ファクタリング 個人事業主 即日


売掛債権があったとしても厳しい個人事業主のファクタリング 

ファクタリングは売掛債権を現金化することを言います。
資金調達の1つとして、以前から行われていますが、個人事業主に対してのファクタリングはそれほど盛んではありません。その理由は次の通りです。

売掛債権がない

ファクタリングでは売掛債権がなければならないです。
売掛債権は仕事に対してまだ未回収の債権です。それが取引先からの入金があり、現金になります。
ファクタリングでは、一定の手数料を取り理先に現金にしてくれるサービスです。
うちには売掛債権が存在しているとの個人事業主もあります。

しかし、それがたまたま1回だけの取引では信用が低いです。せめて長期間の取り引きが必要であり、個人事業主の場合ファクタリング業者がなかなか信用してくれないことがあります。


信用がないかわりに

それが、手数料が高くなることです。
銀行融資では金利で返済ですが、ファクタリングでは手数料で最大90%程度の現金が理想です。
それが信用がないことで、70%程度になってしまう。
手数料30%ということですが、金利にしてみれば大変な数字です。

そこまで現金ほしい?

経営者としては、キャッシュフローとしてファクタリングを選択することがあります。
借入ではなくファクタリングにする理由は様々ですが、30%手数料での現金はなかなか厳しいでしょう。
しかも、即日の内容で気持も傾くことは多いですが、検討は必要でしょう。

個人事業主だから、取引先との信用が少ないことでは、ファクタリング業者としても回収できないリスクがあります。すでに取り引きがある、大企業どうしの取り引きであるのなら、不安はなく手数料も低いです。最近個人事業主もファクタリングでの資金調達ができるとされています。

しかし、実際には高い手数料の請求があることも少なくないです。
口コミには上がってこないことですが、個人事業主のファクタリングはまだまた厳しい状態にあります。

売掛債権があったとしても

1年以上の関係がある売掛債権であったり、取引先の信用情報がたしかであるほど手数料は低いです。
ファクタリング業者は比較をしてみることで、業者の信用情報も確実なところを選択されることをオススメします。

個人事業主ファクタリングはしていると言っても、手数料の点ではまだ高い状態です。
売掛債権の単位が小さいほど、手数料の存在は大きいものになります。
簡単に決めず比較検討され、これからも長く付き合いができるファクタリング業者があると便利です。


ファクタリングは比較検討がオススメ

もともとファクタリングとはグループ会社での売掛債権現金化が最初だと言われています。
ですから、一般的になったときには、大企業、1000万円以上の売掛債権しか相手にしない資金調達の方法でした。最近では、個人事業主でも対応していますが、それでも業者の数は少ないです。

会計処理を見られる

ファクタリングは審査はないです。あるとしたら、取引先の会社の信用情報です。
法人であればある程度の情報がありますが、取引先も個人事業主の場合、断られることがあります。
それは、信用情報がないこと、不安定な内容であることが原因です。

また、審査はないですが、決算や経理帳簿の確認があります。
これは、個人事業主は自分で経理も行なっていて、税理士などに依頼をしていないケースが多いです。
黒字だったり、税金支払などもしている。きちんとしているようだけど、専門家が確認していないことで、ファクタリングでは支払いに不安があると判断することがあります。

個人事業主と言っても、その内容はいろいろですが、事業としてきちんと経営をしていることを条件とするファクタリング業者も少なくないです。開業すぐの個人事業主などは信用が薄いですし、取引先との関係も浅い場合は、ファクタリングは成立しないことがあります。


そんな中即日OKファクタリングができる

そんな触れ込みのファクタリング業者もあります。
主に中小企業、個人事業主を対象にしているファクタリングとしています。
口コミなどもいろいろですが、売掛債権の金額が少ないほど手数料は手痛い内容になります。

