個人事業主 ファクタリング

個人事業主でも売掛金があれば早期現金化が可能?

ファクタリングについては、銀行融資NGにとっての救世主的な存在です。
資金調達方法として、「借りる」のではなく、売掛債権を現金化するという画期的なことです。
買取してくれる業者として、ある程度の手数料を儲けとしています。ですから、できるだけ大きな売掛債権が良く、あまり中小企業、個人事業主に対しては積極的な対応はしていないのが現状でした。

ところが、最近では資金調達方法の1つとして、規模が小さなファクタリングの活動が活発になってきています。そこで、個人事業主でもファクタリングに成功している口コミも登場しています。

ここで言うファクタリングは買取ファクタリング

取引先からの売掛金の回収を早期にするのではなく、ファクタリング業者が間に入って先に現金化をして資金調達をします。取引先は、ファクタリングの事実を知らされない2社間ファクタリングと取引先も巻き込む3社間ファクタリングがあります。

取引先にとってみれば、支払うことを前提の関係ですから、了承をすることで3社間ファクタリングなら、ファクタリング業者に直接支払うことになります。この時には債権譲渡登記になり、早々と現金化ができます。

2社間ファクタリングでは、取引先は現金化したことも告げることがなく、あとは取引先の信用問題でファクタリング業者では、その信用力などを手数料に反映します。取引先は、今までどおりの関係性を保つ事ができ、普通に支払いをしてもらってから、ファクタリング業者に支払う形になります。

もう1つのファクタリング

それは保証ファクタリングですが、取引先の貸し倒れがある場合に、保険をかける形です。
売掛債権の現金化で資金調達ではなく、危ない取引先の場合回収できない売掛金の保証を行うものです。

悪い噂があるけれど、簡単に関係を断ち切れない取引先を持っている場合、相手が法人でも個人でも利用ができます。支払い側に知られることなく、個人事業主としての見の安全を作る事ができます。

まだまだ個人事業主に厳しい?

ファクタリングが、中小企業や個人事業主対応を始めたと言っても、まだその数は少ないです。
また、面談を必要とする場合も少なくなく、全国対応のファクタリング業者も限定的です。

中には交通費支給での面談などもありますが、個人事業主では足元を見られる、売掛債権の額で線を引かれることもあり、まだ充分な市場形成ができているわけではないです。
口コミなどを参考にするとと同時に、他の資金調達方法も同時進行されることはおすすめです。

3社間ファクタリングは支払条件がとても良いことで個人事業主は助かる?

個人事業主が資金調達の必要がある時、銀行融資、手形(一部は電子手形)などの方法があります。
融資に関しては、審査の不安だけではなく、融資までの時間がネックになります。

経営者としては、すぐに資金が必要な時には、審査そのものが邪魔な時間となってしまうことも。
審査通過の問題だけではなく、資金ショートの場合は、待っていられないということでしょう。

支払い条件は?

売掛債権が存在していることです。
中小企業も個人事業主の売掛金が問題です。
融資と違って売掛金以上の現金化はできないですし、100%の現金化もできないです。

ファクタリング業者としては、2つの条件で手数料が変わります。
ファクタリングは、申込された時に問題にするのは取引先の信用情報です。
支払いが確実にできる会社なのかどうかが大切な要件です。
申込者の信用情報では、赤字の会計処理でも未税の立場でも関係ないです。
要するに銀行融資ができない信用情報だとしても、ファクタリングには何ら支障がないです。

このことが業績が思わしくなく、融資を受けられない個人事業主にとっても良い存在です。
売掛債権の中で、ファクタリングでは現金化をするかわりに手数料だけを徴収するになります。
そのパーセンテージは、取引先の信用情報と取引内容で変わります。

3社間ファクタリングの魅力

手数料を少なくしたい時には、3社間ファクタリングがベストです。
支払条件は、取引先にもファクタリングをすることを告げて、債権譲渡登記も行う方法です。
要するに、取引先からの支払いは直接ファクタリング業者に行くことを了承して契約をします。
ファクタリングとして取引先の信用情報もわかり支払いができると分かれば、数%の手数料で売掛債権が現金になります。

法人でもそうですが、取引先にしてみれば、支払い金額には差がないことです。
ただし、この方法では現金がすぐにほしい個人事業主だという、取引先が信用しない場合があります。
できれば、経営が危ないと知られたくない場合には使えないのですが、低い手数料の存在は大きいです。

取引先との関係性の問題

資金調達法としては、既に売上のあるものを現金にするだけ。
本来の支払いでは今の経営が間に合わないから、現金にしたい。それを取引先が知ったとしたら?

