クレジット決済 審査なし 個人事業主


クレジット決済のメリットとは?

個人事業主はクレジット決済が可能です。これは、個人事業主が支払いのときにクレジットカードを使うことです。経費などをクレジットで精算をすることですが、最近はキャッシュレスの傾向が高まっています。

そこで、個人事業主がクレジット決済をする際のメリットをみてみましょう。

経費などの会計がラクになる

現金決済とクレジット決済の大きな違いは書類の量が違うことです。現金決済をしたときには、領収書やレシートを記帳する作業があります。

最近では、会計ソフトの入力をする場合も多くなっています。これが日々の会計処理になりますが、中には多少面倒なことと感じられていることがあります。

しかし、クレジット決済では、会計処理の手間が省けます。確定申告前に、貯めていた記帳作業がとにかく大変と思っている方、クレジット決済はとにかく簡単です。

会計ソフトとの連動

クレジット決済にする際に、その情報をインターネット上でクレジット会社のデータと連動させることができます。これが、記帳、入力の手間を省けることになります。

最新のモノでは、会計ソフトにクレジットカードの利用で自動的に送信できるものもあります。このときに、勘定科目も同時に入力されます。この連動という部分は大きなポイントになります。


要は会計処理に役立つこと

個人事業主の会計部分では、事業の経費の出し入れと数字の整合性がとても重要な部分です。

現金でイチイチ支払うというのは当然のことですが、クレジット決済では同時に記録されること。会計処理の簡素化が期待できるだけではなく、常に正確な内容になります。

同時に銀行のネットバンキングとの連動ができることでは、お金の管理が全てインターネットで結ばれることになります。クレジット決済1つの導入で、飛躍的な会計手間を省略できます。

確定申告のときもとてもラクに過ごすことができ、リアルタイムでお金の使い方もチェックができます。

ところでどんなクレジットカードでも良い?

個人事業主が本格的に支払いでクレジット決済をしようというときには、ビジネスカードの申し込みをしましょう。

最近では法人カードでも個人事業主対応のものが出ています。最初から、個人用のクレジットカードではなく、ビジネスカードが良いでしょう。ここでは事業の支払いだけをするというのが、最適なクレジット決済のメリットを享受することができます。

せめて、普段使うクレジットカードとは別にすること。事業のためだけのクレジットカードを作ることが最初です。

ちなみに、審査なしのビジネスカードは存在しません。どんなクレジットカードも審査がありますが、基準の差はあります。厳しい甘いの差ですが、特典なども違います。


クレジット決済のデメリットとは?審査なししないかも?

個人事業主がクレジット決済をするのに、まだ二の足を踏んでいる方もいます。

全ての支払いをクレジット決済してしまうことでデメリットはないかな?そんなデメリットをみてみましよう。

使いすぎが不安

クレジットカードをすでに持っている方は、それでクレジット決済を行うことも良いです。

しかし、クレジット決済のためにもう1枚別に契約をすることがオススメです。その時、個人事業主はカード会社で発行するビジネスカードが最適です。

個人用とごちゃまぜ

ほぼ上記と同じ理由ですが、クレジットカードを普段使いと同じの場合は何かと不都合です。

クレジット決済にしたときには、会計ソフトとの連動が理想です。これがなくては本当の意味でのクレジット決済ができません。

そこで、必ずもう1枚ビジネス用としてのクレジットを持つことが理想です。その時に、気になるのが個人事業主でもビジネスカードとして申し込みができるのか?ということでしょう。その点では、個人事業主として事業して確定申告をしている方であれば申し込みができることになります。

とにかく、2枚、一つは個人用、もう1つは事業用の専門クレジットカードの契約が必需です。それは、本人にとってはデメリットになってしまう方もいます。


例えばこんな例

仕事で車を使うとします。その時にガソリン給油が必要ですが、ビジネスカードを使う。車は、経費上では減価償却で上げることになりますが、たまにはプライベートで使うこともあります。ただガソリンでは、事業用として別に経費とすることがクレジット決済で対応が可能です。

こうして普段の買い物でもこれは事業用としてビジネスカードを使うことで、あとからレシートを整理する必要もありません。会食の場でもプライベートと完全に分けることができます。一度使い慣れるととても便利です。

クレジットカードを使ったときに

クレジットカードを使ったときに同時に帳簿に記録されることになります。明細としてだけではなく、会計ソフトを利用することで、勘定科目も設定ができます。

使い慣れなければならないことですが、上手に2枚のクレジットカードの使い分けと会計ソフトを使いこなすことで、自然に毎月の会計処理ができることになります。クレジット決済で、日々の煩わしさがなくなっていくことになります。

まだデメリットとしては?

