ファクタリング 即日 少額

ファクタリングを即日で少額受けられる業者の特徴

ファクタリングを即日で少額受けられる業者は、数多くありません。どのような業者であれば即日で少額ファクタリングを受けることができるのか、特徴をご紹介していきます。

即日入金とうたっている業者は即日融資を期待できる

1番確実なポイントは、即日入金とうたっているファクタリング業者です。
ホームページで即日入金かと記載してあるので、一目瞭然です。一福やアクセルファクターでは即日入金をアピールしているので、即日入金になる可能性があります。

少額というのはいくらくらいからの対応となっているのか

少額の買取価格は、10万円からとなっている業者が1番低いようです。
30万円下限の場合は多くありますが、10万円という業者はあまりありません。

10万円が価格を公開している中で1番低いので、少額希望の場合は10万円下限のファクタリング会社のご利用を検討してみましょう。一福では、買取価格10万円から取り扱っています。

また、アクセルファクターは下限なしとなっており、文字だけを見るといくらからでもファクタリングするということになります。ただし、下限なしというのは決して低いとはいえないので、注意が必要といえます。気になる場合は、電話などで問い合わせてみると良いでしょう。

なぜ少額ファクタリングを行っている業者は少ないのか

少額にてファクタリングを行っている業者は、数少ないです。色々探してみても、数件しかありません。なぜ少ないファクタリング金額を取り扱わないのか、その理由は同じ手間でも手数料が少ないからです。

ファクタリングをしてもらう際は、業者に手間がかかってしまう分手数料を支払います。
この手間というのは、ファクタリングの金額が少なくても多くてもほとんど変わりません。
10万円でも1,000万円でも変わらなく、同じパーセンテージで計算をしてみると、20%の手数料を例とすると10万円の場合は2万円の手数料、1,000円の場合は200万円の手数料となります。

同じような手間しかかからないのに、手数料が2万円と200万円とでは雲泥の差となってしまいます。
そのため、ファクタリング業者というのは、少額ファクタリングを行いたがらないのです。

いかがでしたでしょうか。
少額にてファクタリングを即日で受けることができる業者は、数社あります。
即日や下限なしとうたっている業者は少額で即日も期待できますので、是非ご利用を検討してみましょう。

少額で即日ファクタリングの審査に通るためのポイント

少額で即日ファクタリングを行っている業者は数社ありますが、審査に通るためのポイントを把握していないと審査落ちしてしまう可能性があります。

審査落ちとならないように心掛けるべきポイントを、ピックアップしてみました。

審査に通るためのコツ

少額で即日融資のファクタリング会社に申し込もうとしても、条件にそぐわない場合は即日融資にもなりませんし、審査落ちとなってしまいます。

まずは、ご自分が審査の対象になるようにし、間違いなく審査通過するようにしないといけません。
審査通過のためには、これらのコツが必要となります。

営業時間がはじまってすぐに申し込む

即日入金にするためには、午後2時までに間に合わせないと入金となります。
それまで審査を済ませて必要書類を提出しないといけないので、逆算をすると1日の中に余裕な時間は一切ありません。そのため、営業時間になったらすぐに申し込むようにしましょう。

インターネット申し込みの場合も、営業時間前に申し込みを済ませておく事が大事となります。
審査が早い業者でも、審査には30~1時間程度かかり、書類のチェックや入金作業など様々な手間や時間がかかります。そのため、1分でも早く申し込みをすることが非常に大事となります。

確実性な売掛金

確実性の高い売掛金の場合は、審査通過が高くなります。ファクタリングに使える売掛金というのは何でもいいわけではなく、信用性が高いものじゃないと審査通過になりません。

1番優遇されるのが、毎月定期的に入ってくる売掛債権です。
毎月定期的に入ってくるということは、過去に定期的に入って来た前例があるということになります。それがわかれば今後も間違いなく定期的に入ってくる信用性が高いと判断され、審査通過が見込まれます。

