事業融資型ビジネスローンが借りれない時



ローンカード型ビジネスローンについて

ビジネスローンにはローンカード型と事業融資型、銀行ビジネスローンがあります。

ローンカード型ビジネスローン

融資がカードローンの要領で、ATMでの利用になります。限度額が決まっていて、その間は何度でも出し入れが可能です。

限度額余裕で、極度方式と言われるキャッシングです。これは、大手消費者金融カードローン、銀行カードローンの要領だと言っても良いでしょう。

コンピュータースコアリングシステムの審査であり、審査も早く即日融資ができるビジネスローンもあります。申込者の個人信用情報機関に金融事故があると借入ができません。

ローンカード型ビジネスローンのノンバンクが発行

やはりというべきですが、大手消費者金融や大手消費者金融の子会社が発行しているケースが多いです。また、気軽に申込ができ、借入もATMで行うことができ、カードローン同様です。

普通にテレビCMもしていてネームバリューも抜群です。ですから、全国のビジネスローンの契約者も多いです。大手消費者金融が発行という点でも申し込みしやすいでしょう。



ローンカード型ビジネスローンのメリット

カードローンの要領が簡単です。

オススメなのが、個人事業主などです。プライベートの資金調達も可能ですから、1枚あると便利です。また、事業融資型ビジネスローンの場合は、最初から大きな金額の借入と審査になります。

カードローン型では、限度額が与えられるだけで、最初から大きな金額設定ではなく、審査も甘めです。限度額は大きな金額は望めない点では、設備投資などの使い方ではなく、つなぎ資金などに使ったり、ちょっとしたローンに利用ができます。

個人事業主にはカードローンの要領で、総量規制対象外として計画的に使用できるのなら大きなメリットがあります。

コンピュータースコアリングシステムの審査

数値化の審査であり、時間もかからないのですが、審査は厳しいです。金融事故があると借入ができないのは当然です。大手消費者金融並の審査と同等です。金融業者としては厳しい方の審査ですし、実は金利も高めです。

資金ショートでもすぐに完済可能な時、借入は少額で計画キャッシングがオススメです。それでも1枚あると、経営者としても安心です。

すぐにATMで借りれる点では、24時間対応です。個人事業主なども審査次第で1枚あると何かと便利です。

事業融資型ビジネスローンよりは難しいのは

簡単に借りれる点でしょう。最初に申し込みをする、個人信用情報機関で金融事故がない時に申し込みをしておくことが良いでしょう。持っているだけでもお守り代わりになることでしょう。



事業融資型ビジネスローンと街金

事業融資型ビジネスローンとは、100万円の借入したい時に、100万円を借りる方法です。資金調達方法としては銀行融資がありますが、事業者金融などのノンバンクもあります。

アナログ審査

最近では、インターネット対応の事業融資型ビジネスローンもあります。

ただし、金額によっては、または事業内容、申込者の個人信用情報機関内容が大きく関係します。アナログというのは、カードローン型ビジネスローンと違い、必ず担当者との審査が待っています。

要するに、多額の借入が多いことでは、事業内容、返済計画などをじっくりと話すことになります。審査がコンピュータースコアリングだけではなく、内容も確認する点では昔の事業者金融と同じでしょう。電話で話しをする場合もありますが、インターネット申込、全国対応の事業融資型ビジネスローンも数多くあります。

多額の借入では

個人のキャッシングでいうと、こうした事業融資型ビジネスローンの提供は中小消費者金融や街金レベルになります。それなりの金額資金調達では審査も重要ですが、担当者との話す内容では金融業者としてはしっかりとして返済見込みがほしいところです。

審査基準が甘めになることも多いですが、即日融資は難しいでしょう。いわゆる街金では、こうした形で中小企業の事業融資型ビジネスローンを展開しているところが多いです。



街金の存在

今でこそインターネットの情報で、ブラックリストが街金で借りれるとの内容があります。

もともとは、中小企業相手に事業融資型ビジネスローン展開をしていることが多いでしょう。個人商店などを相手に必要に応じた資金提供です。金利などは利息制限法範囲内ですが、話しは聞いてくれることが多いです。

