個人事業主 融資を受けたい

個人事業主なら持っておきたいビジネスローン

個人事業主が簡単に融資を受ける方法はビジネスローンでしょう。
カードローンの要領で審査が受けることができます。多少提出書類は増えますが。

ビジネスローンの種類

銀行ビジネスローンは、実は個人事業主の利用ができないです。
銀行融資は可能ですが、ノンバンク系のビジネスローンしか使えないことになります。

大手消費者金融などでもビジネスローンがあります。
この場合、個人事業主は使えるけれど、法人では使えない。うまくできているものですが、ビジネスローンでは個人事業主はノンバンク系の審査しか受けられないということです。

ビジネスローンについて

ビジネスローンですから、個人で持つカードローンとは違います。
ノンバンク系のビジネスローンの多くは、最短即日融資ができます。
欲しい時にすぐにお金を作る事ができます。

これは、大手消費者金融対応と同じ感じでとってもらって良いです。
審査が早く、最短数時間での入金がある場合も。
ですから、資金ショートを救われたなどの口コミも多いです。

保証人もなし

これも嬉しい対応です。個人事業主では、保証人を立てずに融資を受けることができます。
これが法人になると、代表者が連帯保証人になります。この点では個人事業主では大きなメリットになります。
借りたい時にすぐに申込ができる。

総量規制対象外

個人事業主で収入が少ない方にとっては、この部分は大きなメリットです。
事業資金と生活の区別が曖昧な個人事業主にとっては、収入が少なく総量規制範囲内でしか借りられない個人のカードローンでは、資金不足になります。
ビジネスローンではプライベートの用途もあり、事業資金以外でも使えるお金が増えます。

個人事業主だからこそ、ビジネスローンの利用はオススメです。
開業資金でお金がない、収入が安定していない時に計画的なビジネスローンの利用で、事業展開だけではなく、生活の立て直しができることはメリットとして大きいことでしょう。

申込には慎重に

審査があるビジネスローンですが、銀行融資と比較すると、審査は安易です。
個人情報などで不安がある方は、中小消費者金融系のビジネスローンのチャンスもあります。
事業資金として返済計画をきちんと立てた上で、継続的借り入れにならない程度に調整することができるのなら、個人情報としては備えておきたい1枚です。

限度額の範囲内で自由に使える便宜性もビジネスローンの得意とする使い方です。カードローンを作るのではなく、個人事業主は最初からビジネスローンの利用で事業資金の確保も1つの提案でしょう。

ビジネスローンの落とし穴 融資は受けたいが継続はNG

個人事業主にメリットが多いビジネスローンですが、最低1年以上の事業をしていることが条件です。
開業資金として、準備金としての借り入れは絶対にできないです。

審査に必要な書類が揃わない

審査では、申告決算書、収支内訳書が必要です。
せめて事業をしてきた証拠などが必要であり、年収設定もできないです。

融資、キャッシングでは職歴も浅ければ、審査に通らないですが、ビジネスローンも同様です。
経営者としては、簡単に借り入れができるビジネスローンですが、自己資金がなくなった、開業間もない場合のビジネスローンの利用はNGであることを承知してください。

長期の資金繰りはしないこと

ビジネスローンのデメリットは高い金利です。
どうしても長期で借り入れをすると、完済前に次の借り入れの繰り返しになります。
この場合、金利がかさむだけで、元金返済が大変になります。

一時的な資金調達だけに有効であり、事業資金だけで運転資金には不向きです。
もしもの時、つなぎ資金のためのビジネスローンの使い方をするようにしましょう。

どうしても運転資金として融資を受けたい

個人事業主として、資金繰りが大変になり、ビジネスローンの利用をしている。
しかし、今後の行方が不透明な場合は、法人化することも提案します。
これは、法人化することで銀行融資や日本政策金融公庫融資などの借り入れをできやすくするためです。

個人事業主では与信が少ないですが、法人化することによって、格上げができます。
ビジネスローンの資金でなんとか経営が回っている間に、個人事業主の脱却の形を取ることも検討してみてください。

