ビジネスローン総量規制


総量規制のことを知っている?

キャッシングの際に、よく耳にする言葉に総量規制があります。融資のときに、総量規制範囲内とか総量規制対象外があります。

総量規制とは?

貸金業法上の限度額の1つです。個人に対するキャッシングの限度額であり、年収3分の一を言います。その範囲では、消費者金融、クレジットカードのキャッシング枠が適用されます。これが総量規制範囲内の借入になります。

そして、総量規制対象外というのは、銀行カードローン、各種ローンなども入ります。各種ローンはもちろんですが、カードローンなどでは年収3分の一が借入が出来る事になります。

消費者金融では、新規の借入だけではなくまとめローンなどでは対象外となります。

300万円の年収の方のキャッシング

300万の年収の方は、総量規制が100万円です。消費者金融、クレジットカードのキャッシングでは総量規制が発動されます。このときに多重債務も可能になります。

銀行カードローンでは、それぞれの銀行が定める限度額になります。人によっては、総量規制以上の借入ができます。各種ローンは適用外であり、住宅ローン、教育ローンなども総量規制は対象外になります。

また、消費者金融の例外としては、多重債務を1つのローンに借り換えをするまとめローンなども総量規制以上の契約ができます。

あくまでも、普通のキャッシングでは100万円までしか借入ができないことになります。カードローン、キャッシング、大手消費者金融、中小消費者金融、街金も同じ総量規制範囲内です。


総量規制の決まりとして

50万円以下の借入のときには、収入証明書は不要です。

ただし、51万円以上の希望額、100万円以上の多重債務者の場合は収入証明書の提出も必要です。その際には、給与明細書、源泉徴収票などが必要になります。これも総量規制の決まりの1つです。

個人に対するキャッシングでは、消費者金融系の貸金業法の場合は、総量規制が関係します。年収3分の一という決まりがあり、それ以上のキャッシングができないことになります。

ですから、専業主婦が借りれない

消費者金融では、専業主婦は借入ができません。収入がゼロになります。総量規制はゼロですから、限度額もありません。

ただ、銀行カードローンでは専業主婦は借入が出来る事になります。審査次第ですが、収入がゼロでも総量規制が対象外なので借りれる事になります。

ビジネスローンは総量規制あり?

ビジネスローンはカードローンとは違います。総量規制が関係しているのは、個人向けのキャッシングだけです。

事業融資の場合では、申込者の年収は無関係です。事業の売上に対してではなく、総量規制という決まりもありません。


個人事業主のビジネスローンについて

総量規制には対象外と例外があります。消費者金融系のキャッシングの限度額の総量規制ですが、例外に関しては、まとめローンなどがあります。

また、個人ではなくビジネスローンとしても総量規制例外の場合があります。

個人事業主のビジネスローン

個人事業主が事業資金として借りることが出来るのがビジネスローンです。カードローンも申し込みができます。

個人事業主でも消費者金融では借りる事ができます。このときに、カードローンでは事業資金としての流用ができません。あくまでもプライベートだけの資金になります。

ビジネスローンとは、会社員などは借りれない事です。法人や個人事業主が対象になりますが、個人事業主のビジネスローンの借り方があります。

ビジネスローンの利用条件

大手消費者金融系のビジネクストでは、個人事業主に対していくつかの決まりがあります。資金使途が事業資金になる事、確定申告書などの書類提出が出来る事、返済能力の判断です。

提出書類は当然ですが、ビジネクストでは事業資金にしか使えません。利用者としては、ビジネスローンは事業のためですが、個人事業主の場合は微妙な立ち位置です。


個人事業主では総量規制範囲内になってしまう?

