ファクタリング他社審査落ち

ファクタリング他社審査落ち|なぜ審査に落ちるの?審査基準も併せて解説

ファクタリングは審査が甘めといわれたりしますが、審査は必ず行うので残念ながら審査落ちとなってしまう方はいらっしゃいます。

ファクタリングの審査基準はどんなポイントがあるのか、なぜ審査落ちしてしまうのかをわかりやすく解説していきます。

ファクタリングは審査は厳しいのか

ファクタリングは、融資と比べると審査のレベルは決して高くありません。審査落ちとなってしまう原因は、企業に合っていないファクタリング会社に申し込みをしたというのも原因の1つといえます。

ファクタリング会社は以前と比べてどんどん増えてきており、手数料が少ない会社も多くあります。
ご利用するなら手数料がお安い業者をご利用したいところですが、手数料がお安いということは審査基準も挙がってしまいます。ファクタリングの手数料が安いということは、貸し倒れリスクの許容範囲が狭い顧客を優遇するということになり、ファクタリングの審査は厳しくなってしまいます。

審査落ちとなってしまう方は、手数料が安いファクタリング会社を選んだことで、審査基準が高くなってしまい審査落ちとなっています。企業が小規模、売掛債権の属性が良くない場合は、手数料の高いファクタリング会社に申し込むことで審査通過を望むことができます。手数料は高くなってしまいますが、審査通過するためにはやむを得ない選択肢といえます。

ファクタリングの細かい審査基準

ファクタリングの細かい審査基準は、どのような内容なのでしょうか。
ファクタリングというのは、使う売掛債権が確実に存在しているのかの審査からはじまります。

このようなポイントに目を向けて、審査を行っていきます。

  • ねつ造されていないか
  • 本当に存在しているのか
  • 一般的な他社の売掛債権ではなく、グループ会社などのサービスや商品の対価ではない
  • 不明瞭な売掛債権ではないか
  • 一過性のものではないか

などを、調べます。

資金繰りに厳しい企業というのは、売掛債権を知り合いの会社と共謀して偽造して、実際には存在していない売掛債権を作成して、ファクタリング会社に売却して資金化するという、良くない悪事を働く会社も少なくありません。

ファクタリング会社の細かい審査チェックポイント

ファクタリング会社は、このような細かいポイントをチェックして審査しております。

成因資料は存在しているのか

基本契約書や発注書、請求書、検収書などを、成因資料といいます。
これらの成果資料が多くあればあるほど、審査通過の可能性が高くなっていきます。
これらの4つの資料のどれかが欠けていると、審査通過は厳しくなってしまいます。

売掛先と継続的に取引があるのか

売掛債権があっても、それが一過性の物では信用性が低くなってしまいます。
例えば今回が初めてその売掛先と仕事をした場合は、今現在1度も入金実績がないということになります。
この場合、売掛先が上場企業であれば問題はありませんが、中小企業などの小さめの企業の売掛債権の場合は、継続取引をしているのかどうかが重要なポイントとなります。

売掛先の経営実態の内容

嘘の売掛債権を使おうとした場合、ペーパーカンパニーや休眠会社を使うことが多くあります。
それをチェックするために、売掛先がきちんと営業をしているのかをチェックします。

また、登記事項も確認し、企業としての安定性も細かくチェックします。
本店営業所が何回も変わっている、取締役が何回も変わっている、資本関係が何度も変わっているなど、おかしな点がある場合は審査通過しません。

税金などの公的支払いの未納

ファクタリングの会社のサイトをチェックしてみると、税金未納で利用可能と広告宣伝している業者もあります。しかし、ほとんどのファクタリング会社では、税金未納のチェックを行っております。税金をはじめ、社会保険や年金など、公的支払いが未納となっている企業は審査通過は見込めません。

