フリーランス ビジネスローン

フリーランスと確定申告とビジネスローン

フリーランスは個人事業主です。自分で事業をしていて収入を得ています。

絶対に必要な確定申告

毎年確定申告をするのは義務です。なぜ確定申告をしなくてはならないか?それは、会社員なら給与をもらうときに経理が税金等の徴収しています。

個人事業主では、経理がいない事から、自分で雇うか確定申告で、所得の確定と税金の支払い等を計算しなくてはならないからです。そして、カードローン、各種ローン等にも所得の数字を確認するために確定申告をしなくてはならないわけです。

確定申告と言えば

会社員でも、会社以外の収入があるときには、確定申告が必要です。その他住宅取得、医療費控除、結婚した、出産した等の場合も必要です。確定申告とは、年間の所得を公的書類にするためのものです。税金控除のためにもなくてはならないのです。

フリーランスとは、毎月なり仕事をしたときに収入を得ます。それを1年間まとめて申告をしますが、事業のために使うお金、生活費との区別をするのも確定申告のときに必要なことです。ですから、フリーランスでは事業に使ったお金の証拠として領収書と帳簿をきちんと付ける事が義務になります。

義務というのは、事業にかかった必要経費のものであり、まったくゼロでも良いでしょう。その時には年収そのままの税率になるのですが。

個人事業でもお金がかかる

そこで、フリーランスになったときには、必ず事業にかかるお金と生活費がはっきりと区別する必要があります。

フリーランスの種類によっていろいろです。その区分けについては、自分で調べることになりますが、事業にかかるお金が事業資金ということになります。

事業資金が乏しいのでビジネスローンを使うことができる

フリーランスが事業資金としてローンを使うときには、ビジネスローンの申し込みができます。フリーランスになったとしたら、個人事業主対象のビジネスローンの利用ができる場合があります。

ビジネスローンの場合は、その対象者として中小企業だったり、事業の大きさで申し込み対象が変わりますが、個人事業主用、フリーランス対応のビジネスローンであれば、事業資金としての借入ができます。もっというと、生活費にも使えるビジネスローンです。それは、確定申告のときに事業資金と生活費の申告をしたら良いだけであり、ローンの返済をきちんと行えれば良いわけです。

ということで、フリーランスになったときには、ビジネスローンも利用ができる事で、使えるローンの種類が増える事になります。カードローンでも個人事業主、フリーランスの申し込みができますが、この資金では事業資金として使えないのでご注意下さい。

フリーランスはカードローンよりビジネスローン

フリーランスのキャッシングとして、カードローンに申し込みしようという方に朗報です。フリーランスの収入では、事業資金と生活資金があります。会社員やパートやアルバイトではもらう給与は全て生活資金です。

フリーランスと確定申告

年収に対しての確定申告をする方は全てフリーランスになります。そして、フリーランスそのものはビジネスローンが申し込みができます。

ちなみに、この中には給与体系になっていない風俗嬢等も含まれています。必ず確定申告をしている事、自分で事業主となっている事が必要です。個人事業としてる方は全てビジネスローンの対象になります。

ビジネスローンの必要

ビジネスローンで借りたいとき、その費用が仕入れに必要な資金、設備投資としての物品購入等の場合も多いです。フリーランスでは生活と直結しているのですが、仕事のために必要な資金として、ビジネスローンが使えることになります。ビジネスローンはフリーランスにとっては、メリットが多いと言えます。

カードローンと変わらない

大手ビジネスローン会社では、ほぼ大手消費者金融カードローンと変わらない審査になります。個人信用情報だけの審査で借りれる。即日融資もできる上、カードローンとは違い、総量規制以上の借入が可能です。カードローンは事業性資金に使うことを禁じています。

フリーランスだからこそ

フリーランスがカードローンの必要がある時には生活資金のためだけのものです。生活と事業が直結している点では、カードローンの審査ではフリーランスは厳しいといいます。それが、フリーランスは最初からカードローンではなく、ビジネスローンの申し込みが妥当です。事業と生活に必要な資金調達として、最初からビジネスローンの申し込みを考えると良いでしょう。

