キャレントはちゃんとした会社?

キャレントは正規の貸金業者

消費者金融キャレントは、中小消費者金融です。ホームページを確認してみると、スタイリッシュなサイトです。そして、正規の消費者金融であることはわかります。

消費者金融のホームページ

キャレントほどのホームページは、消費者金融では珍しいです。大手消費者金融は別ですが、多くの中小消費者金融のホームページでは、それほど凝ったデザインはないです。消費者金融の情報としては、金利などのスペックと質問コーナー。商品案内などですが、キャレントの内容はスッキリとした印象です。

ホームページでは、キャラクターがあるサイトもありますが、それはヤミ金との区別を意識するものでもあります。キャレントはキャラクターはないですが、ホームページをみる限り、スマートであり、無駄のない印象があります。

中小消費者金融としては後発

中小消費者金融では老舗も多いですが、キャレントはネット専業の中小消費者金融として登場しています。最近の形であり、特徴は店舗がないことと申し込みがインターネットのみです。

新しい中小消費者金融に関しては、ポッと出の金融業者も少なくないです。昨年はあったけれど、今年にはなくなっているところもあります。キャレントの今後は不明ですが、新しいネット専業の中小消費者金融としての活躍が期待されます。

口コミはまだ少ない

知名度で行くと、中小消費者金融でもそれほど利用者はいないでしょう。口コミ情報は多くないところをみると、大丈夫な会社?という疑問は当然出てきます。

でも、大丈夫です。キャレントは、ブラックでも柔軟審査が期待できる貸金業者であり、大手消費者金融や銀行カードローンでキャッシングできない方でも借りれる可能性があります。新しい中小消費者金融というだけで、不安なことはないです。

インターネットで365日24時間申し込み可能

インターネットですから、いつでも申し込みができます。審査は、営業時間の9時から始まり、土日は休業です。ローンカードはなく、振込専用のキャッシングです。

三菱UFJ銀行からの振替で返済ができますが、キャッシング振込は全国の銀行を指定することができます。ここも新しいキャッシングと返済の形になります。

これから、中小消費者金融申し込みを検討されている方で、三菱UFJ銀行に口座がある方の返済がとても楽になりますので、おすすめしたい金融業者です。ヤミ金ではなく、金融庁登録の会社であり、日本貸金業協会にも加盟していますので、安心して申し込みができます。会社的には不安材料はないです。

キャレントはコチラ>>>

キャレントの黒歴史

キャレントはネット専業の中小消費者金融です。任意加盟である日本貸金業協会の会員であり、大手消費者金融同様の消費者金融としての評判があります。まだ新しい金融業者ですが、ヤミ金ではないです。

過去の経歴をみると

どうしても貸金業者には、それなりの過去があるところがあります。キャレントも実は経緯があります。福岡のアットネクスト、阪神金融センターという会社との関連は否定できないです。フリーダイヤルが同じということで言えば、なにかしらの関係があると言えます。

これらの金融業者が、ちょっと怪しい経営をしていたことが疑念は拭えないです。東京に本社があるキャレントですが、過去を掘り起こすと、ホコリは出てきます。一応、グレイな口コミもありますが、キャレントに不安がないわけではないでしょう。

ただし、今は違うようです。いろいろと調べたのですが、今のキャレントではアットネクストも阪神金融センターも無関係という対応です。聞いても教えてくれないですが。

それぞれの金融業者の過去

審査が甘い中小消費者金融では、経営上の紆余曲折が多いでしょう。簡単に貸金業者を営む事ができないため、倒産した金融業者をそのまま引き継ぐ場合もあります。

過去の怪しい貸金業者の社名を変えて、今は健全経営の中小消費者金融はたくさんあります。そこが、今はランキングでも上位の優良貸金業者として挙げられルこともあるのですから。

結論として

今のキャレントに関しては、不安はないです。日本貸金業協会会員、登録もしている正規のネット専業中小消費者金融としての経営をしていると言えます。

過去の情報では約10年前くらいのものであり、今のキャレントそのものそんなに経営しているわけではないです。万が一過去がそうであったとしても、今は大丈夫と言うことが言えます。口コミでも、ブラックが借りれる金融業者です。また、同時に審査落ちもいます。