逆に、単発的な売掛金の場合でも問題はないのですが、厳しい審査となってしまうので即日入金とならない場合も出てきます。継続性と未回収リスクがない、信用性の高い売掛金を使うようにしましょう。

証拠書類の不十分は絶対にNG

売掛債権を証明するために書類の提出をしますが、その書類が足りない場合は審査通過しません。
請求書や契約書、通帳などの過去の入金履歴が必要となります。

これらの書類というのは、どれがどれだけあれば十分という明確な定義はなく、ファクタリング会社により異なります。申し込みの前にどんな書類が必要なのかを必ず確認して、必要な書類の全てを用意するようにしましょう。足りない場合は直ぐに用意できない書類もあるので、それでは即日融資とならない場合もあります。

書類を偽造してはいけない

当たり前のことなのですが、書類を絶対に偽装してはいけません。
ファクタリング業者というのは基本的に提出された書類を信用しますが、おかしいと気付いたらとことん調べます。そうなってしまうと、即日融資にはなりません。

ファクタリングでよくあることといえば、架空の請求書を作ることです。
この場合、契約書の提出を求められますが、もちろん架空ですので契約書はないので提出できません。
その場合は、実体の証明が不可能ということで審査NGとなってしまいます。

もちろん本物の契約書の場合もありますが、審査上でおかしいと思った時に裏付けできる書類の提出ができない場合は事実確認ができないということで審査落ちとなってしまいます。
そのため、疑われないクリーンな書類を出すことが大事となります。

個人相手の債権は審査対象外

個人相手の売掛金は、審査の対象とはなりません。信頼性に欠けるので、取り扱いはしないということが理由です。また、個人事業主相手の債権もNGの業者もありますので、その場合は確認して申し込みを検討しましょう。

多くの希望額にしない

希望額の高さによって審査難易度が異なり、金額が高ければ高いほど審査基準が厳しくなってしまいます。少額希望ですので多くの金額は希望しないとは思いますが、その中でも極力少ない金額で申し込むことが非常に大事となります。

最低限の金額で申込みをして、審査通過することをまず第一に考えましょう。
希望金額が多くて審査落ちしてしまっては、即日入金以前の問題となってしまいます。

売掛金の支払期日が短いものを使おう

ファクタリングは確実な売掛金の回収が重要となるので、長い期日の売掛金は嫌がられます。
ファクタリングの契約日から売掛金の支払い日までが短い売掛債権を、使うようにしましょう。
支払期日が6ヶ月先の売掛債権よりも、1か月先の売掛債権の方が優遇されます。

基本的に、60日以降の支払期日の売掛債権は、審査が厳しくなってしまいます。
判断に時間がかかる場合もあるので、即日入金とならない場合があります。

申し込み者の人柄も重視

申し込みの際に在籍確認などにより電話で話すことがありますが、この際の電話の受け答えというのは非常に重要となります。電話の雰囲気で、信頼できる企業なのかどうかを見極めわれてしまいます。

基本的には売掛先の属性や安定性が審査の対象となりますが、申し込み先の企業もどのような企業なのかということは、審査対象となります。売掛債権の入金があった際にそのお金をファクタリング会社に支払うのですが、その支払いが滞ってしまうかもしれないからです。

丁寧に落ち付いた感じで電話での受け答えをし、相手に良い印象を与えるようにしましょう。
間違っても声を荒げたり、汚い言葉は使ってはいけません。

また、場合によっては直接面談を行う業者もあります。
その際は、身だしなみや振る舞いをきちんとし、だらしなくおどおどしないようにしましょう。
あるいは、約束の時間に遅れることは言語道断です。

いかがでしたでしょうか。
少額で即日ファクタリングの審査に通るためには、これらのポイントをしっかり把握した上で申込みを行いましょう。
即日融資にするためには、きちんとした状態で申込みをしないと、1つでも欠けている場合は即日にはならなくなってしまいます。全て万全の状態で申込みをし、即日入金を受けるようにしましょう。