インターネット普及前では、当然に来店審査であり、互いにわかった上でのローンでしょう。最近ではインターネット申込ができ、全国のこうした街金からの事業融資型ビジネスローンの契約ができますが。全国に支店が存在する事業金融業者も多いです。

事業融資型ビジネスローンの特徴

カードローン型では、限度額内の自由な借入です。事業融資型では一度に大きな借入であり、あとは返済専用です。追加融資では再審査になります。基本的に無担保、保証人もナシの審査になります。

事業内容だけではなく、返済見込みがなければ、今の時代はそんなに簡単に審査通過はしないというのですが。インターネット上では全国の事業融資型ビジネスローンの紹介がありますが、是非参考にしてみて下さい。来店可能であれば、話しがよりしやすいのですが、口コミは必ず確認して下さい。



銀行融資とビジネスローン、そして事業融資型ビジネスローン

事業資金調達を考えた時には、銀行に走ることが多いでしょう。

銀行にもビジネスローンがあります。融資とビジネスローンの2つの種類がありますが、どちらもハードルは高いです。

銀行から借りる

銀行融資では、とにかく低金利です。そこが魅力ですが、銀行も信用金庫まで敷居を低くしたとしても、審査に時間をかけて返済見込みがかなり高いとか、すでに大赤字では断られることが多いでしょう。

この銀行融資では、自分の腹き壊したくないことであり、とにかく融資では審査が厳しいです。そして、ビジネスローンもありますが、ノンバンクのビジネスローンと違い、少しだけ金利が低いです。

ただし、審査は厳しい内容であり、その割には大したメリットがないものです。銀行融資の低い金利で審査に通らないのなら、銀行ビジネスローンではなく、ノンバンクのビジネスローンの方がメリットは大きいでしょう。



ノンバンクが良い理由

ノンバンクのビジネスローンと言っても、商品は多彩です。借入金額にもよりますが、少額であればローンカード型ビジネスローンがあります。大手消費者金融カードローンの要領です。

そして、まとまった金額なら、事業融資会社が良いでしょう。最初から事業融資を専門にしていることでは専門担当者が、海千山千の審査をしています。事業相談対応の所もあります。審査基準は様々であり、口コミ評判などを参考にしてみて下さい。

最近では、インターネット申込ができますので、査定の形である程度の事業資金見込みがわかることがあります。決算書、事業計画書、返済計画書、経営者の信用情報などが審査要件になります。

赤字でも相談可能

ここが銀行融資、銀行ビジネスローンと大きく違う点です。赤字だとしても、審査が続行されることになります。条件はありますが、経営内容にも踏み込むことで、返済見込みがあれば借りれる場合もありますが。

ただし、銀行融資の要領の申し込みは危険です。ノンバンクのビジネスローンの金利は高めであり、借りた時の返済計画は重要です。そして、事業融資型ビジネスローンの審査落ちだとしてもまだ方法がありますが。

銀行に舞い戻って

1つは信用金庫などでは、地元の中小企業に対しての不動産担保ローンの提案もあります。

これは、ノンバンクの商品ですが、地方に行くほどノンバンクではなく信用金庫などが、土地を担保に資金提供していることがあります。取引上、互いに良い思いをするということです。銀行が不動産担保の根抵当権設定者になってしまうことで、定期的資金提供ができるというものです。

ノンバンクの不動産担保ローン、事業融資型ビジネスローンの審査落ちでは、是非相談してみて下さい。地元の信用金庫、地銀の営業マンが狙い目です。



ノンバンクの事業融資型ビジネスローンの審査

ビジネスローンの審査では、単に申込者の信用情報だけではなく、その他の要因で審査落ちになってしまう場合が多いです。

銀行は最初から厳しい

中小企業単位では、銀行融資を最初から検討できない場合が多いです。商工会議所などの団体に入っていて情報が入手できるとか、信用が高めてからが良いでしょう。

大手の銀行では最初から太刀打ちできない場合があります。案外と行けそうなのが、ネット銀行関係ですが、ここもやはり銀行の審査です。時間がかかる審査だけではなく、厳しいものがあります。

何か自信がない時には

事業融資型ビジネスローンの場合、まとまった金額の借入ができます。インターネット申込ができる場合もありますが、金融業者を色々と確認しておくことです。今では、ネームバリューのあるビジネスローンなどでは、インターネットの情報が豊富です。

