事業融資型ビジネスローン


ビジネスローンの種類について

ビジネスローンには種類があるのをご存知でしょうか?大きく分けると2つあります。

事業融資型ビジネスローン

一般的な銀行融資の形です。設備投資、つなぎ資金、事業資金にしても一度に大きな資金を借入する形です。個人で言えば、教育ローン、住宅ローンのように、そのときに必要な資金の借入をするのが、事業融資型ビジネスローンになります。

この方法では、一度審査で借りられたのなら、あとは返済をするだけです。金融業者では最大限度額を高くして、まとまった資金調達の方法として提案しています。

ローンカード型ビジネスローン

こちらは、最初からローンカードで審査で借りれる範囲内が決まります。限度額の設定があり、その限度額範囲内は自由に借りれます。返済をしたのなら、借入範囲が上がる形です。出し入れが自由なカードローンのキャッシングの使い方ができます。

ただし、この時に限度額は事業融資型と比較して低いものです。何千万円という多額の設備投資などには不向きであり、こちらのビジネスローンは日常的に使うもの。予定外の出費に備える程度のローンになります。


今ほしいお金とその目的

例えば、個人でも住宅のため、子どもの進学のためのローンとなると、大手消費者金融カードローンなどではなく、銀行などの金融機関で多額ローンの申込を考えると思います。

ビジネスローンも同じ事であり、事業融資型ビジネスローンでは多額の設備投資のためなどで、この先計画的に返済予定が立てられ、そのローンによって業績が大きく左右する時に検討されるものです。

審査基準も事業融資型の方が、借入金額も大きい分厳しい内容になります。ですから、今必要な資金がどんな目的であり、必ず返済計画に則った内容であることが大切です。

ローンの基本として

どんな場合でも多額の借入では審査は厳しいです。ビジネスローンの場合も業績だけではなく、今後の返済についても厳しい対応になります。

ただ、多額借入の分、金利は低めです。ローンカード型ビジネスローンは、大手消費者金融カードローンのイメージそのものです。インターネット完結の商品もあり、少額融資に適しています。

審査も柔軟ですが、上限金利も大手消費者金融カードローン並で高いです。また、審査基準が甘いと言っても、申込者がブラックリストに入っている、金融事故がある個人信用情報の場合は審査に通らない事が多いです。

ビジネスローンの可能性としては、まだいくつか種類があり、担保ありの不動産担保ローン、保証人付きで借りれるとか、ローンではない方法としてファクタリングなどもあります。どのような資金がほしいかによってもビジネスローンは選択ができますが、多額借入で低金利ほど審査基準は厳しいでしょう。


事業融資型ビジネスローンの借りれるところ

事業融資型ビジネスローンは、融資目的は当然事業の用途になります。

事業用ということは?

事業に関わる全ての経費に利用ができます。

例えば、設備投資の時には、その機械だけの費用ではなく、事務手数料だったり、取得のための経費も入ります。新規事業の時は一からの経費も全て事業融資型ビジネスローンでの対応ができます。

金融機関からの融資などでは、こうした諸々の経費も込で申込ができます。一度きりの融資であり、計画書の通りであったとしても、設備投資、事業費用全ての関わる資金として申込ができます。

事業融資型ビジネスローンの借入先

一番に思い浮かべるのは銀行などの金融機関です。その時、企業の大きさで銀行の規模も変わります。メガバンクでは中小企業並の借入は難しいでしょう。

そこで、地方銀行、信用金庫、信用組合などが候補に挙がります。ここで借入ができる融資はたいてい事業融資型ビジネスローンになります。


日本政策金融公庫

ここも銀行の一種ですが、事業融資型ビジネスローン手では中小企業対応です。また、銀行では難しい開業のための資金提供もしています。

審査基準などは銀行と大差はないのですが、中小企業、個人事業主にとっては、間口が広く申し込みしやすいといえるでしょう。金利なども低い商品が多いのが特徴です。

自治体

都道府県、市町村自治体が提供するビジネスローンです。商工会議所などでも融資があります。こちらの事業融資型ビジネスローンの特徴としては、その自治体に対しての奉仕だったり、地域密着型の対応が求められることになります。

