ビジネスローン 審査 甘い 即日


ビジネスローンの甘い審査は即日融資で短期資金繰りに適しているのか

ビジネスローンのポイントといえば、短期の資金繰りになるという大きなメリットです。
即日で短期間での資金繰りとなるのか、解説していきます。

ビジネスローンは短期間での資金繰りに適しているのか

ビジネスローンには、このような特徴があります。

最短即日で融資を受けることができる

ほとんどの金融機関の場合、最短即日の審査となります。
無担保保証人なしですので、担保の評価や保証人の調査などの時間が発生しません。
そのため、銀行の融資の審査に落ちた方でも審査通過の希望があります。


審査が甘め

審査基準は低く、割と審査通過しやすいローンといわれています。

無担保でご利用できる

無担保の法人ローンであり、担保を持っていない中小企業や個人事業主でも審査の対象となります。

第三者の保証人は必要ない

原則保証人は不要であり、第三者の保証人設定はありません。
しかし、法人の場合は社長が連帯保証人になる必要があります。

事業性資金であれば使途用途自由

銀行から企業が融資を受ける際は、どのような使用用途なのかを明確にしなければいけません。
しかし、ビジネスローンは事業性資金であれば使途用途は自由であり、プライベートな資金に使わなければ問題ありません。事業性資金の中であれば、どんな用途に使っても問題ありません。
このような、融資してもらいやすい様々なメリットがあります。

しかし、大きなデメリットといえば、金利が高いという部分です。
ビジネスローンの金利は5.0~15.0%ほどとなっており、初回で該当する金利は10.0%を超える場合が大半です。銀行融資の金利は1.0~4.0%となっていますので、3~5倍もの高金利となってしまいます。

無担保保証人不要なので、貸し倒れリスクの大きさにより高い金利設定となってしまいます。
利息の差が返済に大きく関わってきますので、長期間の資金調達には注意すべきといえます。
短期間での資金繰りであれば、審査が甘めで即日融資となる場合もあるので、おすすめといえます。


ビジネスローンが短期の資金繰りに適しているご利用方法

ビジネスローンが短期間の資金繰りに適しているご利用方法は、これらが挙げられます。

売り上げの見込みがある場合の資金調達

売上のみ込みがあり入金するまでの一時的な資金繰りの場合は、審査が甘くてすぐに融資を受けることができるので、適しているといえます。

つなぎ資金として利用

つなぎ資金は入金が既に見込めているので、短期間ビジネスローンで資金調達して充てることができます。

高利貸しのローンの借り換え

既にご利用しているローンが高金利の場合は、ビジネスローンにて高金利のローンを完済
して、低金利のビジネスローンに借り換えることは大きなメリットといえます。
このような用途であれば、ビジネスローンを選択肢として考えるのも1つの方法といえます。

いかがでしたでしょうか。
ビジネスローンは、短期間での資金繰りに大変適しているローンです。
大企業をはじめ中小企業、個人事業主もご利用できますので、是非検討してみましょう。


即日融資可能で審査が甘いビジネスローンの審査条件や見極め方

ビジネスローンをご利用したくても、間違いなく審査に通るのか不安な方もいると思います。
審査が甘く即日融資となるビジネスローンの条件や見極め方について、ご紹介していきます。

ビジネスローンは審査落ちする方もいる

ビジネスローンは審査基準が低めの傾向がありますが、申し込んだ人全員がしんさつうかするとは限りません。ビジネスローンの審査に落ちてしまった、という方もいます。

ビジネスローンといっても、金融機関や商品により審査の難易度に大きな差があります。
審査の難易度の高い金融機関や商品に申し込んでしまうと、なかなか審査には通りません。

審査が甘く通過しやすいビジネスローンは、特徴があります。
特徴をチェックしていき、間違いのない審査通過としましょう。


ビジネスローンはどのような審査をしているのか

ビジネスローンは審査通過しやすいローンといわれていますが、一定の審査は行っております。
ビジネスローンの審査は、過去の融資データを基準としています。

金融機関は、多くの融資データを保有しています。
過去の融資データをもとに審査を行い、審査基準は各金融機関により異なります。
元のデータが違うので、審査基準は金融機関により差が出ます。

