ビジネスローン 借りやすい

ビジネスローンは借りやすいローン?審査のメカニズムご紹介

ビジネスローンは、審査が通りやすいという話を聞きますが、本当なのでしょうか。
ビジネスローンも審査は行いますので、全員が審査通過するということではありません。びビジネスローンの審査のメカニズムはどのような感じなのか、解説していきます。

ビジネスローンは借りやすいのか

ビジネスローンは、銀行融資と比べると審査が甘い傾向があります。
その理由は、ビジネスローンは中小企業や零細企業向けに作られたローンだからです。
銀行の審査通過しない企業のために、作られたローンです。

中でも、金利が高い商品は審査が甘い傾向があります。金利を高くすることで審査基準を下げ、多くの企業に融資をしたいという考えです。審査基準の低さは融資する金融機関側として不安ではありますが、多くの企業に融資することで多くの利息を得ることができるというメリットがあるからです。

ビジネスローンの審査のポイント

審査は、過去の融資のデータを使って審査していきます。
ビジネスローンを扱っている金融機関には、膨大な融資データがあります。どんな条件の会社に融資をするとどれくらいの貸し倒れ率が発生するのかなどの、細かいデータにて貸倒率を計算し、一定割合以下の企業には融資をしません。低めの貸倒率となっている場合が大半ですが、それでもこの企業は危ないと判断された貸倒率の企業には審査対象とはなりません。

貸倒率は、融資の金利にも影響します。
融資の際の金利は、貸倒率+利益や企業の運営のコストという計算となります。
そのため、貸倒率が高ければ高い場合は、融資金利も高くなります。
また、企業ですので、決算情報と業種、事業歴などの基本情報も審査の対象となります。

審査で可決するためのポイント

ビジネスローンで間違いなく審査通過するためには、これらの審査重視ポイントをクリアするようにしましょう。

業歴

企業の業歴を重視され、何年経営している企業なのかが問われます。
長い経営であればあるほど、安定した企業として良い判断をされます。

中には、業歴1年可能という金融機関もあります。しかし、業歴が短いとローンの内容は決して良くありませんので、業歴が1年の場合は少ない融資額となる場合もあります。

資金計画と事業計画を万度に作成する

資金計画と事業計画を万全に作成しておくことで、ビジネスローンの場合はほぼ審査に通ると言ってもおかしくありません。事業計画書は自社の理念や強みをしっかりとアピールして、略歴や事業内容を詳しく記載します。資金計画や返済計画は数字を間違えないようにし、長期利益計画と短期利益計画はきちっと計算しましょう。

保証人を付ける

保証人を付けると、審査通過しやすくなります。
ただし、ノンバンクの場合は保証人を立てなくても審査には全く影響がない場合もあります。
また、少額の場合も保証人を付けずにスムーズに審査通過する場合もあります。

決算書

会社の経営状態の良さや、返済が確実にできる代表者なのかを細かく審査されます。
また、財務の内容の問題はないのか、借入れ金額の返済の仕方、返済の準備などを見られます。

会社と代表者の将来性

企業に融資するので会社の未来も大事ですが、代表者の将来性も重視されます。
返済する気持ちがある代表者なのかをチェックされ、会社の安定性を審査します。

いかがでしたでしょうか。
ビジネスローンは借りやすいローンですが、ビジネスゆえに様々な審査ポイントがあります。それらを熟知して、必ず審査に通るビジネスローンとしましょう。

ビジネスローンは借りやすい?審査の甘いビジネスローンの探し方

ビジネスローンは割と審査に通りやすい傾向がありますが、申し込んだ全員が審査に通るというわけではありません。

審査の通りやすさが気になる場合は、審査の甘いビジネスローンの申し込みを検討してみましょう。
審査が甘いビジネスローンの選び方を、まとめてみました。

金利が高い

審査は、金利の甘さに左右されます。
金利が高いローンというのは、許容の貸し倒れ率が高いので審査が甘くなります。
上限金利が高いビジネスローンは、審査が甘めとなります。

中小ノンバンクのビジネスローン

ビジネスローンは様々な金融機関で取り扱っていますが、中でも1番審査が低いのがノンバンクである消費者金融です。ノンバンクの中にも規模がありますが、中でも中小のノンバンクは審査が甘いです。中小の消費者金融は金融機関の中で1番ランクが低いので、属性が良くない人ばかりが申し込みます。