ただ、信用面が高まる事では地域貢献に関しての評価が高まります。その地に根ざしたい事業であれば、積極的に検討されると良いでしょう。

ノンバンクのビジネスローン

事業資金専門のビジネスローン会社では、審査基準が甘く、高金利商品になります。銀行などの金融機関で審査に通らない場合、早期の資金調達したい時にはオススメです。

金利設定では多少痛いのですが、資金ショートのための資金だったり、用途によっての使い分けがオススメです。また、ノンバンク 資金提供を受ける事で、事業展開を立て直し、銀行融資の審査に挑むという方法もあります。

今の業績向上のための設備投資がほしい時などは、資金調達スピードが早いノンバンクの事業融資型ビジネスローンはオススメです。長い付き合いをしていくことでの信頼感も上がります。

あるいは、銀行融資全滅の絶望的な資金調達の方法としてもノンバンクビジネスローンの存在は大きいです。審査基準の低さでは、資金調達の方法としてチェックしておくと良いでしょう。


銀行融資がベストなのですが

事業融資型ビジネスローンの一般的な形は銀行融資です。

プロパー融資

プロパー融資とは、銀行とは保証なしで借りれる融資です。もし破産したときには、銀行側が100%保証をするというものです。

事業融資型ビジネスローンとしては、高い確率で回収ができる事を前提としています。ということは、審査基準は非常に厳しいものになります。すでに信用が高い事実がある以外では、なかなか借入が難しいとされています。

完済見込みが100%という銀行のお墨付きがなくてはならないのですが、一度でもプロパー融資で完済の関係ができると、当然銀行との信頼感は非常に高いものなります。

信用保証協会付きの融資

現在、銀行融資としては、信用保証協会の保証があることで、自行のリスク軽減として受け付ける事が多いです。

信用保証協会は、中小企業にとっては保証人のような立場であり、銀行との事業融資型ビジネスローンの獲得をスムーズにするものです。面談での審査がありますが、当然事業内容や融資の目的などで厳しく確認されます。

一定の保証料の支払いで、銀行との融資交渉が早いです。返済ができないときには、保証がありますし、この審査自体事業の信用を得るのはとても大きな財産です。

銀行としても信用保証協会の保証があることでは、プロパー融資と比較しても大差ない信頼度です。信用金庫などでは、この信用保証協会の融資を勧めています。


日本政策金融公庫

日本政策金融公庫では、政府系の銀行であり、中小企業を中心に融資をしています。

ここでは、銀行融資ができない場合でも、事業内容がその地域での活性化につながる。審査ではそれ相当の信頼がある事で、銀行融資の審査基準よりは多少低い内容で融資を受ける事ができます。これから開業したい、新規費用の事業融資型ビジネスローンにも対応しています。

日本政策金融公庫の審査通過が大きな信用になります。一度でも審査に通る事で、次の事業融資型ビジネスローンにも期待ができます。返済期間も長期であり、低金利の内容です。ここが、銀行のメリットがしっかり存在しています。

銀行融資が理想

こうした国内の金融機関を利用した資金調達方法が、事業をする上で理想とされています。その理由としては、審査は厳しいのですが、低金利の部分です。

日本政策金融公庫以外では、銀行にとっては良い取り引き相手としてのパートナーシップの関係もあります。法人経営者、個人経営者にとっても、金融機関の事業融資型ビジネスローンの利用がすんなりとできる事は、事業上でも大切な事です。


銀行融資のつなぎ融資のつもりだとしても

銀行融資での事業融資型ビジネスローンでは低金利ですが、審査の厳しさと時間がかかります。いろいろな情報が飛び交う中、審査までは最大1ヶ月程度かかることも珍しくありません。

その間の事業資金がない

資金調達をしたいのに、申し込みしてすぐに回答が出ない銀行融資。それでは困ってしまう事も多いでしょう。しかし、銀行では日本政策金融公庫でも審査に時間がかかるのは常識です。

そこで、審査期間にはつなぎ融資の形で、ノンバンクの事業融資型ビジネスローン利用が良いでしょう。この資金調達方法はとても一般的なものであり、同時申し込みの形ですが、事情を説明によって審査を受ける事ができます。


ノンバンクのつなぎ融資

そこで、ノンバンクでは1週間程度、早ければもっと短期間の審査結果が期待できます。

このときに、先に申し込みをした銀行融資の審査が危ないときもあります。要するに、銀行融資の審査落ちでは、そのままノンバンクの事業融資型ビジネスローンを真面目に返済しなくてはならないということです。