極甘審査を期待する方は、キャレントは簡単ではないようです。一応、返済ができると認められないと、ブラックでも審査に通らない方がいます。この点でも怪しい金融業者ではない証拠です。

福岡のキャレントとアットネクスト

福岡のキャレントは今はないのですが、悪評です。そして、アットネクストは今でもあり、キャッシングの紹介屋のようです。さらに、住所は東京のキャレントと同じです。ということで、キャレントとアットネクストの関係はまだあるかもしれません。

もしキャレントにキャッシング申し込みをして、他の金融業者の紹介やアットネクストどうのの話になった時には、断れば良いことでしょう。今は違うと思われますが、昔の話を掘り起こして責めることはないでしょう。

キャレントはコチラ>>>

キャレントの対応は神じゃない?

キャレントが中小消費者金融であり、ヤミ金ではないのは金融庁登録と日本貸金業協会会員であることで証明できます。

365日24時間インターネット申し込みができるネット専業の貸金業者です。ネット専業とは、店舗を持たないことを意味します。また、申し込みがインターネットだけという点においても、他の中小消費者金融とは違います。

インターネットだけで十分

キャッシングの申し込みでは審査だけができれば良いです。申込者の情報はインターネットの入力でOKです。信用情報もキャレントで行う事ができます。

審査は、コンピューターで行うことで、審査スピードは早いです。審査結果はメールです。そして、審査に通れば指定した銀行振込で完了。中小消費者金融では珍しい、即日融資ができるのがメリットです。店舗がなくても大丈夫です。審査で申込者の内容がNGなら、バッサリと審査落ちです。

新しい返済方法の形

三菱UFJ銀行からの振替返済が可能です。大手消費者金融や銀行カードローンでは当たり前の振替返済ですが、中小消費者金融ではたいてい自分で銀行振込の返済です。

しかし、キャレントでは、三菱UFJ銀行に口座があれば返済が振替してくれます。この点では、とても便利であり、中小消費者金融にしては画期的です。新しい会社ということもあり、注目です。

即日融資も対応

口約束だけではなく、審査が早いです。そして、18時までの申込者に対しては当日の審査結果のメール対応をしています。ギリギリでは危ないですが、即日融資は14時までの審査完了ですが、その後の審査になったとしても、お知らせがきます。

審査では在籍確認があるので、勤務先の時間によっては、キャレント社内までの審査結果になりますが、このお知らせメールも画期的です。ですから、他の中小消費者金融にあるような審査結果がいつまでも届かないということはないです。キャレントは、ちゃんとした会社という評価はここにもあります。

在籍確認について

申込者の内容、信用情報もOKですが、在籍確認ができないとキャッシングができません。しまった、今日は研修で社内に誰もいないとか、たまたま電話に誰も出ないなどのアクシデントで在籍確認ができないと、審査に落ちます。キャレントとしては、勤務先詐称?という疑いが出ます。

在籍確認については、キャレントですが◯◯さん(申込者)はいますか?という聞き方は絶対にしないです。必ず、キャレント担当者の個人名で私用電話的な内容ですから、キャッシングの在籍確認だとはバレないです。そこは安心してください。

キャレントはコチラ>>>

キャレントでは500万円が限度額

キャレントの商品はキャレントスーパーローンしかありません。1万円から500万円までのローンです。金利は最高18%であり、中小消費者金融としては低い部類に入ります。ちなみに、大手消費者金融でも18%の金利の商品はあります。

事業資金としても

申込者によってですが、この500万円というのは事業資金としても借りる事ができます。この場合は、個人のキャッシングとは違い、提出書類が増えます。事業資金として使用するのなら、総量規制対象外になり、条件が変わります。

消費者金融で、事業資金として認める場合は、キャッシングとは別に商品を用意していますが、キャレントの案内では、スーパーローンだけです。内容に関しては、申し込みのフォームで選択することになります。提出書類によって、キャレントで判断します。

