ファクタリング 即日

ファクタリングは即日融資可能?即日融資できる業者の選択ポイント

ファクタリングは、企業経営者に便利な資金調達方法です。
費用を早く手に入れたい場合は、融資まで機関も非常に重要となります。
即日可能となるファクタリング業者の選び方を、ご紹介いたします。

即日可能となるファクタリング業者の選び方

即日可能となるファクタリング業者の選び方は、このようなポイントとなります。

手数料が高い業者は即日融資が可能

ファクタリングには手数料がかかり、業者によって手数料のパーセンテージは様々です。

即日融資可能な業者は、手数料が高い業者です。手数料が高ければ高いほど審査が柔軟であり、審査項目も少ないので融資までの日数が最小限となります。手数料が多ければ多いほど手元に残る金額は少なくなってしまいますが、その分素早い資金調達とすることができます。

即日現金化と公式に明言している

即日現金化できるファクタリング会社は、即日現金化を公式に名言しています。
公式ホームページをチェックして、即日現金化が記載されているかを確かめましょう。

2社間ファクタリングに対応している

2社間ファクタリングに対応している業者は、即日融資を行っている場合が大半です。

小口の債権にも対応している

小口の債権対応が可能な業者は、即日融資を行っている場合があります。

売掛債権をすぐに現金化するためのポイント

ファクタリングで即日で資金調達するためには、いくつかの方法のコツがあります。
これらのコツを行った上で、確実な即日資金調達としましょう。

午前中のうちに申し込む

振込入金となるので、15時の銀行の振込時間のリミットを考えると、早めの申し込みが大事となります。
余裕を持って午前中のうちに申し込みを行うようにし、出来れば朝1番に申し込みを行うようにしましょう。

必要書類は事前に用意しておく

必要書類は直ぐに用意できないものもあり、不備ですと即日現金化と出来ない場合があります。
身分証明書は法人会社謄本、決算書など、必要書類をあらかじめチェックしておき用意しておくようにしましょう。

優良な売掛債権を使う

ファクタリングには審査があり、売掛債権を査定する方式となります。
売掛債権先との取引履歴を重要視し、過去の事故等を確認します。
そのため、過去に支払い遅延などの事故がない優良取引先の売掛債権を譲渡するようにしましょう。

小口で申し込む

売掛債権の金額が大きければ大きいほど、審査が厳しくなります。
また、申し込み口数が多い場合も、審査に時間がかかってしまいます。即日現金化とするためには、金額や口数を少なくした小口の売掛債権で申し込みをするようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
ファクタリングは、このようなポイントで即日現金化としましょう。
1つでも間違ってしまうと即日現金化とならない場合もありますので、あらかじめ全てを頭に入れて慎重に手続きを行うようにしましょう。

ファクタリングの即日融資!どんなメリットがあるの?

ファクタリングはご利用しやすい点がいっぱいの、中小企業人気の資金調達方法です。
即日融資も可能ですが、気になるのはどのようなメリットがあるのかではないでしょうか。
ファクタリングのメリットを、ご紹介いたします。

ファクタリングのメリット

ファクタリングには、このようなメリットがあります。

売掛債権で資金調達ができる

ファクタリングは、売掛債権を売却して現金化する資金調達方法です。
売掛債権を保有していれば、現金化とすることができます。
後に支払いとなる売掛債権を前倒しで現金化できるので、借金とはなりません。

無担保・無保証人

ファクタリングは、担保なし、保証人なしでご利用できます。
そのため、担保となる不動産を持っていない小さな企業でも、ご利用ができます。

売掛債権を譲渡する企業の業績の悪さは全く影響しない

売掛債権の買収なので、売掛債権自体に買取の対象となるのかの審査をされます。
そのため、売掛債権を譲渡する企業の信用度や返済能力は審査に全く影響されません。

債務超過や税金滞納、赤字などがあっても、全く影響はありません。そのため、銀行やビジネスローンの審査に落ちてしまった企業でも、売掛債権を持っているだけでご利用ができます。