欲しいビジネスカードの審査に通らないことでしょうか?

ブラックリストでは審査に通らないことでは、信販会社のクレジットカードでは相手にされないでしょう。その時には、デビットカードなどでのオンライン決済の選択になりますが。

あとは、ゴールドカードを持ちたいけれど、審査通らないとか、年会費が高いです。年会費は経費として計上は可能になるのですが。


決済サービスを使わなきゃダメ?

個人事業主として仕事を請け負い、支払いはクレジット決済でなんていうことはありませんか?

これは一体どうしたら良いんだ?という方に、Square(スクエア)をオススメします。支払いにしても入金にしても、クレジット決済のクライアントの登場に対応する決済サービスです。

今やキャッシュレスの時代

最近、自分で買い物するときに、現金を持たずに支払いをする機会が多いのではないでしょうか?今や仕事の上でもカード払いとして、クレジット決済が良いとされる場合があります。

個人事業主として相手からカード払いを言われたら、Square検討してみてください。

Square(スクエア)で何ができる?

パコソンやスマートフォンにバーコードリーダーを装着して、クレジットカードを読み込ます方法です。お店などでクレジット決済の機械がありますが、それを個人事業主として利用します。

クライアントに確かにクレジット決済ができる。普段のモノを購入するときにはビジネスカードで決済ですが、クライアントも自宅でクレジットカードを読み込ますことで、支払いが完了します。

クレジット決済も大変な時代になったものです。また入金、クライアントからのクレジット決済のシーンも画期的です。


インターネット環境があれば、アカウント作成だけ

インターネット上では、Squareのアカウント作成をしてすぐにクレジット決済に対応します。

維持費不要であり、クライアントには請求書を簡単な作成した上で、メール決済になります。請求書上で、クレジット決済の選択をしてもらうことで、そのまま入金が叶います。全て会計ソフトと連動であり、指定銀行もビジネス用のものであれば同時進行で記録されることになります。

要するに、クレジット決済で自分で仕払う、クライアントからの支払いに対応の場合でも、Square(スクエア)があると、仕事上での支払いなどがインターネットのクレジット決済で完了です。今や、個人事業主でもこんなに画期的な方法がら~選択できる時代になりました。

ところでSquare(スクエア)とは?

決済サービス会社です。オンライン決済では、顧客とクレジットカード会社の仲介役になります。ですから、スクエアで決済ごとに手数料がかかります。

これは、無料ではありませんが、個人事業主では経費になります。請求書などがオンライン上で行い、そのままカード払いしたい取引がある時には、とても便利です。手数料は決済のときだけのものであり、維持費は不要です。

提携クレジットカード会社はありますが、各自審査はあります。原則的に、クレジットカードの審査と同じですが、いまいち自信がない方はアメックスなどがオススメです。審査基準が思ったより低いと評判です。

キャッシュレスでの支払いが、売掛債権にも対応。クレジット決済としては、この決済サービスの存在はこれからも注目されることでしょう。Square(スクエア)の存在は、今使い勝手が良いと評判が良いです。


決済代行会社の存在について

個人事業主として開業したときに業種によっては、クレジット決済が必要になることがあります。

たまたま趣味が講じて

フリーランスでカメラマンとか、デザイナーとして働く方もいますが、在宅ワークなどでモノツクリをしている方もいます。そうして、ショップを出したい、EC事業に携わろうというとき、クレジット決済は必携です。