提供している役務が不明解

売掛債権の仕事の内容がどのような内容なのか、重要となります。
例えば、商品納品、システム提供、サイトの作成などであれば、役務がはっきりしているので問題ありません。しかし、業務委託やコンサルティングの様な売掛内容の場合は、その業務を行ったことのレポートや作業内容を別途資料として提出しないといけない場合があります。曖昧な業務内容の売掛債権には、審査通過させません。

入金までの支払いサイトが60日以上

一般的な企業の請求書の場合、末締めよく月末払いや、翌々付きまでとなっており、長くても60日間となっています。ソフトウェアの作成や物品の製造や処理などの仕事の場合は、法律で60日以内と決められています。そのため、60日を超える売掛債権の場合は、怪しい売掛債権だとファクタリング会社に思われてしまい審査落ちとなってしまいます。

ファクタリング売掛先の会社は問題はないのか

ファクタリングン場合、売掛債権の会社の信用性を重視され、細かい審査を行います。
年商5,000万円以上あれば、審査通過の可能性が高くなります。
まタ、ネットでの口コミや評判もチェックします。

いかがでしたでしょうか。
ファクタリング会社は、審査にて細かい部分まで審査していることわかります。
売掛先の企業や申込者のことに対して、意外と細かくチェックしています。
これらが該当しないように、細かい部分にまで念には念を重ねてチェックして検討して、申し込みをするようにしましょう。

ファクタリング他社審査落ちした際に目を向けるべき検討ポイント

ファクタリングの審査に落ちてしまった場合、なぜそうなったのか気になると思います。融資基準と比べるとはるかにハードルは低いのですが、審査落ちとなってしまう事業者の方もいらっしゃいます。

ファクタリングの審査に落ちてしまった場合は、このようなポイントに目を向けて検討してみましょう。

2社間と3社間は審査通過率に違いはあるのか

ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2つの種類があります。
この2つは審査通過率が違い、2社間が約7~8割、3社間が約5~6割となっており、3社間ファクタリングの方が審査は厳しめです。2社間ファクタリングの審査通過率が高い理由は、手数料が高いからです。

また、3社間ファクタリングの審査通過率が低い理由は、手数料が低く利益率が低いので厳しい審査となってしまいます。もしも3社ファクタリングに申し込んだ場合は、2社間ファクタリングに申し込むと審査通過する可能性があります。その分手数料は多くなってしまいますが、審査通過のためなら目をつぶる部分といえるでしょう。

個人事業主はファクタリングの審査に通るのか

ファクタリングを利用される方の中には、個人事業主のかたもいらっしゃいます。
個人事業主は企業とは違い不安定さを判断されてしまいますので、審査には厳しくなってしまいます。
現代はサービスが向上しており、個人事業主も受け付けてくれるファクタリング会社もあります。
そのため、個人事業主OLのファクタリング会社をご利用すると良いでしょう。

個人事業主の場合は法人登録をしていることで、より審査が通りやすくなります。
確定申告などで経営が安定している判断されると、信用性が増します。
また、しっかりとしている売掛先の売掛債権を使うことも大事となります。
1回きりの売掛債権ではなく、継続している売掛債権は審査が通りやすくなります。

個人事業主は審査に通るかどうか不安になってしまうと思いますが、まずはファクタリング業者を探して申し込みをしてみると良いでしょう。多くの個人事業主がファクタリングをご利用しているので、申し込み内容次第ではスムーズに審査に通る可能性も期待できます。

なぜ審査に落ちてしまったのかを考えよう

審査に通らない場合は、審査落ちしてしまう原因があるからです。
審査落ちしてしまう原因とは何なのか、ピックアップしてみました。

売掛先の経営状態が良くない

ファクタリングの審査で1番重要となるポイントは、売掛先の経営状態の内容です。
売掛先の経営状態が良くないと、審査には通りません。この点は申し込み者の方では改善できないポイントではありますが、なるべく経営状態が良い売掛先の売掛債権をご利用するようにしましょう。

