法が多彩な方が良いです。

その他、ファクタリングや不動産担保ローンなども保証人なしでの融資内容になっています。
銀行融資が低金利ですが、金利が高い点で簡単に借入ができないことは承知で、事業資金、運転資金の方法を用意しておくことが肝要です。


自営者の借入は銀行融資で粘ってみる

自営業は、どんな業種でも、大規模小規模に限らず、銀行融資の申し込みができます。
フリーランスでも自営業であれば、運転資金として申し込みができます。
銀行融資をオススメするのは、他の融資と比較をしても断然低金利だからです。

銀行融資ができない場合

自営業でも運転資金としてではない売掛債権などがない場合、仕入れ、立替がない現金売り商店などでは、設備資金だったり、別の名目での申し込みが必要です。

銀行融資では、その目的がはっきりしていないとなかなか借入ができない、審査が厳しいとの判断もされがちです。信用情報だけではなく、事業融資として何が必要なのかをはっきりさせることも審査通過のポイントです。ですから、事情をよく知る地元の信用金庫などでは、融通がきく審査が期待できるというのはこの部分です。


法人ではないけれど

自営業でも法人格になっていないところは多いです。
経営者として事業をしている、フリーランスでの仕事でも、事業を勧めて行く上では自己資金だけではうまく回せないこともあります。

事業者としては、自営業は法人と同じことをしていて、その規模が小さいだけの話しです。
ですから、事業性資金としての銀行融資は、申し込みも可能になります。
カードローンとして個人でお金を借りるのとは違います。

保証協会の保証

基本的に銀行融資では、信用保証協会付きの申し込みが必要です。
保証協会と銀行の2つの審査がありますが、決算書の内容、業務内容、今後のことなどが審査されて、融資になります。

保証協会では、万が一返済ができないときには、肩代わりをするのですから、審査は簡単ではないです。
確定申告書3期分の提出書類が必要とのことですが、これがないと、銀行融資は大変だと言います。


この時点での銀行融資の困難さがわかる

ただし、銀行などでは、信用金庫は自営業に対しての寛大な対応も少なくないです。
それなりの業歴があることで、個人事業に対しての応援はあります。

基本的な要素としては、赤字であるとしても回復しているとか、事業計画書に沿った経営、資金調達に対しての返済能力などを審査をします。自営業者本人の信用情報も肝心の審査になりますが、ブラックリストではなく、健全な経営になっていることが決め手となり融資ができることがあります。

銀行融資に関しては、足元からの字固めで、信用情報などの信用を得ることが必要です。
自営者カードローンなどの前に、銀行融資をじっくりと検討してみてください。

取引関係と不動産担保ローン

また、不動産担保ローンの提案もゼロではないです。
連帯保証人などがいれば良いですが、いよいよになれば、不動産担保ローンの形での融資もあります。
根抵当権設定者にすることで、他の借入をさせない対応での信頼を得る方法もあります。

その地域によって信用金庫の動きも多少違うのですが、お住まいの地域の融資の形も確認してみると、自営者の融資や借入の形が見えてきます。


自営業の銀行融資にこだわってほしい理由

自営者が銀行融資をうける審査は、カードローン野審査とは違います。
同じ点としては、個人信用情報機関の確認だけですが、問題は事業性資金の内容です。

必要書類

3期分の確定申告書だと言われています。
3期分ということは、3年以上は継続している事業であることが必要です。
そして、融資の申し込みですから、数字的には黒字ばかりではないでしょう。
銀行融資の厳しさは、3期赤字だとなかなか審査通過ができない点です。

そこで、どうして融資が必要なのか、そして何が原因でそうなって、融資を受けて何を改善できるかを説明します。要するに、借入の目的をはっきりさせなければならないです。
資金調達によっての事業計画と返済計画が確立されていないことには、融資担当者の納得が得られないです。

これは日本政策金融公庫の融資申し込みも同様です。
プレゼンテーションが必要というのは、ここで事業のPRもどきの計画があると良いという意味です。


赤字の原因は何?

その分析も必要であり、こう考えた、だからこう変えたい。それにはお金が必要という結論です。
要するに、このままでは太刀打ちできないけれど、自分はこうした努力をするという態度もほしいところです。

もちろん計画段階の話しですが、そこまでのビジョンを求められることは多いです。
逆に言えば、仕事の内容をきちんと説明をして、融資担当者に通じることで、融資を獲得することができます。返済ができる現実的な話しでなくてはならないのですが、それなりに計画書をしっかりと作っていくことです。このまま行くと、売上が伸びる、新規事業では展望なども具体化することです。

借入までの我慢

本当のことを言えば、事業者ローンで、消費者金融ビジネスローンの利用では、ここまでの説明は要らないです。多少赤字であったとしても、提出書類の内容と申込者の信用情報で審査が通ります。

ただし、多額の資金の借入は難しいのですが、自営業としては500万円程度の限度額のローンは契約ができます。しかもカードローン同様にATMでの引き出しができるので、使い勝手抜群のローンです。
なぜこんなにも銀行融資に力を入れるか?というと、ビジネスローンとの金利差が大きいからです。

自営業の本音

どんな経営者でも返済が少ない、金利が低いローンが良いに決まっています。
個人事業主向けローン、ビジネスローンの類は、審査は簡単ですが、金利が高いです。
基本的に銀行融資とビジネスローンの使い方が違うというのは、この金利が違いからです。