少額即日融資ファクタリングご利用の際に注意すべき点とは

少額ファクタリングを即日入金で受けたい場合は、注意すべき点があります。
即日で入金を受けたいと思ってついつい焦ってしまい、大事な部分を見逃してしまうことがあります。
そんなことにならないように、これらの注意点を把握して間違いのない資金調達としましょう。

少額即日融資ファクタリングご利用の際に注意すべき点を、ご紹介していきます。

3者間ファクタリングには要注意

ファクタリングの中に2つの種類があり、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあります。
注意してほしいのが、3社間ファクタリングです。

3社間ファクタリングは3社での契約になり、ファクタリング会社と利用者、売掛先業者の3社での契約となります。そのため、売掛先にファクタリングをして前もってお金を受けることが知られてしまいます。売掛先にファクタリングをするということが知られてしまうと、お金に困っている業者ということが知られてしまいます。

どの業者も資金繰りに困ることがあるので不思議なことではないのですが、業者によっては蔑視して関係性が悪くなってしまうことがあります。これでは今後一緒に仕事ができなくなってしまい、大きなリスクを抱えてしまいます。

2社間ファクタリングは、ファクタリング業者と申し込み社と2社での契約となります。この場合、売掛先業者には知られませんので、安心です。ただし、2社間ファクタリングの方が手数料が高くなってしまうので、受けることができる資金が少なくなってしまいます。しかし、売掛先にファクタリングを行うことを知られるくらいなら少ない資金でもいいと思う業者も多く、今後の関係性を考えると2社間ファクタリングの方が断然有利な方法といえます。

即日ファクタリングを行う際は気持ちが焦っているので、手数料の低い3社間ファクタリングに目が行きがちです。しかし、後々のことを考えると、手数料の低さだけでは比較できない要素があることを覚えておきましょう。

2社ファクタリングは少ない手数料のところを検討しよう。

少額のファクタリングの場合は、少ない手数料の業者を選択しましょう。
少額であっても、手数料を多く取られてしまうともっと少ない資金調達となってしまいます。
ただでさえ少ない資金の申し込みなのに、もっと少なくなってしまうと使い道に困ってしまいます。
できるだけ少ない手数料の業者を選んで、できるだけ多くの資金調達としましょう。

中には、ものすごく高い手数料を提示している業者もあります。
ファクタリングには法律が該当していないので、手数料はいくらであっても違反にはならないからです。

一般的には20%以下の手数料となっていますが、中には40%など膨大に高い業者も潜んでいます。
即日で資金調達したいがために、手数料のところをしっかりと確認せずに選んでしまう場合も少なくありません。このような業者は絶対にご利用せず、20%以下の手数料の業者を選ぶようにしましょう。

譲渡禁止特約設定の債権は利用できない

譲渡禁止特約が設定されている債権は、買取不可能な債権です。
売却する売掛債権は、譲渡禁止になっていないかどうか調べてから検討するようにしましょう。
せっかくの即日融資を期待していても、譲渡禁止特約の売掛債権では審査の対象になりません。
実は、譲渡禁止特約設定の売掛債権は、国内に半分ほどあります。

売掛債権ローンに話を変える業者は要注意

ファクタリング会社の中には、残念ながらグレーで曖昧な業者も潜んでいます。
ファクタリングに法的な決まりがないので、色んな業者が潜んでいるのも事実です。

そんな業者の中には、ファクタリングを希望しているのに売掛債権担保ローンを勧めてくる業者もあります。即日入金できるので変えませんか?と、甘い言葉で寄ってきます。

売掛債権担保ローンは、文字通り融資です。ファクタリングは別名売掛債権譲渡といいますが、似たようなネーミングを使って利用者を攪乱させて騙そうとする魂胆です。ローンと付いている時点で、売掛金譲渡ではありません。絶対に、騙されないようにしましょう。

売掛債権担保ローンというのは、貸金業登録をしていない業者が持ち出す方法です。いわゆる、悪徳業者であり闇金です。ローンでもいいのかなと思うかもしれませんが、年率20.0%を超える利息声援法を違反している利息を提示してきます。これは、違反行為であり、このような業者には絶対に関わってはいけません。