一般的には、大手企業や邦子債権であれば、与信に問題があることはあり得ないので、審査通過しやすくなります。大手企業や国の債権の売掛債権がある場合は、そちらをご利用するようにしましょう。

売掛債権に譲渡禁止特約の記載がある

売掛債権は、どのようなものでもファクタリングできるわけではありません。
売掛債権の中には譲渡禁止特約が設定されている場合があり、この場合は買取不可能となってしまいます。そのため、売却したい売掛債権が譲渡禁止設定になっているかどうかを必ず確認してから、ファクタリングのご利用を検討しましょう。

譲渡禁止特約の売掛債権を持ち込まれることは、少なからずあります。
意外とチェックされていない方が多いので、必ずチェックすべきポイントといえます。
譲渡禁止特約が設定されている債権は、日本発行されている債権の半数近く占めるといわれています。
意外に多いので、注意しましょう。

希望買取額が月商に対して釣り合っていない

希望買取額が依頼者の月商と釣り合っていない場合、審査には通りません。
多くのお金を徴収したい気持ちはわかりますが、自社の状況と釣り合っていない金額は該当しません。
審査に確実に通過するためには、希望買取金額を少なめに設定することをおすすめします。

低き希望買取価格の方が、審査が甘くなり通過しやすくなります。
必要以上の資金調達とは考えず、必要最低限の資金調達計画としましょう。

嘘の申し込みをしている

ファクタリングの審査の際は、融資の審査と同様に個人信用情報機関を使って調査をしています。
そのため、嘘の申告をしても全てバレてしまいます。

また、うっかり間違って記載してしまった場合でも、その内容を修正してから審査となると、審査機関も多くかかってしまいます。買取り業者は嘘をつくような相手と取引はしたくないので、嘘だとわかると審査落ちの原因となってしまいます。属性が良くないとついつい嘘を並べたくなるかもしれませんが、審査通過のためには嘘のない正直な内容で申告するようにしましょう。

信頼に欠ける雰囲気がある

ファクタリングの場合、申し込み者に対して誠実さを求めています。
ファクタリング会社が警戒しているのは、嘘の債権をファクタリング仕様としている利用者や、売掛金をファクタリング業者に入金せずに横領してしまうパターンです。

そのため、申し込み者の見かけの誠実さや仕事に対する姿勢などというのは、取引をする上でとても重要と判断します。ファクタリング会社の中には面談をする会社もあり、その場合、複層や話し方、自社のキャッシュフローなどを総合的に判断します。

よくあることといえば、自社の状況をはっきり伝えずに隠して伝えることです。
多くの顧客と面談してきているので、そのような雰囲気になるとすぐに見破られます。
そのため、包み隠さず本当のことを素直に伝えて、誠実さを伝えるようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
ファクタリング他社審査落ちした場合には、必ず原因があります。
これらを見直しして、今度は審査通過するようにしましょう。

ファクタリング他社審査落ち|他社落ちしたら検討すべき資金調達ポイント!

ファクタリング他社審査落ちとなったら、次の資金調達方法を検討してみましょう。ファクタリング審査落ち後に企業が資金調達できる方法はどのような方法があるのか、まとめてみました。

レベルが低いファクタリング会社を検討する

ファクタリング会社というのは、様々な金融機関があります。
銀行をはじめ、消費者金融や信販会社など、様々あります。

ここで目を向けてほしいのが、レベルの低いファクタリング会社を検討してみることです。
銀行のファクタリングに申し込んで審査落ちとなってしまった場合は、消費者金融や信販会社のファクタリングを申し込んでみましょう。

ファクタリング会社は銀行が1番審査のレベルが高く、審査落ちすることは珍しくありません。
その場合、消費者金融や信販会社のファクタリング商品に申し込むことで、意外と審査通過してしまうことがあります。

