自営業 ビジネスローン


自営業のビジネスローンの使途は自由

自営業の特権であるビジネスローン。
その名の通り、事業資金に使える内容です。

ビジネスローンの概要

事業資金のためにビジネスローンを第一候補に挙げるのはちょっと待った、です。
個人事業主、自営業者などでは、運転資金としてビジネスローンがいいと言う方もいます。
しかし、内容を確認すると、金利がカードローンと変わらないことに気が付きます。

事業融資では、銀行融資や日本政策金融公庫があります。
最初はそちらの申込を前提にして、借り入れができない、審査に落ちたのならビジネスローンの選択が妥当です。本気の事業費では、金利差が大きくなって、返済負担が大きくなります。


プライベートのカードローンとして

カードローンの申込は、自営業でも対応しています。
職業で自営業であり、確定申告書での収入が証明できれば、あとは信用情報の審査でカードローンを手にすることができます。総量規制範囲内の限度額であり、サラリーマンと同様にカードローンを使えます。

ところが、ここで提案ですが、ビジネスローンでプライベート資金の使途があります。
ということで、事業資金のためではなく、カードローンとして、ビジネスローンの申込も一考です。

ビジネスローンが良い理由

それは、利用限度額が大きいことと、審査が比較的通りやすいからです。
審査では、ビジネスローンの申込では、個人事業としての借り入れを見込んでのことです。

実際には、プライベートではそんなに多額の借り入れはしない。そうすると、優良な利用者としての対応になります。ビジネスローンのメリットは、事業にもプライベートにも使える自営業ならではのカードローン的な使い方ができる点です。

個人用のカードローン

これは事業資金に使用することができないです。
小規模自営業なら、カードローンの限度額でも使えるのにと思うのですが。
自営業の審査も厳しいのであれば、最初からビジネスローンの契約で、プライベートにもビジネスにも使えば良いことです。

資金調達のためにもビジネスローンは1枚あれば便利ですが、多額の借り入れはしないほうが良いです。
銀行と日本政策金融公庫でのビジネス用の借り入れができない、そんな時にどうしても必要な金額の借り入れがオススメです。

そして、ビジネスローンとして借りれる中で、プライベートの資金として借り入れがオススメです。
案外とこのようなビジネスローンの使途は知られていないかもしれません。

カードローンも自営業は審査が厳しいのは知らない方も多いのですが、意外な利用法があります。
自営業として、きちんと収入が安定していると、審査は通ります。
信用情報での審査が厳しいのは、自営業だからではなく、申込者全員が対象です。


ノンバンクのビジネスローンなら審査も甘い?

事業資金の樽に融資を受けたい時には、ビジネスローンが便利です。
自営業であれば、どうしても融資が必要な時が出てきますが、銀行融資や日本政策金融公庫などの審査は時間がかかりますし厳しいです。

そこで、ビジネスローンをうまく使いこなしてい行きましょう。

確認してほしいこと

銀行融資がベストなのは、金利が低いからです。
ここは重要であり、ビジネスローンの多くは高い金利です。
ですから、審査も甘く借りやすいです。

融資したい額が大きい場合は、ビジネスローンで倒産してしまうこともあります。
ここは絶対に確認をした上で、融資をビジネスローンに、というオススメになります。


ビジネスローンのメリット

それは審査が早い点です。高い金利ですが、数日で審査が完了することが多いです。
事業資金のためであったとしても、必要な書類があれば、特にノンバンクでは早い審査が売りものです。
資金ショート、キャッシュフローにはとても便利ですが、返済のことも考えた利用になります。
銀行融資の審査中のつなぎ融資だったり、事業性資金でも、最低限今必要な分だけという借り方をしないければならないです。

継続的な資金調達としてのビジネスローンの利用はオススメできないのですが、すぐに審査がわかる。
キャッシュフローが早い点では、自営業ではビジネスローンは使えるローンです。

どこのビジネスローンが良い?