中小消費者金融は知名度もないので、顧客を集めるためには審査基準を低くするしかありません。
高い審査基準としてしまうと、みんな銀行や大手消費者金融の方に行ってしまうので、顧客がいなくなってしまいます。

中小のノンバンクは不安に思うかもしれませんが、優良なノンバンクばかりです。ホームページをきちんと運営しているノンバンクは信用できますので、そのようなノンバンクの利用を考えると良いでしょう。

スコアリングシステムを導入していない

融資の審査には、スコアリングシステムを導入している金融機関が多くあります。
スコアリングシステムは一定のスコアより低い場合は足きりとなってしまうので、少し良くない属性が引っかかった場合審査落ちとなってしまいます。

注目してほしいのが、独自のアナログな審査を行っている金融機関です。独自の目線での審査となるので、少し属性が良くなくてもくみ取ってくれるポイントがあれば審査通過する可能性が出てきます。

中小のノンバンクは、独自審査を取り入れている金融機関が大半です。
そのため、多少属性が良くなくても審査の対象としてくれるのです。
独自審査を行っているかどうかは、金融機関のホームページに記載しています。

知名度が無い金融機関

知名度が無い金融機関は顧客が集まりにくいので、審査は甘めの傾向があります。
もちろん優良業者ということが前提となり、ホームページをしっかりチェックして選ぶべきといえます。

企業向けの商品に力を入ている金融機関を選ぶ

金融機関では様々な商品を取り扱っていますが、中でも企業向けの商品に力を入れている金融機関の場合は、ビジネスローンの審査は甘めとなります。事業融資の実績が豊富であり、貸倒率をギリギリまで見込むことができる目を持っているので、ギリギリの目線で融資を行う傾向があるからです。

キャンペーンを行っている

ビジネスローンの商品の中では、様々なキャンペーンを行っている金融機関も多くあります。
キャンペーンを行うことはコストがかかるので、そこまで費用をかけても融資先を得たいという表れになります。キャンペーンはビジネスローンの商品ホームページに記載していますので、チェックしてみると良いでしょう。

闇金に注意

審査が甘いビジネスローンを探そうとすると、闇金のビジネスローンに引っかかってしまうことがあります。闇金も何気なくビジネスローンの中に入り込んでいるので、気が付いたら引っかかってしまうこともあります。

闇金は不当な金利を全面に出し、他社でもご利用できなくてもOKなどのうたい文句を出し傾向があります。ホームページがしっかりしていないなどの大きな特徴がありますが、絶対に闇金はご利用しないようにしましょう。結果的に闇金だったけれど、それでもいいと思う方もいるようです。

しかし、それは間違っています。
闇金は法外な利息を取り、その後も融資のお誘いなどしつこく付きまといます。
最終的には借金が大きく膨れ上がってしまう場合もありますので、絶対に関わってはいけません。

既に契約してしまう自分ではどうしようもできない場合は、弁護士に相談をしましょう。
無料相談の弁護士も多くいますので、無料で相談もできます。
専門家の考えを教えてもらい、適切な対応で決別するようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
このような金融機関のビジネスローンは、審査通過しやすい傾向があります。
審査通過に自信が無い場合は、これらのポイントに合った金融機関に申し込みをしてみましょう。意外と、スムーズに審査が通る可能性があります。

借りやすい?審査が甘いビジネスローンに100%審査通過するポイント

ビジネスローンは審査が甘いと言われていますが、申し込んだ全員が審査に通るということではありません。ビジネスローンの審査に落ちたという方もたくさんおり、困ってしまったなんていう人もいるほどです。

確実にビジネスローンの審査に通過するためには、審査通過できるポイントを把握しておきましょう。
審査が甘いビジネスローンに100%審査通過するためのポイントを、まとめてみました。

複数のビジネスローンに申し込まない

ビジネスローンの審査に落ちたという方の中には、複数のビジネスローンに申し込んで審査落ちしてしまったというパターンもあります。ビジネスローンも一般的なローンと同じですので、1度に4社以上に申し込みをしてしまいと審査通過は難しくなってしまいます。申し込みブラックとなってしまうので、6か月間どの融資も審査に通らなくなってしまいます。