それでもいいと思って契約をして膨大な利息を提示してきて、支払いができずに困ってしまう状態に陥らせるが困難です。絶対に大変な思いをしてしまうので、関わってはいけません。

もし契約してしまった場合は、弁護士に相談をしましょう。
無料相談でも十分に相談が可能ですので、プロの目線による適切な対処を行うようにしましょう。

利用中は他のローンを受けることができない場合がある

ファクタリングを行っている場合貸し倒れリスクが高いと判断されるので、他のローンが受けられない場合があります。

特に2社間ファクタリングを行っている業者は、貸倒率が高いと判断されてしまうことがあります。利用中は新規で融資を受けることは厳しいので、それを覚悟の上でファクタリングのご利用を検討しましょう。即日入金の目先ばかりを気にして、後にローンを組むことができないと困ってしまう企業も少なくありません。

いかがでしたでしょうか。
即日入金は急いで焦ってしまいがちですが、これらのポイントは絶対に冷静に判断をして選ぶようにしましょう。万全の理想の形で、即日入金を受けるようにしましょう。

少額即日入金ファクタリングに潜んでいる悪徳業者の見分け方

少額ファクタリングで即日融資ができる業者の中には、悪徳業者も潜んでいるようです。
ご利用が不安だと思われるかもしれませんが、悪徳業者の見分け方さえ把握しておけば、無理なく安心してご利用ができます。

ファクタリングの中に潜んでいる悪徳業者とはどんな特徴があるのか、まとめてみました。

連絡先が固定電話ではない

ファクタリング業者は、固定電話を連絡先として公開しています。
企業として当たり前のことですが、それができないのが悪徳業者です。

悪徳業者の場合、ホームページには固定電話の番号を公開しているのに、かかってくる電話は全て携帯電話番号です。担当者が出先にいる時に電話連絡をくれているのかなとも思われますが、いつも携帯電話番号での連絡の場合は要注意です。この場合、闇金の可能性が考えられます。

事務所での面談をしたがらない

ファクタリング業者の中には面談をせずに審査を行う場合もありますが、事務所での面談をしたがらない業者は悪徳業者の可能性が考えられます。

特に、事務所で会いたがらないのに喫茶店などの外部で会いたがる業者は、100%悪徳業者です。
企業の経営情報などのシビアな話をしないといけないのに、他の方の耳に入りやすい喫茶店のようなところで面談をしたがる自体、信頼性がないということになります。

不明な点がある見積もり

ファクタリングの審査の際に見積もりをしてもらいますが、その内容が不明解な場合は注意が必要となります。売掛先の信用状態によって手数料が変わるので、その詳細を見積書に記載することが一般的となります。しかし、詳細に不明解な部分がある場合や、そもそも見積書の提出ができない場合は、一般的なファクタリング業者とはいえません。

手数料が高過ぎる

ファクタリングには法律での決まりがありませんが、手数料には相場があります。
3社間で1~5%程度、2社間で6~40%程度が相場となっております。これらの相場手数料よりも高い場合は、一般的ではない証拠となります。

悪徳業者の場合、手数料は高いけれど間違いなく審査に通りますなどの、顧客の心を揺さぶるようなずるい言葉を使ってきます。手数料高いけれど利用できるからいいかなと思って、契約もまんざらではないと思う方もいるようです。しかし、相場手数料よりも高い業者は100%悪徳業者ですので、絶対にご利用してはいけません。

高い手数料でファクタリングの利用をすると、その高過ぎる手数料の影響で懐事情がどんどん悪化していきます。その悪化した状態に入り込み融資を促して、借金を作り法外な利息も取っていきます。もっと資金繰りが悪化してしまい、どんどん大変な状態へと陥ってしまいます。

契約書の作成をしない若しくは内容がおかしい

ファクタリングの際は、契約書を交わします。しかし、悪徳業者は契約書を交わしたがりません。その理由は、契約内容を書面として残したくないからです。また、作成してもペラッペラの契約書を作り、中身は適当にしか書かれていない場合もあります。