ビジネスローンは、もちろん個人事業主も申し込み対象になります。

ビジネスローンの性質上は、総量規制対象外になります。ただし、個人事業主であり、利用条件が揃わないときには、総量規制範囲内だったり、借りられない場合があります。事業収益などがあることの証明も必要です。確定申告書だけではなく、その他の提出書類が全てあればの話です。

もともと法人では、ビジネクストのビジネスローンでは総量規制は無関係です。ただ個人事業主だけは、複雑な審査になります。

事業資金だけではなく

それでも個人事業主が、事業のために資金がほしいときには、ビジネスローンの利用ができます。提出書類の確定申告書はもちろんですが、資金繰りがきちんと回っている事などの確認がされることになります。

基本的に個人事業主は、カードローンの借入で事業資金として対応しない事です。自分がほしいキャッシングでは、プライベートなのか、事業資金としてほしい場合では、ビジネスローンの申し込みの必要性がほしいことになります。

そのときに、確実に返済が出来る事が不可欠です。ですから、個人事業主に関しては、総量規制に関係してしまう事があります。

融資対象者で返済が出来るとしたら、総量規制例外として審査を受ける事ができると言います。普通のキャッシングではなく、ビジネスローンとしての借り方ができます。


個人事業主のビジネスローンの申し込みは?

事業資金の調達では、個人事業主も有効です。本当は銀行などの金融機関からの融資が妥当です。

しかし、最近ではビジネスローンも種類が多いです。

審査はある

ビジネスローンのメリットは、銀行融資よりは甘い審査だからです。

個人事業主ではなく、法人対応でも審査は複雑です。これは、よほど高い信用が必要になりますが、金融業者のビジネスローンでは比較的審査基準甘いです。

ビジネスローンの審査内容では、赤字決算だからダメというよりは、これからの返済能力が肝心です。審査では返済能力が必要ですが、それが法人の事業資金の場合は、それなりの金額です。会社の規模にも関係しますが、ビジネスローンでは借りやすいと言います。

個人事業主の審査

個人事業主の場合も、確定申告書の内容が重要です。そのときに、それだけではなく、どのような事業をしていて、収益の可能性が高くなければならないです。

個人事業主の中には、節税を収入抑えている場合があります。そのときに、カードローンでは総量規制で年収3分の一程度しか借入ができません。

ビジネスローンでは、条件によっては総量規制が例外になる事があります。総量規制以上の借入ができないと、ビジネスローンとしての使い出がなくなってきます。

ビジネスローンは、○○でほしい。法人化のためになどの使途も必要な場合があります。


個人事業主にとっては

個人事業主に関しては、半分個人であり、ビジネスローンの可能性としては、総量規制が深く関係していくことになります。

融資限度額が低い総量規制範囲内であれば、どうしても不足してしまう。それが、どうしても事業資金でなければならないです。ビジネスローンですから、プライベートとは違います。

ところがあるビジネスローンの目的

あるビジネスローンの場合は、プライベートにも使えると表記されることになります。これは、ビジネスローンだとして、総量規制対象外との表記もあります。

ただし、審査次第では、あまりにも収入が低いときには、総量規制に近い借入になります。プライベートにも使えるとしても、総量規制範囲内という少ない金額になります。

事業資金が個人事業主が借りようというときには、審査次第です。しかし、プライベートの借入も多少は出来るという点があります。いえいえ、これは事業資金として借りて、プライベートではありませんからということであればよい話です。

個人事業主の場合は、カードローンよりもプライベートでもビジネスローン対応もあります。間違いなく返済ができて、金融事故がないのなら、そのままでしょう。同時にキャッシングだけではなく、クレジットカードも個人事業主対応の商品があります。


ビジネスローンとブラックリスト

ビジネスローンの利用を検討するときはどんなときでしょう。事業資金として銀行融資の借入ができないとき。

銀行融資では審査時間がとても長いので、つなぎ融資としてもビジネスローンは使えます。

資金ショートには便利

事業資金の借入では、対象者に対しての審査がコンピュータースコアリングシステムで行う場合があります。

資金ショートとは、急に資金がなくては経営そのものが危ないときです。そんなとき、インターネット申し込みでスコアリングシステムの審査で借りれる事があります。まるで大手消費者金融カードローンの申し込みの内容と同様です。カード型のローンになっていて、ATMで簡単に出し入れができます。