即日現金化となる場合もある

即日現金化と出来る業者もあり、ホームページで「即日現金化可能」と記載がある場合は即日で現金化することができます。すぐに資金が必要な場合、とても便利です。

キャッシュフローの改善

緊急な資金調達とすることができ、現金残高が増えることによりキャッシュフロー改善とすることができます。

節税効果が高い

金融機関からの融資で資金調達をした場合、返済にかかった利息を損金という扱いで経費に計上することができます。利息分は税金より控除が可能ですが、分割で返済している場合は節税効果は決して大きくありません。

ファクタリングでの資金調達は、ファクタリング利用手数料を経費として計上します。
ファクタリングの手数料は資金調達の際に一括支払いとなるので、節税効果を高めることができます。

ファクタリングの注意事項

ファクタリングにはメリットが多くありますが、これらの注意事項もあります。
注意事項を把握して、効率的な資金調達としましょう。

未来の資金を削って資金調達とする

ファクタリングは今後入る予定の売掛債権を前倒しして調達する方法ですので、未来の資金を削って資金調達するという流れとなります。言い方を変えると、将来の経営を圧迫させているということになります。

緊急時の資金調達方法としては大変優れていますが、利用に適したタイミングでのご利用にすることが大事となります。

売掛金の100%は現金化できない

ファクタリングには手数料がかかり、売掛金の何%という形での支払いとなります。
そのため、売掛債権に記載されている額面100%を手に入れることはできません。
ファクタリングの手数料は各社開きがあり、2~40%ほどとなっています。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがある

ファクタリングには、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2つの種類があります。
利用者とファクタリング会社のみで完結するか、取引先も含めた流れになるのかの差です。

2社間ファクタリングの方がスムーズですが、手数料が高額となってしまいリスクが大きくなってしまいます。2社間ファクタリングと3社間ファクタリングのどちらが良いのか、しっかりと検討して選ぶべきとなります。

いかがでしたでしょうか。
ファクタリングの即日融資には、このようなメリットがあります。
よく考えて、ご利用するかどうかを考えるようにしましょう。

ファクタリング即日融資と他の資金調達方法との違い

ファクタリングは大変便利で頼りになる資金調達方法ですが、他の資金調達方法と比べるとどうなのでしょうか。中小企業がご利用できる他の資金調達方法と、比較してみました。

ノンバンク系ビジネスローン

ノンバンク系のビジネスローンは、事業者向けの融資商品です。
借入れの度に契約する証書貸し付け方式と、カードローン型で何度も繰り返し限度額まで使える方式があります。ノンバンク系ですので審査のレベルが低く、中小企業でもご利用いただけるローンです。高金利なのがデメリットですが、短期間でのご利用であれば問題はないといえます。

ファクタリングは売掛債権が必要となるので、売掛債権がなくて資金が必要になった場合は、ノンバンクのビジネスローンも選択肢になるといえるでしょう。

割引手形

取引先からの手形を使って、割引手形を現金化することができます。
銀行で手数料を支払うことで、現金化とすることができます。しかし、手形に不渡りが発生してしまうと、手形振込人にかわって返済しないといけなくなる大きなリスクが発生してしまいます。

ファクタリングは償還請求権なしでサービスを利用することで、リスクを避けることができます。
電子型の手形サービスが普及することにより、小口分割をすることができるメリットもがあり、リスク分散とすることができるので便利です。

電子手形はパソコンがあれば、銀行に行かずに受け取りや譲渡、小口分割、手形割引を簡単に行うことができます。小口分割は、今までの手形にはなかったとても便利なメリットといえます。

手形貸付

手形貸付は、企業が振込人となり約束手形を発行して、銀行にその手形を差し出して資金提供とする融資方法です。手続きなどが簡単なので、便利にご利用いただけます。1年以内の短期間での借入れに用いられることがある、資金調達方法です。

日本政策金融公庫 

日本政策金融公庫では、新事業者向けの融資や地域活性化のための融資などを行っています。
金利が低く審査も割と通りやすいですが、審査に時間がかかってしまいます。
ファクタリングは審査機関が短いので、長く融資まで待てない場合は適さない融資方法といえます。

