個人事業主 融資します


個人事業主のキャッシングを考える

個人事業主のキャッシング事情は複雑です。

個人事業主とは?

個人事業主というのはどんな状態なのでしょう?個人で事業を興している人です。1人だけではなく、雇っている人がいたり、家族とともに事業をしている場合も個人事業主です。法人届けをしていない事業主はすべて個人事業主と言えます。

会社員は、会社と雇用形態になっています。
フリーランスと個人事業主の関係ですが、事業をしているフリーランスであれば同じです。
ただし、会社からの仕事依頼でその度契約する働き方では個人事業主ではない場合もあります。


個人事業主は社長?

社長というかその代表者になります。

例えば、自宅を事務所として仕事をしているとします。開業届けでは自宅です。
青色申告もして、経費を差し引いた所得で確定申告もしている。自宅での仕事であり、自宅が事務所。
完璧な個人事業主です。自分が経営者、社長として名乗ることはできないのですが、立場的には代表者になります。

そんな個人事業主のキャッシング

キャッシングしたい時には、その資金調達がどんなモノを使用するか?
カードローンなどでは、事業性資金に流用することが出来ないです。

やってはならないことですが、個人事業主がキャッシングしたい目的として仕事100%に使用するものであれば違反でしょう?正確には、それが事業資金というのならやってはならないことになります。しかし、プライベートで使用したいキャッシングであれば、それは普通に申し込みが出来ます。

個人事業主にはビジネスローンが使える

個人事業主は、法人ではありません。法人では、税制上の問題や書類な度も変わってきます。

しかし、個人事業主のままでは、法人同様のクレジットカードも申し込みが出来ます。
意外に知られていないことですが、個人事業主はビジネスローンでの利用がお勧めであり、審査も通過しやすいと言います。

もし、カードローンで仕事用のパソコン購入であれば、ビジネスローンの利用がお勧めです。クレジットカードも法人用の申し込みが出来ます。経営者として、代表者として職業は、自営として行うことが出来ます。

最近では、在宅ワークなどで確定申告が必要になっている。とりあえず自分で仕事を見つけて、事業申告している。そのような方は、個人事業主用、法人用のキャッシング、カードローン、クレジットカードなどが借入が出来ます。

個人のモノと比較して、経費の区分けがはっきりするだけではなく、限度額も高いと言います。
個人事業主の立場としては、ビジネスローンの方が格上の扱いになります。


ビジネスローンにしたら良いこと

個人事業主が起業や運転資金を借りたい時はどうしたら良いのでしょう?個人事業主の規模もありますが、銀行融資、ビジネスローンも使えますが、日本政策金融公庫などでも対応してくれます。

事業目的だから

個人事業主の存在では、運転資金、事業資金の借入では、会社が事業資金の借入をするのと同じです。
かえって、普通のキャッシングが事業資金としての利用ができません。

起業のためであっても、書類としては○○で起業したい、○○のための資金調達もしたい。
きちんと提出書類があることで借入が出来ます。銀行も審査はしてくれます。
借りれるかどうかは不明ですが、申し込みによって対応しています。


個人事業主は不安定な収入だし、なかなかキャッシングも出来ない

これは大手消費者金融カードローンだったり、キャッシング申し込みの内容です。
確かに確定申告で収入証明書はだすものの、個人事業主ではキャッシングが個人では難しいです。

しかし、ビジネスローンとしたのなら、限度額も上がりますし、審査内容も違います。
借入目的が事業だけではなく、プライベートなものであったとしても返済可能限度額が大きくなります。

不安定な収入ですが、ビジネスローンの審査内容に通ればOKです。
銀行借り入れが出来るとしたら、最初からビジネスローンの申し込みがよいでしょう。
法人ではないのですが、ビジネスで収入があるのですから、法人カードの申し込みが出来ます。

考えてみれば、収入は自分で仕事を見つけて、青色申告をしている。
すべて自分で行なっているというのは、法人ではない事業主になります。
法人と個人の違いではキャッシングの点では事業で生活をしているところでは同じ立場です。

個人事業主の生活と事業資金

例えば、自宅での個人事業主では、事業とプライベートの線引がとても難しいです。
その時に、資金の内容では、実は事業、実はプライベートという点もあります。
これは、大手消費者金融カードローンで事業の資金調達してはならないです。

