ファクタリング トラブル

ファクタリングトラブル|よくあるトラブルをご紹介

ファクタリングは非常に便利な資金調達方法ですが、残念ながらトラブルもあります。
ファクタリングにはどのようなトラブルがあるのか、詳しくご紹介していきます。

ファクタリングでよくあるトラブル

ファクタリングでよくあるトラブルはどのようなことがあるのか、まとめてみました。

法外な手数料を取られた

ファクタリングは支払期日前に売掛債権を現金化することができるので、短期間で資金繰りに困ってしまった場合に大変便利にご利用ができるシステムです。

便利な資金調達方法ですが、ファクタリングのご利用には手数料がかかります。そのため、支払期日にもらえる売掛債権金額から手数料を引かれてしまうので、その分手元に残る現金は少なくなってしまいます。

手数料はいくらかかるのかは、ファクタリング会社により異なります。
手数料が多いファクタリング会社を利用した場合、多くの手数料を取られてしまいます。
法外な手数料を取るといえば、悪徳ファクタリング業者です。

ファクタリングというのは具体的な法律や決まりがないので、手数料をいくらとるのかは業者の自由です。一般的な優良なファクタリング業者の場合は多くても30%程度なのですが、悪徳ファクタリング業者は飛んでもない手数料を取ります。表向きは30%程度でも、様々なことに対して追加で手数料を取るようになり、気が付いたら50%物手数料を取られていたなんてこともあります。

悪徳ファクタリング会社は、資金繰りに困っている経営者の弱みに付け込んで法外な手数料をどんどん取っていき、知らないうちに膨大な手数料までみちびきます。これでは資金繰りの改善どころか逆に悪化してしまったなどというトラブルが発生しています。

したがって、ご利用するファクタリング会社は、きちんと調査をして安心してご利用できる業者を選ぶようにしましょう。

契約書がない

ファクタリングは契約して資金を入金するので、必ず契約書は必要となります。
しかし、中には契約書を作成しないファクタリング業者もいるようです。このようなファクタリング業者は悪徳ファクタリング業者であり、契約書を発行しない時点でわかります。

契約書がなければ、何の内容確認もできません。そのため契約書がなく確認ができないことで、後に契約内容についてトラブルとなってしまう場合があります。

虚偽申告で審査通過できない

ファクタリングは本当に審査通過できるのか心配で、ついつい虚偽申告してしまう方がいらっしゃいます。売掛先の情報や重要な事項に対して、嘘の内容を申告するトラブルは少なくありません。

ファクタリングは信用取引であり、利用者とファクタリング会社との間に信頼関係があることで成り立ちます。申請内容に嘘があるようでは信用を失ってしまい、ファクタリングの実行自体が不可能となってしまう可能性があります。

債権売買後に他社に譲渡

ファクタリング契約は、支払われていない売掛債権に対して前倒しで資金調達ができるシステムです。
しかし、債権売却後に他のファクタリング会社に債権を譲渡してしまう、いわゆる二重譲渡をしてしまう方がいらっしゃいます。

ファクタリングを既に行っていることは表にできくいので、契約後に他の業者ともファクタリングを行うなんていう人もいます。そのような二重契約は、横領となります。悪質だと判断された場合は、ファクタリング会社から法的措置を取られることもあります。

担保や保証人を要求される

ファクタリングは利用者がファクタリング会社に債権を移転させる事に対いて、ファクタリング会社が金銭を支払う売買契約です。ファクタリング契約を完了させることにより債権はファクタリング会社に移動するので、債権が回収できないなどのトラブルが発生しても、その分は利用者に要求はできません。

もちろん、担保や保証人に請求することもありません。
保証人や担保というのは融資の際に絡んできますが、ファクタリングは債権の売買契約ですので、融資ではありません。また、債権を買い取ったファクタリング会社側が資金回収リスクを背負うことになるんで、担保や保証人というのは全く関係なく設定することはありません。