地方自治体

地方自治体でも、中小企業の資金調達制度を行っております。
金利の一部を自治体が負担してくれるので低金利ですが、審査に時間がかかってしまったり一部自己負担など、様々なデメリットがあります。ファクタリングは審査に時間がかからなく、わずらわしい条件が一切ないので、ご利用しやすい資金調達方法といえます。

民間融資

民間融資は、一般的な消費者金融などのノンバンクから融資を受ける方法です。
公的融資と比べると審査が厳しめですが、銀行融資よりも審査レベルは低いので中手企業もご利用できる融資方法です。申し込みの際に必要書類が少なく審査期間が短いので、短期間での資金調達とすることができます。

ファクタリングのように売掛債権がなくても資金調達とすることができるので、売掛債権が無い中小企業におすすめとなります。しかし融資ですので、負債となってしまいます。

プロパー融資

銀行などの民間の金融機関から直接企業に資金提供を行う融資方法です。
民間の金融機関が直接融資を行うので、リスクの高い企業に融資を行うことはないといえます。
そのため、大企業などしっかりとした企業はご利用できますが、中小企業の場合はご利用しにくいデメリットがあります。

正しく理解して資金調達をしよう

資金は、企業にとって大事な資本です。資金をコントロールするためには、資金調達が必須となります。

資金調達や融資制度は、上手く活用することで便利にご利用いただけます。資金の必要性や融資を受けるメリットなどの計画を綿密に立てて、自社にマッチしている資金調達方法を検討しましょう。

いかがでしたでしょうか。
企業がご利用できる融資には、様々な融資方法があります。
財政状況や使い道、借入期間をよく考えて、どの方法がいいのかを考えましょう。
ファクタリングの他は、負債となります。
ファクタリングは、将来入金になるはずの資金を前倒しして手に入れる資金調達方法です。企業にとってどちらが良いのかを、よく考えてご利用しましょう。

ファクタリング即日融資~|個人相手のファクタリングもある

ファクタリングは企業がご利用する資金調達方法ですが、個人を相手にしたファクタリングもあります。
個人向けのファクタリングとはどのようなものなのか、詳しくご紹介していきます。

個人向けのファクタリングとは

ファクタリングは売掛金買取と呼ばれており、将来的な売り上げを前倒しして資金を手に入れる仕組みとなっています。そのため、売掛金を持っている法人格や個人事業主が対象となります。企業相手ですので、会社員などの個人相手は対象外となります。

しかし、近年一部のファクタリング会社にて「個人向けファクタリング」という商品が登場しています。
会社員などの一個人を対象とした、ファクタリング商品です。基本的には、2社間ファクタリングと同じフローの流れとなります。売掛金売却ではなく、給料債権を取引する形となります。

約束されている給与を債権と捉えて、その給与債権をファクタリング会社に売却することにより現金調達とするという流れです。売掛金と給与の違いだけであり、流れは同じとなります。

個人向けファクタリングを扱っている会社は、まだまだ一部となっています。対象の範囲が給与所得者全員となるので、ファクタリング業界の新しい活路として一般化していくといわれています。

給与債権とは

債権という言葉の意味は、債権者が債務者に対して一定の給付を要求できる権利です。
個人向けファクタリングの場合は、債権者が従業員であり、債務者が勤務先の会社という形となります。
会社から給与を受け取ることができる権利を、ファクタリング会社が買い取るということで成立する流れです。

給与債権という言葉は、一般的には差し押さえなどの良くないことで使われる言葉です。
強制的に回収するイメージがありますが、個人向けファクタリングの場合、将来的な丘陵に相応の価値があるということにより、それを根拠として現金を手に入れるという仕組みとしています。

手数料の相場

給料は20~50万円程度が一般的ですが、その中で手数料はどれくらい取られるのでしょうか。
給与債権は回収見込みが高いとみなされており、手数料は15~20%程度が相場となっています。
30万円の給料の場合に15%の手数料で計算すると、ファクタリング後の手残りは255,000円となり、手数料は45,000円となります。