ファクタリング業者が個人事業主を嫌うのは、利益が少ないからであり、低い手数料は少ないでしょう。
運転資金として、事業資金としてのファクタリングである場合は、100%の売掛債権にはならないことは承知することが必要です。

そんな中、個人事業主対応のファクタリングをしているところはあります。
口コミだけではなく、きちんと査定をしてもらって、納得する金額であることを確認してください。

1社だけではなく数社の査定がおすすめです。
少ない金額のファクタリングであれば、即日対応が多いです。
その点でも確認をした上で、個人事業主では「納得のいくファクタリング」であることが必要です。

急いでいると判断を鈍ることがありますので、ビジネスローンとともに資金調達方法を検討されることをオススメします。個人事業主としては、ファクタリングはまだまだそんなに普及していないのが現状です。


資金調達プロで探すファクタリング業者

個人事業主がファクタリングを検討するときにはオススメされるのが資金調達プロです。

資金調達先の紹介サイト

資金調達プロは、ファクタリングの業者の紹介サイトです。
ですから、10秒査定で検索された業者に確認をすることになります。

ここで安心なのが、資金調達プロを通じていることでしょう。
実際には自分で交渉する事になったり、それぞれ比較は必要ですが、個人事業主のファクタリングとしてYES・NOがわかるので、探しやすいでしょう。


資金調達プロで紹介されたけれど

資金調達プロでは提携先が1000社以上あります。
その中には悪徳業者がいたとの口コミがありました。

まず、知らないファクタリング業者が多いですが、情報を収集します。
そこで、少しでも良くない口コミがあれば、検討してください。
口コミでは善悪の判断は自分になります。

そして、情報サイトが存在しているファクタリング業者であれば、安心感は大きいです。
見積もりですが、極端に安い手数料は個人事業主では怪しいと言います。
2社間ファクタリングでは、20%程度の手数料が多く、金額も30万円ていどで最低限だとされています。

悪徳業者では、見積もりでは良いことを伝えていて、実際には振込が少ない。
確認しようと連絡をしたら、姿を消していたという口コミもあります。
恐ろしい対応になりますが、悪徳業者だけは自身の判断になってしまうので、きちんと査定もあちこちから受け取ってから決めることです。

個人事業主のファクタリングはまだ少ない

どうしても限定された中からの選択になります。評判が良い、口コミが多いところが安心です。
ファクタリングでは、取引先、得意先の信用が大きな存在になりますが、ファクタリング業者そのものの安全性も確認することも必要です。

現在では、全国でも少ないファクタリングからの選択になります。年ごとに増えている個人事業主のファクタリングで、サービスが充実していくことを期待したいところです。

資金調達プロで探す

検索されたあとは自己責任になります。
確認方法は、口コミやホームページなどになりますが、査定をしてもらい、手数料などは確認です。
取引先の信用情報がどの程度確認ができるのか。取引先が個人事業主の場合の対応は、ファクタリング業者の手数料が変わったりすることもあります。

ファクタリングに関しては法人同士ではない場合は、不安定な状態であることを確認して依頼をしてみてください。3者間ファクタリングであれば信用も確立されるのですが、それはしたくない場合が多いことでしょう。


即日少額買取のファクタリング東京とは?

ファクタリング東京では、個人事業主でもファクタリング対応とのことで、10万円からの売掛債権からOKです。

少額の売掛債権の買取

ファクタリング東京では、1億円までの売掛債権の取扱をしている業者です。
冒頭には10万円からとありましたが、別の口コミでは30万円からの対応です。
このあたりの情報では、30万円が妥当とのことです。

少額買取のファクタリングでは、10万円と30万円では違いは大きいです。
しかし、ファクタリングでは少額買取というのは通常100万円以下を指します。
そこで、ファクタリング東京の30万円というのはありがたい内容だと言えます。