ビジネスローンのご利用

企業の場合、ビジネスローンのご利用も手軽な資金調達方法です。
ビジネスローンは別名事業者ローンともいう、事業者のためのローンです。
融資までの時間が短く、時間的余裕が無くすぐに資金を手に入れない場合に大変おすすめです。

銀行融資と比べると金利などの面で不利な部分はありますが、融資を受けやすいという最大のメリットがあります。早く手元に資金を得たい場合、とても適しています。限度額は少額からOKであり、最大1,000万円までの商品もあります。

担保や第三者の保証人不要の場合も多く、便利にご利用できるのもおすすめのポイントです。
審査が甘く通過しやすいのは、ノンバンクのビジネスローンです。

日本政策金融公庫のご利用

日本政策金融公庫は、中小企業のために融資制度を設けております。
低金利ですので、少ない利息でご利用できるのも大きなメリットです。

デメリットといえば、必要書類が多く融資まで時間がかかってしまうことです。
かかる場合は、1カ月ほど時間がかかってしまうこともあります。
期間に余裕がある場合は、ご利用してみる価値ありの融資方法です。

不動産担保ローンのご利用

不動産担保ローンは、文字通り不動産を担保として融資を受けることができる融資方法です。
中小企業は不動産を持っていることが多いので、その不動産を担保とすることで資金調達とすることができます。

不動産というのは、土地や建物、マンションなどを指します。
金融機関によっては、別荘なども不動産担保ローンの担保とすることができる場合もあります。融資を受ける本人名義の不動産限定の場合もあれば、両親や配偶者などの家族が所有している他人名義の不動産、法人の場合は法人名義の不動産も担保とすることができる場合もあります。商品によっては事業性資金に使えない場合もありますので、細かくチェックして検討されれることをおすすめします。

低金利で借り入れ限度額が大きく、長期に渡って借入ができます。
ただし、融資までに時間がかかってしまい、手数料がかかることもあります。
もちろん不動産を担保としているので、返済が不能となった場合は不動産は処分されてしまいます。
不動産を持っていると比較的に審査通過しやすいので、是非検討をしてみましょう。

銀行融資

銀行融資は、いつも使っている銀行の場合審査が通りやすくなります。
金利が低く、やはり銀行という部分で安心感があります。
しかし、融資まで時間がかかってしまうので、すぐに手元に資金を調達することはできません。

カードローン

カードローンは一見便利に資金調達とできそうですが、事業資金としてはご利用できない商品ばかりです。そのため、企業の資金調達方法としては不向きとなります。

使ってしまえば使途はバレ無いような気がしますが、後に分かった場合ペナルティとなってしまい、他の融資を受けることができなくなってしまうことがあります。そのため、ご利用はおすすめできません。

融資を受ける際の注意ポイント

ファクタリング以外は、どれも融資であり借金となります。
事業の資金繰りにとても助かりますが、融資には債務超過が無いことと2年以上の業歴があること、税金の滞納が無いことの3つの点が必須条件となります。特に、ビジネスローンは提出する書類も少なく審査がスピーディーですので、割と早めに資金を手にすることができます。

しかし、融資には金利がかかります。銀行融資は3%ほどの金利ですが、ノンバンクの場合は15~18%の金利がかかってしまうので、利息が多くなってしまうことを留意しておかなくてはいけません。

まずは、ファクタリング先のレベルを低くして申し込みをして、それでも審査に通らない場合は融資を検討してみると良いでしょう。余程じゃない限りは、手数料が高いノンバンクのファクタリング会社に申し込むことで、審査通過を期待することができます。

いかがでしたでしょうか。
ファクタリング他社審査落ちしたら、これらの資金調達方法に目を向けてみましょう。ふぁファクタリングを検討したい場合は、ファクタリング会社のグレードを落として再度チャレンジすることをおすすめします。
それが無理な場合は、融資も視野に入れて検討しましょう。