お金のやり取りですので、契約書はとても重要となります。
優良な業者は契約書を重要視するので、それなりの丁寧な契約書を用意します。
契約書を見て違和感に思えたら、絶対に契約をしてはいけません。
また、面倒だと思っても必ず契約書に細かく目を通すようにしましょう。

契約書をきちんと読んでおらず、後に困ってしまったというケースは少なくありません。
きちんと目を通さず損をしてしまうのは、お客様本人です。隅から隅まできちんと目を通し、少しでも不明解な点がある場合は質問をして納得するようにしましょう。

必要書類が少ない

ファクタリングは大きなお金のやり取りですので、必要な書類は大変多くあります。
しかし、悪徳業者の場合は必要書類が少ないです。その理由は、まともに審査しようと思っていないので、書類なんてどうでもいいからです。数多くの書類が必要となりますが、特に必ず要求される書類が契約書、請求書、発注書、入金履歴の通帳コピーです。これらも要求してこない業者は、100%悪徳業者です。

商品の数が多い

ファクタリングには様々な種類があり、業者にて様々な種類を取り扱っています。

しかし、悪徳業者は少ない種類しか取り扱っていません。
種類なんかどうでもよく、ただ多額の手数料で契約をして多くの利益を生みたいだけだからです。
ホームページにわかりやすく種類を記載していない業者は、悪徳業者と思うべきと言えます。

ホームページで公開している企業の情報量が乏しい

一般的なファクタリング会社の場合、ホームページにて自社の情報を公開しています。
公開している自社の情報の量が少ない場合、悪徳業者と疑いましょう。

企業名をはじめ。代表者、住所など、資本金、取引先、アクセスマップなど様々な情報を公開しています。悪徳業者の場合、会社名と住所しか公開していないことが大半です。いわゆる細かい会社概要の公開が無い場合は、悪徳業者と疑いましょう。

企業名と入金先の口座名が違う

一般的な企業の口座名は、企業名と同じです。しかし、悪徳業者の場合は、口座名と企業名が異なります。詐欺業者は法人口座を作ることができないので、企業名と口座名を同じにすることができません。名義が違う時点で、100%悪徳業者ということになります。

保証人設定や担保を要求される

ファクタリングには、保証人や担保は必要ありません。
売掛金の買取の取引ですので、保証人や担保は全く関係ないからです。
融資ではないので絶対に必要ないのですが、悪徳業者は要求してくることがあります。

融資ではないので、保証人要求や担保要求の際にすぐに悪徳業者と気付くはずなのですが、即日融資を希望している場合は目先のことしか考えていないので気付かない方もいるようです。ファクタリングにて保証人や担保を要求されることは絶対ないことだということを、覚えておきましょう。

融資をあっせんしてくる

ファクタリングのみの利用をお願いしているのに、やたら融資の利用を勧めてくるのは100%悪徳業者の流れです。ファクタリングで反審査に通らないと主張してきて、融資もできますよとうながします。

一般的なファクタリング業者の場合、融資を促すことは絶対にありません。
融資を勧めてくる時点で、悪徳業者と疑いましょう。

見積もり以外の費用を後に請求する

ファクタリングは、見積書の内容以外の費用は一切請求してきません。
しかし、悪徳業者はとことん金を取ろうとするので、後から追加であれやこれやと費用を要求してくる場合があります。一般的な業者は絶対に要求してきませんので、この場合100%悪徳業者となります。

いかがでしたでしょうか。
ファクタリングというのは、便利な資金調達方法の1つです。
しかし、少額で即日入金となると業者の数も限られてくるので、悪徳業者も目を付けて入り込んでいます。騙されないように、これらの注意点で優良業者の選定をしましょう。