甘い審査のビジネスローンは借りない

甘い審査では、今の状態でも借りれる環境はできます。
しかし、金利が高くなるだけではなく、返済負担がお菊なっていくだけです。ビジネスローンでは、甘い審査の資金調達に走ることで、最終的には返済ができなくなってしまう事態も考えられます。

事業資金の方法としては、ファクタリングもあります。
これは売掛債権を現金化して、キャッシュフローを獲得する方法です。
借り入れではなく、一時的なキャッシュフローで事態打開です。
ただし、この方法も継続的利用は回避してください。
そのため、事業資金を銀行融資ができる環境としての法人化の提案になります。

今後の事業展開を踏まえてのことですが、このまま個人事業主としての資金調達がうまくいかない時には、検討してみるのもありです。ビジネスローンもファクタリングも今だけの現金調達法と考えることです。

いわゆる自営者カードローンのメリットとデメリット

個人事業主だけが持てるカードローンもあります。
大手消費者金融では、自営者カードローンとして使途自由な内容になっています。
融資を受けたい時に事業資金なのか、生活費としてなのかが不明な時に、個人事業主なら、こうした自営者カードローンの選択が賢いです。

基本的には事業性資金用

自営者カードローンでは、事業資金と使うことを目的としたカードローンです。
しかし、実際にはプライベートにも使ったとしても返済をきちんとすることで、内容を問われることはないです。ここが個人事業主奈良での臨機応変さです。

限度額は低め

これでは不足してしまう。
確かに、限度額はあまり高くないです。ですから、運転資金などには不向きになるでしょう。
返済が可能な範囲で計画的な利用、つなぎ資金などだけに使用することが必要になります。

カードローンですから、ずっと限度額いっぱい借り入れしていることがないようにしたいところです。
限度額が低いのも、そういった意味である程度のブレーキになることでしょう。
大口融資をしたい方は、こうしたカードローンの借り入れではなく、公的資金などの申込が必要です。

総量規制対象外

ここが最大のメリットです。
収入に関係なく、個人事業主の特権になります。経営者として、何かと入用な資金としても使えます。
保証人も不要であり、それなりのステイタスも持つことができます。
ただし、金利が高めであり、カードローンとしては一時的な利用がオススメです。

消費者金融系カードローン

どうしてもカードローンというと消費者金融系の商品になります。
もともと金利が高い設定です。ただカードローンという性格上、使い方が実に多彩です。
銀行のビジネスローンを持つことができない個人事業主にとっては、事業資金だけではなく、プライベートでもあると何かと役立ちます。

大手消費者金融では各社個人事業主のためのカードローンの用意があります。
審査はほぼ横並びですが、決定的な赤字決算ではない限り審査は通る可能性は高いです。
銀行融資よりも敷居が低いです。金利との比例する甘い審査ですが、使いすぎは禁物です。
個人事業主が持てるカードローンとして、どうしても必要な時の切り札的な存在と思っていた方が良いでしょう。

中小消費者金融などもビジネスローンの用意はありますが、こちらは審査が甘い分金利が高めになっています。最初からの申込なら良いのですが、大手消費者金融審査落ちで、どうしてもという場合、無理にオススメはできません。

個人事業主ならやっぱり日本政策金融公庫がオススメ

開業資金として個人事業主が日本政策金融公庫から融資を受けることができます。
個人事業主、中小企業のサポート目的のための日本政策金融公庫ならではの対応です。

ところで、日本政策金融公庫とは?