ファクタリング他社審査落ち|どのような会社を選ぶべきなの?選定ポイント

ファクタリングの他社審査落ちとなってしまう場合は、申し込むファクタリング会社が御社に合っていなかった場合もあります。

選択に間違いがないように、どのように業者選びをしていくべきなのかに目を向けてみましょう。
ファクタリング会社の選び方を、ご紹介していきます。

業者の特徴を掴む

ファクタリング会社には、個々に全く違い特徴を持っています。
その特徴を掴んで、細かい部分まで検討しましょう。

例えば、このような特徴があります。

  • ファクタリングの形式
  • ターゲットにする顧客
  • 債権の種類
  • 買取り額
  • 手数料
  • 手続き
  • スピード
  • 2社間ファクタリングが強い
  • 債権の種類により強みがある
  • 3社間ファクタリングが強い

ざっと挙げても、これだけの特徴があります。

ファクタリング会社探しで1番に目を向けるポイントといえば、スピーディーな資金調達ではないでしょうか。しかし、他にも様々な違いがあり、素早い入金でも面倒な扱いとなってしまうことがあるので、注意が必要となります。

最も効果的で審査通過できるファクタリング会社選びは、条件や特徴をしっかりと加味することです。
ファクタリング会社の特徴を上手くつかんで、御社にピッタリなのかの検討をしてみましょう。

御社の希望とファクタリング会社の条件と照らし合わせてみよう

次に、御社の希望とファクタリング会社の条件とを照らし合わせてみて、どの業者が適しているのかを検討してみましょう。

ファクタリング方法の検討

2社間ファクタリングがいいのか3社間ファクタリングが良いのかを、検討しましょう。
選んだファクタリング方法が得意の業者を選ぶことで、スムーズなご利用とすることができます。

持っている売掛債権はどのような種類なのか

売掛債権には様々な種類があり、どんな内容の売掛債権なのかをチェックしましょう。ファクタリング会社によっては得意な業種の売掛債権があり、得意の業種の場合審査通過しやすくなります。

また、得意の業種の売掛債権じゃない場合、買取はしてもらえますが買取額がおオック異なってしまう場合もあります。当該債権の得意な業者を選びだし、最高の買取とするようにしましょう。

資金調達可能な日数を把握しよう

ファクタリング会社によって入金までの期間が異なるので、入金までの日数をチェックしましょう。
そして、御社が必要な日付を確認し、適しているのかの検討をしましょう。

また、即日入金などのスピード入金をご希望の場合、手数料が高くなってしまう場合があります。あるいは、即日入金がご希望の場合はその日の朝1番に申し込むなど、万全の状態としておくようにしましょう。

他社と比較してみる

適切な買取価格なのか納得できない場合は、もう1社からも見積もりを取って買取価格の比較をしてみましょう。

ファクタリングは融資ではないので、2~3社からの相見積もりを取っても申し込みブラックになることはありません。しかし、あまりにも色んなファクタリング業者から見積もりを取っても、さほど比較にならず無駄となってしまう場合もあります。2~3社程度の業者と比較して、納得できる買取価格のファクタリング会社にお願いすると良いでしょう。

いかがでしたでしょうか。
ファクタリング他社審査落ちしないためにも、どのようなファクタリング会社を選ぶべきなのかの選定ポイントを掴んでおくと、間違いないでしょう。
ファクタリング会社は様々な特徴がありますので、色々調べていくと御社に合う業者と合わない業者というのがわかってきます。
御社にピッタリのファクタリング会社を選んで、納得のファクタリングにしましょう。

ファクタリング他社審査落ち|審査の際に業者が思う買取の際の心理とは

ファクタリングの審査に落ちてしまうとガッカリしてしまいますが、審査落ちには理由があります。
なぜ審査落ちとなってしまうのか、審査を行う業者側はどのような観点で捉えているのかをまとめてみました。