ところが、ビジネスローンでは両方の資金調達が出来ます。
このことでも、個人事業主では最初からビジネスローンの借り入れがお勧めです。
ビジネスローンの金利では、大手消費者金融カードローンと同様です。
高い金利ですので、わざわざカードローンなどの申し込みはしなくても良いでしょう。

事業資金として、ビジネスローンの活躍が期待出来ます。クレジットカードも法人用が作れます。
こちらも、普通のクレジットカードでは、個人事業主では審査通過しない場合があります。
それが、個人事業主の不安定な収入になります。


カードローンよりビジネスローンの方が良い?

大手消費者金融カードローンでは、安定収入がある20歳以上の方が審査対象です。
パートやアルバイト、個人事業主も審査されることになります。

これだけしか借り入れが出来ないなんて?

個人事業主の中には、実質の所得は低く申告している場合があります。
これは、収入からの経費を差し引くことで、思ったより申告額が少ないと喜び方も多いことでしょう。
これで税金にも影響が出ますので、税制上でも最低限にしている場合もあります。

ところが、キャッシングの時にはこれがマイナスになってしまうことがあります。大手消費者金融では限度額が年収3分の一の総量規制です。低い所得では、大手消費者金融カードローンで借り入れが出来る限度額が極端に低くなってしまうことになります。ですから、こんなに少ない借り入れになってしまう。時には申告年収が少なすぎて、借り入れが出来ないのではないか?そんなことも多いです。

個人事業主では申告する金額によっては、申告額に対する税制とキャッシングの限度額に大きく影響が出ます。案外と、この点では個人事業主のカードローンの厳しい点です。


大手消費者金融カードローンよりも

個人事業主は、最初からビジネスローンの申し込みが良いでしょう。ビジネスローンでは、総量規制対象外であり、その資金調達が年収が無関係のビジネスのための限度額です。申告年収では、赤字があるとしても収入が低いのも当たり前。それで資金調達がほしい。運転資金がほしいと言う審査も柔軟になります。

ビジネスローンの基礎知識としては、個人事業主にはとても有利な審査になる。
大手消費者金融カードローンに申し込みはしないで、ビジネスローンが妥当です。

運転資金だけではないけれど

保証人も必要なく、担保も要らないビジネスローンです。
その時に事業資金だけではなく、プライベートの資金としても借り入れが出来ます。
この自由な借り入れも個人事業主の特権です。

どんな借り方も出来ますが、当然返済能力が必要であり、最低でもその時点での申し込みがお勧めです。
審査が必要になりますが、問題としては大手消費者金融の審査と同じです。

何かというと、収入や職業が問題ではなく、ブラックリストだったり、金融事故情報がない時が必要です。この信用情報の審査だけは、ビジネスローンも同じです。

中には金融事故情報でも借り入れが出来る

ビジネスローンも甘い審査のところがあります。個人事業主だとしても、多少信用情報が金融事故情報が些細なモノがあるとしても借り入れが出来るでしょう。ビジネスローンというのは、個人事業主にとってはありがたい存在です。


個人事業主の立ち位置は優遇されている?

個人事業主のキャッシング事情では、最初から何かと問題解決が必要です。

得する個人事業主

個人事業主は実は個人のカードローンとビジネスローンの両方の申し込みが出来ます。
これは、事業資金、運転資金としても銀行借り入れが出来ます。銀行だけではなく、日本政策金融公庫にも申し込みができます。個人事業主として事業に必要な資金として事務所を借りたいとか、パソコン購入などの目的で申し込みも出来ます。

銀行よりは申し込み対象の間口が広いです。個人事業主の経営者として認められる事になります。開業資金なども日本政策金融公庫で調達が可能です。


準備として

個人事業主では、届け出としては開業届けがあります。これで青色申告が必然になります。
収支決算書が必要になりますが、これは事業資金借り入れでは絶対に有利になるものです。
開業届で貯金通帳で屋号で明記が出来、事業の収支もはっきりと出来ます。