または、個人事業主としての経費などもクレジット決済を会計ソフトと連動されることで、会計業務が格段に機能向上します。

決済代行会社について

クレジット決済導入では、直接クレジットカードの発行会社との契約をする。決済代行会社の利用をすることですが、個人事業主は決済代行会社の利用がオススメです。

カード会社との直接契約では、とても審査が厳しいです。法人であったとしても相手にされないこともあり、個人事業主でますます厳しいです。

クレジットカードブランドとの整合性もあり、どんなクレジットカードの対応している決済代行会社がオススメです。決済代行会社では、各種クレジットカード会社との決済をスムーズにできます。

審査は、クレジットカードの審査に通るだけでOKです。ブラックリストでは難しいですが。


審査なしとはいかない

決済代行会社にしても、利用できるクレジットカードの対応をします。ただ、業種によっては、クレジット決済以外にも対応していることなどで選択してください。

また、手数料、月額経費なども確認した上で、個人事業主としての働き方、使い方にマッチした決済代行会社の選択が必要です。

クレジット決済での仕事

個人事業主として、仕事上でクレジットカードの利用をしなくてはならないシーンが出てきたときには、決済代行会社の存在が大きくなります。EC事業では欠かすことができない存在になっています。

個人事業主ではできないことではなく、経費もかかりません。会計ソフトとのリンクでは、確定申告書類などにも役立ちます。

特にショップなどでは、お金が目に見える。面倒なクレジット決済の依頼ができることでは、煩雑な経理が一弾と楽になります。キャッシュレスの時代においては、クレジット決済が主流になっていくでしょう。

ブラックリストは厳しい

決済代行会社というよりは、クレジットカード会社ではブラックリストの対応はしていないのが本音です。デビットカードについては、即時引き落としの方式であり、使えないところもあります。

ブラックリストとしては、最後のクレジットカードもどきとしての存在ですが、要確認です。クレジット決済では審査は欠かせないものです。


個人事業主はクレジット決済で楽になる?

法人カードとは、法人代表者が申し込みすることになります。そこで問われるのが、代表者の個人信用情報になります。

審査なしの法人カードは存在しないので、ブラックリストでは審査落ちです。甘い審査もありますが、現役ブラックリストではなかなか困難です。

法人カードと個人事業主

個人事業主も法人ではありませんが、法人カードで対応しています、事業資金として借りれるものであり、限度額が大きくなっています。付帯サービスも多く、ビジネスカードとして持つことが可能です。

ちなみに、個人事業主でもビジネスローン、ビジネスクレジットカードを使える点では、検討の余地はあります。


法人カードのメリット

個人事業主が法人カードもビジネスローンも使うのにメリットがあるのは、確定申告のときによくわかります。それは、もう一つ会計ソフトと連動させることで自動的に記録される仕組みがあるからです。

個人事業主の場合、生活と事業部分ではお金を区別する必要があります。その時に、クレジット決済がそのまま記録されることでは、後で経費の計算も不要ということになります。

青色申告では、毎月の決算が必要です。それも会計ソフトだけで対応していますが、入力の必要もなく、クレジット決算で商品代が計上されることになります。勘定科目も対応しています。買掛金などの項目も経理が簡単になります。

経費とされるものは全てクレジット決済にしておくことでは、返済日にお金を用意すること出、支払いのたびのキャッシュフローも不要です。

年会費がないのは

これは、個人事業主としての見栄もあります。

一応クレジットカードではゴールドカードからのランク付けがあります。付帯サービスとしては空港ラウンジ利用や特典があります。接待の場では、チラリと見える高いランクのクレジットカードというのも自慢になることもあります。見栄だけではなくそうしたシーンに出くわすこともあります。

クレジットカードのランク高っということでは、年会費などもかかりますが、経費としての計上が可能です。ただし、ビジネスカードだけですが。プライベートのクレジットカードとは完全に別にすることでは、お金の流れもはっきりとします。

確定申告のときに時間もかけずに完了してしまう。ついでに言うと、確定申告も今やインターネットの時代です。そのまま書類もネット上で完了ということに。個人事業主にとっては、この労力がないだけでも大きなメリットです。

クレジット決済ではいろいろと変わることは多いのですが、まずはクレジットカードの審査に通ることでしょう。ブラックリストは審査落ちですから。