審査が甘いビジネスローンを見分けるポイント

審査の甘いビジネスローンは、このようなポイントで見分けてみましょう。

上限金利が高い

審査に通ることを重視して考えると、上限金利が高いビジネスローンは審査が甘い傾向があり有利となります。上限金利が高いということは許容できる貸倒率が高いので、審査が甘くなります。

ローンはなるべく金利が低いことを重視しがちですが、審査を確実に通過したいとなると上限金利が高ければ高いほど有利となります。


中小規模のノンバンクのビジネスローン

メガバンクのご利用が理想ですが、メガバンクは審査基準が高いので誰でも審査通過できるわけではありません。

中小規模のノンバンクのビジネスローンは、審査に不安がある企業の申し込みが多くあります。
その理由は、メガバンクよりも中小規模のノンバンクの方が審査基準が低いからです。

審査基準が低い理由は、メガバンクよりも人気がないので、審査基準を低くしないと顧客を募ることができないからです。そのため、審査基準を低く設定して、借りてくれる人を集めるのです。

また、中小規模の消費者金融は、スコアリングシステムを導入していません。
融資の最終判断は審査部の上長がアナログで決済するので、甘めの審査となる傾向があります。

企業向けの融資サービス専門の企業の選択

中小規模の消費者金融が行っているビジネスローンは大きく分けて2つの種類があり、事業融資関連サービスのみで展開をしている消費者金融が審査通過しやすくなります。

事業融資専門ということは事業融資の実績が豊富なので、貸倒率の見極めをギリギリで見極めるノウハウとデータがあります。そのため、審査が柔軟になります。

キャンペーン展開のビジネスローン

ビジネスローンの中には、様々なキャンペーンを行っている消費者金融が多くあります。
キャンペーンを行っているということは、キャンペーンのコストをかけてでも融資先を集めたいということになるので、審査が甘くなる傾向があります。


審査が甘いビジネスローンを選ぶ際の注意事項

審査が甘いビジネスローンは、選び間違えると大変なことになってしまう場合もあります。
審査の甘いビジネスローンを見極める際に注意してほしいポイントといえば、闇金に注意することです。

審査の甘いビジネスローンの中には、闇金も潜んでいます。
名前を聞いた事がない、Webサイトが充実していない、良くない口コミや書き込みがあるなど、疑わしいポイントがある消費者金融は絶対にご利用しないようにしましょう。

闇金は、登録番号を持っていません。貸金業を営む場合は、都道府県知事や財務局長の登録番号が必要となります。中には、嘘の登録番号を記載している闇金もあります。正規の登録番号なのかの確認は、金融庁のWebサイトにて確認することができます。

審査に落ちた場合はファクタリングの検討も

ビジネスローンの審査に通過しない場合は、ファクタリングの検討もオススメとなります。
ファクタリングというのは、売掛債権を譲渡するということであり、譲渡金額を資金調達にします。

事業を行っていると、売掛債権を保有しています。
売掛債権の譲渡により、1~2か月後じゃないと入金とならない売掛金を最短即日で資金化とすることができます。もともと手元に入ってくる予定の金額を前倒しでもらうことができるので、そもそも融資ではなく自分にものになるお金を前倒しでもらうだけの流れとなります。

ファクタリングは売掛債権の譲渡なので、売掛先から入金があるお金ということになります。
ファクタリングには審査がありますが、審査を受けるべきなのは売掛先となります。
そのため、あなたの会社がどのような状態であっても、審査対象となるかの心配はありません。
赤字決済であっても税金未納であっても経営再建中であっても、ファクタリングには影響を与えません。

いかがでしたでしょうか。
ビジネスローンの審査通過が気になる場合は、審査通過しやすいビジネスローンの申し込みとしましょう。また、万が一ビジネスローンの審査に落ちてしまっても、ファクタリングという選択があります。資金調達方法は他にもありますので、落ち着いて検討するようにしましょう。