ビジネスローンや融資だけではなく、クレジットカードも法人用のものが申し込みが出来ます。

その一方で

大手消費者金融カードローンも申し込みが出来ます。こちらはアルバイトなどと同様で確定申告書で年収提出をした上で、年収3分の一範囲内での限度額が借り入れが出来ます。

ビジネスローンの方が限度額が高いのですが、大手消費者金融カードローンでのプライベートのキャッシングとして区別することも出来ます。ビジネスローンとカードローンの両方のカードの使い方ができます。

会社員では不可能なことが、個人事業主では融資先がいろいろとあります。
銀行ビジネスローンもあり、個人事業主も申し込みができます。

ここからの法人の選択肢もありますが、とりあえず個人事業主での融資は、個人でも法人用でも自身が経営者になることでの恩恵が多いです。多く借り入れをしたいのなら、ビジネスローンの選択がベストです。従業員がいない1人だけの従業でも良いのですが。、家族を専従者と置くことも可能です。

運転資金とプライベートの借り入れが同時に出来る。その際には、青色申告の収支報告書ではきちんと区別して記載することは必要です。そのためビジネスローンとカードローン、クレジットカードも法人と個人のものを持つことが便利です。

審査基準がそれぞれですが、余裕があると、個人事業主では、事業とプライベートをすべて分けることで何かと便利です。個人事業主と言っても、1人事業でも経営者です。経費のための借り入れでは、ビジネスローン関係の申し込みが出来ます。


個人事業主は不安定収入と判断される?

個人事業主の収入は、不安定としている消費者金融も存在しています。
大手消費者金融でも銀行でもカードローンでは、個人事業主も審査対象です。

甘い審査では難しい場合も

個人のキャッシングですが、中小消費者金融ですが、申し込み条件として毎月給与が安定している方、もっと言うと正社員限定のところが存在しています。わざわざ個人事業主は対象外とされています。

確定申告があるとしても、サラリーマンではないことで不安定収入になってしまいます。
個人事業主としては黒字経営だとしても、この場合はどうしても申し込みが出来ないでしょう。
ブラックリストで中小消費者金融に申し込みしたけれど、個人事業主が厳禁となってしまうのは厳しい状態です。ただし、一部です。


個人事業主風俗嬢

風俗嬢の働き方として、毎日通勤ではないのですが、毎月の収入を確定申告して、個人事業主となっている場合があります。キャバ嬢とソープ嬢、デリヘル嬢などでは働く条件も違うのですが、申告をすることで個人事業主風俗嬢が誕生します。

勤務先が風俗店ですが、日払いなどで働いている。年収にしたら1000万円近く行く方もいますが、確定申告した上で、年収を算出して、納税している風俗嬢もいます。この場合、カードローンの審査では有利になります。

たいてい風俗嬢では限度額が低いのですが、確定申告上の個人事業主では働き方内容だけではなく、日常生活でも自己管理が出来ているという判断になります。パートやアルバイトの風俗嬢とは違う見方をされることで、審査は断然有利です。風俗店では確定申告を推奨している場合もあり、そうなると風俗系の個人事業主になります。

普通の風俗嬢とは違う存在になります。それなりの収入があるので、確定申告で納税義務はありますが、そのこと自体も審査では高い評価です。確定申告ソフトもありますので、やり始めたら簡単です。

不安定としても

審査次第で借り入れが出来るのは、信用情報の内容が個人事業主でも大きなポイントです。
普通の審査基準としては、金融業者ではポシャっては困ってしまうというリスクは生じます。

ですから、借り入れ限度額が少ない。確定申告で納税対策で収入を抑えていることで、つまり借り入れが出来ないこともあります。不安定さがポイントになりますが、金融事故情報があっても、個人事業主OKであれば中小消費者金融でも借り入れが出来ることがあります。一応、申し込み条件の確認は必要ですが。

個人事業主はビジネスローンも借りれる

そこで、個人事業主ではカードローン以外にも事業資金の借り入れしたいとビジネスローンの申し込みも出来ます。風俗嬢は難しいですが、その他事業の証拠があるのなら、不安定収入として認定されるカードローンではなく、ビジネスローンなら話しは別です。総量規制対象外であり、事業だけではなく、プライベートの資金としても借り入れが出来ます。