資金調達したいのに半年も資金調達できないのであれば、企業として困ってしまいます。
1度に申し込む金融機関の数は多くても3社以下とし、できれば1社ずつ申し込んで、審査に通らなかったら次の金融機関に申し込みをすることをおすすめします。

消費者金融の方が審査に通りやすい

消費者金融が銀行とは審査の基準が違うので、余程なことが無い限り審査通過が期待出来ます。
ビジネスローンの審査に落ちたという人は、銀行のビジネスローンに落ちたという声も多くあります。
銀行のビジネスローンは審査レベルが高いので、審査落ちとなってしまう方は多くいらっしゃいます。

銀行のビジネスローンの審査に落ちてしまった場合は、消費者金融に申し込んでみると良いでしょう。
消費者金融の審査に落ちてしまった場合は、もっとレベルの低い消費者金融に申し込んでみると良いでしょう。

例えば、アコムなどの大手消費者金融のビジネスローンに申し込んだ場合は、中小の消費者金融のビジネスローンに申し込みをしてみると良いでしょう。金融機関のランクを下げることで、審査通過のみ込みが出てきます。

希望借入れ金額は少額に

申し込みの際の融資希望金額は、少額にする事が大事です。融資の金額により審査の難易度が高くなっていくので、極力融資金額を少なく抑えることが非常に重要となります。

せっかく融資を受けるなら多めにと思うかもしれませんが、そのさじ加減で審査に落ちてしまう可能性もあります。ご利用していると後に増額申請ができるようになるので、最初は少ない最小限の金額での申し込みで審査通過を狙いましょう。

書類不備や嘘を記載しない

せっかく審査通過する属性なのに審査通過しない場合に、書類の不備や嘘の記載があります。
企業の状態を証明するための書類の不備や嘘は、絶対に審査落ちとなってしまいます。
それは確実にそろえておき、万全の体制としましょう。

いかがでしたでしょうか。
審査が甘いビジネスローンに100%審査通過するためには、このようなポイントに目を向けて申し込みをしましょう。間違いなく審査通過ができ、資金調達とすることができます。
これらのポイントはご自分の判断で行うことですので、間違いのない選択や申し込みとしましょう。

借りやすい消費者金融のビジネスローンってどんなもの?審査は甘い?

借りやすいビジネスローンといえば、消費者金融系のビジネスローンです。
銀行融資のビジネスローンとは違い、事業性資金が借りやすい特徴がたくさんあります。
消費者金融のビジネスローンについて、詳しく解説していきます。

消費者金融とはどんな金融機関なのか

消費者金融はノンバンクといわれることもあり、銀行以外の金融機関のことです。
貸金業を行っている業者であり、貸金業法が該当します。
銀行や信用金庫は銀行法で規制されており、規制されている法律に違いがあります。

なぜ銀行は融資に対して厳しいのか、その理由は銀行は預金業務も行っているので、破たんしないように規制を厳しくしています。そのため、銀行のビジネスローンの融資の審査は厳しく、一定の条件をクリアしていない企業には融資しないようにしています。

一方、消費者金融は預金扱いはしておらず、貸金業のみ行っています。
預金の扱いをしていなく貸金業しか行っていないので、融資に対して間口が広いのです。

消費者金融のビジネスローンのメリット

このようなメリットで、便利にご利用ができます。

審査が甘い

銀行よりも人気がなく、貸金業しか行っていないので、審査の間口は広くなります。
そのため、審査は甘くなります。銀行系よりは審査レベルが低いので、銀行系のビジネスローンの審査に落ちてしまった場合でも、消費者金融のビジネスローンは審査通過する可能性があります。

個人事業主でも審査に通る可能性がある

個人事業主は近年多くなってきており、事業資金調達のために融資を受けたい個人事業主も多くいます。
消費者金融のビジネスローンの中には、個人事業主でも審査の対象としている金融機関もあります。
日本政策金融公庫でも個人事業主向けの商品はありますが、あらゆる書類を用意しないといけないので、意外と不便です。

無担保・無保証人

消費者金融のビジネスローンの多くは、担保と保証人不要です。
担保は誰もが持っている訳ではないので、不要というのは非常に嬉しいものです。
また、保証人を立てるとなると頼みにくいので、こちらもとても嬉しいポイントとなります。