少額ファクタリングの即日融資業者はこんなポイントで選んでみよう

少額ファクタリングの即日融資は、こんなポイントで業者を選んでみましょう。
優良でご利用しやすい業者に出会えること、間違いありません。

どのようなポイントで安心できる少額即日入金ファクタリング業者を選ぶべきか、ポイントをご紹介いたします。

業者の選び方ポイント

業者選びは、このようなポイントで選びましょう。

ネット上でのオススメ人気ランキング

ファクタリング業者のオススメランキングは数多く公開されており、ランキング形式で細かく様々な特徴がきさいされています。おすすめ比較ポイントなどの便利な情報も多く公開されているので、そのような材料で比較すると非常に明確に選択することができます。

ネット上での評判が高い

今やネット上には様々な情報があり、少額ファクタリング業者の評判の数多くあります。
1度ご利用した方の感想は間違いのない感想ですので、どのような業者なのかは一目瞭然となります。
業者名で検索して、様々な評判を確認しましょう。悪い評判が多く挙がっている場合は、トラブルになる可能性が考えられるのでご利用はしないことをおすすめします。

業者の公式サイトをチェックする

業者の公式サイトには、その業者がどのような業者なのかの把握ができます。ファクタリング商品の詳細や、ファクタリング用語の解説、企業情報などがしっかり記載されている場合は、信用できる業者といえます。しかし、内容が乏しいウェブサイトの業者は、一般的な業者ではないといえます。

業者のホームページというのはネット上の業者のアピールができる場所ですので、内容が濃くないというのはおかしいことといえます。内容を濃くできないことには理由があり、悪得業者なので業者としてあまりアピールできないという証拠となります。閑散としていて情報量が薄いホームページの業者は、信用できる業者ではない証拠といえます。

お問い合わせの対応のよさ

業者の企業としての良さは、電話対応のスタッフに出ます。
丁寧で分かりやすい対応をする業者は、良い業者といえます。即日融資で申し込む前に、電話にて質問をしてみましょう。その際に丁寧な受け答えをしてくれる業者というのは、優秀で頼りになる業者という証拠となります。

ファクタリングはわかりにくい部分も多くあるので、質問をしてみてわかりやすい説明をしてくれるかどうかを確認してみましょう。きちんとわかりやすく説明してくれる業者は、お客様目線で対応してくれる業者ということになります。

銀行では難しい

少額で即日のファクタリングは、銀行の商品では難しいです。
少額は取り扱っている銀行もありますが、即日審査というのは行っていません。
銀行は審査が厳しく、審査に時間をかけてじっくり行います。
そのため、即日にはなりません。即日融資を考えている時点で、銀行融資は対象外となります。

地元に該当している業者を選ぶ

ファクタリング業者によっては、ある一定の地域でしか取り扱っていない場合もあります。
ファクタリング会社の多くは東京都内の業者ですが、全国対応している業者も多くあります。

全国対応であればどんな田舎の方でも対象としてもらえますので、そのような業者を選ぶようにしましょう。良い業者だなと思っても、自分の住まいが対象地域じゃない場合はご利用はできません。

契約と振込スピードが早い

即日融資のためには、契約と振込スピードが早いのは原則となります。
そのためには、ノンバンクの業者を選んで検討しましょう。

ノンバンクの業者の中には、即日入金可能な業者も多くあります。
手数料は銀行と比べると高くなってしまいますが、スピードの早さは間違いありません。審査に柔軟性があるので、早い対応となります。

ほとんどのノンバンクは信頼性が高く真面目な業者ばかりですので、安心してご利用ができます。

業者選びは比較が大事

業者選びというのは、あらゆる比較が大事となります。
似たような業者をピックアップして、とことん比較します。
そのためには、時間をかけてじっくり比較する必要があります。

即日で融資をしたいとなると、どうしても急いで業者を決めがちです。
でも、それでは業者選びに失敗してしまいます。100%自分で納得できる業者には、出会うことはできません。

即日融資を受けたいと思っても、慌ててはいけません。
じっくり時間をかけて、とことん比較して最高の1社に出会うようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
少額ファクタリングの即日融資業者は、このようなポイントでもじっくり選びましょう。
皆の評判が良い業者というのは、間違いなく安心して利用できる業者といえます。
ご利用しやすい業者で、便利にご利用しましょう。