個人事業主コロナ資金



コロナ危機を迎えた個人事業主の金策を知ろう


世界中に危機をもたらしている新型コロナウイルスの問題ですが、健康面の不安と同時に経済的な不安を抱える人も増えています。リーマンショック以上の危機という言葉もあるため、先行きの見えない中で仕事もなくお金が不安という人が多いものです。

失業していれば当然ですし、仕事はあっても収入が減っているなどしているケースもあり、多くの方が金策に走っています。政府や自治体などの公的な支援もたくさんありますが、それを使えない人や使えたとしてもそれではまったく足りていないというケースもあります。

このような場合、普段からお金に困ったときに有効活用できるキャッシング会社やカードローン会社の存在を思い出しましょう。銀行カードローンやクレジットカード会社のキャッシングサービス、さらにノンバンク系のキャッシング会社や消費者金融会社などがその例です。

これらは個人に対してお金を貸してくれるもので、個人事業主などがその生活などのためにお金を借りることも可能です。会社としてではなくあくまでも個人として借りるために、審査もそこまで複雑ではなく収入額などを証明することができるのであれば、当日中の貸付なども可能なほどのスピード感があります。

個人事業主やフリーランスの職にある人に対しても今回のコロナ問題では様々な支援があり、家賃の補助や小学校をお子さんが休んだ場合に貰えるお金、持続化給付金などがあります。

こうした個人事業主コロナ資金も絶対にうまく活用すべきですが、それでも足りない場合などには賃金業者からお金を借りましょう。公的な支援の手が届くまでのつなぎ融資という意味合いで借りるのもひとつの方法です。利息はかかりますが、今はそのレベルも低くなっています。

困っているときには安易な気持ちで闇金業者などに手を出してしまう人もいますが、このような使い方は後悔することとなります。そのため、公的な資金であったり、合法的な業者からお金を借りるようにしてコロナ禍を乗り切ってください。個人事業主はもちろん、そのほかの働き方をしている人であっても同様です。



今月の支払いを乗り切れない?個人事業主がコロナ資金を1円でも多く獲得する方法


仕事を失って日々の生活に苦労したり、仕事が減って収入が激減している人も出てきた新型コロナウイルスの問題では、今や健康よりも明日を食べていくお金のほうが心配というケースも多くなっています。そのため、政府や自治体などがおこなう様々な経済支援をフル活用している方も多いです。

中小企業の経営者や個人事業主などが使用できる持続化給付金などのほか、無利息による日本政策金融公庫などからの融資を得られることもあります。このように様々な面で救いの手はありますが、それを使ってもまだまだお金が足りない人もいます。また、こうした手段を使いたくても条件に当てはまることができずに借りられない、もらえないという人もいます。

そのような場合には、従来からある銀行カードローンやクレジットカードのキャッシング、さらには消費者金融やキャッシング会社などを有効活用してお金を用意しましょう。お金が必要な事実は変わりませんし、家賃や光熱費の支払いなどのほか、教育資金やローン返済などがあります。

特に個人事業主の場合には、仕事上のお金と同時に生活費も厳しくなってしまい、そのためにどうにかしてお金を借りたいという方もいます。実際、個人事業主コロナ資金として様々な支援策と同時に、銀行カードローンやクレジットカード会社などをうまく使っている人はたくさんいますので、今現在お困りなのであれば頼りましょう。

ただし、どこに申し込みをしても同じとは限りません。それぞれの業者ごとに借入ルールは違いますので、利息が少しでも安い会社から借りたほうが返済総額も少なく済みます。また、借入方法や返済方法が店舗のみであればとても不便です。特に借入は一度で済むかもしれませんが返済は毎月の作業ですから、気を付けておきたいポイントです。

その上でベストな会社を選び、今月や来月の支払いなどを乗り越えましょう。コロナ問題は長期化も有り得ると言われていますので、今すぐでなくても今後のことを考えても消費者金融やキャッシング会社などを有効活用しましょう。



支援金や補助金だけではなく融資獲得も検討したい!コロナ危機を乗り越える術


世界的にも厳しい経済情勢が続くと言われるほどの大問題に発展してしまったのが、新型コロナウイルスの問題です。特に企業活動の厳しさがひどく、それによって個人の家計も厳しい状況に追い込まれると言われています。

しかし、当然ながらそこには救いの手もあります。持続化給付金や10万円が国民全員に一律給付される特別定額給付金などです。また家賃の補助などもあります。まずは、コロナ禍で困っているならばこれらをフル活用して難局を乗り切ることを考えましょう。これらは貰えるお金ですから、貰えるものは貰っておくべきです。

また、借りるお金としては緊急小口資金や総合支援資金などがあります。こうした制度はお金を借りるものですが、条件次第では返済が免除される場合もあります。さらにコロナ問題の長期化に伴って様々な政策が生まれ、今は救いの手がない人にも救いの手が設けられるなど刻々とルールなどは変わっていますので、できるだけ自分から情報を取りに行く姿勢も大切です。