融資までのスピードが早い

申し込みから融資までのスピードが、とても早いのも大きな特徴です。
審査基準が低く提出しなければいけない書類も少ないので、審査にかかる時間が短く済みます。

独自審査の場合が多い

消費者金融の審査?独自審査としている場合が多く、審査がとても柔軟となります。独自の審査項目にて審査を行うので、1つ引っかかる要素があっても他の部分が大丈夫と判断されると審査通過となります。

スコアリングシステムを取っている金融機関の場合は、一定の条件で足きりとなってしまうので、ほんの少し条件に合わないだけでも審査落ちとなってしまいます。多少属性が良くない部分があっても、独自審査の場合は審査通過が期待できます。

固定金利

ほとんどが固定金利ですので、ご利用開始から返済終了まで一定の金利でご利用ができます。

個人事業主が事業利用できるローンはビジネスローン以外にもある

消費者金融で扱っている商品の中には、個人事業主の場合に事業利用できるローンもあります。
それは、資金使途自由となっている個人向けローンです。

個人向けローンには事業資金利用は認めない商品もありますが、個人事業主に限って事業融資として利用できるものがあります。例えば、SMBCモビットのカードローンの場合、事業性資金利用でも可能と記載があります。

個人事業主でビジネスローンの審査に通らない場合は、このような商品にも目を向けてみると良いでしょう。ただし、法人の場合はご利用できません。

消費者金融のビジネスローンのデメリット

便利な消費者金融のビジネスローンには、便利ゆえにこのようなデメリットもあります。
把握した上で納得して、ご利用を検討しましょう。

金利が高い

利息制限法と出資法ギリギリの、高金利の取り扱いが多くあります。
以前よりは金利は低くなりましたが、実質年率年18%が最大金利の消費者金融は多くあります。

ポイントは、短期間でご利用することで少ない利息とすることです。
金利が高いので、長くご利用していると膨大な利息となってしまいます。
そのため、つなぎ資金でご利用が適しています。

融資金額が少ない

銀行の融資と比べると、高額な融資は期待できません。
ほとんどの場合、500万円の融資限度額となっています。
開業資金や設備資金には到底足りませんので、適していません。
足りなくなってしまった少額の運転資金のつなぎ資金が、1番適しています。

消費者金融のご利用は悪徳業者に注意!

消費者金融のビジネスローンの中には、悪徳業者が潜んでいることがあります。
見分け方は、正しい登録番号を持っているかです。

貸金業者は登録番号を持っていますが、悪徳業者は持っていません。
まずは、登録番号を持っているかどうかを確認しましょう。
ホームページを確認すると、消費者金融は必ず登録番号を記載して公開しています。

悪徳業者は番号がないので、表示していません。
登録番号をホームページに表示していないことは違反であり、それこそが悪徳業者の証明となります。
また、登録番号を表示していても、それが嘘の番号の場合もあります。気になる場合は、登録貸金業者検索入力ページにて調べることができるので、調べてみると良いでしょう。

いかがでしたでしょうか。
消費者金融のビジネスローンとなると、良いイメージを持たない方もいると思います。
しかし、貸金業法でしっかり規制されていますので、便利にご利用できる金融機関といえます。しかも、銀行のビジネスローンよりも審査基準が低くご利用しやすい要素が多くあるので、どなたでもご利用しやすいといえます。注意さえ守れば、資金計画として便利にご利用ができる融資商品といえます。

借りやすいビジネスローンは即日資金調達も可能!即日融資の受け方

経営をしていると、急に資金が必要となる場合があります。
でも、銀行融資ではすぐに資金とすることができません。

そんな時に注目してほしいのが、即日融資を受けることができるビジネスローンです。
即日融資を受けることができるビジネスローンとはどのようなものなのか、まとめてみました。

融資スピードが早いのはノンバンク系のビジネスローン

即日融資が期待できるのは、ノンバンク系のビジネスローンです。
審査が甘く審査項目が少ないので、即日融資を行っている金融会社が大変多くあります。

金融機関により異なりますが、審査スピードは最短60分、2~3時間などと色々あり、大きく見積もっても3時間あれば審査結果が出るという場合が大半です。その日に申し込みをして、その日中に融資金額を受け取ることができます。資金に苦しんでいる企業であれば、こんな便利で助かることはありません。