現在、ビジネスローンは消費者金融、クレジットカード会社、信販会社、リース会社などがあります。
審査の内容は、どこも銀行融資よりは甘いとされていますが、審査スピードで言えば、消費者金融になります。

赤字決算でも借りれるとか、自営業として設立1年未満でも借りれるビジネスローンもあります。
事業者向けの借り入れでは、比較的審査が甘い点もありますが、金利は高い場合が多いです。

短期で少額の借り入れ

ノンバンクのビジネスローンでは、短期で返済ができる内容が良いでしょう。
消費者金融では、初回無利息のサービスもあり、上手に利用されることです。
申込もWEB完結の場合が多いですが、個人事業主なども申込ができます。
どんな事業でも対応していますが、必要書類がなくてはならないです。

契約には来店しなければならないビジネスローンもあります。
比較サイトもありますが、必ず口コミ情報があるビジネスローンを選択してください。
中にはヤミ金が行うビジネスローンも存在していて、ホームページにはない高い金利で貸す場合もあります。

甘い審査と言っても、どんな自営業にも貸す対応は怪しいですから、口コミサイトと正規の金融業者であることは確認しましょう。ネームバリューのある金融業者のビジネスローンなら安心ですが、審査はやってみないとわからないです。


ノンバンクのビジネスローンのメリットとは?

自営業がノンバンクのビジネスローンの選択する場合、メリットを確認しましょう。
良い話ばかりは多いのがノンバンクです。
高い金利の部分だけを考えなければ、審査も早く、借りやすいビジネスローン展開をしています。

赤字決算、税金未納にも対応

ここが自営業にとっては嬉しい審査です。
事業資金がほしい、赤字経営をなんとかしたい方には、朗報です。
銀行融資では絶対に審査通過しない方でもノンバンクなら安心です。


事業計画の確認で審査通過

今は大変な時であり、なんとかここでビジネスローンを借りて事業を回復したい。
それで審査になるのですが、事業性資金の投入でこんなことをするという展望を確認してくれることがあります。とりあえず頑張ってみましょうという対応です。

銀行融資も日本政策金融公庫も断られた場合、こうした後ろ盾は本当に感謝感激です。
ノンバンクのビジネスローンでは、事業アドバイスをしてくれる場合があります。
これは、現在の負の連鎖を断ち切るチャンスになる場合があります。

金融業者としては、このまま貸したとしても同じ返済に苦慮することで、こうしたアドバイスを聞けば貸すという対応です。

とにかく結果が早い

ノンバンクの審査はとても早いです。
金融機関では何週間もかかりますが、即日融資のノンバンクビジネスローンもあるくらいです。
借りれるものなら、すぐに借りれるノンバンクの対応は嬉しいです。
しかし、審査落ちもゼロではないです。


融資方法の提案

自営業のビジネスローンとしての審査通過はできないけれど、不動産担保ローンなどの提案がある場合があります。審査では、返済能力がない場合は絶対に通らないですが、担保としての不動産があれば相談に乗りますというノンバンクもあります。

商品として不動産担保ローンがあれば、ビジネスローン同様に事業資金を手にすることができます。
返済に関しても相談に乗ってくれますが、金利がビジネスローンよりも低い場合も多いです。

手続きに手数料がかかるので実質金利では期待ができないかもしれませんが、ビジネスローンがダメなら他のローンと言う選択肢もあります。
ノンバンクならではの対応であり、ビジネスローンの期待は高まります。

事業資金を借りるために

メリットばかりを並べると自営業のためのビジネスローンは魅力です。
ただし、肝心の金利が高いことは承知した上で、返済計画がきちんと立てられることが必要です。

悪徳業者では、返済見込みがないとしても無理やり不動産担保ローンに持っていこうとする場合があります。自身の信用情報などで、今回は怪しいという時には少し待つくらいの気構えも必要です。デメリットも当然この裏には潜んでいますから。


ビジネスローンのデメリットは金利だけではない

安易なビジネスローンの申込みは危ないです。
金利が高いばかりではなく、デメリットもあります。

銀行融資では最大でも5%程度

これは、ビジネスローンでは絶対にない金利です。
ビジネスローンの多くは、個人のカードローン同様で、上限金利で18%程度です。
最低でも10%程度は絶対です。

自営業として、ビジネスローンの利用したい時には、この高い金利を踏まえての借り入れが必要です。
銀行融資とは別物くらいの確認が必要です。


甘い審査の理由

赤字や未税の自営業にも貸すビジネスローンですから、回収リスクを背負うことになります。
そんなに危ないけれど、審査通過はします。ただし、高い金利は覚悟してくださいということです。