運転資金、設備投資のためには、低金利のローンの方が返済のときに内容が全く違います。
高金利のビジネスローンで多額の借入をしてしまうことで、事業が傾く話しはとても多いです。
ですから、あくまでも融資の最初は、銀行融資、日本政策金融公庫融資がベストなのです。


ビジネスローンの活用法として

自営業で銀行融資を受けようというときには、3期分の決算書や確定申告書、担保や保証人が必要だと言われています。

また、経営者の信用情報での不安がある場合も、銀行融資の審査は通らないでしょう。
そんなときには、ノンバンクのビジネスローンが利用できます。

法人、個人事業主の利用ができる
ぐっと審査基準が下がるノンバンクのビジネスローン。
最近は利用限度額で1000万円程度まで引き上がっています。
設備投資は困難な数字ですが、一応自営業が借りたい金額としては、少なすぎることはないでしょう。

ビジネスローンの売りとしては、この審査基準が低いことと審査が早い点です。
保証人も担保も不要であり、基本的に使途は自由のビジネスローンでは、自営業にも申込は簡単です。

ビジネスローンの審査

提出書類が2期分の決算書や確定申告書、経営者や自営業者の身分証明書だけで良いです。
決算書の内容では、赤字でも対応しています。

ノンバンクの審査では、どちらかというと自営業の信用情報が重視されます。
赤字決算でも良いのですが、金融事故があるブラックリストではなかなか審査は厳しいです。

ただ、ビジネスローンにも審査基準に差があり、甘い審査のビジネスローンの類もあります。
大手消費者金融と中小消費者金融の違いになりますが、甘い審査のビジネスローンを探せば、ノンバンク系の借入ができます。


ビジネスローンの金利

審査は甘いが金利が高いというのは借入の原則です。
ビジネスローンでも甘い審査で低い金利はないです。
個人事業主、自営業専用のカードローンなどもありますが、金利は個人用カードローンと同じです。
審査基準としては、大手消費者金融並の信用情報での金融事故は審査落ちになります。
銀行融資とは金利ではどうしても高いですが、すぐに借りれる点においては優れた内容です。

緊急時にどうしてもキャッシュフローがなくてはならない。
次の集金までの資金調達などで、ローン利用したとしても完済の目処がつく場合には、高金利もあまり関係ないです。高い金利というのは返済期間が長くなることで目立つのですが、繰り上げ返済が可能な資金の場合は、ビジネスローンの威力が発揮されます。

要するに、どうしても今すぐ資金が必要であり、それがあまり大きくないときには、銀行融資ではなく、ビジネスローンで十分という使い方が妥当です。借金返済に追われるのではなく、すぐに返済ができる融資に対しては、銀行融資で審査にイライラするのではなく、ビジネスローンが便利です。

負け惜しみではなく

まだ設立間もない自営業だったりする場合は、銀行融資もできないからビジネスローンという選択もあります。開業間もない場合の審査通過もあります。

銀行融資は難しいですが、ビジネスローンでも対応できる。
そんな自営業にとっては、ビジネスローンはなくてはならないものです。


カードローンとビジネスローンの違い

自営業が事業性資金の借入をしたいときには、個人用のカードローンを使用することは禁じられています。どのカードローンにも事業性資金には使えないとされています。
ですから、個人事業主となった時点で、もしも事業資金が欲しい時に利用ができるビジネスローンの申込をしておくことをオススメします。

審査の違い

カードローンでも言われていますが、銀行と消費者金融では、銀行審査が厳しいです。
ビジネスローンも同様であり、消費者金融系、ノンバンクのビジネスローンが審査が柔軟です。
しかし、ブラックリストの借入はできないです。
ここは、消費者金融内の審査であり、中小消費者金融のビジネスローンは柔軟な場合があります。

実際には、中小消費者金融でもビジネスローンでは要相談の内容であり、肝心の申込者がブラックリストで、返済能力がゼロならビジネスローンどころの話しではないです。

個人事業主専用ビジネスローンは、法人以外の自営業ビジネスローンです。
事業者ローン、消費者金融ビジネスローンなどの形で個人用カードローンとは別の内容での申込になります。個人事業のためのローンであり、こちらは事業性資金の使い勝手がききます。


ビジネスローンは短期的に使う

これは融資の方法として、事業性資金に利用したとしても、高い金利である点で注意してほしいことです。もともと事業資金で運転資金として継続的に利用するものではないです。

ノンバンクの商品ではどうしても回収リスクを計算した上でのビジネスローン展開です。
銀行融資のように厳密な審査がないぶん、金利が高く反映しています。
ですから、借り方としては、完済ができる目処があるとか、つなぎ融資に適しています。
もし、その可能性がないのなら、ファクタリングなどの別の方法の資金調達も考える必要があります。

ビジネスローンもカードローンも必ずすぐに返済がまっています。
銀行融資のように低金利ではない商品ですから、間違った借り方で返せませんでは話しにならないです。

自己資金の切り崩し

自営業としては、この部分を安易にしないことです。生活のためのお金とビジネスのお金は別物です。
返済をするため経営を立て直す力のためにも、少額のビジネスローンでなんとかできるのなら、自己資金にはあまり手をつけないことです。

また、それはもともとゼロという自営業も少なくないですが、自営業者の場合は、生活とビジネスのお金の管理も必要です。

ビジネスローンでは、原則的に事業にしか使わないというのも必要です。
プライベートの部分にも使えるローンですが、ここは公私混同をしないことも、ローンをうまく回していくコツです。自己資金も切り崩しはしないけれど、ビジネスローンの不要な借入もしないことも大切です。