ファクタリング業者側はできるだけ買い取りたいと思っている

ファクタリング会社は、どの企業もできるだけ買い取ってあげたいと思っているようです。
ファクタリングを利用するということは他の融資をうけることができない、または受けたくないという企業心理があります。そのようなニーズをくみ取ることで買い取ってあげた方が、ファクタリング会社も利益があがるので双方のメリットとなります。

しかし、どうしてもビジネスの都合上、審査をして振り分けないといけません。
その理由は、各債権を買い取ってしまう恐れがあることと、売掛先の与信が低くて買い取った債権が不渡りとなってしまい回収ができなくなる2つのポイントです。

ファクタリングは、この2つの危険を避けて通れない大きなリスクを抱えているビジネスです。
そのため、この2つのリスクを回避できる売掛債権を受け入れないと、大きな不利益となってしまいます。
ですから、審査をして振り分けて受け入れる売掛債権を検討しないといけないのです。

架空債権を買い取ってしまうリスクとは

聞きなれない方には信じられないことだと思いますが、ファクタリングに持ってくる債権の中にはねつ造された請求書や領収書を持ってくる顧客がいます。架空の債権を作って、ファクタリング業者に買い取らせようとする魂胆です。存在しない架空の嘘の債権を現金化することは、詐欺罪と私文書偽造罪となります。

そのため、悪質な依頼者を審査の段階で振り分けて、審査落ちとします。
証拠不十分な債権は、買い取らないのです。

売掛先に与信が低い場合のリスク

売掛先の信用性はファクタリングの中でとても大事なポイントとなり、しっかりとした企業の債権ということが非常に大きなポイントとなります。

売掛先が個人の場合や経営状況が良くない売掛先の場合、ファクタリング業者としては絶対に良い判断はできません。不渡りになった場合の債権回収が厳しく、損をしてしまう恐れがあるからです。

近年は個人事業主が依頼者の場合がありますが、その場合売掛先がしっかりとした法人であれば全く問題ありません。それだけ、売掛先の信用問題は大きな問題となります。

売掛先の存在を明らかにしないと信用性がない

売掛債権があっても、売掛金発声の証拠をきちんと提示できるようにしておかなくてはいけません。
3か月分の通帳の写しや、サービス提供の内容がわかる写真やパンフレットなど、これらは売掛金の信頼性を高めることができますので必要となります。

これらが用意できないと、いくら審査を通してほしいといわれても審査する材料が乏しいので審査のしようがありません。そのため、審査通過させる事が厳しくなってしまうのです。

支払期日が長い場合は信用性がない

支払期日は、長ければ長いと不渡りリスクと比例してしまいます。
一般的な企業の支払いは30日、45日、長くて60日となっています。
基本的に、60日を超える支払いサイトの場合は、審査通過を認めることができません。

支払いサイトが長いからファクタリングをご利用するのが企業の心理なのですが、審査する側はあまりにも支払いサイトが長すぎる債権に対しては不安を感じます。審査通過のためには、60日以内の支払いサイトの債権を使うようにしましょう。

税金などの公的支払いの滞納がある場合は厳しい

税金や社会保険などの公的な支払いをしていない企業は、審査通過が厳しくなってしまいます。
一見資金調達に関係ないように見えがちですが、大きく関わりがあります。その理由は、公的な支払いが滞っているということは、支払いの際にきちんと支払ってもらえない可能性が考えられるからです。

わかりやすくいうと、お金にだらしない企業に売掛債権の買取はできないということです。公的資金は支払っていれば問題ないので、ファクタリング申し込みの前に未納分を支払っておけば問題ありません。

いかがでしたでしょうか。
ファクタリング会社は、できれば申し込んだ全部の企業に融資したいと思っております。
しかし、難しい理由があるから審査通過をお断りしています。
業者側は関係モードですので、あとは申込む企業側がファクタリング会社に優遇して受け入れてもらうようにすればいいというだけです。
敬遠されるポイントを排除して、ファクタリング側に買い取ってあげたいと思う企業内容にしましょう。