ビジネスローンは審査が甘い即日融資が可能なローン|デメリットも把握しよう

ビジネスローンは、審査が、甘く即日融資が可能となる便利なローンですが、デメリットもあります。
デメリットもしっかり把握した上で、ご利用を検討しましょう。
ビジネスローンのデメリットを、ご紹介いたします。

金利が高い

1番のデメリットといえば、金利が高いことです。
金利が高いからこそ審査通過しやすく、どんな企業でもご利用できるローンとなっています。

ビジネスローンが誕生したきっかけは、一般的なプロパー融資の場合、中小企業や業績の悪い企業には融資ができないことにより困る企業がいるということで、金利を挙げて融資先を増やそうとしたことです。

金利が高いことは大きなデメリットになりますが、数多くのメリットとの表裏一体となるといえます。
利用する側が金利が高いけれど短期の資金繰りになるなどのメリットを念頭に置くことで、便利と思えるローンといえます。


融資を受けることができる金額は多くはない

ビジネスローンの融資限度額は、あまり多くありません。
金融機関によってことなりますが、個人事業主で最高300万円、法人で最高300~1,000万円となっており、これらはあくまで最高であり審査によっては50万円や100万円という少ない限度額となってしまう場合もあります。事業性に使う場合は大きな金額の融資を考えますが、ビジネスローンは1,000万円を超える高額融資とすることはできません。

ローンカード型の場合、やみくもに無計画に使い過ぎてしまう場合がある

ビジネスローンの中にはローンカード型のものもあり、ローンカードが発行されることで無計画に使い過ぎてしまう傾向があります。

ローンカードは、24時間365日いつでもお近くのコンビニで借入れや返済ができる、とても便利なサービスです。使い勝手は抜群に良いのですが、運転資金が足りなくなると簡単に借入れしてしまうという、常態化が大きなリスクとなってしまいます。使う側の感覚の問題ですが、気になる場合はローンカード型ではないビジネスローンをご利用すると良いでしょう。


多くの書類が必要

ビジネスローンの審査には、確定申告書や事業計画書などの様々な書類の提出が必要となります。
多くの書類が必要となると、面倒と思われる方もいると思います。

事業主に対してこれらの決算書などの書類を使って融資の可否を判断するので、必ず必要になります。
場合によっては、複数年汚確定申告書が必要になるなどの、一定以上の業績が必要となる場合もあります。

個別交渉ができない

ビジネスローンの融資審査に通過しなかった場合、個別の交渉はできません。
ビジネスローンというのはあらかじめ条件が決まっている金融パック商品のようなものなので、その条件に合わない場合は借入ができません。


使途用途が限られてしまう

ビジネスローンで受けた融資は、ビジネス用の資金のみの使途用途となってしまいます。
事業用以外の費用には、使うことができません。

例えば、自営業者の場合はプライベートの資金と事業用の資金の区別がつかなくなってしまいますが、プライベートの資金には一切使用することはできませんので、注意が必要となります。

大企業には不向きのローン

ビジネスローンは自営業者を含む法人経営者を対象としており、中小企業や自営業者をターゲットとしています。その理由は金利を高くして審査のハードルを下げているので、属性が良くない企業でもご利用できるようにしているというところです。

金利が高いということは、多くの利息がかかるということとなります。
大企業が必要となる融資は多くの融資額が必要となるので、膨大な利息が加わってしまいます。
総支払額が膨大となってしまいますので、おすすめできないということになります。

銀行融資や公的融資の審査に通らない場合はビジネスローンがおすすめ

ビジネスローンは、銀行融資や公的融資の審査基準よりもハードルが低いので、中小企業や自営業者でも審査通過を期待することができるローンです。

銀行や公的融資の審査に不安がある場合は、ビジネスローンがオススメとなります。
融資限度額は300~1,000万円と少ない融資額となってしまいますが、中小企業の運転資金や設備資金であれば十分に活用できる金額といえます。銀行や公的融資は審査や手続きに時間がかかってしまいますが、ビジネスローンは審査速度も早くスムーズに融資までこぎつけることができます。