しかし、悪徳業者の場合担保や保証人を要求する場合があります。ファクタリングの流れには必要はないものとなるので、保証人や担保を請求された場合は悪徳業者を怪しむようにしましょう。

債権譲渡通知を債権先に勝手に通知される

ファクタリングには、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2つの方法があります。
実務上3者間ファクタリングを選ぶ方は少なく、申し込み者とファクタリング会社の2者で取引を行う2社間ファクタリングを選ぶ利用者が殆どです。この場合、売掛債権先はメンバーに入らないので、ファクタリングをしているという通知はいきません。

しかし、悪徳なファクタリング会社の場合、利用者の弱みに付け込んで売掛債権先に連絡をして今後の取引に対して有利に進めようとします。2社間ファクタリングでは、売掛債権先は一切絡みません。

ファクタリング会社とのトラブルを防ぐためのポイント

ファクタリング会社とトラブルを起こさないためには、このようなポイントに気を付けるようにしましょう。

素性を明かしたがらないファクタリング業者に注意

事務所を持っていない、喫茶店などの出先で商談したがる、書面だけで契約を締結しようとする、携帯電話しか連絡先がない、このようなファクタリング会社は悪徳業者です。

ネットで評判をチェック

今はインターネット社会ですので、どのようなこともインターネット上にあふれています。
ファクタリング会社の評判は、ネットで検索してみましょう。
いくつか出てきますので、どのような企業なのか、ご利用して問題ないのかの確認をしましょう。

いかがでしたでしょうか。
ファクタリングのトラブルについて、まとめてみました。
意外と、多くのトラブルがあることがわかります。
このようなトラブルには遭わないように、ファクタリングを行う際は注意深く業者を見極めてベストの業者をご利用するようにしましょう。

ファクタリングトラブル!優良なファクタリング業者の見分け方

ファクタリングでトラブルに巻き込まれないためには、優良なファクタリング業者を見分ける目が必要となります。ファクタリング会社には様々な業者がおり、優良で安心してご利用できる業者から、悪質な業者まで存在しています。

ファクタリング業者の見分け方はどのようなポイントなのか、まとめてみました。

悪質なファクタリング会社が存在している

ファクタリング会社は優良な業者ばかりですが、ざんねんながら悪質なファクタリング会社も多く存在しています。

ファクタリング会社には、免許や営業許可というものがありません。
そのため、悪質なファクタリング会社が紛れ込みやすい状態となっています。
優良なファクタリング会社と悪質なファクタリング会社には、それぞれ特徴があります。
それを見極めることで、優良なファクタリング会社取引ができるようになります。

優良なファクタリング業者を選ぶためには下準備が大事

ファクタリングをご利用しようとする企業は、資金繰りに切羽詰まっている業者が多くあります。
そのため、時間がないを理由に十分な下調べをしないで業者選定してしまうところがあります。
悪質ファクタリング会社に引っかかってしまうのも、その理由も関係しているといえます。

前もって利用できるファクタリング会社を調査して、ここなら間違いない!と、お目折る業者を選ばないといけません。

優良なファクタリング会社を選ぶためのポイント

優良なファクタリング会社を選ぶためには、このようなポイントに目を向けましょう。

情報開示は明確か

ファクタリング会社の多くは、銀行のような大企業ではありません。
しかし、ファクタリング業の実績が多い業者の場合は、インターネット上に様々な情報が飛び交っています。公式ホームページをはじめ、口コミ評判の声など様々です。

まずは、ファクタリング業者の情報を探しましょう。情報開示が不十分で自社サイトを持っていないファクタリング業者は、信用出来ず注意が必要となります。

利用者の評判をチェック

ファクタリングの実績が多い業者は、ネット上に口コミや評判が載っています。
ネット上の口コミや評判が100%正しいとはいえませんが、参考にはなります。
具体的な口コミや悪い評判は挙がっていないのかの、チェックをしましょう。

事務所の有無

企業なので、事務所は必ずあります。しかし、悪徳な業者は、事務所を持っておりません。
悪質な業者は騙した後場所を転々を変えるので、事務所を設立しません。
事務所が無い業者は、要注意です。