個人向けファクタリングのメリット

個人向けファクタリングには、このようなメリットがあります。

ブラックでもご利用可能

ファクタリングの審査は通常の融資の審査とは異なり、債権の実在性や回収性を重視します。
そのため、個人信用情報はチェックしないので、ブラックでも全く問題ありません。

個人信用情報への影響がない

融資ではなく資金調達ですので、個人信用情報機関への記載は一切ありません。

会社倒産などの未払いを回避

万が一給料支払い前に勤務先が倒産してしまっても、便さいの義務は一切ありません。

個人向けファクタリングの注意ポイント

個人向けファクタリングの注意してほしいポイントといえば、金利にあてはめると物凄く不利ということです。

手数料を1か月30日に換算すると、年180&を超える高金利となります。貸金業法や出資法の上限金利が18%(10~100万円の場合)ですので、10倍を超える金利となってしまいます。そのため、一時しのぎでお金を手に入れたい場合のみおすすめできる資金調達方法です。

いかがでしたでしょうか。
個人向けファクタリングは、会社員などの個人がお金に困った時に大変頼りになる資金調達方法です。一時しのぎには大変便利ですので、おすすめできます。

ファクタリング即日融資|2社間ファクタリングの特徴

ファクタリングには2つの種類があり、即日融資になりやすくご利用しやすいのが2社間ファクタリングです。2社間ファクタリングとはどのような仕組みなのか、詳しくご紹介していきます。

2社間ファクタリングとは

2社間ファクタリングとは、ご利用するお客様とファクタリング会社と2社間で行うファクタリング方法です。そのため、売掛先は関わらないので、売掛先に通知を行うことはありません。売掛先にファクタリングのことを内緒にして、進めることができます。

ファクタリング会社は売掛先の信用調査を行い、ご利用したいお客様の会社の信用調査は一切行いません。売掛先の業績や債券の存在に問題が無いと判断されると、現金が知らわれます。

最短で申し込んだ即日に現金が支払ってもらい、素早い資金調達とすることができます。
現金化して事前に資金調達ができた会社は、売掛先から期日通りに支払いが行われた後、ファクタリング会社に直接売掛金を支払います。

売掛先が介入しない取引

2社間ファクタリングなので、売掛先は一切介入しない取引です。ファクタリングは多くの企業が2社間ファクタリングを利用しており、その理由は売掛先に知られずに前倒しで現金化ができることです。

3社間ファクタリングは売掛先と3社の取引になるので売掛先に通知が行き、その場合「あの会社は資金繰りが厳しいのでは?」と経営状態と勘繰られてしまいます。売掛先との今後の継続取引や関係性等に影響してしまうので、3社間ファクタリングは避けない方法となっています。

2社間ファクタリングは非常に便利ですが、売掛先が介入しないことにより手数料が高めとなってしまいます。売掛先に知られず事前に資金を調達できますが、高い手数料を支払うということを念頭に置いて、ご利用を検討しましょう。

2社間ファクタリングに発生するリスク

ファクタリングは融資とは違い、多くの手数料を支払って売掛金を前倒しして手に入れるという流れです。2社間ファクタリングは現金化したい会社からの入金なので、様々なトラブルが発生してしまうことがあります。

  • 売掛先からの入金を別のことに使ってしまう
  • 銀行から別の件で引き落としされてしまった
  • 持ち逃げされてしまった

このようなトラブルが多いのが現状であり、後にトラブルとなって困ってしまうこともあります。

そのため、2社間ファクタリングは3社間ファクタリングと比べると高い手数料となっています。
ただし、取引回数が増えて現金化したい側の企業に信用が増えてくると、2社間ファクタリングでも低い手数料でご利用できるようになってきます。

2社間ファクタリングのメリット

2社間ファクタリングには、このようなメリットがあります。

  • 融資を受けなくても現金を即調達できる
  • 与信は売掛先の信用調査飲み
  • 融資ではないので毎月利息を支払わなくて良い
  • 売掛先に内緒で売掛金を利用できる

いかがでしたでしょうか。
2社間ファクタリングは、手数料は高いですが便利にご利用できる要素が満載です。
手数料が高いので、よく考えて検討しましょう。