無担保無保証人なので細かい確認が不要となり、積極的に融資を行っています。
資金調達の手軽さは、銀行や公的融資がかなわない大きな魅力といえます。

いかがでしたでしょうか。
ビジネスローンにデメリットに触れてみましたが、便利なビジネスローンであってもこれだけのデメリットはあります。デメリットもしっかり把握した上で、ご利用を検討してみましょう。


ビジネスローンの甘い審査!即日融資へとみちびく審査基準の解説

審査が甘いビジネスローンの審査をクリアしたい場合は、どのような審査基準なのかを把握しておくことが非常に大事となります。

ビジネスローンの審査基準について、詳しくご紹介していきます。

決算数値

ビジネスローンは企業に対して融資をするローンですので、審査で重要となるのは決算数値となります。
ビジネスローンの審査基準の8割が決算書の数値といわれているほどの、重要な審査基準となります。
決算数値の中で重要となるポイントは、収益性や安全性、返済能力の3つです。

収益性

収益性が低い場合、返済してもらえなくなる可能性が出てきます。
経常利益率が赤字の場合は、返済に使う原資を生む出すことができなくなります。

また、経常利益率が極端に低い場合は、少しでも経営状態や経営環境があっかしただけで赤字に転落してしまいます。そのため、収益性はとても重要な審査項目となります。


安全性

倒産しない安全性を、問われます。
融資した後に直ぐ倒産してしまうと、融資金を回収することが困難となってしまいます。
倒産してしまうことは貸し倒れとなってしまいますので、安全性はとても重要な審査ポイントとなります。当座比率や流動比率、固定比率、固定長期適合率など、様々な倒産しない安全性のチェックを審査します。

返済能力

融資をする金融機関は、回収できるのか、完済できるのか、この2つが全てです。
より直接的に返済能力を判断するための判断を行います。

どの決算数値を審査で重視するのかは、金融機関により異なります。金融機関ごとに大きく変わることはないので、これらの3つのポイントを良好もしくは優良にもっていくことが非常に重要となります。

これらの決算数値というのは、すぐに修正できるものではありません。会社経営の1年間の結果ですので、日ごろから上記の数値を意識した会社経営を行って行くことが非常に大事となります。


事業歴

事業歴は、事業歴を証明できる書類を提出して審査してもらいます。
法人の場合は代表者本人を確認する書類や登記事項証明書、決算書原則2期分などが必要となります。
個人事業主の場合は、本人を確認する書類や確定申告書原則2期分などが必要となります。

経営者個人の信用情報

一般的なローンと同じように、経営者個人の連帯保証が必須です。
経営者個人の信用力を把握するため、個人信用情報を確認します。

経営者個人が多額の借金を負っていたり返済事故を起こしている、返済遅延や延滞を繰り返しているなどの問題がある場合は、審査通過とはなりません。


税金の納付状況

会社経営をしている場合、必ず税金納付が必要となります。
法人税や法人住民税、消費税、固定資産税などの、様々な税金の負担があります。
ビジネスローンでは税金の未納がないかどうかをチェックし、適した経営者なのかの判断をします。
税金未納がある場合、万が一企業が倒産した際に資金回収が難しくなってしまうので、敬遠されます。

また、税金を納めることができない経営者の企業は経営が苦しいと判断され、審査通過は難しくなってしまいます。ビジネスローンの審査に通るためには、まずは税金の未納をなくすようにしましょう。

書類の間違え

書類関連のミスも、とても重要となります。
提出書類に記載のミスや数字のミスがある場合は、信頼性が落ちてしまい審査通過とならない場合があります。決算書に記載している営業利益と申込書に記載した営業利益が異なる場合は、虚偽の申請をしていると判断されてしまいます。