確かに経営者としては、不安なことですが、関係性が良いのなら、現金化を告げる3社間ファクタリングこそ安心です。業者にしても、取引先が承知していることで、回収リスクも低く、即日融資も対応しています。利用者としては、悩ましい選択になりますが、きちんと取引先と相談ができる関係なら、今ちょっときついから3社間ファクタリングするわ、そう言えれば現金化の割引率が低く、資金も多く手に入ることになります。

もちろん取引先には告げない2社間ファクタリングもあり、取引先には知られずに現金化ができます。
その時手数料は多くなってしまうだけですが、信用力が低下することはないです。

個人事業主のファクタリングのメリット

以前は個人事業主のファクタリングをしている会社はありませんでした。
今では、国も推奨している資金調達方法になっています。

なぜ個人事業主はファクタリングができなかった?

現在もすべてのファクタリングで個人事業主に対応しているか?というとそうではないです。
未だに、個人事業主のファクタリングをしていない会社の方が多いです。

その理由は、

  • 売掛債権の額が小さい
  • 取引先も個人事業主では信用情報がわからない
  • 新規の個人事業主では、取引できない
  • などです。

    ファクタリングの会社は、売掛金に対して手数料を取ることが儲けになります。
    もともと小さな売掛債権の場合は、儲けも少ないです。取引先の信用情報がファクタリングの審査にあたります。

    しかし、個人事業主では信用情報が不明であり、回収リスクの大きさを図る事ができないです。
    そして、できたての個人事業主では、売掛債権そのものの信用が低いです。売り掛け先が法人で、ネームバリューのある会社なら良いですが、そうではない場合は、回収そのものができるかがわからないです。

    個人事業主の売掛債権

    最低30万円程度とされていますが、ファクタリングのもともとが2000万円程度でも低額とされる時代です。そんななか、100万円以下の売掛債権を扱うファクタリングが、個人事業主対応の会社として認識されることがあります。個人事業主でも、高い信頼性があれば、売掛金を現金化することが可能になっている。

    まだ会社は少ないですが、これからの資金調達方法としてねスタンダードな形になっていくことは間違いないです。まだ、個人事業主にとっては途上のファクタリングになりますが、借金ではない方法でも資金調達法として注目です。

    2社間ファクタリングなら

    取引先にファクタリングの存在を知られずに、売掛債権を現金化する方法です。
    メリットは、取引先の信用をそのままで現金をすぐに入手できることです。しかし、手数料が高いのが特徴であり、もともと少ない売掛金の場合は、なかなか苦しい会計処理になります。

    審査もなく、自分の会計が悲惨であったとしても現金を手に入れることができる。
    それが2社間ファクタリングのメリットですが、資金があることで、少ない現金化を大きくできるチャンスなら、是非検討してみてください。本当の資金調達方法は銀行融資などです。申込から審査、融資まで時間がかかることですから、その間のつなぎ融資としてもおすすめです。

    最終的には、銀行融資などの方が低金利であり、返済はあったとしても長い目で見れば、お得になります。しかし、審査は簡単ではなく、今すぐ欲しい資金ができない点においては、ファクタリングの利用が良い場合もあります。

    要注意!個人事業主の会計の処理は大丈夫?

    個人事業主として資金調達の必要になった時、どんな会計処理をしているかでも、審査内容が変わることがあります。税理士や会計士が存在している個人事業主では、そんなことはないのですが、自分だけで会計処理をしている場合、資金の調達には、少し整理しなければならないことがあります。

    その費用は本当に必要だった?

    個人事業主では、事業費と生活費がごちゃまぜになっている場合があります。
    事業としての経理がきちんと把握されていない場合です。

    自宅などを事務所としてる場合は、曖昧になってしまう事業費ですが、ここはきちんと白黒付けて、ここまでが事業費、生活費と会計処理をすることが必要です。

    ファクタリングでも審査が入る?