審査では、ビジネスローンの場合は決算書を確認して赤字で借りられないということはありません。そうではなく、審査の基本では個人信用情報機関であり、ほぼカードローン審査と同じ。そして、総量規制以上のキャッシングができる点のメリットが大きいことになります。事業でも生活にも使える資金を借入が、総量規制以上のキャッシングができる事がメリットです。

フリーランスだからこそ

大手消費者金融カードローンのキャッシングでは事業資金の借入ができません。その点だけでもビジネスローンの申し込みがオススメです。確定申告をした上で、フリーランスとしての年収が確立されていることが必要です。

大手消費者金融カードローンの申し込みも審査通過もありますが、ビジネスローンの方が使い勝手も審査も通りやすいということになります。フリーランスはビジネスローンの申し込みができます。

ビジネスローンだけではなくクレジットカードもビジネス用の申し込み

当然の事ながら、ビジネスローンは事業性資金を借りる事ができます。会社や企業が借りるものであり、事業のために使える資金の借入ができます。それが、フリーランスでも対応です。

フリーランスも会社と同じ

フリーランスは自身で事業を起こしています。借りたい資金が、生活のためだけではなく、フリーランスが事業のために借りたいときがあります。ですから、会社同様に事業資金として借りたい時には、ビジネスローンが使えます。事業資金に使うというのは、フリーランスでも同じことです。

ちなみに大手消費者金融カードローン等の個人用のキャッシングでは、事業資金に使うことは禁じられています。ですから、フリーランスがカードローンの申し込みの時には、全て生活資金としての借入しかできないことになります。

これは、フリーランスがあくまでも生活だけに使うのならカードローン。事業資金の時にはビジネスローンということになります。しかし、フリーランスのビジネスローンでは、生活資金にも使用することができます。ここが、ビジネスローンの最大のメリットになります。

理想としては

事業資金としてはビジネスローン。生活資金としてはカードローン。フリーランスは2枚のローンカードを持つことが良いでしょう。というのも、この2つのローンカードの金利としては、ほぼ同じです。経理上でも2つのローンカードがあることで、帳簿でもわかりやすい計算になります。

ビジネスローンがフリーランスが申し込みができるという基礎知識としては、ホームページなどで生活に使用できるかの確認も必要です。中には事業資金にしか使えないこともあります。内容としては、あくまでもビジネスだけの借入ということです。

クレジットカードも同様

キャッシングのためのビジネスローンだけではなく、クレジットカードもビジネス用があります。

こちらも経費はビジネス用のクレジットカード利用がオススメです。クレジットカード利用では、ビジネスとプライベートを分ける方が絶対に良いです。ビジネスローンもそうですが、完全に事業資金としてクレジットカード決済をすることで、経費が目に見えることになります。

フリーランスになったのなら、ビジネスローンとカードローン。クレジットカードもビジネス用とプライベート用を持って使い分けることをオススメします。フリーランスになったのなら、この4枚のカードをうまく使い分けることがうまい借金生活ができるでしょう。

フリーランスがビジネス用の申し込みができることを確認しましょう。開業すぐでも申し込みができることがあります。情報サイトなどを確認してみて下さい。

総量規制以上のビジネスローンは魅力

フリーランスの中には、税制対策として経費計上を多くして、確定申告の時に収入を抑える場合もあります。青色申告等でも合理的な方法ですが、困ってしまうのが、ローン等を借りたい時です。

収入で限度額が決まる

カードローン、キャッシングの申し込みの時には、年収が大きなポイントになります。特に消費者金融系の申し込みでは、限度額は年収3分の一の総量規制しか借入ができません。その時にフリーランスの場合は、少額の収入では限度額がとても少ないです。

ところが、ビジネスローンでは総量規制の縛りがありません。収入は少ないけれど、事業資金として資金調達したい時にはカードローンは使ってはならないですし、限度額も少ないです。

節税対策をすることはイケナイことではありません。ただカードローンの申し込みでは確定申告の年収が元になりますので、フリーランスとしてはカードローンは少しのキャッシングしかできない方も多いです。審査では、フリーランスは少ない収入であれば、信用も低いから、フリーランスでは不安定収入になるからです。