ただし、こうした制度を使ったとしても乗り越えられない場合には、キャッシング会社やカードローン会社などからお金を借りることもひとつの選択肢として覚えておきましょう。銀行カードローンや消費者金融やキャッシング会社などを有効するのです。

利息はかかりますが、長い審査はありません。即日申し込みの即日審査で即日振込ということもあります。とにかくスピーディーなのがありがたい点です。そのため、各種支援策を使っても足りない場合や支援策を使おうと申込をしているものの、まだお金が入ってこないために困っている場合などにも、このような方法を有効活用しましょう。

また、個人だけではなく個人事業主コロナ資金などを求める場合にもこれらの業者からお金を借りられる場合が多いです。事業性資金は貸してくれない消費者金融やキャッシング会社などもありますが、あくまでも個人としてお金を借りるのであれば可能ですからひとつの方法として検討しておきたいものです。



個人事業主は仕事と家族を守るためにお金をどのように獲得するべきか?


今は働き方も多様化しています。そのひとつが個人事業主やフリーランスという働き方です。会社に属したり、会社組織にせずにあくまでも身一つで働く方法です。今はパソコン一台あれば家にいながらにして仕事ができることも多いために、このような方法を使って仕事をしている人も多いのです。

しかし、昨今のコロナウイルスの問題ではフリーランスや個人事業主への手当てが薄いと問題になったこともあるなど、その存在は軽視されがちです。

たとえば、小学校休業等対応助成金や小学校休業等対応補助金という制度がありますが、当初から会社員に支払われる金額とフリーランスや個人事業主に払われる金額は倍近い差がありました。同じように子育てをしているものの、その支援の額が違ったのです。後々、倍増されて受け取れる金額も大きくなりましたが、それでも会社員との差が大きなものになっています。

このようなケースはあくまでも一例ですが、会社員や公務員など組織に属して働くという行為が当たり前だった時代が長かったせいもあって、行政などの体質がそこに追い付いていないとも言われています。だからこそ、個人事業主コロナ資金で苦難を抱えている人も多いのです。今日明日の生活費に困っていたり、今月末の家賃支払いに困っていたりするケースです。

このような場合に、政府や自治体などがおこなう支援策を使うこともできますが、それでは足りなかったり、そこに当てはまらないこともあります。

このような場合にはお金をどうにかして工面しなければなりませんが、知り合いから借りることは今の時代には難しいものがあります。余程裕福な知り合いでもいれば問題ありませんが、やはり今は誰もが経済的に不安を抱えていますので、なかなか借りられないことも多いです。また、今後の人間関係を考慮しても知り合いなどからは借りないほうが無難です。

そのため、このような場合にはキャッシング会社やカードローン会社を利用しましょう。いわゆる金貸しや賃金業者などと呼ばれる存在で、利息はつきますがお金をスピーディーに貸してくれます。

たとえば今日申し込みをおこなって今日中に銀行口座にお金を振り込んでもらうなどというスピードも可能です。だからこそ、本当に困ったときには迷うことなくこうした賃金業者を有効活用してください。



サラリーマンのような雇用の安定がない個人事業主!お金の問題の解決方法


サラリーマンや公務員などに比較して、雇用や収入が安定しない立場として知られるのが個人事業主や自営業者です。毎月決まった給料をもらうわけではなく、仕事における売上がそのまま収入となってきます。完全歩合制で働くようなものです。

しかし、だからこそ世の中の景気の影響をもろに受けてしまいます。世の中の景気が悪化すれば仕事が減り、収入がダウンするのです。もちろん、公務員以外の会社員なども同じように会社の業績が落ちれば解雇なども有り得ますが、それでも明日いきなり解雇ということはありませんし失業保険など制度もあります。

ですが、個人事業主などの場合にはそれも無いので、途方に暮れることもあります。今回のコロナ問題でも、それが顕著です。派遣労働者や契約社員などがその被害にあっているというニュースもありますが、自営業者や個人事業主も新型コロナウイルスの影響を大きく受けており、厳しい生活を強いられているケースも多いものです。

もちろん、国や都道府県などからの支援もあります。10万円の給付もそうですが、自営業者などには持続化給付金という形で100万円や200万円が払われます。しかし、それで足りれば問題ないものの、それでも足りないケースもあります。やはりここまで自粛生活が長期化したことで、大きなダメージを負ってしまい、これらのお金では足りないこともあるのです。

もしも今、コロナ問題でこうした悩みを抱えている自営業者や個人事業主コロナ資金獲得のために動いているのであれば、迷うことなく賃金業者を活用しましょう。公的な融資制度もありますし、そちらの場合には無利息のことも多いです。そのため、これらを使うのも悪くはないのですが、こうした制度は審査に時間がかかります。

したがって、それを待てないのであれば、やはり銀行カードローンや消費者金融やキャッシング会社のほうがありがたいです。何しろ当日の融資もあるほど早いです。緊急でお金が必要なのであればこれほどありがたいサービスはないために、利息を払ってでもお金を工面しておきましょう。