まず、融資関係では運転資金なのか、設備投資なのかでも変わってきます。比較的借りやすいのが、ノンバンクのビジネスローンですが、新規開業資金などでは、日本政策金融公庫の融資も検討して下さい。

初期費用のビジネスローンがありますが、銀行であり低金利です。特に新規開業資金の場合は、ノンバンクでも資金調達が難しいでしょう。



ノンバンクのビジネスローン

審査は甘いが金利が高いです。

事業金融業者の場合、ビジネスローンだけではなく、不動産担保ローン、保証付きのローンなどがあります。パターンがありますが、事業内容も確認した上で、慎重な審査が続きます。審査基準としては、銀行とは違う、担当者が直に話しをすることでは、返済の可能性を探ってきます。

そして、審査が厳しい時には、不動産担保ローンの切り替えがあります。この方法では、無担保ローンではなく担保不動産があれば借入ができる可能性です。金融業者としても返済の可能性がないとなかなか貸せないでしょう。

事業融資型ビジネスローンの場合は、まとまった資金がほしい時です。無担保ローンでは、事業内容がかなり厳しい時にはやすやすと貸付ができないかもしれません。連続赤字の決算、指定された書類が揃わない。申込内容を確認した所、ビジネスローンの概要も理解していないなど。

担当者では、数多くの申し込みを受けていることではベテランです。確かな返済が確約できなければ、ビジネスローン契約ができないでしょう。

用意したい書類

事業計画書と返済計画書。資金調達ができた時に細かなデータが力になります。設備投資の場合は、展望なども必要になりますが、あまりにも非現実的なことであれば、話しにならない審査になります。

それでも甘い審査とされるビジネスローンでは、とことん細かな審査で、不動産担保ローンありのビジネスローンも検討されることでしょう。



ビジネスローン審査落ちはファクタリングもある

すべての事業融資型ビジネスローンの審査に通らないという場合もあります。

一番の原因では、申込者の信用情報がブラックリストのときがあります。事業融資なのですが、申込者、経営者が金融事故ばかりで、信用がない場合は、事業資金提供ができないでしょう。どうしても、ビジネスローンの申し込みそのものをしてはならないと言っても良いでしょう。カードローンの場合と同じです。

ビジネスローンでも甘い審査の金融業者はあります。しかし、キャッシングのように数万円程度のものではないときには、ビジネスローンそのものが借りられないです。

困った経営者には

ファクタリングです。資金調達方法としては、ファクタリングがあります。設備資金では難しいのですが、資金ショート防止程度なら、ファクタリングで助かる場合があります。

ファクタリングとは売掛債権の現金化です。支払いが後日に入るとわかっている売掛債権を先に現金化する業者がいます。以前は大企業相手のことですが、最近は中小企業相手のファクタリングもできます。手数料として最大20%程度取られるのですが、売掛債権を現金にできます。今ほしい資金調達方法です。

金融業者ではなく、現金をもらい、売掛債権の支払いを受けて、返済です。1回だけの返済になりますが、その時に解決してしまうことです。現金化では、取引先の審査が入り、申込者がブラックリストだとしても関係ありません。



ファクタリングの資金で

ブラックリストを解決してしまう方法があります。

返済があと少しできたとしたら、金融事故を解決できる。その後ビジネスローンの申し込みができます。ファクタリングの記録が残らないので、会社としてきちんと返済ができて、信用情報的に解決ができます。

運転資金の借入をすることでのファクタリングの利用もできますので、資金調達にしてはよく検討してみて下さい。ビジネスローンでは、契約後は返済が続きますが、一時的な資金をブラックリストでも利用ができます。

しっかりとした取引先との売掛債権は、ファクタリングしたとしても知られることがなく、取引信用を失墜することができないでしょう。審査に関しては、ブラックリストは関係ないことであり、確かな売掛債権があれば、ブラックリストも資金が作れることになります。

ファクタリングに関しては情報収集を

インターネット対応のファクタリングもありますが、インターネット完結ができるファクタリングもあります。口コミサイトもありますが、最近では悪徳業者も存在してます。

ですから、きちんと確認をして、優良ファクタリング業者を探して下さい。あちこち査定したとしても、申し込みブラックなどになることはありません。