2008年に国民金融公庫、農林漁業金融公庫、中小企業金融公庫が統合されてできた政府100%出資の金融機関です。

目的の一つには、開業しやすい環境つくりがあります。
倒産してしまう企業を少しでも食い止める、同時に開業に対してのバックアップをすることがあります。
開業資金の低金利提供によって、その役目を果たしています。

ですから、自己資金が少ない経営者になりたい方の応援だけではないのです。
開業したての資金援助などにも積極的に対応しています。

大切な計画書

ただし、無計画な資金調達には簡単には審査は通さないです。
審査担当者は、実現可能な内容であるかをしっかりと精査します。
しかし、開業当時では実現性に乏しい内容も少なくないです。

そこで、日本政策金融公庫では多少オーバーなプレゼンテーションも有効だと言います。
開業のためなら創業計画書や補足のための資料を多く提出してください。

また、既に開業している場合も改善点、工夫点などの詳細な資料があると良いといいます。
この作成には時間もかかるのですが、その熱意が審査内容に大きく影響があると言います。
少し信じられないような話しですが、オーバーアクションで資金を手にしている方も少なくないです。

大切なことは

日本政策金融公庫の融資を受けるためには、計画書の作成とその準備をしっかりと行うことです。
実現可能な範囲内での数字の羅列なども提案してみてください。

日本政策金融公庫の審査は難しいと言うのは、この面倒な資料と詳細な質問が多いことです。
1回で簡単に融資対象にならないにしても、何度も通ったりしている方もいます。

なぜ日本政策金融公庫がオススメ?

それは、低金利の一言に尽きます。
少なくともノンバンクのビジネスローンと比較をしても最大10%以上の金利の開きがあります。
100万円借りた時の10万円と1万円の返済の差はとても大きいです。
個人事業主の応援のための金融機関なのですから、しっかりと融資を勝ち取りましょう。

既に、何年も経営している場合でも、同じことですが、特に開業間もない個人事業主にはなくてはならない存在です。一度審査が通ると、次の審査からは比較的らくに融資を受けられます。ここもメリットとしては大きいことです。

個人事業主なら信用保証協会の保証を受けてみるのは?

信用保証協会は、中小企業や個人事業主のための機関です。
公的機関である信用保証を行うと、金融機関は個人事業主などにも融資がしやすくなります。

信用保証協会では、返済ができなくなった個人事業主の買われに代位弁済をしてくれることになります。
要するに、連帯保証人のような立場です。

信用保証協会で借りる

直接銀行融資で審査落ちする個人事業主でも、信用保証協会の保証を手にすることで、銀行の対応が変わることは大きいです。信用保証協会の保証付融資では、資金調達がしやすくなることは間違いないです。

申し込むのは、信用保証協会ではなく融資依頼の銀行になり、その審査を受けることになります。
信用保証料がかかるのですが、これで銀行融資の道が開かれます。

信用保証協会の審査

基本は信用情報の内容です。
金融事故があると借り入れができないです。返済能力は、決算書で判断をします。
赤字決算が続いていたりすると不利ですが、融資金額の使途などがはっきりしている事業計画書があると、審査が有利になります。

金融機関融資を受ける内容と同じですが、保証ができる個人事業主なのかの判断はなかなか手厳しいです。日本政策金融公庫よりも審査基準は厳しいかも?と口コミが多いです。

銀行を味方にする

銀行としては、信用保証協会の保証がある融資は嬉しい商品になります。
ですから、銀行にどうしたら審査に通るかを相談してみましょう。
書類作成などで確認をしてもらうことで、こうした審査に通りやすいなどの相談をすることです。

できれば、懇意にしている銀行とのやり取りが有効でしょう。
銀行としても決して悪い話しではないため、親しい間柄のほど強い味方になってくれるはずです。

銀行の審査もある

信用保証協会付きの融資先の倒産では代位弁済は80%になりました。
そこで、最近では信用保証協会の審査の前に銀行の審査があります。
以前より厳しい内容ですが、個人事業主ならこの審査も受けることです。
確かに厳しい審査は銀行が絡むと存在するものです。

しかし、信用保証協会の保証があるのなら、銀行融資そのものはスムーズになります。
ビジネスローンの選択よりは返済負担が小さいこと、地域に根ざした存在になるなど、個人事業主としての地位も上ります。商工会などにも関わりを持つことで、融資の範囲は拡大することもあります。

個人事業主が、負担を軽減しながらの融資を受ける機会は多いです。
基本としては、銀行融資、日本政策金融公庫融資を第一候補として検討されることをオススメします。