開業したてで資金がほしい

ビジネスローンでは、総量規制がありません。限度額が年収に左右されないことでは、フリーランスにとってはうってつけのローンになるでしょう。確定申告書は絶対ですが、低い年収だとしても、総量規制は無関係の借り方ができます。

大手消費者金融カードローンでは審査に通らないのですが、ビジネスローンの審査が通ったとの口コミもとても多いです。フリーランスになったのなら、カードローンの審査のために、節税ができないかな?という方もオススメです。ビジネスローンの利点が大きくなっているのは、この総量規制がないことで借入ができることが大メリットになります。

消費者金融にもあるビジネスローン

消費者金融には、ビジネスローンもあります。またビジネスローン専門業者もインターネット上で申し込みができます。どちらでも良いのですが、ビジネスローン専門業者の方が、審査も通りやすいと言います。

審査で個人信用情報機関の内容が重視であり、この点ではカードローンと同様です。そこで、消費者金融ではブラック対応の中小消費者金融がオススメです。ビジネスローンでは基本的にブラックリストでは借入ができません。赤字決算ではなく、本人の個人信用情報機関が問題です。

そこで、中小消費者金融なら、ブラックリストでも審査に通ることがあります。そこにビジネスローンがあるのなら、事業資金の借入がフリーランスでも可能でしょう。審査では、詳細に聞かれることは多いですが、金融事故がある信用情報でも契約が可能になる場合があります。

フリーランスの資金調達の方法

フリーランスが誰でもビジネスローンの申し込みができません。法人だけの場合もあります。そして、ビジネスローンでは大手消費者金融カードローンと同様の高金利であり、事業資金借入としては、キャッシングと同じ感覚です。

銀行融資とは違う

事業資金と言えば、銀行融資等があります。フリーランスは、実はこの銀行融資も申し込みが可能です。大手銀行では難しいのですが、地銀や信用金庫の融資になるとフリーランスも対応しています。

かえって、借りませんか?との勧誘もあります。この銀行融資では、信用情報も審査も厳しいのですが、ビジネスローンと比較しても金利がとても低いのが特徴です。

ビジネスローンでは、18%程度の高い上限金利がありますが、銀行融資では5%程度という低金利のものが多いです。審査が厳しいのは仕方ないのですが、返済負担は大きく変わります。

ビジネスローンは急な時だけ

ビジネスローンも銀行融資もOKというのは、フリーランスではきちんと検討して下さい。

銀行融資の金利の低さ。相手が信用金庫等の場合は、地元優先で1人でも顧客がほしいでしょう。そこでフリーランスでも審査次第で、貸付をするところも少なくないです。

ただし、審査の厳しさだけではなく、審査時間が長い、面倒な審査が続きます。そこで、ビジネスローンでは最速即日融資ができることがあり、常に使うというものではなく、急な資金調達では絶対に役立ちます。

高金利ですが、繰り上げ返済ができれば、低金利に抑えることができ、つなぎ資金としても便利です。資金ショートにも使えるので、いつも借りないとしても契約をしておくと良いでしょう。

フリーランスの資金調達

ビジネスローンと銀行融資。日本政策金融公庫などでも個人事業主に資金提供もしています。開業資金も低金利での借入ができるので、フリーランスの資金調達の方法はいくつか持っておくと良いでしょう。

ビジネスローンの使途は基本的に自由です。カードローンでは、事業性資金に使用禁止ですが、ビジネスローンの場合はプライベートに使用ができます。用途が自由ですが、ビジネスローンのプライベートの使途については計画的に行うことです。

又、どうして区分けしたいのなら、ビジネスローンとカードローンの併用も考えておくと良いでしょう。そして、多額の資金調達として、銀行等の金融機関の低金利がお得です。

ビジネスローンはもしもの時の1枚としてあると何かと便利です。審査では、個人信用情報機関の内容が必要です。その際にブラックリストであれば、全ての資金調達は困難でしょう。