借入診断もあり

他社借入や遅滞の情報ですが、あまりあてにならないです。どんな条件でもまずは申込をしてみることです。借入が可能だとしても、審査次第という回答になります。というのも、収入の有無などがないため、回答はできないでしょう。

ちなみに、専業主婦の申込はできないです。中小消費者金融では、配偶者貸付といって、配偶者の総量規制範囲内での専業主婦の借入ができるところがあります。大手消費者金融では専業主婦はNGですが、中小消費者金融だけの特別な対応です。

ところが、キャレントでは配偶者貸付がないので、アルバイトやパートでも収入があることが条件になります。ここは特別ではないです。

返済は任意の日

返済は都合の良い日を選べます。毎月一定ですが、10日間の猶予があります。というのも、25日の返済日になった場合は、15日からの返済が可能です。毎日金利が関係しますので、計算上のことです。

しかし、余裕がある時の任意返済などは、直接問い合わせてください。キャレントでは、最初は電話番号などはないのですが、申し込み後はフリーダイヤルが使えます。また、メールでの問い合わせもしています。この場合、質問だけならいつでもできます。

ホームページから

キャレントのホームページを確認する限り、正規の金融業者であることは証明されます。申し込みも返済の記述も整理されてしっかりとあります。

日本貸金業協会会員であり、中小消費者金融としての会社としては、ヤミ金ではないことは確かです。審査内容は分からないのですが、収入があり、返済能力がブラック対応。この記述はないです。こちらは口コミ情報サイトの内容ですが、大手消費者金融審査落ちでも借入ができると言う評判があります。

キャレントはコチラ>>>

キャレントはかわった?

消費者金融に関しては、正規の貸金業者であることは、登録会社であることが必要です。また、大手消費者金融ではネームバリューもありますが、中小消費者金融では知らない会社です。

しかし、現在中小消費者金融の利用者はとても多く、利用者の口コミがとても多いです。キャレントも口コミをみる限り、会社としてはきちんとしていると評価されます。

ヤミ金の証拠

それはいいかげんなホームページからです。連絡先が固定電話ではないとか、登録されていない。無審査の表示などです。

キャレントは問い合わせの電話番号はないのですが、会社としての電話番号はあります。また、ホームページでは対応の記述が多く案内されていて、安心です。過去のことでキャレントがヤミ金との情報がありますが、今のキャレントは大丈夫でしょう。

ちなみに、福岡のキャレントと東京のキャレントと違うと考えてください。福岡のキャレントとは別物とみたほうが良いです。

怪しい?

三菱UFJ銀行の振替ができたり、365日24時間の応募フォームがあったり、日本貸金業協会の会員番号も本物でした。借入に関しての不安の質問もありますが、多分ヤミ金ではないでしょう。金融事故でも借りれた方がいます。少ない口コミですが、即日融資ができたとのことです。

利用限度額は、消費者金融ですから総量規制範囲内です。500万円とあるのは事業資金の借入ができることもあるからです。1500万円以上の年収の方は500万円は総量規制ですが…。ローンカードはないですが、全国の銀行で振込キャッシングが可能です。

怪しいことがないのですが、どうしてもネームバリューがないことでは不安もあることでしょう。しかし、今のところはキャレントの闇金情報はありません。

キャレントは事業資金専用?

2018年になって新しい情報です。フリーダイヤルは削除されました。以前は、会員でフリーダイヤル対応でした。そして、新しく事業資金専用としての表記も加わりました。

新しい内容になり、個人対応はしていない場合があります。その時は申し込みをしても借入ができないことになりますが、個人事業主としての借入ができることになります。会社と言っても大きな会社ではなく、SOHOなど経営者などのキャッシングは対応していると思います。

事情はあるようですが、少なくとも中小消費者金融としての信用はあります。闇金ではなく、審査のある中小消費者金融であることは違いないです。新しいネット専業消費者金融としてのキャレントであり、店舗はないですが、審査はインターネットで対応しています。

キャレントはコチラ>>>