個人事業主では、売掛債権30万円からの現金化ができるのなら、申し込みしたい、そんな声も多いです。


気になる手数料

書き方としては、はっきりとしていないです。15~25%程度となっています。
これは、取引先の条件、2社間・3者間ファクタリングの違いなどで変わってきます。
もともと少額買取のファクタリングでは、あまり手数料が高いのは仕方ないとされています。
建築系中心となっているようですが、個人事業主の利用もOKです。

即日での対応も

口コミでは、申込者が銀行融資NGでも受け付けとあります。
ファクタリングでは自身の信用情報は原則的に問わないので、ビジネスローン審査落ちでも売掛債権の現金化ができるサービスです。

その点では嬉しい対応ですが、やはり気になってしまうのが、手数料になるでしょう。
少額のファクタリングをする点では、口コミも多いですが、その一方では口コミほど良い内容ではなく、手数料も高いと思った方が良いとのことです。


全国対応らしい

東京のファクタリングですが、契約は面談です。出張費は、申込者の負担になります。
近隣が妥当とされるファクタリングですが、つい全国対応では期待も大きくなります。
全国に個人事業主対応のファクタリング業者は少なく、どうしても都市部の集中してしまいます。
地方で苦しい調達になってしまうので、ファクタリング東京の推薦も地区限定になります。

口コミも多い方

20歳年以上の実績があるファクタリング東京は、もともと100万円程度のファクタリング担当をしています。できれば、その程度が妥当とされるファクタリングであり、100万円以下のファクタリングではどうしても手数料を引いたときに割高感があります。

これは、少額買取では感じられてしまうことであり、ファクタリング東京だけの現象ではないです。
10万円で20%の手数料なら、2万円。融資にしたら20%の金利ですから、ローンとしても高金利になります。


ビートレーディングのファクタリングとコンサルティング相談

ビートレーディングは個人事業主のファクタリングも行うと名言している業者です。
コンサルティング会社であり、幅広い業務をしています。

最短即日の現金化が可能

ビートレーディングは、東京、大阪、福岡に支店があります。
ファクタリングは、コンサルティングの延長理サービスと捉えている点で他のファクタリング業者とは違うところです。

個人事業主対応ですが、最大3億円のファクタリングも可能です。
この点が、安心感が大きいとされています。

個人事業主のファクタリング

個人事業主とのファクタリング取引ではもともと少額の儲けしかないです。
それをポイントとしないで、大きな取引のファクタリングをしている業者では、余裕で個人事業主のファクタリングを受け付けると言います。

ビートレーディングはその典型的な例です。
コンサルティング内容も相談ができることで、ファクタリングの動機が経営不安なども相談ができます。


手数料は?

細かな数字はないですが、最大20%程度とホームページにはあります。
最低取扱売掛債権は30万円です。

査定は無料で行なってくれるのですが、電話、メール、出張、来社です。
査定の段階でどの程度までが分かるかですが、取引先が個人事業主だったり、信用情報であまり良い内容ではない場合は、手数料が上ります。

査定段階での決定はないです。
どのファクタリングでも具体的な手数料の違いはないです。

査定次第で決めるしかない

ビートレーディングの会社そのものは安定していることであり、あとは手数料の問題です。
3者間ファクタリングができるのなら、そんなに手数料も高くなく対応ができることでしょう。
これはどのファクタリングでも言えるのですが、取引先が了解している3者間ファクタリングが理想です。

運転資金には不向き

コンサルティングの話しもできるビートレーディングですが、個人事業主としての経営も相談ができます。こちらの費用はわからないですが、ファクタリングの必要性やこれからの資金調達、経営内容改善などのアドバイスも受けられます。

実際には、資金調達としては、今回のファクタリングの目的など確認されることになります。
もともとファクタリングは、資金ショート、つなぎ資金などの一時的な現金化です。
継続的な資金不足になってしまうような経営内容では、根本的な改善点があります。
今回のファクタリングもどうして必要なのかは、良く検討して行うことです。

個人事業主であれば、経営について考える良い機会です。
資金調達では、銀行融資、ビジネスローンなども検討してみてください。