細かいわかりやすい公式サイトなのか

優良なファクタリング会社の公式サイトは、細かくてわかりやすい内容のサイトとなっています。
グレーな感じがせず、一目で優良とわかるほどです。
手数料や実績を記載していると、間違いなく優良業者といえます。

2社間ファクタリングに対応

優良業者は、2社間ファクタリングに対応しています。3社間ファクタリングのみで、2社間ファクタリングに対応していないファクタリング業者は悪徳業者といえます。

全国対応

優良なファクタリング会社は、全国対応している場合が大半です。
悪徳業者は絶対に全国対応していないので、ここで大きな差で区別を付けることができます。

いかがでしたでしょうか。
ファクタリングでトタブルに巻き込まれないためには、このようなチェックポイントで細かく調査をしてファクタリング会社を選びましょう。
悪徳業者じゃなくてもより条件が良いファクタリング会社を選んで、便利で納得できるファクタリングとしましょう。

ファクタリングトラブル|リスクを把握してファクタリングを利用

ファクタリングに関わらず、お金が絡むとリスクはつきまといます。
ファクタリングにはどのようなリスクがあるのか、まとめてみました。

手数料が高くなることがある

ファクタリングには2種類の方法があり、3社間ファクタリングと2社間ファクタリングがあります。
3社間ファクタリングは、売掛金の資金化について売掛先の企業の承諾を得なければいけなく、その分手数料は低くなります。

2社間ファクタリングは、利用者とファクタリング会社の2つの会社間のやり取りとなるので、売掛債権企業に承諾は得なくていいのですが、その分手数料は高くなってしまいます。2社間ファクタリングは売掛先に資金化の棟を伝えずに済むので、ご利用しやすい方法となり、実際にご利用されている企業は多くあります。多くの手数料はもったいない感じも済ますが、売掛先に知られず事前の資金調達ができるのは、とても便利で助かるものです。

3社間ファクタリングの手数料は1~5%程度なのに対し、2社間ファクタリングの手数料は10~30%と結構な高めの設定となっています。この手数料が得なのか損なのかは、よく考えて決めるようにしましょう。

売掛先への通知がある場合がある

先程もご紹介いたしましたが、3社間ファクタリングの場合は利用者とファクタリング会社、売掛先の3つが把握するファクタリングです。そのため、売掛先にファクタリングをしていることが知られてしまうリスクがあります。3社間ファクタリングの契約の際に、売掛先の企業にファクタリングに酔って売掛債権を資金化する旨を伝えないといけません。

ファクタリングはローリスクな資金調達方法ですが、マイナスのイメージも持たれてしまいます。
ファクタリングをするほど資金に困っているのであれば、今後の取引を見直さないといけないと思われてしまうこともあります。ファクタリングで売掛債権を資金化することで一時的に資金繰りは正常化しますが、今後はどうなっていくのかわからず、また資金繰りが厳しくなるかもしれません。

また、ファクタリングをしていることが知られてしまったことにより、取引先との関係が悪化してしまうと仕事をもらえない状態に発展してしまい、想定外の被害をこうむってしまう場合もあります。

今後の仕事のためにそれでは困ると思われる場合は、2社間ファクタリングを検討されることをおすすめします。2社間ファクタリングは、売掛先にファクタンリングを行っていることを知られることは一切ありません。

債権譲渡登記をしないといけない場合がある

売掛先との取引の内容や買い取り金額によって、ファクタリング会社が公的に売掛債権を購入したことを証明するために、債権譲渡特例法に基づく債権譲渡問登記を行わないといけない場合があります。債権譲渡登記を行うことで、他社には売買できない二重譲渡の防止とすることができます。

債権譲渡登記は法務局に登録され、このような内容が登録となります。

  • 利用者の住所と商号
  • ファクタリング会社の住所や商号
  • 譲渡する債権の債務者(売掛先)の住所や商号
  • 譲渡する債権の種類
  • 譲渡する債権の発生日
  • 譲渡する債権の金額