金融業者としても儲けが必要であり、それなりのリスク管理は必要です。
高い金利でも返せる申込者であることが必要です、

返済期間が短い

ビジネスローンの特徴として、数年でも返済期間です。
金利も高いことから、当然毎月の負担が大きいです。
事業融資としては、低金利で返済期間が長いことで、ゆっくりと事業展開をしたいところです。

ところがビジネスローンでは、すぐに完済をする義務があります。
これもリスク管理の一つであり、そんなに返済を待っていられないからです。
借りたは良いけれど、完済ができないのでは話しにならないです。


限度額も少ない

ビジネスローンでは、多額の設備投資などには不向きです。
もともと資金ショートなどの利用価値があるもので、事業性資金としては、多額の借り入れはできないですし、無理しないことです。自営業として、ギリギリの限度額の借り入れでは、よほどの覚悟が必要です。

つなぎ資金程度にしか使えないのがビジネスローン。
しかも、すぐに完済しなければならない認識が必要です。

即日融資は売り文句

審査が早い、即日融資も可能というのは魅力です。
ビジネスローンとしては、この部分を強調したいですが、使い方としては、すぐに完済ができるものにしか使わないということです。経営が悪化して、回転資金として使用するにはハードルが高いということです。資金調達は税金の支払いだったり、資金ショートのために、すぐに返せる範囲内のビジネスローンの使い方が理想です。

事業性資金をビジネスローンでというのは、少額ですぐに返済ができる範囲内である。
カード型もあり、ちょっとした資金に使用するだけのローンとしてください。
事業性資金を大々的なビジネスローンでというのは、危ない橋であることは確かです。

すぐに借りれるメリットは大きいですが、必ずデメリットがたくさんあり、安易な借り方は厳禁ということです。これを踏まえてのビジネスローンの利用がオススメです。


ビジネスローンは使い方次第 仕事がなくなる場合もある?

自営業がもっていると便利なビジネスローンもあります。
カードローン同様に使用ができるものもあります。

自営業としては、もしもの時に1枚あると便利。
ビジネスローンはその程度の事業資金調達と考えるのが妥当です。

契約は簡単

最近のビジネスローンでは、提出書類が少ないものもあります。
自営業カードローンとして、ほとんどその機能が個人用カードローンのような内容が多いです。
事業性資金をたくさん借りようというのではなく、自営業者、個人事業主がビジネスにもプライベートにも利用ができる手軽なカードローンとしての位置づけです。


高い金利と言っても

利息制限法もあり、20%を越えるものはないです。
自営業として、ここで事業性資金の多額の借り入れはしないというのが原則です。
つなぎ資金などで、すぐに返済ができる時に便利な1枚というのがビジネスローンです。
運転資金として、設備投資としてのビジネスローンの使い方は、行き詰まってしまうことが予想されます。

根本的な事業の行き詰まりでの、ビジネスローンの利用では、返済ができなくなってしまうことがあります。すなわちそれは倒産であり、失業であり、今の地位を失うことになります。
自営業の身分では、ビジネスローンの利用でうまく乗り切るというのは、とても大変なことです。
もともとが、高金利のローンであり、使い方を誤ると大変な事態になります。

プライベートにも使える

自営業として、プライベートにも使えるビジネスローンでは、所詮はそんな対応です。
というのは、少額の借り入れに便利だということです。
総量規制対象外であり、個人事業に多少貢献ができる程度の存在です。
ビジネスローンが事業性資金としてだいたいに借りれるというのは、返済が大変になるだけです。

上手に使うこと、それは少額しか借りない。
完済ができる程度であり、多額の借り入れにはもっと低金利のローンの利用をすることです。
融資額は500万円程度はありますが、下限金利でも10%に近いです。

借りる時は良いですが、返済の時には地獄を見ます。
ビジネスローンの利用については、それぞれが認識を持って、高金利であることを自覚することです。

即借りれる

ビジネスローンのメリットはここだけです。あとは、借りることにはカードローン並の金利があること、完済ではなければ、自営業に影響が出ることを認識しましょう。

消費者金融などのビジネスローンでは、甘い審査です。
1枚あると便利ですが、使いすぎは厳禁です。