    ファクタリングでは、信用情報の確認は原則的にないです。
    売掛債権があれば現金化ができると聞いたけれど、という方も多いですが、そればかりではないです。
    事業決算はもちろんですが、計画書などの提出書類はあります。

    売掛債権だけを渡せばいいんじゃない?それはないです。
    取引先の情報ももちろん必要であり、過去に取引している実態ももちろんです。
    経営者として、会計処理の部分である程度書類が揃っていることが必要です。

    審査ではないのですが、税金未払い、会計で使途不明金が多すぎるなどの事実があれば、ファクタリングができないことがあります。審査がないと聞いて、ブラックだけど申込したかった。
    信用情報のブラックが問題ではなく、事業資金の使い方などが問題になるだけです。

    ここは決めよう

    まず個人事業主対応のファクタリングの会社を見つけることです。
    来店必須とインターネットで来店不要でできるところがあります。地域に応じて確認してください。

    会計書類ですが、事業内容と入金と出金がわかる出納簿夜取引先との書類などをすべてそろえます。
    中小企業でも法人であれば、これらの書類はありますが、個人事業主ではきちんと揃っていない場合があります。経費がかかるのですが、税理士などに相談されて、会計処理をきちんとしておくことが必要です。銀行融資でも同様です。

    支払い条件として、このような書類がファクタリングでは絶対に必要になってきます。
    未税部分に関しては、多少甘いファクタリングでは、対応もありますが、手数料が多く取られることはあります。資金調達としての最適な方法ではなく、ファクタリングは最速であり、返済負担がないことがメリットです。金額が問題であれば、今の会計処理では対応してもらえないとか、信頼性に欠ける場合は、別の資金調達法も検討されることです。

    いずれにしても、会計処理ができていない個人事業主では、これからもなにかと不便になります。
    法人になる必要はないのですが、お金のことはスッキリと整理しておく、それからのファクタリングなり銀行融資が必要でしょう。どうしたって、資金が今すぐほしいのであれぱ、このカードローンでのつなぎ融資の調達もあります。

    個人事業主のファクタリングは本当にしているのか?支払例だけではなく、きちんと確認を

    最近、ファクタリング会社ではあえて個人事業主などを対象に顧客募集しているところもでてきました。
    限度額が1000万円という内容ですが、本来ファクタリングで1000万円と言えば少ない部類に入る数字です。

    内容は良く確認を

    最低10万円からのファクタリングに対応。そんな広告記事もあります。
    おまけに手数料も数%と書いてあり、飛びつきたいのはわかりますが、個人事業主だからこそ気をつけたいことがあります。それは、ファクタリング会社の多くが手数料の最低金額しか提示していないことです。これだけ低い手数料ですからというのは、一番安くて、です。

    売掛金がいくらであろうと、取引先の了承を得て、債権譲渡登記も行い、3社間のファクタリングの場合です。おまけに取引先は必ず法人であり、信用情報的にも問題がない支払い条件のみ手数料が安いのです。

    支払い側がファクタリングでもきちんと対応していて、契約でも問題ではなく、と言う場合。
    それが手数料も低く、売掛金が10万円でも対応しているファクタリング会社になります。
    それ以外で、取引先が個人事業主、2社間ファクタリングなどでは、手数料が上ります。
    そして、手数料の上限の標記が全くないです。

    査定は無料

    依頼前には査定を必ずしてもらうのですが、無料とある場合が多いです。
    この時に、インターネット完結であれば良いのですが、出張査定の場合は、出張の手数料がかかることがあります。この標記もあまりなく、査定無料はたいてい会社持ち込みになることが多いです。

    不親切なホームページなどでは、個人事業主に対して、安いことばかり強調してしまうことがありますが、実はあとから手数料がかかることも多いです。会計処理がうまくいっていない場合は、それに対しての引く手信頼性があり、手数料を取るようなところも少なくないです。非常に厳しい現実です。

    最近できたファクタリング会社で個人事業主をはじめましたというところもあります。
    そうではなく、今までは個人事業主のファクタリングはしていなかったけれど、と言う老舗ファクタリング会社の方が信頼は厚いです。契約実績も多い、口コミも多い、評判が良いところです。決して手数料が安いだけではなく、きちんと対応してくれるところであり、個人事業主の対応が良いところがオススメです。

    それには、事前のリサーチが必要であり、同時に必ず無料の査定も依頼してください。
    比較サイトもありますが、個人事業主のファクタリングだけでは採算が取れない状態です。
    ですから、選択するファクタリング会社の内容も確認しなければならないでしょう。支払例が少額売掛債権も現金化していることが必要ですが、問い合わせなどをしてみて、しっかりと事実を把握することも必要です。