税務署にこれらが登録されても、取引先などに通知される訳ではありません。
しかし、誰でも閲覧可能な情報となります。

知られたくない場合は、ファクタリングは不向きかもしれません。でも、ほとんどの場合このような情報はチェックしませんので、知り合いに見られてしまう確率は低いといえます。

売掛金の額の範囲内しか資金調達ができない

ファクタリングは売掛金を使った資金調達方法なので、売掛金の金額を超えた資金調達はできません。
融資のような、大きな費用は手に入れることができません。そのため、多くのお金が必要な場合は不向きといえます。

しかし、割とスピーディーに審査が終わり入金になるので、素早く資金を手にできるというところはとても大きな利点といえます。デメリットとまではいえず、少ない資金調達が本当に必要ないのかをよく考えて決めると良いでしょう。

悪徳業者の存在

ファクタリングというのは銀行融資やローンと比べると参入の障壁が低く、どんな企業でも参入ができます。規制がゆるく決まりもないので、その隙間を塗って入り込んでいるのが闇金などの悪徳業者です。

2017年にはファクタリング業者を装った闇金業者の事件もあり、悪徳業者が少なくないということがよく理解できます。悪徳なファクタリング業者に出会わないためには、ホームページのチェックや広告、口コミ評判、電話口での対応などぉ注意深くチェックして、優良な業者なのかの判断をしましょう。

安心してご利用できる業者を選択しよう

ファクタリングの業者選びは、安心して利用できる業者を探すことです。
自分が何を重視しているのかをよく考えて、ファクタリング会社の比較や検討をしましょう。
入金までのスピードなのか、手数料なのか、属性が良くなくても対応してくれるのかなど、重視すべきポイントを明確にして業者選択をしましょう。

いかがでしたでしょうか。
ファクタリングのリスクというのは、結構あります。
リスクはあるけれど便利な資金調達方法ですので、よく考えて最適な方法なのかを考えて検討しましょう。

ファクタリングトラブル|債権売却後に不渡りが発生したらどうなるのか

ファクタリングご利用の際に気になることといえば、債権先から入金がされない可能性です。
事前にファクタリングで資金を調達したのに、後に債権先から支払ってもらえないとなると、困ってしまいますよね。取引先の倒産や不渡り、債務不履行の際はどうなってしまうのか、まとめてみました。

2社間ファクタリングの場合は返済をしないといけない場合がある

ファクタリングというのは、売掛金や未収金などの売掛債権を売却して、債権の早期回収を図ることができる資金調達方法です。2社間ファクタリングの場合、ファクタリング会社から早期入金を受けた後は、取引先からの売掛金をそのまま返済する流れとなります。

この際、実質的な債権の権利は移動せず、利用者に権利を留保させておく方法を取ります。
そのため、ファクタリング利用者の取引先である売掛先が倒産や不渡り、債務不履行などにより売掛金が支払われない状態になった場合、誰が負担をするのかが重要となります。2社ファクタリングの場合は、必ず不渡りや倒産の際の責任所在を確かめてから、ご利用を検討しましょう。

償還請求権の有無により変わる

償還請求権というのは、権利が手続きの欠缺や事項などによって消滅してしまった場合、それにより債務を免れ債務者に対して権利を行使できなくなった権利者が、対価または資金の償還を請求することができる権利です。

償還請求権の設定がある場合は、ファクタリング会社は利用者に返済を求めることができます。
逆に償還請求権の設定が無い場合は、ファクタリング会社は利用者に返済を求めることができません。
償還請求権の設定は、ファクタリング会社の契約内容により異なります。そのため、契約段階で必ず確認しておきましょう。

万が一のことを考えると償還請求権の設定は無い方がいいと思われるかもしれません。
しかし、一概にそうともいえません。売掛金を回収できないということは、ファクタリング会社側に大きなリスクとなります。
そのため、償還請求権が無い場合は買取価格が安くなってしまいます。

