ファクタリング 安心業者 個人事業主

個人事業主でもファクタリングができる?

資金調達の方法として、ファクタリングがあります。これは借金の形、融資ではなく、持っている売掛債権を現金化するものです。

その方法は、個人事業主と取引先の間にファクタリング業者が入り、売掛債権の金額から手数料を引いた分が現金になります。借金ではないので、返済は一切ありません。

法人以外では敬遠されている?

もともとファクタリングは、大企業が行う手法でした。
それが最近になって中小企業でも請け負うファクタリング業者がでてきています。

どうして大企業優先だったのでしょうか?
これは、ファクタリングは、売掛先企業などの信用情報を重視します。
売掛債権を持っている会社よりも、取引先が確かなところであれば、取引は成立します。
それが大企業相手なら、間違いなく回収できるからです。

ファクタリング業者では債権回収会社としての側面もあります。
売掛債権なのですから当然です。そして、取引先へはファクタリングの事実を伝えない手法もあります。
その時にファクタリング業者は高いリスクで行う事になり、どうしても大企業相手のファクタリングが有利になります。

債権譲渡登記の問題

法人どうしの売掛債権であれば、債権譲渡をしてもらってから現金化が実現します。
ところが、個人事業主ではこの債権譲渡登記ができません。そのリスクもあり、取引先も個人事業主である場合は、信用情報もうまく調達できないなどのリスクがあります。

ファクタリングに関しては、中小企業はまだ法人なのですが、個人事業主どうしの債権回収では、まだそんなに普及していないのが現状です。

そんな中個人事業主にもファクタリングサービス

以前は敬遠されがちの個人事業主のファクタリングですが、最近では30万円程度の売掛債権のファクタリングができる業者も現れています。内情としては、個人事業主自身の審査もあることが多いです。

本来なら、申し込み者の信用情報はあまり関係ないというファクタリングです。
しかし、売掛債権が少ない、取引先の信用情報もしっかり把握ができないことでは、最終的には個人事業主自身の信用が必要になってきます。銀行融資の審査に通らない、ビジネスローンでは金利が高い、ではファクタリングの選択をしたい個人事業主も多くなっています。

まずは、査定をしてもらった上で検討をすることです。1社だけではなく、数社の比較をオススメです。
もともと100万円以下の売掛債権に関しては、ファクタリング業者も儲けが少ないとして断られることもあります。しかし、安心業者の口コミなどもでてきていますから、ぜひ参考にしてみてください。

少額売掛債権専門のウィット

最近は少額の売掛債権だけを取り扱うファクタリング会社もあります。
東京のウィットは、少額専門のファクタリング会社です。

中小企業、個人事業主にはありがたい

最初から、500万円未満のファクタリングをしているとわかっている会社です。
ちなみに、売掛債権の下限は30万円です。
これ以下の売掛債権では、ファクタリングにならないという限度もわかっています。
それだけでも曖昧ではない点ですっかりとしています。

少額のファクタリングが疎まれる理由

それは、ファクタリング業者は、ファクタリングの際の手数料が儲けだからです。
ウィットでは、ホームページでわかる範囲の手数料は30%程度です。
50万円であれば最大15,000円が儲け。500万円であれば最大15万円が儲けです。

売掛債権の金額が変わったとしても行うことは同じです。
それなら、紙切れの売掛債権が高いほど業者は良いので、少額売掛債権は相手にしないのが現状です。
ところが、ウィットではあえて少額専門とすることで、少額売掛債権回収を専門としています。

非対面方式

ファクタリング業者の多くは対面での契約が原則です。
これは、実際に会わなければならない、人間性もみたいということです。

ちなみにビジネスローンなどでは、対面式ではなくインターネットで申し込みが可能です。
ウィットもその感覚で対応してくれます。ですから、原則全国対応であり、資金調達をファクタリングでしたい個人事業主にはありがたい存在です。

今までファクタリング業者も敬遠してきた少額売掛債権対応をすることで、個人事業主安心業者として注目されています。少額のファクタリングで非対面であれば、即日の現金化も可能です。