ちなみに、ノンバンクのビジネスローンの多くは銀行融資よりも条件は緩いですが、高金利です。すなわち、審査結果までの短期間の融資ですから、高い金利だけど負担が小さくなります。

ただ、銀行融資の審査落ちでは、ノンバンクビジネスローンの高い金利の返済をしなくてはならない。この点では、計算が狂うことになります。

ノンバンクのビジネスローンのメリット

高い金利ではデメリットになりますが、メリットは審査が早い事です。そこで、銀行融資の結果待ちのための資金調達としては便利ですが、できれば少しでも金利が低く、条件が良いものを選択することです。

現在、多くのノンバンクの事業融資型ビジネスローンもあり、インターネットでの検索だけではなく、そのまま申し込みも可能です。そして、確実借入では経営者や事業があまりうまくいっていないときの不動産担保ローンなども商品として存在しています。

銀行融資に際しては、深く研究しての申し込みだとは思うのですが、審査が不安な場合は、ノンバンクの事業融資型ビジネスローンの商品選択は慎重に行う事です。

審査の厳しさと低金利は比例するものであり、柔軟審査ほど高い金利になりがちです。そこで、不動産担保ローンであれば多少の金利を抑えられ、審査も柔軟です。

それなら、最初から銀行融資はできないのでは?という事業主もいますが、銀行融資の申し込みは一応しておいてた方が良いでしょう。その上で、つなぎ融資では条件が良い低金利のものを手にされることをオススメします。


事業融資型ビジネスローンの種類確認、借入先は早期確認を

法人経営者、個人経営者にとっても、資金調達方法は必ずいくつか用意しておくことをオススメします。

法人、個人、その規模によっても資金調達の内容は大きく変わる事ですが、とにかく事業に必要資金をきちんと受けられるかの確認が必要ということです。

事業融資型ビジネスローンの借入

設備投資、事業投資として大きな借入したいときのビジネスローンです。

最大限度額が大きな資金がなくては事業が回らない。それは、今だけではなく、今後どのような形が必要になるかはわかりません。そこで、事業融資型ビジネスローンの借入先としては、銀行などの金融機関を中心に確認されることをオススメします。

金融機関においては、担保有りの不動産担保ローン対応の場合もあります。特に信用金庫などでは、その地域に根ざした中小企業に対しては、資金調達の方法として融資が根抵当権設定者となり、必要に応じての資金提供する場合もあります。そうした形だけではなく、ノンバンクなどでも検索をしてみて下さい。

新規事業者などは辛いかも?

信用金庫との信頼を作るのは時間もかかる事が多いです。事業開拓して数年では、地元の金融機関の事業融資型ビジネスローン対応もできない場合があります。

日本政策金融公庫の融資はぜひ検討ですが、経営内容だけどはなく、経営者の個人信用情報などでは審査が通らないこと報告もあります。要するに、事業だけではなく、申込者の信用情報機関も大切な審査要件です。


赤字でも借りれる

事業内容では、赤字でも対応のノンバンク事業融資型ビジネスローンも多いです。金融機関と比較して高い金利になりますが、返済予定があるのなら早期の完済では、金利はあまり気にしなくても良いでしょう。

しかし、ブラックリストの場合はかなり困難審査になります。そこで、不動産担保ローンも事業資金調達方法として選択肢にされる事です。これで、かなり事情は変わります。

事業融資型ビジネスローンとしてまとまった資金がほしいときには、不動産担保ローンは使えます。ノンバンクであれば審査基準も比較的厳しくないとの口コミがあります。現在は、インターネットの情報も豊富であり、全国対応のところもあります。

最終的事業資金調達方法

これは、ファクタリングになります。事業融資型ビジネスローンのような大金が売掛債権で存在しているとしたら、個人信用情報機関の内容関係なく、取引先の信用情報機関によっては、早期の現金化ができます。

資金ショートでキャッシュフローが早急にほしいなどの場合は、ビジネスローンよりも対応が早いです。こうした資金調達の方法も事前にリサーチされることです。

銀行以外のノンバンク、ファクタリング業者では、口コミによっては、悪徳業者も多いので、変な業者に引っかからないことが必須です。