申請までの期間が長すぎる

申し込みから必要書類提出まで時間がかかってしまうと、本気度が薄いと判断されてしまい審査のマイナスとなってしまいます。申し込みから書類提出までは、すぐに行うようにしましょう。数週間から1か月以上かかってしまうと、大きなマイナス評価となってしまいます。

会社の概要や免許、業種

ビジネスローンの審査の際にスコアリングシステムの審査を行うのですが、その際倒産しやすい業種と倒産しにくい業種を判断されます。新規参入が多いIT関連企業や競合や入れ替わりが多い飲食店は、貸倒率が高いので審査は厳しくなってしまいます。

経営者の印象

中小消費者金融のビジネスローンの場合は、アナログ審査で面談審査を行う場合があります。
その際、経営者に決算書や経営状況のヒアリングを行います。経営者の受け答えや身なり、姿勢、約束時間原則など、社会人としての立ち振る舞えができるか否かにより、審査通過に影響します。

いかがでしたでしょうか。
ビジネスローンの審査基準は、一般的なローンと比べると大きく異なります。
これらに該当する企業として、審査を受けるようにすると間違いないといえるでしょう。


即日融資可能なビジネスローンの審査は本当に甘い?他の金融機関との比較

ビジネスローンは審査が甘いといわれていますが、本当なのでしょうか。
銀行融資や公的融資と比較して審査は甘いのか、ご紹介していきます。

日本政策金融公庫との審査の比較

日本政策金融公庫とは、財務大臣が約100%の株式を持っている政府系の金融機関です。
財務省書簡管轄特殊会社なので、政府や財務省の意向に合った融資を行っています。

民間の金融機関と比べると審査が甘いといわれていますが、ビジネスローンと比べるとどうなのでしょうか。日本政策金融公庫は、収益性よりも日本の経済を活性化させることを重視しています。

審査の甘さは日本政策金融公庫の方が甘めといえますが、1つ気になる部分といえば自己資金が必要となることです。事業全体にかかる費用の1/10は自己負担をしないと、借りることができないことが大半です。ビジネスローンの方が若干審査はキツめではありますが、自己資金0円でも借入ができるので、便利なローンといえます。


制度融資との審査の比較

制度融資は、地方公共団体が金融機関や信用保証協会と連携し、融資を行っている仕組みです。
こちらも民間の金融機関と比べると審査が甘いといわれており、ご利用しやすいローンといえます。
ビジネスローンよりも審査は甘目なのですが、気になる部分は融資まで時間がかかってしまうことです。
3社が連携して動く融資制度なので、3つそれぞれで審査があり融資まで時間がかかってしまいます。

また、地方公共団体によっては制度融資の内容が違い、制度融資を行って以内地方自治体もあります。
かなり時間がかかってしまうので、スピード融資のビジネスローンの方がオススメといえます。

銀行融資の信用保証協会の保証付きとの審査の比較

以前までは100%のリスクを信用保証協会が背負っていたので、積極的に銀行は融資を忍進めていました。
しかし貸し倒れが思いのほか多く発生したので、金融機関側にも貸し倒れリスクを背負ってもらう流れとなりました。そのため、銀行は以前よりも真剣に審査するようになり、ビジネスローンの方が審査が甘いといえます。


銀行のビジネスローンとの審査の比較

ビジネスローンは、銀行の商品として販売されるようになったのがキッカケです。
ノンバンクのビジネスローンと比べると、銀行ビジネスローンは審査が厳しめとなってしまいます。

ノンバンクのビジネスローンが1番ご利用しやすい

ノンバンクのビジネスローンは、銀行のビジネスローンよりも高い金利設定となっているのがデメリットです。しかし、金利が高い分低い審査内容で、中小企業や零細企業にも審査通過させるほどの許容審査となっています。ですが、ノンバンクのビジネスローンは利息制限法の上限金利が適用されるので、利息は多くなってしまいます。

いかがでしたでしょうか。
これらの資金調達方法を比べると、審査が甘くて1番ご利用しやすいのがノンバンクのビジネスローンです。審査の甘さを重視するのであれば、ノンバンクのビジネスローンが1番です。