債権額が小さい

中小企業や個人事業主にとっては、ファクタリングは多額の売掛債権がなければ手をだせないと思っている方が多いでしょう。こうした少額の売掛債権を取り扱っているところは貴重です。

そして、非対面では全国対応も期待ができます。インターネット、電話、郵送でも書類のやり取りができることで、一刻も早く売掛債権現金化が成功します。

90%以上の現金も

売掛債権の手数料が5%という口コミもありました。
多分、最高の好条件であり、売掛債先企業が大企業だったり、自治体である。
しかも2社間ファクタリングではなく、3社間ファクタリングで、取引先の了解もあるなどの場合です。

ファクタリングでは、取引先に知られないように2社間ファクタリングが多いです。
ウィットでも、しっかりと相談に乗ってくれることですから、とりあえず要チェックの業者です。
全国でも数少ない気の利いた個人事業主対応の安心業者の1つです。

柔軟審査のアクセルファクターのファクタリング

あえて中小企業、個人事業主などの売掛債権を相手にするアクセルファクターは、売掛債権で300万円以下を対象にしています。

下限はなしです。この部分で、個人事業主として大きな期待を持ってしまう内容です。

資金調達方法の提案

ファクタリングを考える前に、低金利の銀行融資などにいくことは多いです。
そこで断られたからという理由で、ファクタリングの方法を探る場合があります。

しかし、個人事業主の場合は、ファクタリングも敷居が高い内容ですが、最初から少額売掛債権okであれば期待してしまう数字です。下限なしというのは、ありがたい内容でしょう。

個人事業主にとっては、売掛債権も少額なら、資金調達としてほしい金額も少ないでしょう。
それではファクタリング業者の儲けがないのですが、アクセルファクターではあえて装弾に乗ってくれる対応です。

口コミだけど

アクセルファクターでは、少額ゆえにスピード現金化、柔軟な審査、適当な手数料であると評さることが多いです。少額の売掛債権と言っても、全てが数十万円ということはないでしょう。

個人事業主にとっても、100万円以上の売掛債権も存在していることであり、手数料が20%程度の良心的対応がウケています。非対面での契約もできることから、個人事業主としては相談だけでも検討してみてください。

ちなみに、設立1年目の個人事業主でもファクタリングができたとの口コミも多数です。
取引先が法人でなくてはならないことはなく、個人事業主どうしの売掛債権にも対応しています。

上限手数料の設定

20%が上限となっていて、不明瞭な手数料ではないです。
2社間ファクタリングであり、取引先の信用がある場合ですが、30%超のファクタリングもある中で、最初からこの数字がわかっているのは、個人事業主にもおすすめです。

債権回収の内容では、支払指定日を守ることは絶対です。
申込者の信用情報も多少関係をしますが、固定資産税などの遅滞などはあまり関係ないでしょう。
金融業者から借り入れができないので、ファクタリングにしたい、そんな個人事業主にとっても味方にはなってくれる頼もしい存在です。

あまり、ここまで柔軟審査の少額売掛債権対応のファクタリング業者は少ないでしょう。
ぜひ、資金調達に困ったときには、アクセルファクターの存在を思い出してみてください。

高額売掛債権は返って嫌がるとのことですが、だいたい100~200万円程度のファクタリングが互いに理想だと言います。個人事業主にしてみれば、それが高額になってしまうのですが、一応売掛債権の下限はなしになっています。

えんなびのファクタリングが話題になっている?

ファクタリングの少額売掛債権として言われている30万円からの取扱をしている「えんなび」。
個人事業主にとっても、少額の売掛債権が現金化できることで注目の業者です。

2社間ファクタリング専門業者

この存在も珍しいことでしょう。
ファクタリングでは、手数料も少ない3社間ファクタリングがあります。
取引先にファクタリングの事実を伝えることで、業者が安心して債権回収ができます。

しかし、えんなびでは、あえて2社間ファクタリングに特化することで、スピーディー現金化を実現しています。手数料に関しては、ホームページでは5%からとなっていますが、口コミでは最大30%近い場合も存在しているとの内容です。