銀行系のビジネスローンでは融資まで数週間かかってしまうので、即日融資というのはノンバンク系でしかできない技といえます。

このようなビジネスローンなら即日融資が可能

即日融資を望む場合は、これらのポイントの金融会社に申し込みましょう。

即日融資とホームページに記載がある

まず確認すべきポイントは、公式ホームページに即日融資と記載があることです。即日融資ができるとわざわざ記載しているということは、即日融資を売りにビジネスローンを行っている証拠といえます。

インターネット申し込みをしている

インターネット申し込みは出向かなくても最短で申込みができるので、事業主にとっては大変便利です。
忙しい経営者でも事務員でも、誰でもニーズに合わせて申し込みができます。

必要書類をネット提出できる

法人代表者の本人確認書類や確定申告書などの書類提出が必要となりますが、それらの必要書類をネット提出できる金融機関は、即日融資の可能性があります。

場合によっては店舗まで持っていく、自動契約機で手続きなんていうパターンもありますが、それでは時間がかかってしまって即日融資に繋がらないこともあります。書類のネット提出は大変便利ですので、是非注目しましょう。

カード無しでも即日融資ができる

審査通過したら融資金額を口座に入金して、後日カードを郵送してくれる場合は、即日融資を受けることができる可能性があります。

まずは口座に即座に融資してくれる、金融機関を選択しましょう。自動契約機でカード発行して即日融資というノンバンクもありますが、それでは忙しい経営者の場合は即日融資と出来ない場合もあります。

即日融資にするためのポイント

いくら即日融資ができる金融機関でも、申し込む方に不備がある場合は即日融資にはなりません。
即日融資とするためのポイントを、ピックアップしてみました。

朝1番に申し込む

即日融資とするということは、銀行の営業時間内に振り込んでもらわないといけません。
その時間まで手続きを完了させるためには、朝1番に申し込むことが大事となります。

ネット申し込みの場合は営業時間前に申し込みをしておき、電話での申し込みの場合は営業時間はじまってすぐに申し込みを行うようにしましょう。時間にルーズですと、即日手続き振込には絶対になりません。また、電話申し込みは込み合う時間もあるので、そのような時間に電話をかけてしまうといつつながるのかわかりません。

必要書類を事前に全て用意しておく

法人の融資の申し込みには様々な書類が必要となり、中にはすぐに用意が難しい書類もあります。
そのため、あらかじめ全て用意しておくことは、とても大事なこととなります。
あらかじめどのような書類が必要なのかをしっかりとチェックして、ぬかりなく用意しましょう。
必要書類が何なのか自信が無い場合は、金融機関に問い合わせると良いでしょう。

在籍確認の電話には必ず出る

法人融資でも在籍確認はありますので、必ず法人経営者が申し込み者として電話に出るようにしましょう。事務員でも誰でもいいという考えでは、審査に通らない場合があります。

融資の日にはなるべく社内にいる

即日融資とするために万が一不備があった場合、仕事で出先にいると対応できません。
そのため、ビジネスローンに申し込んだ日は1日出かけずに社内にいることをおすすめします。
何らかの不備があった場合でも、社内にいればすぐに対応ができます。

なぜノンバンクのビジネスローンは即日融資ができるのか

ノンバンクのビジネスローンはなぜ即日融資ができるのか、その理由は独自の審査方法を取り入れているからです。元々銀行融資を比べると審査の項目が少なく、素早く審査を進めることができます。銀行融資のように審査機関にお願いせず独自で行うので、その分早い対応となります。

また、ノンバンクというのは、基本的にお金を貸したい傾向があります。
貸金業しか行っていないので、多くの貸付をしないと商売にならないからです。

審査を緩くしてどんな企業にも融資をしたがる理由は、高金利にリスクヘッジを含んでいることにより延滞がない場合大きな利益となると判断するからです。過去に金融事故無い場合であれば、あまり審査に神経質になりません。そのため、積極的に貸し付けを行っています。

いかがでしたでしょうか。
今すぐ事業資金が欲しい時に役立つのが、ノンバンク系のビジネスローンです。
ただし金利負担が大きいので、ご利用の仕方には十分注意が必要といえます。
即日にも対応していますので、必要と思ったら即申し込んでみましょう。