また、倒産や不あたり、債務不履行の可能性があると判断したら、契約を中止する場合もあります。
償還請求権の設定あないとファクタリング会社側も不安ですので、確実に回収が可能な場合のみしか審査通過させない場合もあります。確実に回収が可能な売掛債権なのであれば、償還請求権を設定して高額で買い取ってもらう方法も1つの方法とえいます。債権の状態によって、どちらの方法が良いのかをよく考えて決めるようにしましょう。

連鎖倒産リスクの回避ポイント

連鎖倒産というのは、売掛金がある取引先が倒産してしまった場合、債権を持っているほかの会社も次々と芋ずる式に倒産を引き起こしてしまうという流れのことです。

このようなトラブルに巻き込まれないためには、このようなポイントに目を向けてみると良いでしょう。

共済への加入

取引先が倒産してしまい不渡りや債務不履行などによって債権の回収ができなくなってしまった場合、その債権額を共済制度が補填してくれます。

独立行政法人中小企業基盤整備機構が運営している中小企業倒産防止共済制度など、様々な共済制度があります。共済制度は、毎月一定の積み立てを行って、その積立他金額の10倍を限度として事業資金の貸し付けを行う流れとなります。

補填の対象企業は、共済制度に6か月以上加入経過しており、1年以上事業を続けている中小企業に限ります。そのため、利用にはあらかじめ加入しておく事と事業を一定期間続けているなどの条件があります。あくまで、貸付のための返済が必要となりますが、大変便利な制度です。

3社間ファクタリングの利用

3社間ファクタリングは、債権そのものをファクタリング会社に譲渡します。
そのため、債権回収を行う必要性がなくなり、取引先の倒産や債務不履行での未入金リスクを回避することができます。3社間ファクタリングは2社間ファクタリングよりも信頼性が高いので、ファクタリング手数料が安い大きなメリットもあります。

デメリットといえば、取引先にファクタリングを行うことを知られてしまいます。
そのため、取引先にファクタリングを行うことを内緒にしたい場合は、おすすめできません。
御社の状況や経営状態をよく考えて、ご利用の判断をしましょう。

確実な債権を選んでファクタリングをしよう

債権売却後に不渡りが発生して困らないように、ファクタリングに使う債権は確実に大丈夫な債権を使うようにしましょう。大手企業や公的企業であれば、間違いのない安心債権といえます。

不安定な企業で評判が良くなく支払いに不安な債権は、ファクタリングには不向きです。
債権売却後の不渡りはよほどのことですが、発生しないことは保証できませんので、ファクタリングに使う債権の選択は十分考えた上での選択としましょう。

いかがでしたでしょうか。
今は不景気の時代ですので、取引先の企業が倒産しないとは限りません。
そのため、ファクタリングに使う債権は、間違いのない信用性の高い債権を使うようにしましょう。また、後に不渡りなどの支払いがされない場合のために、予防線を張っておく事も大事なポイントとなります。

ファクタリングトラブル|契約時の注意点をチェック!

ファクタリングは有効な資金調達方法ですが、何も考えず契約をしてしまうとトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。そのため、ファクタリング業者との契約の際は慎重になるべきといえます。

契約前に何を注意すべきなのか、契約時の注意点をまとめてみました。

ファクタリングの契約書とは

ファクタリングの契約書は、このような2つの目的を交わすことが一般的です。

  • 取引契約書:総合的な契約の取り決め
  • 個別の覚書:契約書や申込書、案件ごとの債権譲渡契約など

これらの契約書を交わすことが一般的となっております。
この他の、3社間ファクタリングと2社間ファクタリングの契約書を交わすこともあります。
ファクタリングは売掛債権を前倒しで支払ってもらう資金調達方法ですので、契約は細かく契約します。

契約時の注意点をチェック

ファクタリングの契約の際は、これらのポイントをしっかりとチェックしましょう。

法外な手数料の額の設定

ファクタリングは手数料の相場は、はじめてのご利用の場合は15~20%ほどです。
しかし、悪徳業者は膨大な手数料を要求してきます。
平気で30%以上に設定したり、考えられない様々な手で手数料を取ろうとします。