取引先倒産でも返済義務なしのノンリコースになっています。
申込者の信用情報もあまり問わないですし、赤字決算でもokです。

少額専門ではない

最大5000万円までのファクタリングに対応しています。
ということで、少額の売掛債権だけではなく、少額のファクタリングもしていますというスタンスです。
実はこうした業者ほど、少額売掛債権が無理して儲けをだそうとしないため、柔軟審査が期待できると言えます。

どんなファクタリング対応もしていることで言えば、手数料なども多少高い点はあったとしても、債権回収会社としての存在は大きいです。会社に訪問することなく、非対面での契約ができます。
この点でもインターネットなどの利用で申込者から契約ができます。
最短1時間程度で、現金化も即日が可能です。

サービスの充実

メールも電話も原則24時間対応です。
ファクタリングでは、急なお金が必要時にすぐに現金が入ることが必要です。
それが、24時間対応というのは嬉しいことでしょう。

経営者にとっても、明日ではマズイ、今が良い。
せめて結果だけでも知りたい方に即日審査回答で即日現金化のえんなびの存在は頼もしいです。

しかし、必ず行うこととして

全国には、個人事業主対応のファクタリング業者が増えています。
最近の傾向ですが、ホームページにはない、口コミにはないサービスなどもあります。
あまりオススメしないですが、繰り返しファクタリングを利用している方には割引があることも少なくないです。3社間ファクタリングであれば、取引先も同意で勧められ、手数料も少ないです。

しかし、現実には2社間ファクタリングで秘密裏に売掛債権を現金化したいところです。
えんなびも良いファクタリングだと思われるのですが、ここも含め必ず数社の査定をして比較検討されることをオススメします。手数料の違いだけではなく、別途請求される事務手数料などにも注目してください。

また、対面式の契約であれば地域限定になりますが、非対面であれば、そのままインターネットなどでの申込と審査が可能です。

老舗の安心業者 三共サービス

三共サービスは、ファクタリング業者として20年近く営業しています。
特に、以前から少額のファクタリングができるとされていて、個人事業主にも対応しています。
現在も50万円からのファクタリングができます。

手数料が安い

債権回収にかかる手数料が安いですが、最終的には、それぞれの信用情報などで変わります。
これはどういうことかと言うと、三共サービスでは、より信用の高い取引先との売掛債権であれば、手数料が少なくてファクタリングができるということです。

どのファクタリング業者でも、細かな手数料の設定はしていないです。
これは審査によって大きく変わるものであり、どの口コミ情報でも詳細な手数料の表示はないです。
資金調達方法として、長年少額の売掛債権も現金化してきた実績において、安心業者としての存在は大きいです。

デメリットとしては

最近は非対面方式の契約が多いです。
インターネットで申込、必要なことは電話や郵送対応です。

ところが三共サービスでは、面談があります。
事前に査定をしてもらい、契約の段階では、東京の会社まで直接出向く必要があります。
資金力は大きく、大小の売掛債権ファクタリングができる会社ですが、インターネットで解決ができないのがデメリットです。

また、現金が即日ができないかもとの口コミもありますが、これは直接の問合せが必要です。
対面にしても、実際にたずねてみてください。
条件が良ければ、三共サービスのファクタリングを選択したい場合も多いでしょう。

売掛債権でなんとか現金化

審査内容も柔軟であり、新規事業の方にも対応しています。
売掛債権の存在があれば、長年のファクタリング経験から、手数料の算出から、スピーディーな審査も売りです。申込者の信用情報も多少のブラック、赤字経営などでもファクタリングは可能であり、審査そのものは取引先が重要視されます。

ただし、相手が倒産してしまうファクタリングにしてもこちらの責任はないです。
その際に手数料などが高め設定になっているなどのことはありますが、これもファクタリングの範疇です。

銀行から借りられない、ビジネスローンの審査も怪しい。
来月には支払いがある売掛債権でなんとか現金化をしたい方にオススメです。
新進のファクタリング業者ではない点においても老舗の安心感があります。

少額専門ではありませんが、長期に渡り様々なファクタリング経験があることでの安心感は違います。
おすすめしたいファクタリング業者として推薦します。