それが、最近のビジネスローンのスピード審査と使い勝手の良さです。そのときに、必要書類も少ないのですが、申込者の信用情報が問題になります。

ブラックリストの申込者は難しい

スコアリングシステムで審査、大手消費者金融と似ている。そのときには、申込者がブラックリストであれば、審査は通らないことになります。

銀行融資審査落ちだけど、審査基準ではそれほど厳しくないと言っても、大手消費者金融同様でブラックリストの申込者は借入ができないことになります。


基本的に総量規制以上の借入

限度額が大きいとされているビジネスローン。使い方の理想としては、すぐに借りたいけれど、すぐに返せるという事。

これはどうしても金利が高いからです。ビジネスローンそのものは、全てが大手消費者金融と酷似しているのですが、金利も同じです。上限では18%になります。ただ、個人事業主、法人しか契約ができない事で言えば、経費としても計上ができます。

高い金利、返済負担が大きい事では、簡単には借りないことです。ビジネスローンでは申込者、たいてい経営者ですが、ブラックリストであることでは、借りれることがない。ブラックリストのビジネスローンはイマイチうまく行かないことでしょう。

事業が不明

個人事業主の場合では、どんな事業なのかを明快似しておくことです。

収益の内容だけではなく、お金の出し入れもわかりやすい事が必要です。○○のための資金調達、資金ショートでやばいなどでは、ブラックリスト以外では借りれないという事も確認してほしいです。

カード型のビジネスローンに関しては関係します。ただし、事業資金としては、ブラックリストなどでも借りれる中小消費者金融的なビジネスローンもあります。

ビジネスローンとして、消費者金融同様で審査基準の違いがあります。総量規制は基本的に関係ない場合では、審査内容もいろいろです。


ビジネスローンの審査は甘い?

ビジネスローンでは、事業のために使う資金です。ですから、パートやアルバイト、正社員などは借入ができません。

例えば、会社の社会保険証を持っている。パートだけで仕事をしているときに、ビジネスローン借りたいと言っても申込もできません。

ただし、こんな場合では

ビジネスローンを借りれる正社員としては、2つの仕事をしている方です。

普段2つの名刺で生活している方では、1つは正社員ですが、毎年確定申告しています。その部分での事業のための資金では、ビジネスローンの申込ができます。

このときには、正社員だけど、他のビジネスをしている。確定申をしている。その証明が必要になります。事業者としての証明が出来る事では、兼業ではそれぞれの申込でのキャッシングができます。

1つで事業をしているのなら、ビジネスローンも可能です。会社員だけの顔では、ビジネスローンは対象外になります。

収入が低い

収益が低いだけではなく、個人事業主としての収入が少ないとします。確定申告として少額申告している場合もあります。

そのとき、ビジネスローンでどうなるのでしょうか?総量規制が発動されてしまうと、とても借入が少なくなってしまう事になります。

できれば、ビジネスローンで総量規制以上の借入したいけれど。


ビジネスローンは基本的に総量規制対象外

個人事業主だけで、法人としてのビジネスローンの申込では、総量規制対象外、総量規制の例外になります。

個人事業主としては、確定申告書だけの書類になりますが、その他の書類があることで信用が高まります。そして、審査の書類と確認ができる事で、個人事業主では総量規制以上のビジネスローンの借入が出来るという事です。

ビジネスローンは総量規制対象外の商品ですが、個人事業主では多少難しい審査もあります。

兼業だとしても

兼業の場合では、説明ありの個人事業主になります。

収入的には、個人事業主と正社員の場合では、高い収入になります。要するに返済能力が高い場合では、限度額も挙がっていくことになります。事業融資では、一応は収益が関係します。

ビジネスローンでは銀行融資と違い、多少決算の数字が悪いとしても借入が出来るとされています。それが、ビジネスローンの審査の甘さです。

審査基準の甘さもいろいろ

ビジネスローンの会社では、消費者金融系もあります。

専門業者で言えば、不動産担保ローンなども併用して金融事故がある。事情があるけれど、ビジネスローンが必要という金融相談もできます。

基本としては、申込者の信用として金融事故がないことが必要ですが、ビジネスローンでは相談先も多いです。返済能力の高さが関係しますが、まずは申込が必要です。

ビジネスローンは基本的に総量規制は無関係とされています。