手数料の詳細は、契約書に必ず記載されています。
必ず目を通して、どの程度の手数料なのか、追加で撮られる手数料なのかを確認しましょう。
わかりにくい場合は、業者に問い合わせして納得した上で契約をしましょう。

売掛先企業への売掛金譲渡通知

2社間ファクタリングの場合、売掛先企業はファクタリングに直接的にかかわることはありません。
2社間ファクタリングの場合は、御社とファクタリング会社の2社間で行うからです。

しかし、悪質なファクタリング会社の場合、契約の中で気にくわないことあると売掛先企業に売掛金を譲渡したことが明確になる資料を送付することがあります。2社間ファクタリングを選択した企業は、売掛先にファクタリングのことを知られたくないから選択する企業が大半です。

そのため、これでは2社間ファクタリングを選んだ意味がありません。
売掛先にファクタリングを行っていることが知られてしまい、今後業務をスムーズに遂行していくことができなくなってしまうこともあります。2社間ファクタリングの場合は、間違いなく売掛先に売掛金譲渡通知をしないのかを確かめるようにしましょう。

契約書の控えをすぐに渡してもらう

契約書は、契約の際にすぐに控えを渡すことが原則となっております。
しかし、悪徳な業者の場合、途中で契約書を改ざんしたいので控えを渡さない場合があります。

契約書は、契約の際に控えを必ずもらうようにしましょう。控えをくれない業者はなぜ控えをすぐにくれないのかを問いただして、納得がいかない場合は契約をしないようにしましょう。

費用の請求は直ぐに取ってくれるのか

費用の請求額を契約時まで伝えないのは、悪徳業者の手口です。
契約前に書面上にて細かく提示してくれるのが一般的であり、しっかり事前に提示してくれる業者と契約を結ぶようにしましょう。また、その際、契約額の内訳内容が適当なのかも確認しましょう。

信頼できる実績や評判を持っているのか

日本国内には、1000社以上のファクタリング会社があるといわれています。
その全てのファクタリング業者が、信頼を持てる業者とは限りません。

中には悪徳業者と呼べるファクタリング業者もあり、そのような業者に引っかからないように、インターネット上の情報を確認しましょう。インターネット上には、様々なファクタリング業者の評判が挙がっております。

万が支払いができない時の確認

売掛先の不渡りなどで、債務の支払いができない場合がります。
ファクタリング会社はそのようなことを想定しており、各業者にてどのような対応を取るのかを明確にしています。契約の際は、万が一不履行になった場合どうなるのかを確認しておきましょう。

利用者が負担する場合もあれば、ファクタリング会社が負担をしてくれる場合もあります。
近年は不景気のため、不渡りなどで売掛金を支払ってもらえない場合もあります。
御社が負担となるとものすごく大きな負担となるので、必ずチェックしましょう。

契約内容は必ず説明を受ける

優良なファクタリング会社は、契約内容をきちんと説明してくれます。
利用者はファクタリングのことをよくわかっていないので、きちんと理解してもらうために詳しく説明をします。その説明をきちんと聞いて、どのような契約なのかをきちんと理解して印鑑を押して契約をするようにしましょう。

後にトラブルとなってしまい困ってしまう方は、契約書を熟知していない人です。
契約書は有利なことも描いていますが、不利なこともたくさん記載されています。
お金が絡むことはデメリットがあって当たり前ですので、そのデメリットもしっかり把握した上で契約を行わないといけません。

いかがでしたでしょうか。
ファクタリング契約の際は、注意すべきポイントがたくさんあります。
焦らず落ち着いて確認し、御社に不利にならない契約で契約を結ぶようにしましょう。
契約の際に少しでも疑問を持つようでしたら、絶対に契約されないことをおすすめします。
ファクタリングは、大きなお金が動く事業資金調達の取引です。
納得できないようそのまま契約をして、後にトラブルに発展してしまったというケースも耳にすることがあります。
契約前は慎重になって、全てに納得できる契約としましょう。